世界連邦日本国委員会

右翼も、左翼も、誰も、彼も。
「世界連邦運動」なるものが着々と進行しています。

世界連邦運動

世界連邦運動(せかいれんぽううんどう、World Federalist Movement、WFM)は、世界の全ての国家を統合した世界連邦の成立を目指す国際的な非政府組織である。

第二次世界大戦末期において成立した国際連合が戦争抑止力の低いことを痛感した世界の科学者・文化人たちが、より強力な世界連邦の形成をすすめることで世界から戦争を無くしていこうと決意し、1946年10月ルクセンブルクで「世界連邦政府のための世界運動」を起こした。この運動にはバートランド・ラッセル、アルベルト・アインシュタイン、アルベルト・シュバイツァー、ウィンストン・チャーチル、湯川秀樹などのノーベル賞受賞者が賛同した。このとき本部をジュネーヴにおいた。

1947年8月、スイスのモントルーで第一回世界大会を開いて、運動の組織や方針を定め、世界連邦政府の構想と、その実現方針について決議を採択し、世界連邦政府の理念に関する宣言を発した。この大会で、運動の国際連合体として世界連邦主義者世界教会WAWFが設けられ、毎年か1年おきに大会を開くことになった。

世界連邦運動はモントルー宣言に基づき以下をその活動原則としている。

1. 全世界の諸国、諸民族を全部加盟させる。
2. 世界的に共通な問題については、各国家の主権の一部を世界連邦政府に委譲する。
3. 世界連邦法は「国家」に対してではなく、1人1人の「個人」を対象として適用される。
4. 各国の軍備は全廃し、世界警察軍を設置する。
5. 原子力は世界連邦政府のみが所有し、管理する。
6. 世界連邦の経費は各国政府の供出ではなく、個人からの税金でまかなう。

すなわち、現在国家単位で与えられている国連への参加資格を個人単位に移すことを主眼としている。

1955年の世界連邦運動は国連をもっと世界連邦政府に近づけたいと考えていたが、国連内にプロパガンダ要員が不足していた。しかし1965年ごろは国連のそばに事務所を構え、国連憲章18章の修正に関与したり、国際刑事裁判所の設立を提案したりした。憲章18章は改正手続を定める章であり、日本国憲法96条をめぐる議論を想起させる。

1977年時点で37カ国に45の組織をもち、会員は100万人に達し、本部はハーグ、初代会長はジョン・ボイド・オアで、1961年以来湯川秀樹が会長を務めていた。このあと各国に国内委員会ができ、ラダ・ビノード・パールが出席したことで知られる世界連邦アジア会議も生まれた。1983年にはThe Institute for Global Policyというシンクタンクを立ち上げた。IGPは、国際/地域組織の民主化と、国際法の開発および世界適用を標榜する。最近ではNGOの国際会議参加を擁護している。

(出典: Wikipedia「世界連邦運動」)

1949年に結成された「世界連邦日本国委員会」なる超党派の議員連盟が存在し、TPPや構造改革に反対している「はず」の国会議員まで、この委員会に名前を連ねています。



(出典: 世界連邦運動協会ホームページ: 「世界連邦日本国会委員会会員名簿」)

今から10年前、小泉政権時代の2005年には、「世界連邦実現」を謳った国会決議まで採択されています。

国連創設及びわが国の終戦・被爆六十周年に当たり更なる国際平和の構築への貢献を誓約する決議 「国際平和の実現は世界人類の悲願であるにもかかわらず、地球上に戦争等による惨禍が絶えない。

戦争やテロリズム、飢餓や疾病、地球環境の破壊等による人命の喪失が続き、核兵器等の大量破壊兵器の拡散も懸念される。

このような国際社会の現実の中で、本院は国際連合が創設以来六十年にわたり、国際平和の維持と創造のために発揮した叡智と努力に深く敬意を表する。

われわれは、ここに十年前の「歴史を教訓に平和の決意を新たにする決議」を想起し、わが国の過去の一時期の行為がアジアをはじめとする他国民に与えた多大な苦難を深く反省し、あらためてすべての犠牲者に追悼の誠を捧げるものである。

政府は、日本国憲法の掲げる恒久平和の理念のもと、唯一の被爆国として、世界のすべての人々と手を携え、核兵器等の廃絶、あらゆる戦争の回避、世界連邦実現への道の探究など、持続可能な人類共生の未来を切り開くための最大限の努力をすべきである。  右、決議する。」

(出典: 衆議院ホームページ)

2005年の国会決議を受けて、外務省には世界連邦の窓口が設置されました。毎年、外務省や文部科学省の後援のもと、「世界連邦日本大会」が開催されています。

今年の「世界連邦日本大会」は、10月31日、京都府の綾部市で開かれました。



日本文明やグローバリズムに関して鋭い論評を行ってきた中沢新一氏が、基調講演を行っています。

右翼も、左翼も、誰も、彼もが、諸手を挙げて、「国籍や国境にこだわらない時代」、国家がもはや意味をなさなくなる時代に向かって驀進しています。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

世界連邦運動

昨日のニュースに出ていました。
http://www.sankei.com/life/news/151118/lif1511180050-n1.html

面白いリストも見つけました。
http://timetide.way-nifty.com/jprofile/2015/04/post-f8e5.html

俺からも一言

>『人間は、それぞれの異なった民族が、特徴的な習慣や文化を持っています。』


この一言だけでも十分だと思いますが、『国籍や国境を取っ払い、一つの世界にしてしまったら…』というのが、何が駄目なのか解らない人は、もっと簡単なことから考えてみたら解るでしょう?

日本に住んでいるイスラム系の男性と日本人女性が国際結婚した普段の生活を取材しているのを番組で観たのですが、日本では当たり前の朝食のハム。うっかり奥さんが朝食に出したら、イスラム旦那から「何で豚肉を出すんだ!」と激怒されました。

イスラム法の下では豚肉を食べることは禁じられているのですよね?日本は違います。俺は地元のラーメン屋の豚骨ラーメンが大好きです。
イスラム圏内の国でトンカツ店や豚骨ラーメン店を開いたら、焼き討ちに会いそうですね。

多文化共存が限界のある妄想なのは当然です。人間は、それぞれの異なった民族が、特徴的な習慣や文化を持っているからです。

私からも一言

世界統一政府の何が悪いのかわからないと言ってる方へ。

人間は、それぞれの異なった民族が、特徴的な習慣や文化を持っています。
日本は日本人の国であり、日本の文化や伝統、道徳観などはなくしてはいけません。

韓国や中国は反日国家だしろくでもない国ですが、それでもその国の特徴はあります。

私たち人間は、国なくしては、生きていけない。

国籍や国境を取っ払い、一つの世界にしてしまったら、生きていくために欠かせない「国」というものを
まず失います。
それは生きていく希望を失うことにつながります。

しかし、世界の1%の支配者、具体的に言えばグローバル株式投資家や金融を牛耳っているような財閥などに
とっては、金儲けのためには国境や国籍が邪魔なのです。

全部一つにして、巨大な「人間牧場」にして、完全監視下に置きたいのです。
1%の超金持ち層と、99%の家畜という図式になります。
究極の格差社会。

それがグローバリズムの正体。
グローバリズムは国を大事にする私たち一般庶民にとっての敵です。

匿名よ

>新しい世界政府がどのように人類を管理するのか小生にはわかりませんが

わからないのに、世界政府に賛成するのは、無責任すぎます。

>このままバラバラに行っても核戦争その他で滅ぶのは時間の問題でしょう。

グローバリズムや世界統合の動きが活発に進行している現在の世界のどこが「ばらばら」なのですか?

核戦争で滅ぶ?

あなたの脳みそは、数十年前の冷戦時代に、「核戦争の脅威」「核戦争の脅威」とマスコミに刷り込まれたまま停滞してはいませんか?

冷戦が終わり、東西の壁が取り払われ、世界が「一」 つになったとき、浮上したのは、「核戦争の脅威」などではなく、世界を「一」元支配しようとする勢力と、それに抗って、「多」もしくは「他」の側に立ちつづけようとする人々との紛争です。

テロリスト集団が、核兵器を使用する可能性はありますが、その戦いは、あなたが恐れるような「国と国との戦い」ではもはやありません。

「国 VS 国ならざるもの」
「国ならざるもの VS 国ならざるもの」

の戦いが展開されるのが21世紀の世界です。

「国」ならざる勢力同士が対決しあっているときに、「国」を解体したところで、平和など訪れるわけがありません。

>日本も戦国時代は人々は不幸でしたが、徳川幕府が敷いた400年の間は繁栄しました。
>上に立つ人たちが慈悲深いか残酷かで良いものにも悪いものにもなると思います。


その「慈悲深い」徳川幕府は、日本の外側から降ってわいいたわけではなく、日本自身の土壌の中から生まれてきたものです。

日本の外側に作られた、日本人の心の形とは何の脈略もなく設置されるであろう「世界政府」に、日本国民が直結させられていくこととは、全く別次元の問題です。

>日本だってアイヌや琉球を日本の都合で併呑していった歴史がある訳で
>日本を守りたいと言ったら、それこそ、当時のアイヌの人も琉球の人も
>「何言ってんの?お前らだって他人の独自文化を踏みにじって統合したじゃん」となるでしょう。
>アイヌ文化を踏みにじって統合するのは良くて、世界政府はダメ、とする価値観に普遍的な原理があるのでしょうか。


私の思いは、常に、大和であれ、出雲であれ、アイヌであれ、琉球であれ、各土地の歴史や文化に根ざして生きる人々の側にあります。

グローバリズムと神道(26)
http://wjf-project.info/blog-entry-581.html

明治以降、日本が「近代国家」(人工国家)として再編成させられていく過程で、さまざまな不幸な出来事が生じたのは事実ですが、その不幸の犠牲になったのは、何も「アイヌ」や「琉球」ばかりではなく、「大和」(アイヌや琉球と区別するためにこの用語を用います)の人々も、まったく同じです。廃仏毀釈、西洋化、神社合祀政策によって、多くの伝統的な文化が破壊されました。

大和、アイヌ、琉球の人々に犠牲を強いた「近代国家」(人工国家)の発想の背後にある精神と、現在進行中の「世界政府」なる発想の背後にある精神は同じ「近代主義」の発想です。

「近代国家」(人工国家)が不幸を招いたからといって、「近代国家」(人工国家)を地球規模で拡大させて、「世界政府」を樹立したところで、人々の不幸はおさまりません。

「近代国家」が不幸を招いたからといって「国家そのものか悪しきものだ。無くした方がよい」と考えるのも短絡的です。「近代国家」(人工国家)は、国家の一形態にすぎないからです。

>同化してしまえばコンフリクトなどありません。

同化させられてもコンフリクトが存在するのが、世界の現状です。

ハワイがアメリカに併合されて100年以上経ちますが、いまだにハワイでは独立運動が行われています。

沖縄にも、日本本土の間で根深い「コンフリクト」を抱えています。

>世界政府が慈悲深い治世を敷くことを願ってます。

世界政府が慈悲深い治世を敷くことを願う以前に、日本政府が慈悲深い治世を敷くことを願うべきでしょう。

自分たちの政府に、「慈悲深い治世」を敷かせることのできない人々が、世界政府に、「慈悲深い治世」を敷かせることなど不可能だからです。

No title

WJFさん、ありがとうございます。

新しい世界政府がどのように人類を管理するのか小生にはわかりませんが
このままバラバラに行っても核戦争その他で滅ぶのは時間の問題でしょう。
人口問題等、どこかで一元管理しないといけない問題は山ほどあると思います。

民主主義は無くなるか、世界政府の下に置かれるのではないでしょうか。

日本も戦国時代は人々は不幸でしたが、徳川幕府が敷いた400年の間は繁栄しました。
上に立つ人たちが慈悲深いか残酷かで良いものにも悪いものにもなると思います。

日本だってアイヌや琉球を日本の都合で併呑していった歴史がある訳で
日本を守りたいと言ったら、それこそ、当時のアイヌの人も琉球の人も
「何言ってんの?お前らだって他人の独自文化を踏みにじって統合したじゃん」となるでしょう。
アイヌ文化を踏みにじって統合するのは良くて、世界政府はダメ、とする価値観に普遍的な原理があるのでしょうか。
同化してしまえばコンフリクトなどありません。

そして我々日本は敗戦国なので、そもそも拒否する権利も実力もありません。

世界政府が慈悲深い治世を敷くことを願ってます。

匿名よ

>戦争を無くす目的で世界を一つにするなら大いに結構だと思います。

世界の70億の人類が、国家を飛び越えて、世界政府に直結させられるとき、民主主義はどう担保されるのでしょうか?
世界の諸文化の多様性は、どのように担保されますか?

自然の本態は、多様に異なっている点にあります。
人間も、自然の一部である以上同じです。
多様性こそが、世界の本来あるべき姿です。

そして、多様である以上、一定のコンフリクトを抱えるのが、自然なあるがままの世界の姿です。

そのコンフリクトなくそうとして、世界を一つに統一しようとすれば、そこには人為的な不自然な力が加わることになります。

人為的で不自然な力とは、ものごとの自然なありかたをねじまげようとする抑圧する力に他なりません。

その力は、新しく根深いコンフリクトを生み出すことでしょう。

そんな世界が平和であるわけがありません。

No title

良くこんな資料を見つけてきましたね。
戦争を無くす目的で世界を一つにするなら大いに結構だと思います。

誤字情報:
×「世界連邦実現」を歌った
○「世界連邦実現」を謳った
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。