軍事と中空

軍事力の起源と継承。(研究メモ)
1. デュメジルの三機能仮説

インド・ヨーロッパ語族の神話の神々に見られる三つの機能。

A. 主権(宗教と政治)
B. 軍事
C. 農業

日本神話における三機能

A. アマテラス(八咫鏡)・・・主権(宗教と政治)
B. スサノオ(天叢雲剣)・・・軍事
C. オオクニヌシ(八尺瓊勾玉・出雲は勾玉の主要産地)・・・農業

2. 日本神話において軍神は媒介する役割を果たす

・スサノオ・・・アマテラスの弟として、オオクニヌシの父として、天神と地祇を媒介する
・タケミカヅチ・・・ニニギの先導者として高天原と葦原中国を媒介する、神武東征においてヒムカとヤマトを媒介する

3. 軍事力の中空化と実体化

河合隼雄の「中空構造」理論。

日本神話の構造において、三神のうちの一神が中空化(無為の神として登場)することで、二元的な対立を媒介し、やわらげる。

日本社会における中心や権威の中空化

象徴天皇制

・天之御中主→中空化
・高皇産霊
・神産巣日

・アマテラス
・ツクヨミ→中空化
・スサノオ

・アマテラス(高天原)
・スサノオ→中空化(根の国に隠棲)
・オオクニヌシ(葦原中国)

スサノオの中空化によって、オオクニヌシの中に軍事力が実体化する→いじめられっ子の大己貴命(オオクニヌシの別名)から八千矛神(オオクニヌシの別名)への変貌

オオクニヌシの中空化(国譲りの承諾)→タケミナカタの軍事力の実体化

タケミナカタとタケミカヅチの力くらべ→葦原中国平定

神武東征におけるタケミカヅチの中空化(葦原中国への再派遣を拒否)→イワレヒコの軍事力の実体化

中空とは、神話空間(見えない世界)内における神話空間(見えない世界)。

現実空間---神話空間
神話空間---中空

軍事力の中空化とは、神話の神話化。

軍事力は中空化によって、神話化されるのと同時に実体化され継承される。



武士階級の中空化→大日本帝國陸海軍の創設(実体化)

大日本帝國陸海軍の中空化(武装解除と靖国神社)→戦後の日本の軍事力の実体化

中空化と実体化によって、スサノオから連綿と継承されてきた日本の軍事力そのものが否定されてはならない。

軍の否定は国家の否定である。

軍事力は、中空化されることで、媒介する力を発揮する。軍事力は、実効的な力に尽きるものではなく、象徴として、神話としての力をもつ。

スサノオにまでさかのぼり、天叢雲剣(中空化されたスサノオ)に象徴される日本の神聖なる軍事力を、アメリカやグローバル秩序に売るべきではない。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ちなみに

出雲大社では勾玉と銅戈が同時に出土しています。
http://www.manabi.pref.hiroshima.jp/rekimin/info_tenjikai21-aki-manai.html

No title

売り渡したというか、献上でしょうね。
自衛隊と軍事予算を、殆ど無条件で献上ですよ。(一部の軍事産業が少しだけ潤う程度)
これで我が国は防衛自主権を失ったも同然です。
これからは韓国軍と同じく、米国と米軍の命令が無ければ勝手に隊を動かす事はできなくなるでしょう。
逆に、米国の要請や米軍の命令は断れない状態に置かれます。
防衛装備も米軍払い下げしか与えてもらえず、自国で勝手に開発など不可能になります。(開発したとしても米国様への献上品)
これまではミサイル防衛に於いて米国の軍事衛星に頼る部分だけだったものが、全ての装備品について米軍の管理下に置かれる事になるでしょう。
つまり、防衛全般に亘って米軍への依存度が100%になる訳ですから、未来永劫、自主独立は封じられたのです。
こういった背景を、ネトウヨ安部信者たち自称右翼だか保守だかの連中は全く知らないのです。
彼らは産経やWillなどのネトウヨ養成雑誌が垂れ流す洗脳記事を鵜呑みにし、「米国は正義、中韓は悪」という擦り込みによって「正義の米国様と共に在れば間違いない」という思考が唯一絶対の正義であり、それが保守なのだ、という自己陶酔に陥っている為、それ以外の世界、知識を得ようともしないのです。
それ故に、此度の安保法制についても手放しで喜んでいる始末です。
この安保法制も広義の意味での新自由主義政策の一環である事に少しも気づく筈もありません。
恐ろしくオツムの弱いネトウヨ安部信者たちのお陰で我々はもう、二度と植民地からの脱却は不可能となり、今後展開されていくであろう安部政権による言論封殺、国民粛清、TPP及びその他の新自由主義政策などによって家畜化されていくのみです。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。