すり減らされた魂

グローバリズムに対する動物的嫌悪感の欠如。
昨日ご紹介した、葉室頼昭・春日大社前宮司が述べておられた「日本人の目覚め」とは、日本人がこの先、何か宗教的、神秘的、非日常的な体験をするようになるとか、哲学的で深遠な思想にたどり着くようになるということではなく、もっと単純に、今進行している出来事に対して、理屈以前の、動物的な拒絶反応を起こすようになることではないかと思います。

体に悪いものを口に入れたら嘔吐したり、熱いものに触れたら瞬間的に手を引っ込めるのと同じように。

「大和魂」なるものが、縄文時代の野生のスピリットに根ざしており、日本列島に生まれた日本人が、そのような原初の民族的精神を無意識のレベルで生まれながらに共有しているならば、TPPがなんであるとか、道州制がなんであるとかという説明を聞いて頭で理解する以前に、動物的、直感的な「カン」として、グローバリズムに対する強い違和感や嫌悪感や危機感を、本来は感じなくてはならないはずです。

「文明」の極致である「グローバリズム」は、世界の諸民族・諸部族が抱える最も古い精神に対立するものだからです。

そして、古代より断絶することなく連綿と続く民族の共同体を継承し、新石器時代にまでさかのぼる古い精神をその文化の根底に温存する集団としては、世界の未開地域等になんらかの少数部族が残されているかもしれないけれども、大きな集団としては、実質的に、日本列島という恵まれた地理的環境の中で民族の同一性を保護されてきた日本人しかいませんから、葉室宮司が、日本人だけが世界を救うことができるかのように述べられたのも、決してかいかぶった大げさな話ではありません。

しかし、実際には、「グローバリズム」に対して、なんの違和感も拒絶反応も感じない日本人が蔓延しています。

さらにあきれるのは、「保守・愛国」を標榜する右派の人々の間にこそ、「グローバリズム」に対する深刻な無痛症が広がっていること。

だから、安倍晋三や自民党のようなグローバリズム推進政権を平気で支持し続ける。

彼らは、まるで中国の軍事脅威から尖閣諸島が守られれば、民族や伝統が消滅しようとどうでもいいようなことさえ口にします。

格差や貧困や生活環境の悪化から、自分たちの個人生活が守られれば、民族や伝統が消滅しようとどうでもいいようなことを口にする左派の人々とまったく同じように。

日本人の中から、民族的な原初のスピリットが、すっかりすり減らされてしまっていることの、なによりの証左です。

この先、民族の固有性の最後の片鱗までもかき消される状況に追い込まれてやっと、葉室宮司が述べておられたように、日本人の間に、一つの反動として、グローバリズムに対する強い動物的な拒絶反応、すなわち「目覚め」が起きるのでしょうか。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

匿名さま

>神道一本ではなく儒教、仏教も受け入れ
>神道、儒教、仏教の3本を基礎とする国「日本」を築いた。
>儒教も仏教も舶来ものですから、お嫌いでしょうか?
>3本から神道一本へ
>そこからさらに「一神教神道」へと先鋭化していったのが
>幕末から明治だったのかなと思うのですが、どうでしょう。

長い読み物であり、まだ未完なのですが、「グローバリズムと神道」という記事のシリーズで、その問題を考察していますので、ぜひごらんください。
http://wjf-project.info/blog-category-18.html

また、「一瀉千里の奔流となり得る日」という記事のシリーズでも、神仏習合や廃仏毀釈の意味について、かなりわかりやすく説明していく予定です。

日本人の精神の最も基層にあるのは縄文文化であり、その意味で縄文時代が日本の原点と言えるのですが、その上に地層にように積み重なったもの、習合したもの、その重なりの全てが日本を構成していると思います。

日本人がどんなにおおらかに外来の新しい文化を取り入れても、基層にある古い精神によって、新しい文化を日本らしい形に変質させていってしまう特徴をもつためです。

グローバリズムの問題は、TPPのように、もはや日本の精神による変質を一切許さないほど、外国と厳密に統一され画一化され固定されたシステムが日本に導入されることで、日本の基層にある精神が抑圧され、弱められて、枯らされていってしまうことであると思います。

No title

なるほど~と感心しながら本文とコメントを読んだのですが、
読みながら私は聖徳太子の事を思い浮かべました。
神道一本ではなく儒教、仏教も受け入れ
神道、儒教、仏教の3本を基礎とする国「日本」を築いた。
儒教も仏教も舶来ものですから、お嫌いでしょうか?
3本から神道一本へ
そこからさらに「一神教神道」へと先鋭化していったのが
幕末から明治だったのかなと思うのですが、どうでしょう。

また中世の日本文学を読めばわかるのですが、
彼らの感覚、世界観は神道的ではなく、仏教的です。
「諸行無常」も仏教用語です。
「神道的感覚を持っていてこそ日本人」と定義してしまうと
なんだか彼らは日本人じゃないみたいになってしまいますね…。

日本人の原風景をどこに求めるのか、
それは縄文までさかのぼるというのなら
WJFさんの作る『縄文』の動画とか見てみたいです。

日本人が「原始のスピリット」について語っている時に
海の向こうのアメリカでは「今のアメリカはおかしい」
「こんなのアメリカじゃない」「そもそもアメリカ人のスピリットとは」
と語りだしている人たちがいます。
「グローバリズム」の先頭に立つのが「アメリカ」ではなかったはずなのです。
今度の大統領選挙でアメリカ人が先に目覚めたら面白いのですがね。

大日本帝国によって植え付けられた「一神教神道」からの脱却もまた不可欠なもの!

私は「血統的な民族の固有性」、なるものは全く信用していません。

石原慎太郎などが大好きな、「民族のDNA」とかいうものも、体のいい洗脳の吹き込みでしかないと思っています。

以下、私の独断的な「日本民族」論、を述べてみます。

日本とは、その血統的な民族系統などではなく、神道という精神文化(といっても、意識的に思考するという以前に、全身的に皮膚感覚で感じ取るような感性)を共有する共同体を意味するものなのであり、日本列島にその出自を持つ者ばかりではなく、その元の出身地が朝鮮半島であろうが、中国大陸であろうが、東南アジアから南太平洋地域であろうが、それらの地から渡来して、日本列島という地で生きるようになったことで、この精神文化共同体の一員となった者たちのことを、総じて「日本人」であると考えているからです。

ここで言っている「神道」とは、「国家神道」などという権力者が体よく神道を利用して歪曲した「一神教的な国家イデオロギー」のことではなく、「自ずからその秩序と運動の法則を有し、人間の到底及ぶところのものではない大宇宙=大自然=自然という存在」こそが神、という自然なる感性を持ち、「その秩序と法則に則って生きること」こそ人の生き方、あり方であるという(観念以前の)感覚をその精神基盤としているもの、のことを意味します。

この「日本人」のことをあえて「日本民族」と呼ぶのならば、「日本民族」とはその血統なのではなく、「神道をその精神基盤として持つ日本という精神文化の共同体」の一員となった者のこと、であると考えます。

このことを逆に言うならば、血統的には純然たる日本列島の出自であろうとも、この「精神文化の共同体」の一員であるという意識を持たない、あるいは失ってしまった者は、もはや「日本人=日本民族」ではないということなのです。

この意味では、現代日本人の多くは、もはや「日本民族」ではなくなってしまった、と言ってしまってもいいでしょう。

実は、このことは、かく言う「私自身にも当てはまること」なのではないのか、ということを常に自分自身にも問いかけねばならないことなのです。

何故ならば、私もまた「米領日本」となった「戦後日本」に生を受け、その「アメリカナイズされた植民地日本という環境」の中で、否応なく育ってきた人間だからです。

御多分に漏れず、欧米文化の影響を強く受けながら生きて来ながらも、それ故に日本とは何であるのか、日本人であることとは何であるのか、と問い直さずにはいられない自分が、常にあるからなのです。



「血統」や「出自」の中に「民族」を求めるというのは、一見、一番もっともらいしいものに見えながら、その実、これくらい安易で安直で、いい加減なものはありません。

また、このことは世界中のあらゆる「民族」なるものに共通していること、なのではないでしょうか。

だからこそ、いわゆる「ネトウヨ」連中は、この最も安易で安直であるものに「日本人としてのアイデンティティ」を「インスタントに」求めようとして、これまた「張子の虎式の日本」なるものを声高に流布している「保守勢力」と、その看板の役割を担っている「安倍自民党」なるものにひたすら依拠しようとするのです。

そもそも、「血統」や「出自」など、100年前くらいがせいぜいで、200年、300年前、ましてや1000年前ともなれば、もう自分の「血統」や「出自」などわかりはしないのですから。

たかだか200数十年の歴史しか持たないアメリカならば、建国以来の先祖の血筋を辿ることもできるでしょうが、大和朝廷以来からだけでも、2000年近い歴史を持つ日本の場合には、自分の先祖の本当の血筋を辿ることなど、ほとんど不可能だからです。

さすがに、著名人ともなれば考古学まで動員しての詳しい調査がなされるので、中には、大和朝廷の時代にまで遡ってその血筋や出自が判明した人もいるのですが、そうした日本の著名人の中には、代表的な万葉歌人である人も含めて、朝鮮半島からの渡来人であることがわかっている人も少なくありません。

著名人ですらそうなのですから、名もなき庶民の中には、自分の先祖は朝鮮半島からの渡来人であった人など、おそらくは何百万人といるはずでしょう。何しろ、日本海を隔ててすぐ隣なのですから、半島と列島の間には多くの人の行き来があったわけで、そのことは歴史的にもとっくに証明されていることなのです。

それこそ、「朝鮮人出て行け!」と喚いている「ネトウヨ」の先祖が半島からの渡来人だった、なんてことは不思議なことでも何でもないのです。

そもそも「日本民族」とは「日本列島純血種」のことなのではなく、その血統、出自は様々でありながらも、「神道という日本の精神文化を共有している共同体の一員」である、という以外に定義のしようがないのです。

大日本帝国的な「大和民族意識」など、国家権力がでっち上げた体のいい「国民動員のためのシロモノ」に過ぎませんから、あんなものに依拠するなど愚の骨頂です。

あのような、「多神教である神道」を「天皇を絶対神に祭り上げての一神教そのもののような国家イデオロギー(国家宗教)」にしてしまったものなど、スターリン絶対崇拝、毛沢東絶対崇拝、金日成絶対崇拝と同じで、まさに「本来の神道」を徹底的に歪めてしまった犯罪的行為、とすら言ってしまってもいいものだからです。

繰り返しになりまずか、「右」も「左」も共に、この大日本帝国という近代日本こそが「日本そのもの」という「洗脳」にいまだに染まりきったままで、そこで見事なまでに「思考停止」してしまっているために、ちっともその「呪縛」から脱却できずにいるままなので、体のいい「戦後レジームからの脱却」などという、「三流脚本家どもの低劣なインチキ芝居」に騙されてばかりいるのです。

大日本帝国こそが「日本そのもの」だと思っているから、これ(近代日本なるもの)こそが「戦後日本」なるものの土台になっている、ということにも全く気付くことができないんですね。

つまり「戦後日本」とは「大日本帝国」に対するアンチテーゼに過ぎないので、それがひっくり返れば「大日本帝国」回帰、ということになってしまうわけで、これが安倍自民党が表看板になって推進している「戦後レジームからの脱却」なるシロモノの正体なのですが、これを「日本そのもの」の取り戻してであると単純に錯覚してしまう、というお粗末さ。

従って、「米領日本」である「戦後日本意識」からの脱却であると同時に、この「大日本帝国」イデオロギーから脱却も、本来の神道に心の拠りどころを求めるあり方を取り戻すためには不可欠のもの、と思っているのです。

復讐者

ネット上でギャーギャー喚いているネトウヨの本質は、
日本を守ることにあるのではなく、
「中国や韓国をいかにして潰すか」という点にあるように思います。

従って、結果として中国や韓国を少しでも傷めつけることが出来るなら、
農業や医療が崩壊するTPPもOKですし、アメリカの傭兵と化して、
同胞が中東で大義もない状態で殺したり殺されたりする、
何処にも救いのない狂気的な状況も、彼ら的には大歓迎なのです。

保守っていうものは、「守るべき対象を守る」から保守なのですが、
彼らの本質は「復讐」であって、復讐者というものは「守るものなんて持ってない」のです。
なにもかも全部してたから、「復讐者」なのです。
(その復讐者が、自分達を保守だと公言して憚らないから、この国はむちゃくちゃなのです。自分の復讐のために国を巻き添えにして、貴様らの何処が「保守」なのか!! とか思うわけです。天皇陛下バンザイとか言いながら、実際には、皇室の存続を危うくするようなことを嬉々としてやってるわけです。彼らは。)

プッツン切れたいじめられっ子が、
後で逮捕されようと知ったことか、あいつらをぶっ殺してやるんだ、と刃物を振り回すのと同じような心理状態です。
大切なものが、彼らの心の中には無いのです。
大切なものがもしもあるなら、刃物を振り回したりはしないからです。

そして、この手の怒りで我を忘れた奴を正気に引き戻す手段は、「痛い思い」しかありません。
ドラマだったら、ゲンコツで力いっぱいぶん殴る場面です。

それでも、安倍政権によって現実世界で「痛い思い」をさせられて、正気を取り戻す人が少しずつ増えているように思います。
それでも、お気楽な学生や独身貴族的な、中国、韓国叩きがストレス解消の手段になってしまっている方々は、当分、この状態のままではないかと思います。

小泉安倍路線

日本人なら反安倍(反新自由主義)
というブログでコメントされていた方から拝借しました

確かに気持ち悪いですね↓
1・帽子
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/f/500x400/img_5fc9a0bcb9dada85308b4691c43589c1167667.jpg
2・旗
http://pbs.twimg.com/media/B7yb4wCCcAAsb4T.jpg 3・帽子
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/daitoasenso/koizumiseikenco/yudayagenrisyugikyotoco.htm
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。