WJFプロジェクトの総決算

「南京虐殺」動画の概要。
新しい動画のタイトルです。



Beyond Propaganda: On the so-called Nanjing Massacre
プロパガンダを超えて: いわゆる「南京虐殺」について


「百人斬り」問題は、「南京虐殺」問題の一部として取り上げることにしました。

そもそも日本と中国がどうして戦争することになったのか、大きな時代背景から説明していく必要があるためです。

比較的細々とした話に終始する慰安婦問題とは異なり、「南京虐殺」問題は、世界史的、人類史的な巨大な問題をはらんでいます。

古代の白村江の戦いや、中世の元寇を除いては、戦いを交えることがなかった日本と中国。

19世紀に西洋の帝国主義が東アジアに侵入し、状況が一変。

中華体制に基づく東アジアの旧体制と、帝国主義に基づく西洋の新体制の狭間で、日本は脱亜入欧を選択。

日露戦争と第一次世界大戦の勝利によって日本の国際的地位が向上。

19世紀に中国の進出が遅れたアメリカは、「門戸開放・機会均等」をスローガンに、満州に関する利害を同じくする中国へ接近。米中は結託します。

米中が敷いた対日包囲網と、各国で展開された戦争プロパガンダという文脈の中で起きたのが「南京虐殺」問題や、「百人斬り」問題であり、その後、日本各地への情け容赦のない絨毯爆撃、広島・長崎への原爆投下、日本の敗戦、戦後体制への日本の組み込みへと歴史は展開していきます。

中華民国の台湾への撤退により、中国本土に同盟国をもつことができなくなったアメリカは、対日強硬戦略を一時的に封印し、敗戦国日本を同盟国として遇することを余儀なくされました。(逆コースとA級戦犯の釈放)

ニクソン・ショック・改革開放による米中の再接近。

冷戦終結によって、アメリカの対日戦略は再び変更。

「歴史問題」による日本の糾弾と、「構造改革」による日本の国家改造が再開されます。

そして、TPP、RCEP、FTAAPへと画策される、チャイナメリカ(米中結託)による世界の一元支配(グローバリズム)。

と、話は現代にまで繋がっていきます。

「米中結託による日本包囲」の産物が「南京虐殺」問題なわけですから、現在日本が置かれている状況にも重なります。

戦時中の大衆プロパガンダの欺瞞性を告発するとともに、戦後体制(連合国支配)の絶対視に異議を唱え、現在進行するグローバリズムの進展にも警鐘を鳴らします。

これまでは、多言語に翻訳していく便宜もあり、テキストをベースとした動画づくりを行ってきましたが、今回はナレーションをベースとした動画にしていきます。

ナレーションをベースにするということは、映像の比重が高まることも意味するため、本格的な動画ソフトも導入し、動画づくりも一からおさらいしています。

「歴史問題」と「構造改革」は連動している。
米中結託に注意せよ。
大衆プロパガンダに欺かれるな。
グローバリズムの進展に警戒せよ。


WJFプロジェクトが、これまで掲げてきた中心的なメッセージでもあります。

大変難しい課題ですが、この動画が、WJFプロジェクトの総決算となるように、グローバリズムを進展させてきた戦後体制に小さな風穴をあけ、日本や世界を少しでも救う動画となるように、腹をくくってがんばります。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

NNNドキュメント「南京事件 兵士たちの遺言」はご覧になりましたか?
このドキュメンタリーは事件の犠牲者数を約一万五千人と見ており、いわゆる中間派的な立場だと思います。ご参考までに。

No title

>米英のライバル勢力として台頭してきたことで、米英と対立することとなり

英仏はファショダ事件で妥協したけど、日米は満洲で妥協できなかった。スペインは米西戦争でフィリピンから叩き出されたけど、日本は中国・満洲はおろか、南樺太、朝鮮、台湾からも叩き出された。

今満洲がdemoniseされているのは中国国内における漢族による満州族ナショナリズムの封じ込めのためもあると思います。731部隊こと関東軍防疫給水部本部もその道具の一つだと思います。

勿論、伊藤博文が満洲国は純然たる清国の領土と言っており、日本が北満州に権益を持っていなかったことを考慮すると、満洲事変は自衛の範囲を大きく逸脱しているので不戦条約に照らしても侵略だと思いますが、ただ、その後の経緯はといえば日本からの勢力圏(という名の植民地)への資本投下にすぎません。日本や満洲人、漢人その他の協力者をdemoniseするためには731部隊や南京大虐殺が必要になる。

政治的な道具としての731部隊、そして南京大虐殺。

ただ難しいのは、戦術的な意味での生物化学兵器の使用は本当になかったのか、南京市街戦でのcivilianの犠牲者はなかったのかという点。これを否定するとrevisionistと言われて話を聞いてもらえなくなる恐れも。

日本の近現代史を根底から徹底的に考察することなくして、現在の日本を正しく捉えることはできず!!

大日本帝国という近代日本国家が、満州事変→日中戦争(日支事変)→大東亜戦争という道に進んで行った経緯の意味を考察するには、「幕末=ぺりーの黒船来航」以来の大日本帝国誕生へと至った経緯、という日本の近現代史の実態と、さらには、その背景となった「アヘン戦争」による英仏による中国侵略の開始、という東アジアにまで至った欧米列強帝国主義の世界支配、という世界史的な意味まで包含した考察によらなければ、その真の構図を掴むことはできないでしょう。

さらにその背景としてある、16世紀のポルトガル・スペインを第一波とし、その第二波としての英蘭仏勢力、そして大英帝国からの分派として誕生したアメリカ合州国がそこに加わっての、欧米列強勢力による世界規模での植民地侵略の500年史、という世界史における巨大な大変動までをも視野に入れなければなりません。

米英を主力とした欧米列強によって、開国を強いられ不平等条約を強要された日本が、不平等条約という半植民地化状態から抜け出すために、覇道である「欧米列強式帝国主義国家(これが「近代国家」と称されているものの実態)」への道を辿ることとなり、大正時代の対華21ヶ条を経て、中国の利権獲得を巡って「帝国主義の師匠」であった米英のライバル勢力として台頭してきたことで、米英と対立することとなり、アメリカの画策による「日英同盟」の破棄を経て、満州事変→日中戦争(日支事変)へと至り、それが中国の植民地利権を巡っての米英との決定的な対立となって、アメリカによる対日経済封鎖、ABCD包囲網の形成によって大東亜戦争へと至った経緯、この日本の近現代史というものを、もう一度、しっかりと考察し直すことがぜひとも不可欠なのです。

これを、日米関係を軸にして観るならば、まさに「ぺりーからマッカーサーまで」へと至る道であり、これをアメリカによる一世紀を掛けての「日本支配への道」、と定義することができるでしょう。

「日米関係」とは、まさにアメリカによる日本支配への道であったことが、1851年から現在の2015年へと至る100数十年のスパンで考えてみる時に、まさまざと見えてくる「偽らざる歴史の事実」であると理解できるのです。

「幕末=ぺりーの黒船来航」(日本の半植民地化)→「大日本帝国」時代(第一期=米英従属的帝国主義期、第二期=日本式帝国主義期=日本軍国主義)→「戦後日本」(敗戦国=米領日本)

という日米関係を軸とした経緯の中で、「日本帝国主義」というものが誕生してそれが敗北し、現在に至っている「アメリカ植民地米領日本」と化したのが、明治維新以来、近現代100数十年にわたる偽らざる「日本の近現代史」であるのですから、この日本の近現代史の経緯がいかなるものであったのかを、もう一度、根底から徹底的に考察することなくして、現在の日本というものを正しく捉えることは不可能なのです。

しかるに、この「不可欠である作業」をまともに行おうとはせず、上っ面だけのその場しのぎで誤魔化そうとばかりしているのが、まさに今の日本人総体である、と言えるのではないでしょうか?

だから、安倍自民党の動きが象徴しているような、「戦後レジームからの脱却」などという「上っ面だけの改革もどき」ごときに惑わされてばかりいるのです。

こうした歴史のスケールで考察することで、「戦後か戦前か」などという近視眼的な短絡思考の次元ではなく、明治以降と明治以前の日本との間には、巨大な断層があることがわかってくるのです。

これは「一国主義が可能であった日本」と「一国主義がもはや不可能となった日本」、という区分けをすることもできるのですが、「一国主義がもはや不可能となった日本」が、ではどのようにして日本であることができるのか、という現在の巨大なるテーマにそのまま繋がってくる一大テーマ、でもあるのです。

「米領日本」からの独立回復であると同時に、「大日本帝国」への回帰でもない「新しい自立した日本」のあり方を何に求めるのか、この本質的なテーマを避け続けて、真剣に取り組もうとしない怠惰な姿勢からは、何らの主体的で自立的な打開策も生まれてはこないのです。


No title

実際に南京まで行った部隊の名簿を入手して、一軒一軒訪ねて回り、本人や遺族に日記を見せてもらうなどして「真実」に近づく努力をしている人たちがいますが、WJFさんのアプローチはそれらとは違ったものになりそうですね。

No title

日中戦争以前に成立している満州国をどう捉えるか、これも一つのポイントだと思います。

戦中だけでなく戦前(特に昭和初期)の日本は、中国はじめ欧米でも731部隊にみられるように、相当にdemoniseされているので、この時期について触れる際には注意しないと warmonger, revisionist のレッテルを張られることは必至だと思います。その時点で話を聞いてくれる可能性は相当低まってしまうでしょう。

No title

>『日』『蒋』『我』の新三国だ。

言い得て妙な表現です。

ソ連の支援する『毛』、米英の支援する『蒋』、そして『日(汪兆銘政権)』

列強の代理戦争的な様相も示しているけど、日本が極端に戦線を拡大してしまった結果、侵略とみなされ列強に睨まれることにもなってしまった戦争でもあります。(前々から警戒されてましたが、輪をかけて)
ただ、イスラエルが自衛と言ってパレスチナを爆撃するのが許されるのであれば、同様の理屈で通州事件等に対する自衛は許されるのではないのかということになってしまいます。
私は個人的には、出来得ればあそこまで戦線を拡大すべきではなかったと思います。直接間接に何の関係もない庶民に被害が及ぶのは、パレスチナであろうと中国であろうと反対ですので。

日中戦争の正体

出典「中国がひた隠す毛沢東の真実」北海 閑人 (著), 寥 建龍 (翻訳) 草思社

毛沢東の持久戦論 (これは松本による注釈)

P62

一九三七年八月下旬、(中国)共産党政治局の陝西の北の洛川での拡大会議にて

「中共が指揮する八路軍、新四軍やそのゲリラ部隊は冷静に考えよ。国民党の反動の本質は決して抗戦によって変わるものではない。中共は決して国民党に迎合し本気で合作するなどと夢見てはならない。自らの政治上の独立、軍事上の独立を必ず保持せよ。状況が許し、あるいは必要が生じれば、国民党と対決すればよい。やつらを親日の投降者と決めつけ、民主党派たちとうまく提携し、世論への宣伝は大いにやれ」

 対日作戦についてはこう主張した。

「自分の力を出すな。爪を研ぎつつも爪を隠すことを覚えておくのだ。小規模の山地ゲリラ戦、側面戦だけをやり、日本軍の大部隊と正面衝突する展開はよくない。まずは実力を温存し大きくすることだ。国民党の食糧・費用と装備で八路軍と新四軍を養い太らせ、国民党軍と日本軍が数年戦って共倒れになったころあいを見はからって、わが軍が出ていって局面を収拾するのだ」


 翌一九三十八年五月、毛沢東は延安抗日戦争研究会で「持久戦論」を講演した。

「抗日戦争は長引くほどよい。八年、十年と長引かせれば、共産党にはより有利になる。もし抗日作戦が早く終わってしまうことになったときには、国民党は銃口を共産党消滅のために向けてくる。同士たちよ、日本軍がわれわれの敵となるのは一時的だが、国民党軍がわれわれの敵となるのは長いということを決して忘れてはならない。まさしく日本軍国主義の大規模侵入があって、全民抗戦が勃発してこそ、わが党わが軍は新しいチャンスをつかみ、もう一度発展し、強大になるチャンスがあるのだ。
 このような意味からして、われわれは日本軍国主義に感謝すべきだ。そして日本軍国主義のほかに張学良、楊虎城[二人が西安事件を起こした主役]が、わが党わが軍の命を救ったと言える。愛国とは何か。愛国であるためにはまず先に愛党がなければならない。共産党はもはや存在しないとなったら、どういう国を愛せよというのか。われわれを包囲攻撃し、われわれを大量虐殺してきたあの中華民国を愛せよというのか。
 現在の形勢を全体から見ると、三つの国家からなる。『日』『蒋』『我』の新三国だ。同士たちはもっと知恵をめぐらし、この道理をわかってほしい。すなわち、日本人が占領する土地が多く広いほど、われわれにとってはより有利になる。これがいちばん愛国になるということだ。なぜか。日本が占領した土地は彼らが撤退するのを待って、われわれが行って接収するなり、奪い取ればいい。反対に、蒋介石が占領する土地が多く国民党の統治区が大きいほど、わが党わが軍はますます受け身となる。そこを奪おうとすると、これすなわち内戦をやれということになってしまう...」

 しかし毛沢東の高説のこのさわりの部分は、あまりにも本音にすぎ、あまりにもみっともないということで、その後、公に刊行された各種版の『持久戦論』ではきれいに削除されたのである。

しかり、「日中戦争」の本質とは、この毛沢東の言説通り、「中国共産党が日本軍を最大限に利用して、中国国民党の中華民国を打倒して中国の政権を奪取するための戦争」=「日本を最大限に利用しての中国内戦」、だったのである!!

そのために不可欠であったものこそ、「大日本帝国による中国(国民党の中華民国)侵略戦争」だったのであり、まさに「大日本帝国の中華民国全面侵略なくして中華人民共和国は建国できず!」だったのである!

しかるに、中国の政権を奪取した中国共産党は、「中華人民共和国建国のための日本の中華民国侵略」を「日帝の中国侵略」としてとことん糾弾し、その象徴としての「南京大虐殺」を世界中に大宣伝する、という「一大プロパガンダ戦略」を大展開している!

この「中国共産党の似非日中戦争史観」を、そっくりそのまま受け入れているのが「戦後日本の日中戦争史観」なのであるが、当の毛沢東自身が、この「世紀の大嘘の正体」を自ら暴露しているのである。

こんな歴史の事実さえ知らない日本人の無知蒙昧さ加減、これだから安倍自民党政権などという、田舎芝居の三文役者に過ぎない程度の連中に、やすやすと騙され続けているのである!

No title

この動画が対華21か条要求、満州事変、上海事変をどう解釈するか、あるいはそもそも触れないのかで海外視聴者の印象も変わってくると思います。特に中国人や台湾外省人、華僑・華人にはデリケートな話題だと思います。

ところで、義勇軍行進曲は日本の東京師範学校で学んだ田漢が作詞し、日本に逮捕投獄を逃れて来ていた聶耳によって作曲されたという逸話もあります。

応援するよ。

No title

>古代の白村江の戦いや、中世の元寇を除いては、戦いを交えることがなかった日本と中国。

ここが肝かもしれません。孫文、周恩来、蒋介石らが日本で学んでいたことなども交えたら説得力が増すかもしれません。あと、毛沢東が日本が国民党と戦ったことを感謝していたこと、謝罪の必要などないと1972年に明言したことも。

No title

待ち望んでた題材です。

証言や証拠が錯綜し、「保守」と言われる人たちの間でも見解が統一出来ていない難しい問題の一つだと思います。

応援してます。

感謝しなくちゃ!

外務省や政府がなかなかやってくれないことを、私達にかわってやってくださるwjfさんに心から感謝します。本当に大切なプロジェクトです。カンパしなくちゃ・・・・こんなときにかぎって出費過多。冬のボーナスで必ずまとまった金額をカンパします。すみません。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。