山本太郎の勇気ある質問

いつ、植民地をやめんだって? 今でしょ。
8月19日午前の参議院予算委員会で、山本太郎が、大変勇気ある質問を行いました。

安倍政権の政策決定が、アメリカのワシントンD.C.にある超党派のシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)が作成した、『第3次アーミテージ・ナイレポート』をなぞる形で行われていることは、ネット上ではよく知られている事実ですが、国会で、このタブーに触れた国会議員は、山本太郎が初めてです。
山本太郎議員「『生活の党と山本太郎となかまたち』共同代表の山本太郎です。

永田町ではみんな知っているけれども、わざわざ言わないことを質問していきたいと思います。答弁は簡潔、明瞭にお願いします。まず、中谷防衛大臣、よろしくお願いします。

中谷大臣はですね、7月30日の本委員会、福島みずほ委員の『今まで周辺事態法で“できない”とされていた弾薬の提供がなぜできるのか』という質問に対し、『現行法制定時には、米軍からのニーズがなかったので、弾薬の提供と戦闘作戦行動のために発進準備中の航空機への給油、整備については除いていたが、その後、日米の防衛協力、ガイドラインの見直しの中で、米側から、アメリカ側から、これらを含む、幅広い後方支援への期待が示された』と答弁されました。

ということは中谷大臣、今回の安保法制制定の立法事実として、米軍のニーズ、要請があるということでよろしいでしょうか」

中谷防衛大臣「まぁあの、現行法の制定時におきましては、米側からのニーズがなかったということで、あの支援内容から省いておりました。これはあの、国会でも答弁いたしました通りでございます。まぁしかし、その後、日米防衛協力ガイドライン、これの協議が行われまして、その中で米側から、これらを含む幅広い方針への期待が示されたということです。

また先ほど答弁いたしましたが、一昨年、南スーダンPKOに参加している陸自の部隊が、国連からの要請をうけて、韓国部隊のために弾薬提供を行ったように、想定外の状況によって弾薬を有する必要がある場合も想定されるということ、また、色んな状況も変化してきたということでございまして、こういったことをもちまして、今回、あらかじめ、法的に措置をしておく必要があると考えたわけでございます」

山本太郎議員「中谷大臣、現在の周辺事態法ではできなかった弾薬の提供などを、今回の安保法制でできるようにするのは、アメリカ側からの期待、米軍のニーズがあったからということでしたけれども、米軍からいつ頃どのようなかたちで、どのような具体的なニーズがあったのかってことを教えてもらえますか」

中谷防衛大臣「はい、あのー、日米防衛協力が進展をしたということ、またあの、ガイドラインの見直しが進められたということ、またあの、自衛隊もそういった能力が向上してきたということで、米側から、これらを含む幅広い後方支援への期待が示されたということで、今回、重要影響事態に際しても、これらの支援を行うように、できるように、法的措置を講じることにしたということでございまして、基本的には、日米間の協議の中で、ニーズが出てきたということでございます。

山本太郎議員「あの、あんまり答えていただけないような状況だったと思うんですけれども、まあとにかく米軍のニーズが立法事実になってるんだ、っていう話ですよね。リクエストされたから、ニーズがあったから、それによってこの国のあり方、ルールを変えていく、っていう話ですよね。

弾薬の提供・輸送すると、弾薬は法律上、法律上は、銃弾、砲弾、手榴弾、ロケット弾、果てはミサイル、核兵器まで提供・輸送できる。また戦闘作戦行動のために発進準備中の航空機への給油、整備も。これらは誰がみても明らかに武力行使と一体となった輸送、兵站で、明白な憲法違反。

弾薬の提供・輸送と戦闘作戦行動のために、発進準備中の航空機への給油、整備については、これまで武力行使と一体となった後方支援ということで、憲法違反だったんですよね。でも今回憲法解釈を変えたんですよね。米軍のリクエストで。実はアメリカ側のリクエストっていうのはですね、もっとスケールが大きくて、綿密なんだよってことをお知らせしたいと思います。

パネルをお願いします。



えー、このパネルはですね、集団的自衛権を認める昨年7月1日の憲法違反の閣議決定の2週間後、7月15日、首相官邸での写真でございます。首相官邸のホームページから引用させていただきました。

安倍総理と握手している方、『ショー・ザ・フラッグ、ブーツ・オン・ザ・グラウンド』。この言葉で有名なリチャード・アーミテージ元アメリカの国務副長官。

一人おいて左から2番目、赤いネクタイの方、まぁほとんど側頭部、後頭部しか映っていない方ですけれども、この方がジョセフ・ナイ・ハーバード大学教授。この2人、一体何者なのってご存じない方のために、外務省のホームページで次のように詳しく紹介されています。

日米安全保障研究会、米側委員を代表して、『ジョン・ハムレ戦略国際問題研究所』…CSISですよね。CSISの所長が、14年前に、アーミテージ元国務副長官と、ナイ・ハーバード大学教授が、アーミテージ・ナイレポートを作成し、日本の安全保障に対するアプローチについて、提言したと述べた、と書いてあります。

このお二人、このお二人が提言してくださった、ありがたーいお言葉の数々が日本国の政策にそのまま反映されている。とても影響力のある方々というお話なんです。2000年10月に第一次、2007年2月に第二次、そして2012年の8月に第三次が公表された。アーミテージ・ナイレポートは、それぞれ日本の安全保障政策に大きな影響を与えた。

パネル、入れ替えてもらっていいですか。お願いします。

2枚目のパネルは、その第三次アーミテージ・ナイレポートの中の日本への提言9項目、そしてその他、注目すべき記述を抜粋したものです。



注目すべき記述を抜粋したものです。これを見ると、今回の憲法違反の閣議決定から憲法違反の安保法制まで、ほとんどすべて、アメリカ側のリクエストのよるものだということが、よくわかる。

まずパネルの下の方ですね。いきなり下のほうでごめんなさい。

『その他』の(10)番をご覧ください。レポートの本分ではこのように書かれています。

『皮肉なことに、日本の国益保護に必要なもっとも過酷な状況下では、米軍は自衛隊と日本の集団的防衛を行うことは、法的に禁止されているのだ。日本の集団的自衛権禁止を変えることは、こうした皮肉のすべてを解決するだろう。政策転換において統合軍や、より軍事的に広義性の高い日本、日本の平和憲法の変更は希求されるべきでない。集団的自衛権の禁止は同盟にとって障害だ』と書かれています。

パネル1を一瞬、上に被せてもらっていいですか?

この時の写真、一体何なんだろうな、と思ったら、集団的自衛権容認の閣議決定を提言した人たち、そうですよね、提言した。しかもそれが実現した。だから彼らは官邸まで『よくやったね、君たち』と褒めにきてくれた。そんな現場での心あたたまる写真の一枚なんじゃないかな、っていうふうに考えてしまいます。

2枚目のパネルに戻ります。

提言の①。ここではなんと原発の再稼働を求めている。安倍総理は、これも安全性無視で実行しましたよね。

提言の②。TPPの交渉参加。安倍政権は2012年の衆議院選挙での自民党の選挙の公約を堂々破って、これを忠実に実行している真っ最中でございます。

提言の⑧。日米間の、あるいは日本が保有する国家機密の保全。これ、特定秘密保護法そんまんまじゃないかよって。これもクリアしてしまっています。

『その他』の⑫。日本の防衛産業に技術の輸出を行うよう働きかける。これ、防衛装備移転三原則で実現してますもんね。

今年4月27日、新しい日米防衛協力ガイドラインを承認したときの、日米共同発表文書には、『日本が国際協調主義に基づく、「積極的平和主義」の政策を継続する中で、米国は、日本の最近の重要な成果を歓迎し、支持する。これらの成果には、切れ目のない安全保障整備のための2014年、7月1日の日本政府の閣議決定、国家安全保障会議の設置、防衛装備移転三原則、特定秘密保護法、サイバーセキュリティー基本法、新宇宙基本計画および開発協力大綱が含まれる』と書いてあるそうです。

この『第三次アーミテージ・ナイレポート』の提言通りの新ガイドラインと、その他の重要な成果なんですね。そして今回の安保法制、戦争法制はパネルで見てみると、②シーレーン保護。⑤インド、オーストラリア、フィリピン、台湾等との連携。⑥日本の領域を超えた情報監視、偵察活動、平時、緊張危機、戦時の米軍と自衛隊の全面協力。⑦日本単独で掃海艇をホルムズ海峡に派遣、米国との共同による南シナ海における監視活動。⑨国連平和維持活動(PKO)の法的権限の範囲拡大。⑪共同訓練、兵器の共同開発。

これらほとんどすべて、今回の安保法制に盛り込まれたという話です。岸田外務大臣におうかがいします。この『第3次アーミテージ・ナイレポート』で示された日本への提言などが今年4月27日の新ガイドライン共同発表に書かれた日本の最近の重要な成果や、今回の安保法制で実現することになったとお考えになりますか?

岸田文雄外務大臣「まず、ご指摘の報告書ですが、これはあくまで民間の報告書ですので、政府の立場から逐一コメントすることは控えなければならないことだと思いますが、少なくともご指摘の今年の新ガイドライン、さらには今、審議をお願いしております平和安全法制、これはこのご指摘の報告書を念頭に作成したものではないと考えます。

平和安全法制につきましても、あくまでも我が国の国民の命や暮らしを守るためにどうあるべきなのか、これは自主的な取り組みであると考えておりますし、新ガイドラインにつきましても、安全保障環境が厳しさを増す中にあって、日米の防衛協力について、一般的な枠組みですとか、政策的な方向性、こうしたものを示したものであると認識しております」

山本議員「ありがとうございます。中谷防衛大臣。配布資料でお配りした『第3次アーミテージ・ナイレポート』の概要、これ今でも海上自衛隊の幹部学校のホームページに掲載されているものをそのまま使わせていただきました。

この『第3次アーミテージ・ナイレポート』の日本への提言、今回の安保法制の内容にいかされていると思いますか」

中谷元防衛大臣「防衛省自衛隊としては幅広くですね、世界の色々な方々からの考え方も含めまして、情報収集、また、研究、分析をしております。

今回の平和安全法制につきましては、あくまでも我が国の主体的な取り組みとして、国民の命と平和な暮らしを守るというために作ったわけでありまして、時間をかけて、オープンな場でさまざまな意見、議論を経て決定をされたということで、特に、政府内の有識者懇談会、また与党内、自民党と公明党の協議下において、25回に及ぶ徹底的な議論を経て作成したものでありまして、このナイレポート等の報告書を念頭に作成したものではないということでございますが、しかし、政府としましては、この、今後の点において、これからも研究、検討は続けてまいるわけでございますので、このレポートで指摘をされた点もございますが、結果として重なっている部分もあると考えておりますけれども、あくまでも、我が国の主体的な取り組みとして、研究、検討して作ったものであるということでございます」

山本議員「民間のシンクタンクなんだよって。『偶然の一致なんじゃないの?』みたいなお話ですけれども、民間のシンクタンクの方々がこれだけ頻繁に日本を訪れ、そして、総理もそのシンクタンクで演説をなさったりとかしているわけですよね。

随分、懇意だねって。それが偶然の一致って話になるの?って。これらのレポートを念頭に作成したものでないと、結果重なってしまっている部分があると言うんですが、ほとんど重なっているんじゃないかって。そっくりそのままですよ。『完コピ』って言うんですよこういうの。『完全コピー』。


昨年7月1日、憲法違反の閣議決定から今回の憲法違反の安保法制、『戦争法制』までだけを見たとしても、何だこれ、アメリカのリクエスト通りじゃないかって。おまけに原発再稼動、TPP、特定秘密保護法、武器輸出三原則の廃止、何から何まで全てアメリカのリクエスト通りに行なっているんだなって。

アメリカ、アメリカ軍の要請、ニーズには憲法を踏みにじってでも、国民の生活を破壊してでも、真摯に全力で取り組むって、これ、どういうことなんですか?

これ独立国家って呼べますか? 完全コントロールされてんじゃないかよ。誰の国なんだこの国は! って話をしたいんですね。

これだけ宗主国様に尽くし続けているにも関わらず、その一方でアメリカは同盟国であるはずの日本政府の各部署、大企業などを盗聴し、ファイブアイズと呼ばれる、イギリス、カナダ、ニュージランド、オーストラリアなどとその盗聴内容をシェアしていたと。もう、マヌケとしか言いようがないお話。先月出てまいりました。

いつまで都合のいい存在でい続けるんですか、ということをお聞きしたいんですよ。

いつまで、没落間近の大国のコバンザメを続ける気ですかって。今、後ろから声が聞こえてきました。もう一つの州、最後の州なんじゃないかって。そういう考え方もあると思います。もう一つの州であるならば、アメリカ合衆国の大統領を僕たちが選べなきゃおかしいんですよ。

そんな状況にもされていないって、諦めているんですか? いつ、植民地をやめんだって。『今でしょ!』って。対等な関係、健全な関係にするべきじゃないですか。すべて、出されたリクエストを全て形にしていくなんておかしな話ですよ。

今回の『戦争法案』。アメリカの、アメリカによる、アメリカのための『戦争法案』には断固反対。当たり前です。廃案以外はありえません。中国の脅威と言うならば、自衛隊を世界の裏側まで行ける、そのような状態を作り出すことはこの国の守りが薄くなるってことですよ。

どうして、自衛隊が地球の裏側まで一体化してアメリカと一緒にいろんな所に行かなきゃいけないの? アメリカ以外の国とも一緒に行けるような状況になっていますよね。歯止めありますか? ないですよね。

中国の脅威をうたっている割には、国の守りが薄くなることに対しては全然平気っぽいですね。廃案以外はありえないこの『戦争法案』。廃案以外あり得ないと申し上げて、午前の質問を終わりたいと思います。ありがとうございました」(了)

(出典: Independent Web Journal)
*
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 文字色について

> いつも有り難く拝見している読者の一人です。
> 日頃より、貴ブログを引用掲載させていただいており、啓蒙活動に大変重宝しております。ありがとうございます。
> さて、標題の件ですが、個人的に携帯から閲覧する分にはさほど違和感は無かったのですが、先日初めてパソコン側から貴ブログを閲覧したところ、「えっ」と思いまして、細事かもしれませんがその報告になります。
> 状況は、本文の文字が薄くて読みにくいということです。
> 当方のディスプレイの角度の問題が大半なので角度調整してことなきを得ましたが、客観的な第一印象は、「この色使いは読んでもらう気ないな」と、きつい言い方ですが、私のツイッターなどで初めて貴ブログを読もうとした方の中にはそういう方がでてきてもおかしくないくらい、角度によっては読みにくい状況です。
> 私も、他の記事は違和感なく読めていたのに、貴ブログに飛んだとたんに読めなくなりました、これをディスプレイの角度を修正して皆が対応してくれればいいのですが、色設定に問題ありだから、と読むのをあきらめてしまいそうです。
> 私はブログ関連技術の知識は無いのですが、一般的に暖色系の色はそういった、例えば、ノートPCの読者を逃がしやすいというリスクはあると思います。ちなみに、貴ブログの本文色は薄めのオレンジ色で表記されており、携帯からは、疲れにくく気に入って閲覧していました。
> パソコンディスプレイへの映り込みを考えると黒系の色がやはり無難ということになるのでしょうか。
> 肝心な色設定の方法なのですが、FC2ブログの設定画面を眺めても見当たりませんでした。
> テンプレートを読み込んで適用すれば文字色がその色になるとかいろいろ考えられますが、ド素人なので、一旦ここでコメントさせていただきました。

いつもWJFの記事を拡散してくださり、ありがとうございます。

下のリンクのことだと思いますが、こちらは携帯電話用のリンクです。 (デフォルトの設定が文字がピンクになっていましたので、テンプレートを文字色が黒いものに変えてみました。)

http://wjf-project.info/?mode=m&no=951&cr=3c2ba7ac0ac3ebf2c948bb94735a6eba

パソコンで記事をご覧になる場合は下のリンクをご利用ください。
http://wjf-project.info/blog-entry-951.html

No title

この動画が重要なのは、

日本の政策がアーミテージ・レポートなどの(民間のシンクタンクの意見という体裁をとった)アメリカの命令に従って、作られていることを、公の場で、はっきりと、示したこと。

それを日本の政治家が全員知っていたということを示したということ。

知っていて、自己の保身のために、日本の植民地としての隷属を強化していたということを示したということ。

全員が売国奴だということを示したということ。

少なくとも、この時点で、確実に知らされたということ。ゆえに「知らなかった」という言い訳は今後は通じないということ。

この動画の意味は大きい。

アーミテージ・レポートの内容ととともに、世の中に広めて欲しい。

アーミテージ・レポートの提言(実際は命令)と安倍政権の実現した政策の比較表を、どなたか作成してくださらないだろうか?

そうすれば、より説明しやすくなるでしょう。

No title

植民地という実感がない、知らなかったなんて人もいらっしゃるでしょうから、山本太郎議員の発言は有益かなと思います。
自称保守でも植民地という実感のない人が多いように見受けられますし。
信者が目を覚ますかどうか分かりませんが・・。

私も米中開戦はないと思います。
米中は経済ズブズブの関係ですし。

ひろのりさんと同意見で、私も戦後レジームは特亜だけでなく米国からの脱却も必要なのですが、自称保守(信者含む)は中韓ポチするぐらいならアメポチのままがいいなんていう体たらくで。
事大主義で独立しようという気がないんです。
現状、独立が難しいということは分かるのですが。
気付かずに売国の片棒を担いでいる自称保守に目を覚めて貰いたいですが中々洗脳が解けません。
(左翼は自虐史観なので共闘が難しそうで。但し、反新自由主義的な部分では共闘も有り得る)
ちなみに先日のデモで自称保守が星条旗掲げたのを動画で見た時は卒倒しそうになりました。

No title

写真に写ってるジョセフ・ナイはキッシンジャーと同じく米中協調路線論者。
つまりは米中は戦争なんかしないし、対立してるふりをしてるということ。
サミュエル・ハンチントンとジョージ・ケナンは米国は東アジアから撤退し中国の属国になってるだろうと言及。
少なくとも今の状況を経済システムが完全に分離してた米ソの対立と同じように考えてはいけないこと。
米中協調路線により日本を水・食料・エナルギー・金融・土地・企業と各国が支配していこうとする中、
各国のゴロツキやスパイを移民という形で押し付けようとしている中、
いかに日本はしたたかにポリティクス・パワーバランスをうまく維持してそれらを跳ね除け、
米国の属国という戦後レジームを脱却できるかが問題。
安倍信者は言うまでもなく、言いたくないけど三橋信者も見通しが甘すぎる。
民主の安保法制反対が幼稚とかそんなのわかりきってることで、
一番大事な米中その他外資による日本分割支配の実行の阻止をすることである。
それには安倍晋三を含め稲田朋美や高市早苗など新自由主義者の力を抑制しないといけない。
恐らく世論がここまでレベルアップするのはほぼ不可能です。
偶然、安倍が他の要因で支持を落として政権崩壊して、偶然、ネオリベ以外の者が総理になることぐらいしか望みがありません。
私も三橋氏の下僕のブロガーの見通しの甘さ根っからの左翼嫌いのジミンガー故に頭に血がのぼり、
この米中見せかけ対立構図を俯瞰視できない連中に最近少し嫌気がしてきました。

枝葉末節的な発想しかできず、物事を瑣末事に矮小化してしまっている人が多すぎる!

「戦後日本」とは「植民地・米領日本」、という当り前の現状認識ができないことこそが「根本的な問題」なのでしょうが!!

山本太郎という個人がどうのこうの、といった次元の問題なのではなく!

どうも、問題をこうした個別次元の瑣末事に矮小化してしまう人が多すぎる。

何故かといえば、しょせんは「時事問題」のレベルでしかものごとを考えておらず、表面の「現象」だけでしかものごとを観ておらず、それを自分自身の頭で掘り下げて考え、そのような「現象」を生み出している「要因」は何なのか、その「因果関係」はどうであるのか、という考察をしようとしないから、でしょうが。

これだから、表面的な「現象」にばかり振り回されてしまい、その現象を創り出している「構図」がちっとも観えてこないのです。

これでは「大局」がまるで見えないし、大きな視野でものごとを観ることはできない。

また、「日本の自存自立」という根本的な問題にしても、敵視する者や見下す者がいなければ成り立たない「偏狭なナショナリズム」という次元のものではなく、日本(人)自身のあり方として、自ら何を生み出し、そして何を真に守って行くべきものとするのか、という主体的で安易な排他主義に依存するのではないものをしっかりと持ててこそ、「真に誇りある日本(人)」というものを存立させることができるのです。

真に「根本的な勉強も思考も足りない人間」「探究心のない人間」が多すぎる、と思われてしまってしようがない。

これだから、日本人の劣化を観てしまわざるを得ない、という思いに駆られてしまうのですよ。


No title

ネットの罵倒はデマが元になっていることが多いという個人的な印象があります。

同様の状況は、戦後米軍統治時代の沖縄で祖国復帰運動を展開していた左翼政党や人物に、保守勢力が「ソ連から司令を受けている!中国からカネをもらっている!」といってデマを広め続けた事実からも、ほとんど日本人は変化していません。
(瀬長亀次郎著「瀬長亀次郎回顧録」、大田昌秀著「醜い日本人」参照)

実際の行動と発言には耳を貸さず、特定の雑誌や新聞の情報のみでその人物を判断する。
無批判に受け止める人間も問題ですが、そのような報道を意図的行うマスコミは更に問題です。

なお2012年のアメリカ公文機密文章公開で、沖縄の祖国復帰運動を妨害した従米保守がアメリカと自民党から資金提供を受けていたことが明らかになっています。

自分が売国奴だから相手も売国奴に見えるのかも知れません。

No title

「本当のことを言って、なにか不都合でも?」
最初はいつもの口だけタレント議員かと思ってました。

ところで、山本太郎となかまたちという政党に関してはどう思われますか?
小沢一郎は、売国奴だとよくネットで耳にしますが。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。