ある原住民の部族が滅びるまでの悲しい物語

TPPや、安保法制を理解するためのたとえ話。
北アメリカ大陸ではかつて、原住民の様々な部族が、それなりに折り合いをつけながら平和に生きておったそうな。

そんな彼らの土地に、ヨーロッパ大陸から、白人の集団が入植してきた。

ある日のこと、白人たちが、ある部族のもとに交渉に訪れた。

「我々と貿易をしなさい。我々の商品をあなたがたの金銀と交換しなさい。我々の先進的な文物を取り入れれば、あなたがたの部族はますます富み栄え、強くなり、他の部族を圧倒することができるだろう。」

なるほど、言われる通りだと思い、その部族は白人と貿易を始めたそうな。

また、ある日のこと、白人たちは、同じ部族のもとを訪れてこう言った。

「我々の武器を買いなさい。そうすればあなたがたの部族は、ますます強くなるだろう。」

なるほど、言われる通りだと思い、その部族は白人の武器を導入したそうな。

そのアメリカ原住民の一部族は、白人たちの武器を手に入れ、自分たちがすっかり強くなったと自信をつけ、周辺の部族に戦いを挑んだそうな。

ところが、あろうことか、白人たちは、密かに周辺部族にも同じ武器を売りつけ、さらには自分たちの味方に取り込んでいたために、戦いは拮抗し、挙げ句の果ては、その部族は戦いにやぶれてしまったそうな。

敗者となったその部族は、永遠に周りの部族や白人に対して、謝罪を続ける運命を負わされることになった。

また、ある日のこと、白人たちは、敗者となった部族のもとを訪れてこう言った。

「我々の軍隊をあなたがたの中に駐留させなさい。そうすれば、あなたがたの部族は我々の強い力で守られるだろう。」

戦いなんかもうこりごりだと思っていたその部族は、なるほど、言われる通りだと思い、白人の軍隊の駐留を認めたそうな。

また、ある日のこと、白人たちは、同じ部族に対してこう言った。

「この世界には、あなたがたがまだ知らない様々な潜在的な脅威が存在する。我々の軍隊に、あなたがたの兵士を差し出しなさい。この世界に潜む脅威を、先制攻撃を受ける前に、未然に取り除いていこうではないか。」

なるほど、言われる通りだと思い、その部族は白人たちに兵士を差し出したそうな。

また、ある日のこと、白人たちは、同じ部族に対してこう言った。

「あなたがたが戦いに敗れたのは、あなたがたが古い掟にとらわれていたためなのだ。我々の国と同じ法律や、同じ経済の仕組みを導入しなさい。むかしの慣習を捨て去り、あなたがたの部族を内部から改革しなさい。我々と一体となり、一つの国を作ろうではないか。そうすれば、あなたがたの部族は一層強くなるだろう。」

なるほど、言われる通りだと思い、その部族は、古い掟や慣習を捨て、白人たちと同じ法律、同じ経済の仕組みを導入したそうな。

さて、そのアメリカ原住民の部族は、白人の言う言葉の通り、強くなっただろうか。

強くなるどころか、白人の国にすっかり取り込まれてしまい、この世界から、姿を消してしまったとさ。

おしまい。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFさん

投稿できました。
ありがとうございました。
さよならは取り消しします!

WJFさん

返答ありがとうございます。
侍さんとこへ投稿できるかチャレンジしてみます。

ネット監視されてます

侍さんブログに投稿できなくなりました。
侍さんはブロックしたりしませんよ!
ネット会社とズブズブな自民党関係者?の仕業なのか?
わかりません。WJFさんブログには、侍さんブログや沢村直樹さんの共感者が来るとこなので、WJFさんにこの場をおかりしてご報告させて頂きます!

ネットもコメントまでもが監視されてるってことですね!
ここにコメントしても、また投稿できないように自民党関係者?だかにブロックされてしまうので、あきらめてこれでコメント最期にします(-_-)/~~~

ネットでゲットした知識をコメントしただけなのに((T_T))
WJFさんのこの記事わかりやすくてよかったです。

米領日本体制からTPP体制へ

●「米領日本」が60年間存続している理由(わけ)

中国の専制政治より英領香港の自由民主主義がいい! (英領香港人)

大日本帝国の天皇制軍国主義より米領日本の自由民主主義がいい! (米領日本人)

独立回復の気概なき「事大主義」の植民地人であるか(日本国憲法護持派)、独立といえば大日本帝国復古主義でしかないから(大日本帝国憲法復権派)、それなら「現状」の方がいい、という二者択一論で、「現状維持」となっている。

アメリカの保護下にありながら、アメリカの戦争に参戦しなくていい「米領日本特権」である憲法九条を守ろう!! 「米領日本」の枠内で「英領香港」のように「一国平和」でいたい。

というのが、米領日本人多数派(声なき多数派)の本音であろう(?)

以下の第一の道か第二の道という二元的発想しかできず、第三の道を見出すことが出来ないのが米領日本人のほとんどである。

第一の道 米領日本の存続
第二の道 大日本帝国への復古(主義)
第三の道 独立平和国家日本の構築

●TPPの正体

TPPとは、アメリカ合州国という「国際金融資本の出先機関」による「間接支配」体制ではなく、「国際金融資本による直轄支配」体制!

これが、TPPが現状の「米領日本」体制よりも恐ろしい理由(わけ)である!!

日本の保守タカ派は、「米領日本体制の枠内での大日本帝国復古」を目論んでいるが、国際金融資本はアメリカ合州国による「間接支配」から、国際金融資本による「直轄支配」体制=TPPに切り換えようとしている!

すなわち、「TPP体制」が出来上がったら、「米領日本」ですらなくなってしまう! ということなのである!!



No title

これが英米伝統の「分断統治(Divide and Rule)」という、植民地支配→併合の常套手段。

英国が少人数であの広大なインド(現在のインド、パキスタン、バングラディシュを併せた領域)を支配できたのも、この分断統治(Divide and Rule)を駆使したため。

いまだにこれがさっぱりわかっていないのが、日本人の大多数。

そこで「やれ韓国が、中国が」「北朝鮮が」とばかりやっている。ところが、竹島も尖閣も本当の脚本家(黒幕)はアメリカ、ということがさっぱりわからないらしい。

当り前のハナシで、竹島も尖閣もアメリカが占領していて、それを日本に返還となったところから、現在の問題が発生した、という経緯には全く意識が向かないようだ。

「韓国は竹島(独島)の実効支配をやめよ」とアメリカが命令すれば、韓国は竹島から撤退せざるを得ない。

「中国はアメリカが日本に返還した日本領尖閣諸島から撤退すべきだ、中国があくまでも尖閣諸島を中国領と言い張って居座るならば、アメリカは同盟国日本と連携して実力行使に出ざるを得ない」と宣言したら、中共も今のように居座ってはいられない。

しかし、アメリカはこのどちらもやらない! 何故なのか?

答えはもうわかっている(はずな)のだが、日本人にはわからない?

北米先住民(インディアンと呼ばれている)の辿った運命は、まさに日本(人)が辿ろうとしている運命、なのである!!


恐ろしい…
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。