21世紀の日本における「愛国者」の定義

売国奴なるがゆえに、我支持す。
21世紀の日本における「愛国者」の定義。

アメリカ方面に、盛大に、躊躇なく、惜しみなく、完膚なきまでに、日本を売り渡し、譲り渡し、捧げ尽くしてくれる政治家のこと。

(注1: 皇室が壊れるぐらい、日本が消滅するぐらい、国を売りつくすならなおさら望ましい)

(注2: 21世紀のグローバル化した世界では、冷戦時代とは異なり世界は一体化しているため、アメリカ方面への売国は、四方八方あらゆる方角への売国を意味する。)

この意味において、安倍晋三は、日本史上最大の、我々が考えうるかぎり最良の愛国者なのである。

「安倍さんは、愛国者なのであります」

「安倍政権は、救国政権なのであります」

「安倍さん以外に、誰がいるんだ」

「安倍さんを、信じよう」

「安倍さんを、守ろう」

「安倍政権、断固支持」
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アホ過ぎる

一括交付金(自由裁量)が優遇?

自由裁量で沖縄だけ国庫支出金の占める割合が高いなら何で同程度の補助金を貰う県があるんだよ?

制限があろうが、なかろうが貰う額が同じくらいなら優遇とは言わない

それと基地負担を考慮していない

中国人ガーと騒いでいるけど、長崎県と奈良県に失礼でしょ

同県は沖縄と同じく中国文化の影響を強く受けていたのだから

奈良時代の高位の人達の服装は中国系

沖縄県の政策を危惧する暇があったら安倍政権の移民政策に目を向けたら?

危惧する順番を間違えていると思います。

No title

あゝ哀し過ぎる実例・・・
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12061853209.html

No title

>政府と県が同意した後に、条件や約束を政府にひっくり返されるたびごとに沖縄側が譲歩し続けるということをいつまで続ける気かという翁長雄志の発言は理解できなかったのですね。
>順番すら理解できないのか理解する気がまるでないのか。

「何故そもそも翁長の爺は辺野古移設推進決議案を可決させたのですか?」の答えになっていないですね。政府への苛立ちや不信感は分かりましたが、答えになっていません。いつまでとぼけ続けるんですか?

>さてこれと同じ意味であることは理解できますか?それとも理解したくありませんか?
>沖縄の文化は歴史的価値がなければ不信感を抱いて良いのですね

あのですね、中国になんやかんやとお金を払って、中国人観光客をどっと増やし、龍柱を設置し、定期航空便まで開設されたら、「赤化」と言っている下の人じゃないですけども、そりゃ不安に思いますよ。東京や大阪でも中国人観光客が増え、あちらこちらに中国語の看板やらができて、実際に中国人移民も毎年増えて、本土に対しても不安に思っていますよ。

>国庫支出金の割合を取り上げても下記の状況は変わりませんよ。 都道府県の11年度歳出額合計は

だから、いくらこれを言ったところで補助率が他県より高いのは変わりないでしょ。今の一括交付金は沖縄県以外では廃止されています。自由に使えるお金が多いのは否定のしようがありません。

>さらに沖縄振興の国旗支出金には本来国の事業である国防費や国際空港工事費、国立大学予算まで含まれています。

沖縄振興予算で「一括計上」ですので、当然含まれます。また空港建設費や国立大学予算は沖縄が要望し、国が認めた形です。


「2015年度予算で県側が要望している主な内容は、沖縄独自の制度である『一括交付金』や那覇空港滑走路増設工事費、沖縄科学技術大学院大学関係費、鉄軌道導入のための調査事業費などがあるよ」―沖縄タイムス+プラス


なんか貴方さっきから言ってることおかしくありませんか?


>「国立」沖縄科学技術大学院大学の予算がなぜ国庫ではなく沖縄振興予算に含まれているのでしょうか。

>さらに沖縄振興の国庫支出金には本来国の事業である国防費や国際空港工事費、国立大学予算まで含まれています。


もういい加減やめませんか?

No title

「安倍さんは...断固支持」までの発言は自称保守がよく使ってますよね。
しかもTPPのことを棚上げにしますし戦略特区についてはスルーです。
安倍総理が愛国者だという根拠は言えない癖(せいぜい靖国参拝だけですかね)に、総理がTPPに加盟した根拠を教えろだなんてトンチンカンなことを言ってきますし。
自称保守って面白いですよね。
平気な顔で売国行為を見て見ぬフリしてます。
右も左も(右はアメポチ左は中朝韓ポチ)ダブルスタンダード使ってるのに気付かないんですよね(支持してる政党のやる売国行為は綺麗な政策~♪)
政策を是々非々で語ればよいのに人(安倍総理)を妄信してまるでカルト信者のよう。
新たな談話を出すより破棄し、談話ではなく追悼文(?)を読みあげれば良かったと思います。
そうでなければ1995年が最初の村山談話、10年後には小泉談話、さらに10年後の安倍談話。
また10年後には誰かが談話を出すんでしょうか?
談話も戦後レジームの一つではないかと思います。
原爆投下に対する批判はしないのですからね。
戦争をしたどの国も加害者であり被害者であるという認識がない。

談話の評価が知りたくて保守系のサイトを見て回ったのですが、総理GJだなんて大喜びでしたね。
戦後レジーム脱却済みの反新自由主義者が少ないなと思いました(危惧)
自称保守がアメポチ(グローバル化)なので日本の独立を妨げています。
自称保守共は戦後レジームだけに捉われて現在と未来を蔑ろにしているのが残念でなりません。

コメ欄を見て思ったのですが、あれから沖縄の赤化はどうなっているんでしょうか。
有名な某ブログに書かれてた大掃除は始まる気配もありませんね。
沖縄は大丈夫でしょうか。

国や国民を大事にする、そんな政治家が出てきて欲しいものです。

No title

最近よく見ますね、その文章。

国庫支出金の割合を取り上げても下記の状況は変わりませんよ。

都道府県の11年度歳出額合計は50兆9658億円、類似9県平均は6399億円、沖縄県は6145億円である。沖縄の歳出規模は47都道府県中30位で、9県中5位。人口は142万人で、9県平均109万人を大きく上回るが、財政規模は下回っています。

さらに沖縄振興の国旗支出金には本来国の事業である国防費や国際空港工事費、国立大学予算まで含まれています。

これだけの事を矮小化するためによく持ち出されますよその文章。
沖縄問題を矮小化し続けるのが本土の保守の姿勢ですかそうですか。

No title

勝手な解釈や意味付けをしているのはどちらでしょ?
沖縄観光産業のために一括交付金を使う事のどこが問題ですか?

沖縄県の観光産業部門である沖縄観光コンベンションビューローは、2013年に中国香港台湾観光客誘致プロモーションに20億円使いましたが。その結果それぞれの国の観光客が前年比60%以上増加しました。

さてこれと同じ意味であることは理解できますか?それとも理解したくありませんか?

沖縄の文化は歴史的価値がなければ不信感を抱いて良いのですね。

No title

政府と県が同意した後に、条件や約束を政府にひっくり返されるたびごとに沖縄側が譲歩し続けるということをいつまで続ける気かという翁長雄志の発言は理解できなかったのですね。

順番すら理解できないのか理解する気がまるでないのか。

>匿名様

>何時までたっても約束を守らないのはどちらでしょうか?
使用期限を撤廃したのも自民党です。一方的に撤廃して「そう決めたから従え」と沖縄に圧力をかけたことは無視ですか。

「何故そもそも翁長の爺は辺野古移設推進決議案を可決させたのですか?」の答えになっていない。彼のその発言の引用も答えになっていない。

>日本の墓石の7割以上が中国からの輸入、唐石であり、文字の刻印まで中国で行っています。沖縄だけが中国に石材を発注しているとでも?

「一括交付金」で発注するのとは意味合いが変わってくるでしょうね。「駄目だ」とは言いませんが。

>孝明天皇の袞衣についての見解を合わせておねがいします。

歴史的に価値がある物の保存は当然です。

>中国からの観光客が全て沖縄に来ているとでも仰りたいのでしょうかw

いや、将来中国の一部になる準備をしているのかなと思ったのです。龍柱を設置し、定期航空便を開設し、まだまだ圧倒的に少ない沖縄での中国人移民を増やし、「ほら見てみろ。やっぱり沖縄は古来中国の一部だったのだ」という考えを持った中国人移民で溢れさせ、いずれ独立させ、中国への編入のための布石でないなら安心です。

>沖縄振興予算について
>沖縄振興予算のまやかし
>それが見せかけの証拠なんです。沖縄には特別の扱いをしていると見せかけておだてているだけです。

これ今までに何度も見てます。以下の説明が分かりやすいでしょう。



振興予算の大半は国庫支出金ですが、国庫支出金は、従来の考え方でいえば紐付き補助金。政府の統制がかなりきついわけですね。経費の性格ごとに補助率が決まっていて、各都道府県、市町村は補助対象以外の部分を自前で調達しなければなりません。ところが、沖縄の場合この補助率が最大で95%と非常に高い上に、近年は一括交付金と称して100%沖縄の裁量に委ねられるケースが増えている。これはどう考えても優遇措置なんです。理由があるとしても優遇であることに変わりはありません。で、新聞社も沖縄県も、政府から地方への補助金として地方交付税と国庫支出金を取り上げ、「この両者の合計でいえば、沖縄県は他県に比べてとくに優遇されているわけじゃない」と主張しています。が、これも誤解を誘導します。予算に占める国庫支出金の比率でいえば、沖縄県はダントツでいちばんだったんです。県予算の25%以上が国庫支出金。2011年度から沖縄は4番目ぐらいになっちゃったんですが、それは震災の副作用です。岩手、宮城、福島に集中的に国庫支出金がつぎ込まれて、これらの県は従来の二倍近い、30%前後にまで数字があがっちゃったのです。地方交付税を国庫支出金と単純に足し算して、「ほら、沖縄の政府依存の度合いは少ないでしょ」と自慢げにいうのも間違い。地方交付税は、その自治体の規模(人口などの指標)を算出根拠にしていますから、同じ規模の県だったら、ほぼ同じような数字が自動的に計算されてしまうのです。つまり、「優遇」の対象にはなりにくい、というか優遇しようがない。結果的に、「国庫支出金+地方交付税」という計算をしてしまうと、国庫支出金で沖縄県が優遇されているという事実が、薄められてしまうのです。というか、事実の隠蔽に近い。

No title

>中国様のお迎えのために龍柱を設置し、どうぞお越しくださいと言わんばかりに定期航空便開設の懇願ですか。素晴らしい愛国心ですね。

中国からの観光客が全て沖縄に来ているとでも仰りたいのでしょうかw

定期便は沖縄観光コンベンションビューロー所属の観光企業から要請されたことです。島嶼環境の経済は非常に限られておりその手段を講じないような行政の長が何もしなくても生活ができるとでも思っているのでしょうか。

>沖縄振興予算毎年何千億受け取らずに本気だと示したらいかが?うちな沖縄振興予算についてーんちゅは「何も学べない馬鹿ばかり」なのですか?

(よくある質問)沖縄振興予算について
ttp://www.pref.okinawa.jp/site/kikaku/chosei/kikaku/yokuaru-yosan.html

『平成24年度普通会計決算ベースで見てみると、沖縄県の国庫支出金は全国11位、地方交付税交付金も含めた国からの財政移転では全国17位となっています。
また、人口一人当たりで比較すると、国庫支出金と地方交付税の合計額は全国6位で全国15位まではほぼ同規模になっており、復帰後一度も、全国一位にはなっていません。 』

沖縄振興予算のまやかし──仲里利信(元沖縄県議会議長、島ぐるみ会議共同代表)
ttp://pen.co.jp/index.php?id=748

『 一昨日の国会で、自由民主党の国会議員が安倍総理に、「沖縄に対する振興策としてこれまでいくら出しているか」と質問したようです。私は遊説していたので直接聞いていませんが、安倍首相はこの43年間で17兆7400億円だと答えたそうです。

 しかし、これも真っ赤な嘘で、その中身は国防費である防衛省予算が5兆数千億入っているし、内閣府の予算も農林水産省の予算も入っている。それ以外に実質残っているのは10兆920億円です。この10兆920億円ですら第1次振計(振興計画)、第2次振計、第3次振計で、27年間異民族に支配されて大変だったでしょう、という償いの心で、その27年間に相当する第3次振計まではトータルで約1兆8000万円が沖縄県に入っています。けれども、第4次振計からはもう償いも終わったということで、沖縄振興計画の名のもとにやっています。それによると政府から沖縄に投下された全予算は、2002年から2011年までの10年間で2兆4950億円でした。そして沖縄から日本政府が国税で持ち出したのは(搾取したとは言いたくはありませんが)2兆6080億円です。つまり、逆に1000億余りをウチナーから持ち出しているのです。

 それが見せかけの証拠なんです。沖縄には特別の扱いをしていると見せかけておだてているだけです。

 明治大学の池宮城秀正教授という経済学者がおっしゃっています。2011年の統計ですが、47都道府県のなかで国から投下される金は、沖縄県は31万5000円ですが、類似県の平均は42万円。沖縄はざっと10万円少ないのです。決して厚遇も何もされていない。数字上で沖縄に厚遇をしたふりをして、実際の予算が作られています。』

さて、本来は国際空港の運営を当たるのは国であり国庫負担のはずの那覇空港滑走路増設事業が何故含まれているのでしょうかw
「国立」沖縄科学技術大学院大学の予算がなぜ国庫ではなく沖縄振興予算に含まれているのでしょうか。

平成27年度沖縄振興予算について 内閣府沖縄担当部局
ttp://www8.cao.go.jp/okinawa/3/2015/h27_gaisankettei.pdf

本土の愛国心とやらは金勘定に特化しているようですw

No title

>言葉遊びですね。以下が分かりやすいでしょう。

「・那覇市は中国に直接発注せず、県内業者に発注し、その業者が日本向け墓石を輸出している中国業者に発注しています。 」

委託(有)構研テクノス
工事請負(株)沖栄建設、琉球建設産業(株)

日本の墓石の7割以上が中国からの輸入、唐石であり、文字の刻印まで中国で行っています。沖縄だけが中国に石材を発注しているとでも?

そして1992年に那覇市の市政70周年及び友好都市締結10年の記念事業で建設された福州園という中国式庭園と同じ通り沿いにあります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B7%9E%E5%9C%92

建設工事は中国から職人が十数人やってきて行われました。
ttp://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2014060576471.html

最後に龍柱の建設されている公園は若狭海浜公園という場所であり、クルーズ船バースのそばで那覇空港からつながっている沈埋トンネル「那覇うみそらトンネル」の那覇市街地側出口にあります
ttp://www.naha-navi.or.jp/cruiseships.html
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E8%A6%87%E3%81%86%E3%81%BF%E3%81%9D%E3%82%89%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

那覇を観光都市としてピーアールする場所として最適です。
単純に龍柱だけが計画されたのではないのです。首里城は那覇市のシンボルであり、国際通りや沖縄県議会にもあります。

『県民も民主主義という見方もするとね、本土から来る人がこういうのを信じて、「お前たちは中国のスパイか」とか「中国に帰ろうとしているのか」、何をバカな、中国に近いといったら、仲井眞さんのほうが、久米三十六姓の末裔だから、いわば華僑です。沖縄にきたらそんな意識まったくないんです。みんなウチナンチュになるんです。だから、久米というところにその末裔がいますけど、誰も中国の人だと思っていませんよ。沖縄の人だと思ってる。これに対して、ヘイトスピーチはね、これを分離しようとするものですからね。』

久米三十六姓は14世紀後半ごろ進貢貿易を遂行するために、福建から数次にわたって派遣された通訳・船頭などの職能集団。ただちに琉球に土着したわけではなく、中琉間を往復するうちに定住した人々です。
沖縄に来たのは日本が室町幕府の頃です。
ttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-41205-storytopic-121.html

ネットばかりですと横断的な事業や歴史との関連がつかめません。
中国に石材を発注している自治体や企業は「沖縄だけですか?」

孝明天皇の袞衣についての見解を合わせておねがいします。

No title

>(笑)何故そもそも翁長の爺は辺野古移設推進決議案を可決させたのですか?

『あの、嘉手納以南が今回、普天間が返還されるときに、みんな返されますよといってね。これだけ返されますとね、大々的ににやってね、本土の方はやってくれてるじゃんと思うかもしれないけれど、あれどういう風に書かれているかというと、那覇市の那覇軍港はね、2028年、今から14年後に返還します。キャンプキンザーは、2025年、12年後に返還しますと、全部いくつか書いてあるんですが、「またはその後」と書いてあるんですよ。ね、「結婚しましょう」と言って、「来年ね」と言って、「またはその後」と言ったら約束になりますか?まったくならいでしょ?』
『ぼくは自由民主党の県連の幹事長もしましたしね、仲井眞さんの選対部長も二回しましたしね、尽くして尽くして尽くし抜くして、やってくるんだけど、ちょっとでも「違うんじゃないですか」というとね、すぐね、今のような状況になっちゃうんですね。だから、日本の民主主義の国家としての成熟度が足りないんじゃないかなと、ぼくは思いますね。』

何時までたっても約束を守らないのはどちらでしょうか?
使用期限を撤廃したのも自民党です。一方的に撤廃して「そう決めたから従え」と沖縄に圧力をかけたことは無視ですか。

>匿名様

>翁長知事にはなんのブレもありませんよ。ぶれたのは政府と仲井真知事です。

(笑)何故そもそも翁長の爺は辺野古移設推進決議案を可決させたのですか?

>那覇市は中国に直接発注せず、県内業者に発注し、その業者が日本向け墓石を輸出している中国業者に発注しています。

言葉遊びですね。以下が分かりやすいでしょう。



『市(那覇市)は「発注したのは県内の業者で、中国の業者はその下請け」としている』とのことだが、実態はこうだ。



 土木工事特記仕様書
工事名:平成25年度那覇。福州友好都市交流シンボルづくり整備工事(その1)
工事場所:那覇市若狭地内
工期:着手日~平成26年2月28日
工事概要:製作費、輸送費、工場管理費 一式

 この特記仕様書の中で問題となっているのが下記の「施工条件明示補足」に書かれている2及び3の部分。


 施工条件明示補足

1 工事は安全を第一として(以下省略)

2 本工事は中国の材料(福建省花崗岩G654(グレー系)、職人を活用し図面を基に龍柱を制作するものである。

3 請負者は龍柱政策に必要な中国側での工場、職人(龍柱専門)、採石場等を十分調査選定し、発注者の承認を得ること。また、使用する石材の物理的性能が(以下省略)


 しっかりと「中国の材料、工場、職人」と明記されている。

 この工事を請負ったのはたしかに、地元の業者であるが、通常の公共工事では使用する材料においては請負い業者が工事仕様に適合したものを選定し、これを発注者に承認を得て使用する。

 従って、この龍柱の案件では設計関係図書の最上位にある特記仕様書に「中国の」と書かれているため、入札前の積算段階で入札参加業者は「中国の」見積りを取って積算し入札するしかないのである。

 よって、初めから業者の判断で国内業者を選定することは出来ない仕組みになっているので、市側の「発注したのは県内の業者・・・」という説明は通用しない。

 那覇市は事実上、国民の血税から賄われている「一括交付金を使って中国の業者に材料を発注した」と指摘されても弁解の余地は無いのである。



>「北京の人民大会堂で李克強首相に対して、中国福建省と沖縄県との間の定期航空便開設など経済的な関係強化を図るよう要請」しました。

中国様のお迎えのために龍柱を設置し、どうぞお越しくださいと言わんばかりに定期航空便開設の懇願ですか。素晴らしい愛国心ですね。


>歴史的事実をあげました。これでもほんの一部です。本土の人間は自国の歴史から何も学べない馬鹿ばかりですか?

沖縄振興予算毎年何千億受け取らずに本気だと示したらいかが?うちなーんちゅは「何も学べない馬鹿ばかり」なのですか?

No title

翁長雄志本人の発言した記事がある

沖縄県知事選に当選した翁長雄志さんインタビュー全文起こし
ttp://www.tbsradio.jp/ss954/2014/11/post-303.html

私は日本人の愛国心に対して強烈な不信感がある
愛国者が自国の歴史すら学ばないからだ
99%の人間が1%の人間へ向ける恫喝・懐柔・離反工作・無知・無関心・デマという事実に、信頼なんてできるほど精神が鈍麻した人間ではない
私はそんな日本人の愛国心に反吐が出る思いをもっている

翁長知事。まだ判断できないが、様子見だな。

ネトウヨたちのプロパガンダにはうんざりだ。

米軍基地に安全保障を頼る構造は、
日本植民地支配が続くわけだが。

沖縄の
基地経済依存、普天間基地固定化を打破するには、
東京から距離のある地理的問題を抱えての
勝負できるのは

近い中国や台湾などの観光客の集客率をあげることになるわけだ。
沖縄のビザ緩和もアベノミクスだがね。

それなら文句を言わないだろ?ゆすりたかりだと言いながら、
地方自治体を貧困化させ、あげく国家戦略特区、TPPなど推進する安倍総理を崇拝するのが
ネトウヨ。

中国爆買いもだが
中国ガーと批判されようが、
日本政府には期待できないから、沖縄含め、地方自治体が生き残る戦略をたてるしかないわけだよ。

信頼は約束を守る事でしか得られない。

翁長が信頼出来ないなら、対する安倍政権は信頼に値するのか?
沖縄県民の多くの支持を得て翁長は今の所、戦っている。
この先、翁長が県民との約束を反故にするのかは判りません。
沖縄県民は共産党を支持してる訳でなく、ただ今の現状を変えたい思いだけ。
対して何かと怪しい安倍政権の安保法案は多くの国民の支持を得てはいない。
翁長はアメリカ基地と国の金に頼らない為に中国と接触しているのだろう。
反日問題等があるにも関わらず、一つも改善する事無く、自民も民主も中国や
韓国と接触、ビザの緩和、交流や定期便を平気に進めてる。
尖閣、竹島も口だけなら体裁だけ繕って何とでも言えると思いますが。
少なくとも、少子化問題を始め多くの国内問題を悪化させ、沖縄を含め日本の
自立を妨げている安倍政権を信頼出来るとは言えません。

No title

私は自ら調べず、マスコミを含む他人の伝聞のみで判断する人間は大嫌いです。

沖縄からみた本土は、翁長知事への不信感以上です。

沖縄戦で本土決戦の捨て石になったのにいきなり降伏
SF条約で主権回復と万歳三唱しながら沖縄と小笠原をアメリカに主権を切り渡す
祖国復帰運動を展開していた沖縄人民党を自民党とアメリカは資金援助を行い離反工作を行った(西銘順治を検索)
本土にあったアメリカ海兵隊基地を「治安が悪化した」として市民の撤去運動が起こり、当時日本ではなかった沖縄に県外移転した
佐藤栄作の密約により、父祖伝来の土地を奪われた県民の願いである土地の返還がされないことを県民に伏せた状態で本土復帰が行われる


歴史的事実をあげました。これでもほんの一部です。本土の人間は自国の歴史から何も学べない馬鹿ばかりですか?

No title

翁長知事は日本国際貿易促進協会に同行し「10分間」やり取りしたなかで、「北京の人民大会堂で李克強首相に対して、中国福建省と沖縄県との間の定期航空便開設など経済的な関係強化を図るよう要請」しました。

一時間とは訪中団全体の時間です。

沖縄の観光産業のピーアールを行ったのです。

本来尖閣諸島問題は安倍総理や岸田外務大臣がすべき仕事です。遊んでいたんですかね?

ttp://thefact.jp/2015/355/
ttp://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150412/frn1504120908005-n1.htm
ttp://www.sankei.com/politics/news/150520/plt1505200042-n1.html
ttp://news-de-smile.com/okinawa-governor-china-visit-1770

No title

龍柱について

・首里城の正門前に龍柱が立っており、柱に巻きつかな龍の意匠はアジアでも独特であり沖縄の伝統文化に根ざしたものです。
ttp://www.rekishi-archive.city.naha.okinawa.jp/archives/item3/13919
ttp://oki-park.jp/shurijo/guide/56
・琉球王国と中国との関り合いは数百年に渡り非常に深い歴史があり、首里城のある那覇市が観光モニュメントとして使用することになんの問題もありません。
・沖縄振興一括交付金は、沖縄県に使用用途を要望し知事の認可で執行される予算です。翁長市長が自分勝手に計画したものではなく、当時の仲井真知事や沖縄県庁、更には那覇市議会からも承認を経ています。
・那覇市は中国に直接発注せず、県内業者に発注し、その業者が日本向け墓石を輸出している中国業者に発注しています。
・那覇市は建立前に市民に対して龍柱の意匠を検討した専門家(琉球大学名誉教授)を派遣し、市民への理解と協力を得られるよう説明会を開催しています。

龍柱が駄目ならば、正倉院に保管されている孝明天皇の袞衣はどう説明されますか?
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%9E%E8%A1%A3#/media/File:Kone.jpg

No title

辺野古移設の経緯を簡単に書きます。

・1995年に沖縄米兵少女暴行事件
・慌てて日米両政府、1996年に沖縄二関する特別行動委員会(SACO)で普天間基地返還を言及
・当時の名護市長、「ヘリパッド程度」の施設増設ならばキャンプ・シュワブへの受け入れ容認
・北部振興策による15年期限、軍民共用辺野古滑走路を日本政府と県が計画推進、15年後には北部国際空港として全面返還を予定
・自民党政権が代わるごとに辺野古基地返還期限の撤廃など政府側から約束を反故にされていく
・鳩山政権にて返還合意期限の迫った普天間基地の県外移設先を探すことになるが、移設先への同意が得られず断念
・自民党が政権に戻った際15年期限が保護されることになった
・それまで一貫して県外移設を訴えていた仲井真知事が2012年に急に方針転換し、県外移設堅持の公約を破る
・翁長市長ら当時の自民党内から公約反故と政府の約束反故を追求する声が高まる
・仲井真知事を支えた翁長市長らを自民党県連は除名処分にし、翁長市長は知事選に立候補
・その前に、基地の受け入れを反対していた稲嶺名護市長が再選し、翁長知事も当選、衆議院議員選挙も4区すべてで基地反対議員が当選

翁長知事にはなんのブレもありませんよ。ぶれたのは政府と仲井真知事です。

No title

翁長雄志が自民党沖縄県連幹事長時代はずっと辺野古移設に賛成していて、賛成派の主な一人だったことはどう思っているのですか?急に心変わりしたのですか?又、中国の福州市との交流の象徴として「龍柱」を沖縄振興一括交付金から二億六千七百万円を使って、中国業者に頼んで設置したり、今年の4月に李克強首相と一時間ほど面談し、那覇市と福州市の定期航空便の開設を申し入れ、尖閣については一言も触れなかったことなどもどう思っているのですか?「信頼できない」と言われるのは上記の行動だと思います。

沖縄を追い込む売国安倍政権

最近、米軍資料の公開もあり、ようやく沖縄戦の全貌が明らかになってきた。
本土の被害も酷かったが、全島が地上戦になった沖縄の痛みは更に酷いもので
ある。日本に返還されたと言っても島民との直接対立を避けたいアメリカの都
合でもある。基地がある事での事故や事件、アメリカ優位の地位協定も改善さ
れる事すら無かった。更に強硬な安倍政権の手法に怒りが湧きあがるのも当然
の話である。翁長の発言はこれまでの本土への苛立ちや怒りを含んだ発言だろう。まだ独立したいと言う発言は出てないが、それくらいの覚悟が出てくる可
能性もある。金や情報操作、あらゆる圧力や手段で安倍政権は揺さぶって来る
だろう。日本人が失ってきてる大切なもの、日本人というより沖縄人の誇りや
尊厳の問題である。中国が攻めてくる日本やアメリカがどうこうという以前の
問題である。そもそも中韓日グローバリズムを目指してるアメポチ安倍政権自
体が日本の誇りや尊厳を駄目にしている。

No title

翁長雄志について本人の発言を読みましたか?
信用するしないを他者の伝聞のみで判断する事が正しい判断といえますか?

翁長雄志・沖縄知事「基地がなくなれば沖縄は大きく発展する」【会見詳報】
ttp://www.huffingtonpost.jp/2015/05/20/onaga-criticized-jpn-gvn_n_7340250.html

> 自国民を守ることができない、さわることもできない日本が、日本を取り戻すことができるのか。

これだけのことを明確に発言なり主張している日本人は私の知る限りでは少数です。
現実を認識できない日本人から「信用できない」と言われることはむしろ名誉でしょう。

No title

でも翁長も信用できないし

No title

頑迷な自分の父親は安倍が中国や朝鮮の主張を肯定する内容の談話をすると決めたことを見ても「安倍政権を潰すな」などと大きく表紙に書いたWILLのような保守偽装雑誌や米国スパイの櫻井よしこの著書を読み続けていて、ただ呆れるばかりです。
自分が何を言っても現実と事実を正面から受け止めようとせず、「他に誰やどこを支持したらいいんだ」などと思考停止したことを言って現実逃避してばかりです。
「自分の身は自分で守る」ということをしなかったらどうなるかをいつか思い知らされるんでしょうね。

No title

はじめて拝見いたしました。
書かれている内容は自身の視点にはなかったことも多々あり、
興味深く、また納得しつつ読ませていただきました。

ひとつ言わせていただけるなら、慰安婦動画の製作理念に
素晴らしいものをお持ちでいながら、ご自身の思想に反するものに対しては
お言葉が過ぎるのではないかと感じることです。
その点については、いわゆる同じ穴の貉ではないかと残念でした。

今後も興味深く拝見させていただきます。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。