安倍晋三は中国と戦っていない

安倍晋三を支持すると、100%日本が中国に飲み込まれる明確な理由。
いまだに安倍を支持する人々の主張は、とても単純です。

1. 特亜は日本に害をなす反日国家である。
2. 特亜と対峙するために、日本はアメリカに傾斜すべきである。
3. 安倍さんは、特亜と対峙するために日米同盟を強化しようとしているので、安倍さんは愛国者である。
4. 安倍さんを支持して、特亜と対峙しよう。

上の1はともかく、それに続く項目の認識はまったくの誤りであり、

安倍晋三は、そもそも中国と対峙などしていません。

なぜそう言えるのか、その明確な根拠をあらためて提示しましょう。

下は、昨年の11月に北京で開催されたAPECに関する記事です。

APEC首脳会議が閉幕 FTAAP構想は「可能な限り早期」の実現へ

【北京=本田誠】中国・北京で開かれていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議は11日、目標に掲げるアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)構想について、「可能な限り早期」の実現を目指すとした首脳宣言を採択して閉幕した。FTAAPの実現に向けた課題について、共同で戦略的研究を始め、2016年末までに結果を報告するよう実務者に指示することでも一致した。

議長国・中国の習近平国家主席は「アジア太平洋の新たな将来図を描こう」と訴え、「FTAAPを進め、できるだけ早く、高度に開放的な一体化の取り組みを実現すべきだ」と強調した。また、安倍晋三首相は「FTAAPの土台と位置づけられた環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)などを積極的に推進している」と述べ、構想の実現に貢献する意向を示した。

宣言では、新たな保護貿易主義的な政策導入を抑える期限を18年末へと、2年間延長することを確認した。世界貿易機関(WTO)交渉での貿易円滑化措置の実現が難航していることを懸念し、APECが「創造的な指導力」を発揮するべきだとした。

FTAAPの実現に向けた工程表も承認した。ただ、中国が提案した実現目標時期の明記はFTAAPをTPPの“発展版”と位置づける日米が拙速な具体化に難色を示し、盛り込まれなかった。

会議では、日本が唱えてきた「コストより質」に基づくインフラ開発の重要性も共有した。15年のAPEC首脳会議はフィリピンが主催する。

(出典: 産経ニュース 2014年11月11日)

ご存知のように、「TPP」(ティーピーピー・環太平洋戦略的経済連携協定)は、アメリカ、日本、マレーシア、シンガポール、ベトナム、ブルネイ、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、メキシコ、ペルー、チリの12カ国の間の関税及び非関税障壁という、国家間を隔てる国境を実質的に撤廃することによって、一体化した経済圏を形成しようとするものです。

これと並行して、日本は、中国が中心となって推し進めている「RCEP」(アールセップ・東アジア地域包括的経済連携)という経済協定にも参加しようとしています。参加国はASEAN(アセアン・東南アジア諸国連合)の10カ国に加えて、中国、日本、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランドの合計16カ国です。

将来、この二つの、自由貿易協定は、FTAAP(エフタープ・アジア太平洋自由貿易圏)として統合されます。


(画像出典:Encres de Chine)



TPPを推進する人々の中には、「TPPは日米による中国包囲網だ」と述べる人々がいますが、これが事実でないことは、上のAPECに関する記事で報じられた通り、TPPが将来、中国を含めた形で、FTAAPへと拡大されていくことが、アメリカ、中国、日本など世界各国の首脳たちによって、既に織り込み済みであることからして明らかです。

下は、安倍晋三が自分自身の口で、「FTAAPの実現に向けて、全力を注いでいる」と語っているスピーチです。



「チャレンジ、オープン、イノベーション。」これが私の成長戦略の一貫した基本理念です。国内の構造改革を進め、競争力を高める。同時に、経済連携によって広い経済圏に打って出る。この内外一体の改革は、深刻な人口減少に直面する日本が持続的成長を実現する唯一の道だ、と私は確信しています。だからこそ、私は、アジアと欧州をつなげる日EU・EPA、そしてアジア太平洋で一つの経済圏を目指す、TPP、その先のFTAAPの実現に向けて、全力を注いでいます。

(出典: アジア欧州ビジネスフォーラム(AEBF)クロージング・セッション2014年10月16日)

下は、APECで、「FTAAPを進め、できるだけ早く、高度に開放的な一体化の取り組みを実現すべきだ」と発言した中国の習近平国家主席のFTAAP実現への前向きな取り組みを、安倍晋三が讃えたことを伝えるロイターの記事です。



このように、安倍晋三は、中国と対峙するどころか、日本と中国が一体となる未来の実現を目指して、習近平と仲良く手を取り合って、驀進中です。

FTAAPが実現するということは、巨視的には、アメリカと中国の統合(チャイメリカ)が実現するということであり、日本を含めたアジア、太平洋圏の各国が、この「ワン・ワールド」にすっぽりと組み込まれていくことを意味します。


(画像出典: 「愛国者」の二つの意味 2013年1月31日)

安倍信者たちは、「中国海軍が攻めてくるから安保法制が必要だ」「安保法制なしでは日本は中国に飲み込まれる」などと騒いでいますが、軍など一切使うことなく、日本は、米中が一体となって作り出す新しい世界の秩序に、羊のようにおとなしく組み込まれることが、すでに決定されています。

しかも、中国と日本の一体化を、安倍信者たちが「中国と対峙している愛国者」だと信じて疑わない安倍晋三が、嬉々として推し進めているのです。

この事実を念頭にいれた上で、「安保法制」の意味を考えれば、それが、「日本がアメリカと共同で、中国を封じ込めるためのもの」などでは全くなく、「アメリカも中国も参加するグローバルな防衛体制に『日本も』組み込ませるためのもの」であることに気づくのはたやすいことです。

参考記事:
愛国者が「安保体制」に賛成してはならない理由 (2015年7月28日)


FTAAPによって、アメリカも中国も日本も、一つになろうとしている現状がありながら、かたくなに「アメリカと中国は対立している」と信じ込んでいる冷戦脳を抱える安倍信者たちは、とにかく、アメリカ方面に盛大に国を売り飛ばしてくれる政治家を指差して、「愛国者だ」と讃えて、アメリカに傾斜さえしていれば、「特亜」の侵略から日本は守られると無邪気に信じています。

「安倍さんは、アメリカ方面に国を売る専門家なのだから、特亜方面には国を売ってはいないはずだ」

と彼らは単純に考えるのですが、実際には、グローバリズムへの狂信的な信奉によって、安倍晋三は、アメリカ、中国を問わず、四方八方に国を売り、日本という国家を消滅させようとしています。

このように、どんなにわかりやすく説明しても、「国」VS「国」という、国家を単位とした20世紀までの思考のパラダイムから抜け出せない人々は、「国」の枠組みそのものが希薄化し、やがて消滅していく、グローバリズムの危険性を理解することができません。

経験したことしか理解できないからです。

グローバリズムという、世界の一体化の流れに、私たち日本人が全身全霊で抵抗していかないと、このままでは、日本も皇室もなくなってしまいます。

「それでもいい」
「それでいいじゃないか」
「他にしようがないじゃないか」


という人々に対して語り得る言葉は、最近頻繁に引用する、三島由紀夫の次の言葉しかありません。

「このまま行つたら「日本」はなくなつてしまうのではないかといふ感を日ましに深くする。日本はなくなつて、その代はりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐるのである。

(出典: 三島由紀夫「果たし得てゐない約束――私の中の二十五年」サンケイ新聞1970年7月7日)

それとは反対に、

「それではいやだ」
「日本や皇室がなくなってほしくはない」


そう心の底から願い、なんとか日本の国を守りたいと思う方たちは、下のような、幼稚で不見識でくだらない考えは、とっとと捨て去ってください。

1. 特亜は日本に害をなす反日国家である。
2. 特亜と対峙するために、日本はアメリカに傾斜すべきである。
3. 安倍さんは、特亜と対峙するために日米同盟を強化しようとしているので、安倍さんは愛国者である。
4. 安倍さんを支持して、特亜と対峙しよう。

参考記事:
FTAAPに言及しはじめた安倍晋三 (2013年10月08日)
「自然国家」日本の消滅 (2015年6月13日 )
皇室を根絶やしにする最も簡単な方法 (2015年7月22日)
経験したことしか理解できない (2015年7月14日)
対米従属は対中従属へとつながる道 (2015年07月25日)
安倍晋三は在日と戦っていない (2014年5月24日)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

別に対峙して戦ってるとは思ってねえよ…
釣り動画作ってまで誘導するほどの情報でも無いし
RCEPに入ってしまうことが売国というわけでは無い

匿名さん

>9条にすがりついて自国の防衛も考えようとしない馬鹿に入れたがるの?

長野朗(ながの・あきら、1888~1975年)という戦前に活躍した中国専門家が次のように記しました。

"アメリカの侵略は資本を押し立てて行われる「資本による侵略」であり、ロシアの侵略は「武力による領土侵略」であり、シナの展開は「民族移住的な侵略」である。"

参考記事:皮を剥ぐアメリカ、肉を食らうロシア、骨の髄に食い込むシナ
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-5066.html

安倍や自民党が熱心に推し進めているように、アメリカを中心に行われている「資本による侵略」に日本を明け渡し、TPPなどに参加して、日本の農業を壊滅させ、日本の自給率を著しく低下させたら、食料安全保障はどうなるのでしょうか。

自国民の食料すらまかなえないのに、軍隊だけもっていれば国が守られるのでしょうか。

また自民党が推し進めている移民政策はどうでしょうか。中国が推し進める「民族移住的な侵略」に日本を明け渡し、日本の国内を移民だらけにしておきながら、尖閣諸島のような離島の警護だけしていれば、国は守られるのでしょうか。

原発はどうでしょうか。日本の国内を原発だらけにしておきながら、北朝鮮から原発をターゲットにしたミサイルが飛来したり、原発がテロの標的となるリスクを、自民党は考えているのでしょうか。

このように、安全保障は軍事問題だけではなく、総合的で多面的な問題です。

「九条改正」に賛成するだけでは、安全保障を考えていることにはなりません。

No title

全然違う、というか視野が狭いよブログ主=よしふるは
自民以外があまりに酷いから消去法で自民党に入れているだけ
何処の馬鹿が特亜の犬となりきっている野党に入れたがる?
9条にすがりついて自国の防衛も考えようとしない馬鹿に入れたがるの?

あなたのやり口は自民や安倍を叩いても、「じゃ何処に入れたらいいの?」という疑問の答えにはなりえない

懸命な人はあなたが自民や安倍のネガキャンをやっているだけ、と見抜いちゃってる
その先の目的もね

あと他人の姿を使った動画制作は最悪です
別のハンドルネームの誰かさんとやり口が一緒過ぎますよ、あれは嫌悪感しか沸かない
もしかして同一人物でしょうか?

ヘイトスピーチ規制法は言論弾圧法案です。

【超拡散】ヘイトスピーチ規制法・正式名称 「人種等を理由とする差別の撤廃のための施策の推進に関する法律案」【決定直前】

http://antiglobalism.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

ヘイトスピーチ規制法「人種等を理由とする差別の撤廃のための施策の推進に関する法律案」は、

安倍自民版・人権擁護法案です。

民主党政権の時に保守が大騒ぎしたあの悪法の再来です。
外国人の人権だけを守り、日本人の人権は守らない、日本人言論弾圧法案です。
何がヘイト表現にあたるのか定義が曖昧であり、大変危険です。

そして国家戦略特区法の改正案とヘイトスピーチ規制法が組み合わされる事で、
外国人に文句が言えない、日本になってしまいます。

日本が日本人のものではなくなるのです。

マスコミでは安保法制で騒がせておいて、裏で言論弾圧法を進める
安倍内閣は、相変わらずタチが悪い政権です。

なお、ヘイトスピーチ規制法を最初に言いだしたのは、
安倍晋三です。

こんな悪法は抗議しまくって、ぶっ潰しましょう。

特に嫌韓デモで過激な発言をしてしまったような人は、
絶対に抗議すべきです。

貴方達の言動がこの悪法の呼び水になっています。
そしてそのせいで、私達嫌韓バカではない普通の日本国民が
被害を被るのです。

自称保守という病

とある猫好きさん
>自分が思うに、彼らは自分さえ安泰であれば日本が滅びようが何も気にしないということです。

WJFさんをはじめ、賢明なる諸兄の方々なら喝破されていることですが、安倍のような売国奴を支持する自称保守どもは郷土や天皇陛下やそれらの歴史的総体である日本国を想うことより、結局今の自分の自尊心を満たし日々にある不満や不安を解消するためだけの愛国なのです。

なのでどんなに真実を知らしめても、自身の虚ろで憐れな姿を直視したくないため、いつまでも安倍をアクロバティックな理屈でもって支持し続け、その自身の姿を正当化します。そしてどんなに安倍政権の売国的な政策が進もうが、それらはスルーし、ひたすら分かりやすい反日に反応するだけの愚かなる群れとなっているのです。

後世においては、これら自称保守らの事象は社会病理学的な症例として紹介されることでしょう。

No title

自称保守の連中はアメリカと中国が協力して東アジアを牛耳っているという事実から目を背けて虚像である「アメリカvs中国・南北朝鮮」をひたすら盲信してますね。
自分が思うに、彼らは自分さえ安泰であれば日本が滅びようが何も気にしないということです。ただ率直に「自分さえよければ国なんてどうなったって構わない」と言う度胸がないから、言葉巧みに詭弁などを繕って自身を正当化しているだけです。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。