あなたがたは何を守りたいのか

誰も「国」を守ろうとしない21世紀の日本。
英語のプラカードを掲げて、安保法制に反対する若者たちに問いたい。



あなたがたは何を守りたいのですか。

「平和で安全な暮らし」ですか?

わたしたちの「平和で安全な暮らし」を、守るのは「国」の仕事です。

「国」がなくなってしまえば、わたしたちの「平和で安全な暮らし」もなくなってしまいます。

わたしたちが「国」というものをあらゆる犠牲を払って守ろうとしなければ、わたしたちの「平和で安全な暮らし」も守られません。

いま、あらゆる方向から「国」というものを壊そうとする力が加わっています。

TPPのような、グローバリズムもその一つです。

日本がTPPに参加し、「国」という防御カバーが取り払われてしまえば、わたしたち一人一人は、丸裸で、生き馬の目を抜くような、弱肉強食の闘技場の中に放り込まれてしまいます。

そこには、「平和で安全な暮らし」なんかありません。

日本語を軽んじ、日本らしさを軽んじ、日本の伝統を唾棄し、英語ばかりふりかざすようなことをしていて、どうやって、日本の「国」が守られるのですか?

日の丸を振り回して、安保法制に賛成する大人たちにも問いたい。



あなたがたは何を守りたいのですか。

「日本の国」ですか?

「日本の国」を守るということは、「日本の主権と独立自存」を守るということです。

何から何までアメリカの言いなりになっている対米隷属の現状の中で、自衛隊員の命すら差し出して、アメリカ軍と一体化させるような法案に賛成して、どうやって、「日本の主権と独立自存」が守られるのですか。

「日本の主権と独立自存」を守るためといいながら、「日本の主権と独立自存」を自ら手放すような法案に賛成するのは、矛盾してはいませんか。

安倍政権が推し進める、「日本の主権と独立自存」を毀損する法案は、安保法案だけではありません。

安倍晋三が、狂信的なまでの情熱をもって推進する、TPPのようなグローバル政策も同じです。

「日本の主権と独立自存」を根底から破壊し、「国」そのものの消滅にすらつながる、TPPのようなグローバル化政策を、あくなき執念で推進している安倍政権を支持しながら、

どうやって、「日本の主権と独立自存」が守られるのですか?
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

TPPと移民…
生産も社会も民族も文化も何もかも破壊するので、確実に国家消滅ですね。

集団的自衛権と安保法で 日本を守れると盲信しているのも大変危険ですし。
相変わらず、この件ばかり必死に取り上げるメディアとネトウヨは汚い。
「国連に加盟してる国の義務だー」というのも多いです。
いわゆる「地球市民ガー」が地球市民活動(これもグローバル)を推進する事態。
新自由主義・アメリカ信仰の洗脳が強過ぎます。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。