奴隷と傭兵

TPPと安保法制の真の意味。
最近、含蓄のあるコメントをいただくことが多く、目が開かれる思いです。

そんなコメントを、時々、紹介させていただきます。(一部、改行の仕方を修正させていただいています。)

ひふみ様という方のコメントですが、TPPは、人々の「奴隷化」、安保法制は、日本国民の「傭兵化」であるとのご指摘は至言であると思いました。

安保法制が、

「日米が対等な協力関係によって、中国という共通の敵を、ともに撃退すること」

であるかのように勘違いしている(勘違いさせられている)「保守」の人たちがいまだに多くいます。

そうではありません。

安保法制は、

「日本の独立や自存の可能性を完膚なきまでに奪い、アメリカへの隷属を徹底し強化するもの」 です。

TPPと安保法制が表裏一体であり、「日本を、日本でないものに組み込んでいく」という同じ本質を抱えた問題であることに気づいていただきたいと思います。

TPPというのは、域内における一般国民の『奴隷化』です。

もっと単純化すると、人間の商品化です。

その世界で幸福を享受できるのは、「自分自身や自分の家族を自分のお金で購入できるお金持ち」だけです。 普通の人は、月々の生活費のために、ただそれだけのために、奴隷化されます。

もう、人生もなにもあったもんじゃありません。どこまでも惨めに落ちてゆきます。それを、「大したことはない」と言える人間は、ただの「お子様」です。それでも、日本には「80を過ぎたお子様」が沢山います。

「お子様」というのは、「自分のことしか見えていない連中」のことです。他人の苦しみを理解できない連中のことです。

新自由主義というのは、一人の勝者の下には、踏みにじられる人間が100人も1000人も一万人も生み出される地獄と変わりません。

一度でもそれに気がついてしまったら、「大したことはない」とは、口が避けても言えないはずです。

TPPを肯定する人間の思考は、数十万の一般市民を焼き殺す都市への空爆や原子爆弾の投下を肯定する人々のそれと似ています。

曰く。 『原爆は正義だ。なぜならば、自国の兵士が救われたからだ』

そう言えるのは、一般市民を物として観ているからです。相手を人間として扱わなければ、新自由主義は正義になります。しかし、相手を人間として認識できると、こんなものは、悪魔の思想以外の何物でもありません。原爆投下やTPPの肯定の思考回路の裏には、明らかな詐称、自己欺瞞があります。

余りにも、他人の価値を不当に低く設定する、という詐称です。そういう卑怯な手を使えば、何だって正当化出来るでしょう。

究極的には、「自分の命を守るために、世界を滅ぼした」というものも、正当化できてしまいます。ただし、それは、その人だけにしか通用しない屁理屈で、他人から観たら、「可愛げのない、ひねくれた餓鬼」にしか見えません。

そのようなTPPに対して、安保法制は日本の『傭兵化』です。

しかも、その費用を負担するのは日本人で、指令を出すのはアメリカです。 そういう意味で、安保法制も言っていることが無茶苦茶の、出鱈目です。

ですが、それでも。 危険度に置いていは、人々(日本人に限らない)が奴隷として、商品として扱われ、人生が破壊される、TPPとは比較になりません。(TPPの方が、圧倒的に毒性が強い、という意味です)

そういう事が理解できていない人は、「世間知らずの子供」です。

他人の苦しみが理解できない。生きるという事の意味が理解できていない。

勝った、負けた、のゲームか何かだと思っている。しかも、自分は負けないと思い込んでいる。

そもそも、資本主義はクソッタレな制度です。しかし、クソッタレではあっても、他に上手い手が見つからないから、仕方なく資本主義を採用しているわけです。

このクソッタレな資本主義の悪い面が露出しないように、幾重にも制約を課しているわけです。

その制約を全部取っ払おうとしているのですから、そんなものは、キチガイ以外の何物でもないのに。なぜ、賛成できるのでしょう?

というか、まともに経済を勉強したことがないために、『資本主義は素晴らしい』と思っているのでしょう。そこから、既に間違いだというのに。

そして、「資本主義は万能の妙薬」とでも思い込んでしまっているから、「資本主義」を推し進める政治家を、本性を表して牙を剥きだして「資本主義のために、国家も民族も文化も全部商品化して売り払う」という行為に邁進しているケダモノを、未だに支持しているのでしょう。

そういうのを、バカの極みって言うんです。

そもそも、資本主義と民主主義は相容れないものです。

資本主義の暴走は、民主主義を殺します。

資本主義の暴走を止めなかったから、この国の民主主義は死んだのです。

民主主義が死ぬという事は、国民が人としての地位を剥奪され、奴隷となるという事で、まさに、いま行われていることがそれです。

(出典: 「勉強しないと右翼や左翼になっちゃうぞ」に寄せられたひふみ様のコメント)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

もはや日本の壊国は避けられない気もしますが

全く同意です。
しかも″お子様かつズル賢く目先の自己利益優先な人間が特をする″社会ですからね。
しかも、老若男女それが当たり前の空気になってしまいましたから。
私はこの国の未来に絶望しかありません。
明治以降の財閥解体で日本人の頭は、ぶっ壊れて修復不可能だと思います。

童話 オオカミ少年
日本版
嘘をついた少年だけあの世行き。
「異端な者や空気を読まない者は排除しろ!」
~過去から未来にかけて日本の壊国、(民衆の思考停止、方法はどうあれ豊かな者に対する事大)

原作
少年の話を聞かなかった村の住人は全滅し、いち早く気付いた少年は助かった。
教訓「どの様な者も発言すべきだし、言葉を聞くべきだ。」
民衆が考え助け合い、国が国として残る社会。

童話アリとキリギリスも、日本版はアリが最後にギリギリスを助ける様ですがヘドが出ますね。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。