現代の日本を象徴する意匠

無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の。
2020年の東京オリンピックのエンブレムが発表されました。佐野研二郎氏というデザイナーの作品だそうです。



このエンブレムが、ベルギーのリエージュ劇場のロゴと酷似していることが明らかになり、大きな騒動になっています。

東京五輪組織委員会は問題はないとし、このエンブレムを使用し続けるそうですが、リエージュ劇場のロゴのデザイナーは法的措置に踏み切る可能性を示唆しています。(出典)

剽窃の有無以前の問題として、今回決まったエンブレムのデザインに対する、人々の不満と失望の声があふれています。

下は、NTTやリクルートのロゴの亀倉雄策氏による1964年の東京オリンピックとポスターとエンブレム。



日の丸をあしらったシンプルなデザインですが、「日はまた昇る」と戦後の復興を世界に宣言するかのような、力強い意思の充溢と、気品を感じさせるデザインです。

しかし、今回の東京オリンピックのエンブレムからは、魂の躍動や、日本人らしいスピリットの発露のようなものは、何も伝わってきません。

「無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の・・・」

招致用のエンブレムには、桜という、日本を象徴する意匠が盛り込まれていましたが、今回のエンブレムは、ザハ・ハティド氏による新国立競技場の設計と同様、極力、日本らしい匂いや雰囲気を排除して作られたように感じられます。

「今、ニッポンにはこの夢の力が必要だ。」

この空疎なスローガンとは裏腹に、2020年東京オリンピックのエンブレムは、まるで三島由紀夫による次の有名な文章を、皮肉にも、そのまま形にしたかのようなデザインになっています。

「二十五年間に希望を一つ一つ失つて、もはや行き着く先が見えてしまつたやうな今日では、その幾多の希望がいかに空疎で、いかに俗悪で、しかも希望に要したエネルギーがいかに厖大であつたかに唖然とする。これだけのエネルギーを絶望に使つてゐたら、もう少しどうにかなつてゐたのではないか。私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行つたら「日本」はなくなつてしまうのではないかといふ感を日ましに深くする。日本はなくなつて、その代はりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐるのである。」

(出典: 三島由紀夫「果たし得てゐない約束――私の中の二十五年」サンケイ新聞1970年7月7日)

三島由紀夫が、戦後の25年間を振り返った上の文章をしたためたのは、1970年7月。自衛隊の市ヶ谷駐屯地で割腹自殺を遂げる四ヶ月前のことでした。

奇しくも、それからちょうど50年後の2020年7月。二回目の東京オリンピックは開催されます。

「日本はなくなつて、その代はりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たち・・・」

「それでもいい」
「それでもアメリカにすがっていればいい」
「それでもアメリカの一部になってしまえばいい」

そう思った人たちが、安倍政権を支持し、ありとあらゆる壊国政策を容認し、オリンピック誘致に浮かれ、「安保法制」の強行採決に喝采を浴びせてきました。

「希望を一つ一つ失つて、もはや行き着く先が見えてしまつたやうな今日では、その幾多の希望がいかに空疎で、いかに俗悪で、しかも希望に要したエネルギーがいかに厖大であつたかに唖然とする。これだけのエネルギーを絶望に使つてゐたら、もう少しどうにかなつてゐたのではないか。」

オリンピックの虚しいお祭り騒ぎが全て終わった後、多くの日本人が、失意にうなだれながら、こうつぶやくことでしょう。

「これだけの金とエネルギーを絶望と復興に使つてゐたら・・・」
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

恥の上塗り

盗用疑惑が出ても、それに真摯に対応することで
逆に株を上げることだってできたはずなのに、
デザイナー本人を含め日本人はまともな対応ができていません。

盗作・盗用の疑惑が降りかかった時の対応の基本はと考えてみれば、
①盗作・盗用はしていないとはっきりと否定する。
②すでにそのような作品があったとは知らなかった。
それは自分の勉強不足であり、落ち度であったと認める。
③その自分の落ち度の所為で先方に「盗作されたのでは?」と
不快な思いをさせてしまっていることをお詫びする。
④主観的にではなく、客観的に見て似ている部分・要素があるのなら
「似ている」と認めて、先方が疑念を抱いているのももっともだと、
その言動に理解を示す。
⑤その上で、自分の作品はオリジナルの着想から生まれたオリジナルの作品であると証明するために、創作過程のメモやデータ、デッサンなどを公開して、盗作ではないと理解していただけるように努めたい。先方に対して誠意をもって対応したいという意思を持っていることを表明する。

まぁ、ざっとこんな所でしょうか。

モノを作る人間なら、どんな対応が礼儀に則っているか
わかりそうなものなのに、彼らにはそれもわからないようで、
「法的には問題ない」って、そんな言葉しか出てこない彼らは、
心の無いからっぽの人間ですね。

No title

このデザインを見た時、いや~な気分になりました。
中心が真っ黒なんて未来が真っ黒のような気がして嫌な感じです。
作者も選考した人たちも日本の未来を真っ黒にするという意図があるとしか思えない。

盗作とは喜ばしいことです、
即刻変えるチャンスなのにこのまま押し切ろうとする。
菅官房長官自身が日本を呪っている可能性大。

オリジナルの方は品があります、
盗作の作者は人間としても腐ってるんじゃないですか?

無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国

まさに「安倍(アベ)リカ」と呼ぶのがふさわしいのか?

フクシマの放射能流出の真っ只中で、オリンピックもないものですが、どうせならこの2020年の東京オリンピックのエンブレム、桜の代わりに「きのこ雲」を象ったら「フクシマ原発オリンピック」で、パロディ(ブラックユーモア)としては最高、でしょう。

どうせIOCへの巨額裏献金で実現した東京招致だろう、とは予測しているのですが。

究極の無責任安倍政権

次々出てくる様々な問題。いつも当事者と政府、政府担当者との返答が異なる事。ちゃんと議論し手順を踏んで進められていない事がよく判ります。
国策であるにも関わらず、責任ある立場の者が無責任に事を進めてると言う事
でしょう。問題が発覚しても誰も責任を負おうとしないし、改善する気概も感
じられない。それぞれ立場があり責務を担ってるにも関わらず全うしないのは
愚の骨頂です。いつからこんな無責任でいい加減な日本人ばかりになってしま
ったのか。特に問題の安倍政権になり、この状態はあらゆる問題に繰り返し行
われています。こんな感じで日本の尊厳や大切なものが守れる訳も無いでしょう。このままでは東京五輪、表面上は知らないが大きな負債を残す事になる。
もっと重要な原発や安保法案、TPP等と全ての問題に波及する事でしょう。
もはや日本人としてと言うより人として真面目にやれと言う感覚です。
嘘つき口だけの安倍政権とその信者では全く希望はありませんが。

五輪組織委員会と五輪ロゴデザイナー佐野氏で話が食い違う五輪ロゴ問題

これまで五輪組織委員会は既存のデザインを調べて問題無いようにしたと発表していました。
しかし、今日出された五輪ロゴデザイナーの佐野氏のコメントでは「海外作品まったく知らない」ということです。
つまり先行デザインの調査が全く行われていなかったことを本人が露呈しました。
これは組織委員会の言っていたことと反対です。
佐野氏および組織委員会は先行デザインの調査を全く行わず、今回の事態を招いたのであり、それにより混乱したことを率直に国民にお詫びし、ドビ氏にも調査不足を詫びるべきでしょう。
問題無いと突っぱねるのは誠意ある日本人の態度ではありません。
ドビ氏と国民に頭を下げ、その上でデザインをやり直すか、ドビ氏側とライセンス交渉するか、話し合いを持つべきです。
佐野氏は先行デザインを全く知らなかったと、自らの準備不足、知識不足、力量不足を述べているのですから、弁解の余地は有りません。

No title

何だこの訳の分からない意匠は。私の方がまだ良い標章を考案できる。つい先ほど記事でウィキリークスがアメリカが日本政府及び日本企業を盗聴しており、五つ目と情報を共有していると明かしたと読んだ。前々から分かっていたことではあるが、更に安倍晋三の言う「対等な同盟関係」が虚しさを増した。日本の政治は完全に腐っている。WJF氏は政界進出を考えるべきだ。

嵌めれた

今回の東京オリンピックは嵌められたんじゃないです!
日本へのグローバル圧力に嵌められたんじゃないですか?
福島の問題を抱えながら日本に決まった、日本を東京オリンピックを目指して英語公用語圧力、移民推進、東京に金融特区を作れなどなど、つまり、TPP、グローバル化全て東京オリンピックに向けて同時進行のグローバル圧力です。 バガのおもてなしなど日本をおちょくっています。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。