カレーの味がするカレー

「第三の道」=「あたりまえの道」。
※話をわかりやすくするために、一部下品な表現を含んでいます。

政治に関心を持たないノンポリの人々を除けば、今の日本には、

1. 天皇や皇室を肯定しながら、グローバリズムを推進する右翼
2. 天皇や皇室を否定しながら、グローバリズムに反対する左翼

この二種類の日本人しかいなくなってしまいました。

これは、小学生の男の子が大好きなちょっと汚い冗談を使ってたとえるならば、

1. カレー味のう**
2. う**味のカレー

の二者択一しか存在しない状況に似ています。

どちらも、とてもじゃないが、食べられたものではありません。

どんなに、お腹が空いてても無理です。

今の日本に必要なのは、

カレーの味がするカレー

皇室を含めた日本の伝統を敬いながら、グローバリズムに反対する日本人の勢力

つまり、

あたりまえの感覚を備えたあたりまえの日本国民

です。

そんなに難しいことでしょうか。

カレーの味がするカレーを作ることは。

難しいわけがない。

普通にカレーを作れば、カレーの味がするはずです。

普通に日本に生まれれば、日本人らしい日本人に育つはずです。

う**味のするカレーや、カレー味のう**を作ることの方が、バイオテクノロジーなど、はるかに高度で複雑な最先端の科学技術を要します。

ハウス食品が、どんなに高額の研究開発費用をかけようと、う**味のするカレーやカレー味のう**の商品化に成功するとは思えません。

しかし、日本の政治状況を見渡すならば、実際に、ありえないほどの奇妙な矛盾を抱えた二つの勢力に国民は二分されています。

どうして、今の日本は、このようなおかしなことになっているのか。

どうして、あたりまえのことを唱える政治勢力が存在しないのか。

首をかしげずにはおれません。

いまだに、「安倍さんは愛国者」とか、「自民党や次世代や維新は保守政党」などとおかしなことをいう人々がいたら教えてあげてください。

あなたが、スプーンにすくっておいしそうに食べている、様々な具のいりまじった、生暖かい黄色のとろりとした液体。

それは、カレーではないのだと。

グローバリズムには反対だが、皇室を廃止しようと言っている左翼の人々がいたら教えてあげてください。

グローバリズムを批判しながら、グローバリズムを生み出した、啓蒙主義や近代主義やキリスト教やその亜種である共産主義の思想に洗脳されたままでいるのは、あまりにもおろかしいと。

参考記事:
国や生活を守るために必要な二つのこと(2015年7月23日)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このコメントは誰に対してでもなく独り言です。

皇室は日本の伝統と文化と歴史の一部を体現してます。
最古の皇室です、誇りを持ちましょう(他国は王室ですが)
私も左翼に賛同できない理由は「左翼は日本の文化や歴史や伝統を愛していない」からなんですよ。
上っ面しか見てない。
行き過ぎた個人主義故に郷土愛がないのでしょうかね。

ちなみに皇室は神道ですね。
その神道が私たちの生活にも浸透しています。
皆さんも神社に行くでしょう?
身近過ぎて意識できないだけです。

それにしても戦後70年で此の国は随分と破壊されてますね(意識破壊)
日本人としての意識が薄れつつあることが最も危険だったのかもしれません。
故にグローバル化に異を唱える者が少ないのかな。

ちょこぼさん。

あなたのように、我が国に皇室があるということに
なんのありがたみを感じない方には、WJFさまが
作った「グローバリズムと神道」を読むことを
おすすめします。
こちらのblogの右下のカテゴリの「グローバリズムと神道」
を選択して、順次読んでからコメントしてください。

ちょこぼよ

>伝統だろうと嫌いなものを否定するのは当然のこと
日本人だろうと歌舞伎や相撲が嫌いなやつもいる


好き嫌いという個人的嗜好を超えて、共産党などの左翼政党は、天皇制廃止を党是にしてしまっています。

そんなことだから、国民は安心して左翼政党(うんこ味のカレー)を支持できないし、政権をゆだねられない。

しかたなく自民党や、次世代の党や、維新の党のような、「保守・愛国を標榜するがグローバリズム推進」という、自己矛盾した、カレー味のうんこを支持することになってしまいます。

自民党や次世代や維新を支持するバカウヨは、グローバリズムに加担することが、自分たちの「保守・愛国」のスローガンと矛盾していることも理解できないほど、頭が悪い。

右を向いても、左をむいても、日本人には見えない、おかしな日本人ばかり。

皇室を含めた日本の伝統を愛し尊重しながら、それを守るために、グローバリズムに対峙しようとする、あたりまえな思想や立場や行動がとれる日本人が本当にいない。

カレー味のカレー、日本人らしい日本人がいない。

でも、グローバリズムを推進する右翼は、カレー味の「うんこ」だが、グローバリズムに反対する左翼はうんこ味の「カレー」であるとしたところに、私が左翼の人たちに寄せる期待も理解してほしいです。

反皇室という「うんこ味」には我慢がなりませんが、グローバリズムに反対する左翼の人たちが掲げる政策には、よいところもたくさんあります。

しかし、だからといって、WJFプロジェクトは、左翼の人たちの反皇室の主張には絶対に同調も許容もしません。

No title

>自分が生まれた国の伝統を否定する
伝統だろうと嫌いなものを否定するのは当然のこと
日本人だろうと歌舞伎や相撲が嫌いなやつもいる

>天皇陛下を否定すること、日本の伝統を否定することは、自分の存在を否定すること
そういう考え方になるのは信者である証拠
自分は自分であり天皇は天皇という全く別の存在

ちょこぼさん

>天皇を敬うのは信者にとっては当たり前でもそれ以外の日本人にとっては当たり前の感覚じゃない

ウンコ味のカレーがなんかいっているぞ。
カレーの味がするカレーはどこに消えてしまったんだろう。

>天皇制を肯定する人間は敬えばいいし否定する人間は敬う必要はない

天皇をことさら崇拝しろなどといっていない。ただ、自分が生まれた国の伝統を否定すること自体が異常だと言っている。

外国人の元首だって、日本にくれば天皇陛下に敬意を表する。
あたりまえだよね。天皇陛下は日本人の代表なんだから。

天皇陛下を否定すること、日本の伝統を否定することは、自分の存在を否定することであることが、どうして左翼の人たちは理解できないんだろう。

ああ、うんこくさい。

>そういう宗教的なものを無理矢理押し付けるのは危険な行為
>天皇制を肯定する人間は敬えばいいし否定する人間は敬う必要はない
>それが信教の自由というもの


ここは、天皇陛下を否定する左翼プロジェクトではありません。天皇陛下や皇室を含めた日本の伝統を敬う保守系サイトです。自分からわざわさ保守系サイトにきといて、押し付けるなとかわけのわからんこと言わないでください。

グローバリズムを押しすすめるカレー味のうんこである安倍政権も嫌いですが、あなたがたのような皇室を否定するうんこ味のカレーも同じようにきらいです。

皇室を否定する人々とは絶対に共闘しません。

日本の伝統をいとも簡単に否定するバカ左翼は、グローバリズムの危険性を本当には理解していないからです。

自分の生活がくるしくなるから騒いでいるだけ。

うんこくさい左翼はあっちいってください。

No title

>あたりまえの感覚
天皇を敬うのは信者にとっては当たり前でもそれ以外の日本人にとっては当たり前の感覚じゃない
そういう宗教的なものを無理矢理押し付けるのは危険な行為
天皇制を肯定する人間は敬えばいいし否定する人間は敬う必要はない
それが信教の自由というもの
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。