愛国者が「安保法制」に賛成してはならない理由

「安保法制」の本当の危険性。
「国」と「国」が全面的に争った20世紀とは異なり、21世紀は、「国」が「国」によって、たやすく侵略されたり支配されたりする時代ではありません。

小さな領土の侵犯や侵略はありえますが、ひとつの「国」が丸ごと、他の特定の「国」によってすっぽりと軍事的な支配下に置かれるということは、あまり考えられません。

右派の日本人は、「日本はチベットのように中国に侵略される」と中国を大変怖がっていますが、実は、中国の一般大衆は、日本人が中国を恐れる以上に、日本を恐れています。

それは、「反日教育」や「反日プロパガンダ」や、四六時中、中国のテレビで放送されている「抗日ドラマ」のおかげで、ふだんは礼儀正しくおとなしい日本人が、いざ戦争になると、いかに残虐になり、数日のうちに何十万人もの人間をいともかんたんに大虐殺しうるかを、中国人が執拗に刷り込まれているためです。

仮に日本と中国が全面戦争になれば、中国の各地で、恐怖に駆られた大衆が、パニックを引き起こすことでしょう。

そのパニックに乗じて、中国国内に内乱が起きるかもしれません。

中国の政治指導者たちが、国内の政情を不安定にする、そのようなリスクを犯すことはなかなか考えられません。

21世紀の日本にとってより危険なのは、「国」が「国ならざるもの」によって、侵略され、併呑され、支配されることではないかと思います。

中東で起きているISISも、彼らは「イスラム国」を自称していますが、その実態は「国」ではなく、人工的に作られた「国ならざるもの」です。

今、日本をすっぽり呑み込もうとしているのも、特定の「国」というよりは、TPPや安保法制のような、「国ならざるもの」です。

「国ならざるもの」への参画を強要されることによって、また「国ならざるもの」が「国」の上位に立つことによって、「国」が否定され、解体され、併呑され、支配されていく。

それが、21世紀の日本が直面する問題です。

20世紀的な「国」と「国」との争いや脅威を強調することによって、世界の大衆を、「国ならざるもの」の中へと囲い込み、追い立てていくということが、21世紀の今日、起きています。

「安保法制」も、それが危険なのは、左派の人々が心配するように、日本が戦争に巻き込まれる危険性もさることながら、「国ならざるもの」に日本が組み込まれていくことが孕む危険性です。

このことの意味を理解するために、アメリカ海軍が主催し、世界中の海軍がハワイの真珠湾に結集する、リムパック・環太平洋合同演習を見てみましょう。

二年に一度開催されるこの世界最大の海洋合同演習は、最近では、昨年2014年の6月26日から8月1日にかけて開催されました。

日本の自衛隊からは、護衛艦いせと、護衛艦きりしまの二隻の艦船が参加しました。





2012年からアメリカ政府によって招聘を受け続けてきた中国海軍は、昨年初めてリムパックに参加し、駆逐艦海口、フリゲート艦岳陽、補給艦千島湖、病院船岱山島の四隻の艦船が参加しました。









日本からは二隻、中国からは四隻。

アメリカに次いで二番目に多くの艦船が参加したのは中国であり、この点を見ても、アメリカにとっての現在の中国の位置付けがお分かりになると思います。

南シナ海における中国の挑発行為や米政府機関へのハッキングなどの「悪事」のゆえに、一部の上院議員から、中国を参加させるべきではないという声も上がっていますが、オバマ政権は、2016年のリムパックにも中国を招待しています。(出典1出典2)

この最近のリムパックからも明らかなように、

アメリカも中国も参加するグローバルな防衛体制に「日本も」参加する。

これが「安保法制」や「集団的自衛権」の本当の姿です。

つまり、中国軍から尖閣諸島を守るというような、特定の「国」による特定の「国」への侵略を防ぐという、20世紀型の紛争の処置もさることながら、アメリカも中国も一体化していく「ワン・ワールド」体制(=グローバリズム)の一員として日本が参画していくこと。これが「安保法制」がもつ、隠されたもう一つの重要な側面なのです。

この場合、「集団的自衛権」は、単に特定の「国」の領土を守るために使用されるのではなく、「ワン・ワールド」体制の構築と維持のために使用されます。

「保守・愛国」を標榜する人たちなら、なぜ、これが危険なのか簡単に理解できるはずです。

日本が「ワン・ワールド」に組み込まれていくことによって、天皇を中心とした日本の伝統的な国の単位、「国体」が破壊されるからです。

つまり、「愛国者」なら、「安保法制」など安易に賛成してはならないのです。



参考記事:
恐ろしい二つの地図(2013年8月27日)
FTAAPに言及しはじめた安倍晋三(2013年10月08日)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自論

自分はワンワールドなるものはNWOと同一であると認識しております、そしてこの手の話題を出すと論拠も出さずに陰謀論だとレッテル貼りが現れると。1997年クリントン政権時の国家安全保障問題担当補佐官であったサミュエル・バーガー氏がビルダーバーグ会議にて『中国を巨大な軍事国として新世界秩序に組み込むことは可能である。』と答えております。また2001年10月3日付けのIAPニュースで元イスラエル首相のアリエル・シャロン氏は『我々ユダヤ人はアメリカを支配しているしアメリカ人もそれは承知している』と語りました。

公の場でNWOという言葉を出した以上は陰謀論でも何でもありませんしイラク・リビア・シリア・サウジアラビア・イスラエル・エクアドル・パナマ・ブルキナファソ・・・数を上げればキリがないですが、それこそ動乱あるところに陰謀が無かった事がありませんよ。CIAやNSAのみならず、モサドやKGBや中国人民解放軍なんかも暗躍した事例などは幾らでもありますし。

それも個人主観と一蹴なさる論者がおられるなら、年次改革要望書や在日米国商工会議所が文書を幾つか出しているから先ずはそちらをお読みなさい。『投資家の利益拡大やグローバル化を推進するにあたって日本の法規制が障害である』と多くの公開文書に記載されておりますから。彼ら新自由主義者にとっては利潤の追求のみしか目的になく、それを阻害する固有の文化・風習・思想は国家間法制の差異へと繋がり障壁でしかありません。その破壊を正当化するためのNWO(グローバル化)ですが、これまで思想統制や言論統制で恐怖政治を行った中共やロシア(ソビエト)と何が違うのでしょうかね?

加えて最後に在日米国商工会議所は、日本で英語と合わせて中国語の普及も推進しております。アメリカが敵対している国の言語を広めようとしているのは辻褄が合いませんよね?答えは明快で、過去のアメリカ政府に加担した者が中国を経済パートナーとさえ認める発言を公の場でしたり、2000年に貿易・条約等に関して最も優遇された条件を適応させる最恵国待遇を中国にアメリカ自身が恒久的に供与した過去があるからですよ。

歴史の真実さん

>日本は
>「日米同盟を破棄しろ!」
>「国連を脱退しろ!」
>とでも仰るつもりですかね⁉︎


あなたがうれしそうに手を叩いて支持している、安倍晋三がやっているようなグローバル化政策を進めていたら、日本も皇室も消えてなくなるのは時間の問題です。

「それでいいじゃないか」
「他にしようがないじゃないか」
「アメリカに組み込まれて日本なんかなくなっちまっていいじゃないか」


とあなたがおっしゃるのであれば、あなたに言い得る言葉は一つしかありません。

「このまま行つたら「日本」はなくなつてしまうのではないかといふ感を日ましに深くする。日本はなくなつて、その代はりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐるのである。

(出典: 三島由紀夫「果たし得てゐない約束――私の中の二十五年」サンケイ新聞1970年7月7日)

参照記事:
伝統に背けば国を壊す
http://wjf-project.info/blog-entry-925.html

寝言は寝てから!

ならば聞こう。

日本は
「日米同盟を破棄しろ!」
「国連を脱退しろ!」
とでも仰るつもりですかね⁉︎

そもそも論として、同盟国同士は互いに助け合うのが当たり前。そのための同盟であることは世界の常識。
「俺は助けろ!お前は知らん!」などという手前勝手極まりないタブスタ論理は国際社会では通用しないのです。
国連憲章、第7章第51条にもある通り、各国は自然権としての自衛権を持ち、個別的自衛権と共に集団的自衛権も同時に併せ持つことが認められています。

「世界情勢」という「現実」を見ずして寝言を言うのは、寝てからにして下さいね!(苦)

歴史の真実さん

>>…「国体」が破壊されるからです。

>という言葉の意味の説明になってませんよ!(笑)


当ブログの過去の記事で、わかりやすく説明していますので、読んでみてください。下はあくまでもその一部です。

「自然国家」日本の消滅
http://wjf-project.info/blog-entry-834.html
皇室を根絶やしにする最も簡単な方法
http://wjf-project.info/blog-entry-900.html
経験したことしか理解できない
http://wjf-project.info/blog-entry-886.html
カレーの味がするカレー
http://wjf-project.info/blog-entry-918.html

あぁ、とんちんかん!(爆)

>…「国体」が破壊されるからです。

という言葉の意味の説明になってませんよ!(笑)
自然権としての「自衛権」さえ理解出来ず、世界の常識・趨勢からズレた「とんちんかん」な「陰謀論」ばかり主張しているのは貴方達の方ですよ、偽装保守・反日組織のWJFさん!(爆)

歴史の真実さん

>「八紘一宇」の考えは日本の神話の時代からの理想郷ではありますが。

日本書紀のどこにもグローバル思想など書かれていません。

「八紘一宇」について
http://wjf-project.info/blog-entry-637.html

意味不明⁉︎

>日本が「ワン・ワールド」に組み込まれていくことによって、天皇を中心とした日本の伝統的な国の単位、「国体」が破壊されるからです。

仮にそうなったとして、「国体」が破壊されるという話に直結する意味が分かりませんね。
「八紘一宇」の考えは日本の神話の時代からの理想郷ではありますが。
まあ、「中華思想」を絶対のものとする「特亜」だけは、「日本の皇室破壊」を永遠に試みることだけは確かでしょうが。

WJF様。

このエントリーと関連あると思い、
今日できた動画を紹介します。

(水島総) 皆様からのご意見とご質問に答える
www.youtube.com/watch?v=i5FN_jl6Fyg

28分以降の質問のやりとりに注目。
これを見てこの人たちは愛国者ではないことに
改めて認識しました。ああ恥ずかし。

匿名よ

>欧米人の友人さん(いるのかどうか疑わしいですが)の予測は大外れでしょうね。

北京に暮らす私の欧米人の友人の話は、このブログで何度も登場しています。下の記事で彼が送ってきた写真がみられます。

参考記事:
日本人には安倍政権を支持する権利はない
http://wjf-project.info/blog-entry-842.html

中国共産党が、冷徹なまでに戦略的であるのは言うまでもありません。私の友人が述べているのは、「日本と中国の間に全面戦争が起きた場合の」「中国人の一般大衆の」心理的なリアクションのことです。

No title

欧米人の友人さん(いるのかどうか疑わしいですが)の予測は大外れでしょうね。
過去の反日デモや小笠原のサンゴ、南シナ海の油田を見ても実利的である意味実に冷静ですよ。
どのあたりに恐怖が出ているのやらw

中国経済はバブル崩壊しているようですし、そもそもの発表しているGDPさえ分かる範囲でさえ数兆円単位で誤差があるらしいですね。

都合の悪い部分には返信ないようですし、拍子抜けです。

匿名さん

>ドラマ以上に効果があるのは愛国を騙った反日教育でしょう
もし感情で表現するなら恐怖ではなく、嫌悪、侮蔑でしょう


この部分は、北京に暮らす私の欧米人の友人が、いつも私に語っていることの受け売りです。彼の観察によれば、中国人は、反日教育の結果、憎悪もさることながら、日本人に対する恐怖心を心の奥深くに刷り込まれているそうです。

日本人が地震などの大災害が起きても、動揺せず落ち着いて行動するのに対して、中国人は、ちょっとしたことでも、感情がコントロールできなくなるので、日中間で戦争が起きたら、中国の大衆の間にパニックがおきるだろうという彼の予測も私はうなづけるのですが、彼の個人的な観察ですので、軽く読み流してください。

>中国が列島線進出を考え、アメリカに対し太平洋を二分割しようと提案したこともお忘れなんでしょうか

「米大統領の諮問機関である米国国家情報会議は、報告書「メガトレンド2030」を公表し、中国が20年代に米国を抜いて最大の経済大国となり、米国は覇権国家ではなくなり、「世界の警察官」たり得なくなると予測している。米国政府機関自身が、米国が覇権国家としての地位を失う可能性について言及したことの意義は大きい。」

米中の力のバランスは、間もなく入れ替わります。中国が世界最大の覇権国となるのです。

その時どうするのか。

私の考えは下の記事で述べています。

一極vs多極
http://wjf-project.info/blog-entry-917.html

No title

日本の事を反日ドラマで恐怖を刷り込まれているから恐れる?
おかしくないですかね
反日デモを見る限り、恐れているとはとても思えませんね
最近では中国人自身がドラマの過剰な表現に苦言を呈しているようですし、あくまでフィクション扱いです。

ドラマ以上に効果があるのは愛国を騙った反日教育でしょう
もし感情で表現するなら恐怖ではなく、嫌悪、侮蔑でしょう

>ひとつの「国」が丸ごと、他の特定の「国」によってすっぽりと軍事的な支配下に置かれるということは、あまり考えられません。
チベットは「国」ですし、近年のデモを見れば「現在進行形で支配下」であることは事実でしょう。

中国が列島線進出を考え、アメリカに対し太平洋を二分割しようと提案したこともお忘れなんでしょうか

集団的自衛権ですが、持っている国が普通です。
日本が持つことに反対しているのは目下中国と韓国だけですよ


kenkenさん

≫日本では、サヨクも保守も、本当のところを
まだまだ理解出来ていないという感じに思えました。

いえ、理解は出来ています。少なくともわが国の体制が
日本国憲法の上に日米安保条約がある、という認識は、
自民公明から民主共産まで全て持っています。
問題は 現状認識を踏まえた上で行動している政治家は、
現沖縄県知事しかいない、という悲しい現実で
わが国が絶望的な状況にいる、という意味で同意します。

No title

サヨクと称される勢力が、WJFさんのおっしゃるような事を理解して(TPPや)安保法制に反対してるとも思えないのですが、結局、彼らの安保法制反対は日本の事を思うと良い方向へ作用するという事なんでしょうか。

日本では、サヨクも保守も、本当のところをまだまだ理解出来ていないという感じに思えました。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。