韓国と地続きになる日本

日韓トンネルの話ではありません。
皆さんご存知のように、韓国のメディアが韓国政府がTPP交渉に参加を決定したと報じました。

韓国 TPPへの参加を検討か

韓国の有力紙は、韓国政府がTPP=環太平洋パートナーシップ協定に参加する方針を固めたと伝え、韓国政府は「まだ決まっていない」としながらも、TPPに参加した場合の影響を分析していることは認めました。

韓国の有力紙、朝鮮日報は9日、韓国政府がTPPに参加する方針を固め、早ければ今月から来月にかけて表明することを検討していると伝えました。この報道について、韓国産業通商資源省は「政府の立場はまだ決まっていない」と否定しましたが、一方で、「TPPに参加した場合、現在推し進めているFTA=自由貿易協定の交渉や国内経済などにどのような影響を与えるか、総合的に検討している」と説明しました。

韓国政府は、先月から今月にかけてTPPに関する国際セミナーを相次いで開いて専門家の意見を聞き取っており、中国とのFTA交渉に与える影響や国内の農業分野への影響などを見極めてTPP交渉に参加するかどうか判断するものとみられます。

これまで、韓国はすでにアメリカとのFTAを発効させていることからTPPは得るものが多くないとして参加には消極的な立場を示してきました。

しかし、朝鮮日報は、日本がことし7月にTPP交渉に参加したことや、中国政府からTPPに関心を示す発言が出たことを踏まえて方針が転換されたと伝えています。

(出典: NHK News Web 2013年9月9日)

このことが何を意味するのか。

安倍晋三は官房長官だった小泉政権時代に、韓国人の日本へのビザなし渡航を実現させましたが(出典)、日韓両国のTPP参加により、日本と韓国の間には障壁がなくなり、実質的に二つの国は地続きになるということを意味します。

しかし、どうしたことでしょう。いい年をした大人が、毎日毎日、飽きもせず韓国の悪口ばかり書き連ねて溜飲を下げている、自称「保守」ブログが、まったくこのニュースを取り上げていません。

たとえば、正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現も、厳選!韓国情報も、毎日韓国の些細な問題を針小棒大にとりあげていますが、この大きなニュースを黙殺しています。

韓国が大嫌いな人にとっては、これほど深刻なニュースはないと思うのですが?

嫌韓の方たちも、韓国が嫌いなら嫌いで、もっと首尾一貫されてはどうでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>TPPやグローバリゼーション反対の理由は理解できるけど、代替案はあるの?

代替案を考えることが学者、官僚、政治家の仕事だと思います。
選挙でTPP反対を訴えて選挙に勝ったのだから、TPPに入らない道を全力で模索するのが政治家の使命だろ!国民が政治家の詭弁に付き合う必要はないと思います。
代替案連呼する人は、外国人参政権やおかしな法案全てに代替案を訴えないと筋が通らないと思います。

No title

>WJFさんは、安倍ちゃんよりも、ルーピーやカンの方が良かったの?
>安倍政権倒して、どの政党が政権を獲ればいいと考えてるの?

>TPPやグローバリゼーション反対の理由は理解できるけど、代替案はあるの?

これまた絵に書いたような...
この行動様式では、後に某掲示板に「論破したぜ」というスレッドが
立つものと思われます。
まさに「このパターンが繰り返されて」おります。
加害者を庇う家庭内暴力被害者、カルト信者のような判で押したような
様式美であります。

No title

> 記事が多すぎてね・・・
> 悪いけど、どの記事か教えてくれないかな?

そのような基本的な努力を惜しむ方と議論しても時間の無駄ですので、これが最後の返答になります。

> 今の時代、内需主導で経済成長実現とか、経済成長なしで少子高齢化の日本の財政赤字解消の具体的方策を提示してるの?
> それができているならば、あなた、ノーベル経済学賞を受賞できるかもよ(笑)
> 少なくとも、クルーグマンは越えてるね。

クルーグマンも絶賛していたアベノミクスの目標って、デフレの脱却でしたよね?

デフレがなぜ起きたのか。

冷戦の終結により、東西の「壁」がこわれ、中国を始めとする旧東側の安い製品や労働力と競争しなくてはならなくなった。デフレの原因には様々あると言われていますが、冷戦終結後のグローバル化は大きな原因の一つです。

クルーグマンはニューヨークタイムズのコラムで、下のように述べています。

"Trade between high-wage countries tends to be a modest win for all, or almost all, concerned. When a free-trade pact made it possible to integrate the U.S. and Canadian auto industries in the 1960s, each country’s industry concentrated on producing a narrower range of products at larger scale. The result was an all-round, broadly shared rise in productivity and wages.

By contrast, trade between countries at very different levels of economic development tends to create large classes of losers as well as winners."

(http://www.nytimes.com/2007/12/28/opinion/28krugman.html)

要約すれば、高賃金の国同士の貿易は、関係するすべての国や人々に平均的な勝利をもたらす。しかし、異なる経済発展の段階にある国同士の貿易は、勝者と敗者の格差を拡大させる、そう述べています。

冷戦時代に東西に「壁」があった時代の先進国同士の自由貿易と、先進国と途上国が貿易し合うようになった冷戦終結後の自由貿易は、性質がことなるとクルーグマンは述べているわけです。

また、クルーグマンは、Trade Does Not Equal Jobsという記事では、付加価値の高い産業をもつ先進国と、低い付加価値の産業を主とする途上国が貿易を増やした場合、先進国側の失業者の数を増やしてしまうと述べています。

"And there’s even an argument to the effect that increased trade reduces US employment in the current context; if the jobs we gain are higher value-added per worker, while those we lose are lower value-added, and spending stays the same, that means the same GDP but fewer jobs."

(http://krugman.blogs.nytimes.com/2010/12/06/trade-does-not-equal-jobs/)

このように、クルーグマンは先進国と途上国間の安易な貿易自由化には慎重な態度を示しています。 クルーグマンは内需が不足したら、自由貿易を促進して外国の需要を奪ってこいなどとは言っていません。

そもそも大胆な金融緩和と財政政策によってデフレ脱却を目指すアベノミクスの第一の矢と第二の矢は、クルーグマンの考えに基づくものですが、この二つは、貿易の促進ではなく、内需の拡大を目指したものです。少なくとも安倍政権は対外的にそう説明してきました。日銀による大規模な金融緩和も、円安による輸出拡大ではなく、内需の拡大を目指すものだからこそ各国の承認を得てきたわけです。

アベノミクスが第一の矢と第二の矢のみで成り立っており、かつ消費税増税などしなければ、間違いなくデフレを脱却できたでしょう。

しかし、アベノミクスの第三の矢の「成長戦略」(TPPも含めた規制緩和と構造改革とグローバル化)は、クルーグマンが指摘する通り、先進国にとってはデフレを促進し、失業者を増やし、国民の経済格差を広げてしまうものです。「デフレの脱却」というアベノミクスの当初の目標に逆行するものです。

アベノミクスの三つの矢は、その中のどの二つを選ぶかによって意味合いがまったく変わってきます。

第一の矢と第二の矢を選べば、内需拡大とデフレ脱却を意味します。
第一の矢と第三の矢を選べば、経済のグローバル化を意味します。

アベノミクスは、内需拡大のためであるかのように当初は見せかけて、実際にはグローバル化のための経済政策であった事が、明らかになりつつあります。

TPPのような異なる経済の発展段階にある国との経済統合の枠組みで得をするのは、二つのグループの人々がいるのですが、ひとつは発展途上国です。先進国から産業の移転や投資を受けられるからです。もう一つは国際金融資本です。発展途上国の安い労働力へのアクセスが容易になり、先進国の高い人件費も下がっていれば、企業の経営効率はよくなります。同時に安倍がかねがね言っているように優秀な頭脳を各国から集めて一カ所に集約させれば、イノベーションも起きやすくなります。しかし、 クルーグマンが述べたように、先進国に暮らす国民の大部分は、 自由貿易の促進によって損をします。日本という国家単位では、TPPによってGDPは成長はしないし、内需も増えないし、産業は出て行くだけだし、賃金は下がるだけだし、失業者は増えるだけだし、格差は広がるだけだし、農業は壊滅するし、デフレは加速するだけだし、何にもいいことはありません。 何よりも、歴史を通じてまもりぬいてきた「国」という枠組みや、文化や国柄が根底から破壊されてしまいます。

もうすこしTPPのことを勉強なさってください。

No title

> WJFさんは、安倍ちゃんよりも、ルーピーやカンの方が良かったの?
> 安倍政権倒して、どの政党が政権を獲ればいいと考えてるの?

Unknownさん、WJFプロジェクトの記事をどこからでもいいので4、5ほど読んでみてください

WJFプロジェクトでは、どの記事も基本的に根幹では同じことを言っています
それは安倍晋三が史上最悪の売国奴であり、今の日本は過去どの政権時よりも危険な状態であるということです
つまり、この政権さえ打倒できれば次に誰が首相になろうとも(基本、日本の国会は売国奴の集まりですが)今より良い状態になることは間違い無いのです

No title

記事が多すぎてね・・・
悪いけど、どの記事か教えてくれないかな?

今の時代、内需主導で経済成長実現とか、経済成長なしで少子高齢化の日本の財政赤字解消の具体的方策を提示してるの?
それができているならば、あなた、ノーベル経済学賞を受賞できるかもよ(笑)
少なくとも、クルーグマンは越えてるね。

Re: No title

> 日本とアメリカも地続きになるの?
> 中国がTPP参加したら、日米韓中、みんな地続き?(笑)
> TPPで実質国境が無くなるのならば、殆どの国は参加しないと思うけどね。
> それから、正しい歴史認識、はTPP反対だよ。
>
> WJFさんは、安倍ちゃんよりも、ルーピーやカンの方が良かったの?
> 安倍政権倒して、どの政党が政権を獲ればいいと考えてるの?
>
> 安倍政権になって、日本の国力が回復傾向にあるとの評価が、世界では支配的だよ。
> アベノミクスで企業業績も上向きだし、年金の資産運用も好調だよ。喜んでいる国民は沢山いるよ。
> 恩恵を受けていない人のやっかみばかり、マスゴミは取り上げるけどね。
> 資本主義体制で国民全員ハッピーなんて、高度成長でも実現させない限り、無理だと思うけどね。
>
> 新自由主義やグローバリゼーションを否定しているけど、それならば、どうやって経済成長を実現するの?
> 少なくとも、21世紀になって、内需だけで経済成長を実現させた先進国の実例はないよ。
> それとも、経済成長不要論? それならば、社会福祉費は年々増加するけど、経済成長なしで、どうやって財政を均衡させ、膨大な赤字を解消するの?
>
> TPPやグローバリゼーション反対の理由は理解できるけど、代替案はあるの?
> 2013年時点で、グローバリゼーション以外の方法で、経済成長を実現できる具体策って知らないんだけど、教えてくれないかな?
> TPP反対、安倍政権打倒という主張は伝わるけど、具体的な代案がわからないんだよね。
>
> 色々、質問してゴメンね。

あなたの質問の答えはすべて過去の記事に書いてあります。

No title

日本とアメリカも地続きになるの?
中国がTPP参加したら、日米韓中、みんな地続き?(笑)
TPPで実質国境が無くなるのならば、殆どの国は参加しないと思うけどね。
それから、正しい歴史認識、はTPP反対だよ。

WJFさんは、安倍ちゃんよりも、ルーピーやカンの方が良かったの?
安倍政権倒して、どの政党が政権を獲ればいいと考えてるの?

安倍政権になって、日本の国力が回復傾向にあるとの評価が、世界では支配的だよ。
アベノミクスで企業業績も上向きだし、年金の資産運用も好調だよ。喜んでいる国民は沢山いるよ。
恩恵を受けていない人のやっかみばかり、マスゴミは取り上げるけどね。
資本主義体制で国民全員ハッピーなんて、高度成長でも実現させない限り、無理だと思うけどね。

新自由主義やグローバリゼーションを否定しているけど、それならば、どうやって経済成長を実現するの?
少なくとも、21世紀になって、内需だけで経済成長を実現させた先進国の実例はないよ。
それとも、経済成長不要論? それならば、社会福祉費は年々増加するけど、経済成長なしで、どうやって財政を均衡させ、膨大な赤字を解消するの?

TPPやグローバリゼーション反対の理由は理解できるけど、代替案はあるの?
2013年時点で、グローバリゼーション以外の方法で、経済成長を実現できる具体策って知らないんだけど、教えてくれないかな?
TPP反対、安倍政権打倒という主張は伝わるけど、具体的な代案がわからないんだよね。

色々、質問してゴメンね。

パチンコで朝鮮を救う

台風で日本中が大変な中、日本の首相は二枚舌で朝鮮の話をされました。

首相動静―9月16日

【午前】11時43分、東京・虎ノ門のホテルオークラ。宴会場「平安の間」で知人の結婚披露宴に出席。

エリート官僚と大富豪の娘の結婚が注目を浴びている。この8月に挙式したセガサミーグループ総帥、里見治氏の娘・有紀恵さん(32)と経産省のキャリア官僚・鈴木隼人氏(36)だ。

2人は今月16日に都内の名門ホテルで披露宴を開く。新婦側の来賓は安倍首相。新郎側は渡辺喜美元金融担当相。ほかにも古屋国家公安委員長、菅官房長官、茂木経産大臣はじめ、国会が開けるのではないかと思うほど国会議員がこぞって披露宴に出るという。



【午後】1時57分、東京・日比谷公園の日比谷公会堂。「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」に出席し、あいさつ。

北朝鮮側に、この問題を解決しなければ国家として今後、繁栄していくことはできないと認識させなければならない。まさに圧力をかけながらなんとか対話に持ち込みたい。


WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。