対米従属は対中従属へとつながる道

世界情勢を正しく知り、「冷戦脳」から脱却する。
冷戦時代の1971年7月15日、アメリカのニクソン大統領は、中華人民共和国に訪問することを電撃的に宣言しました。

西側資本主義陣営の領袖アメリカ合衆国と、当時はまだ共産主義国家であった中華人民共和国が手を結ぶ。

それまでの冷戦構造に亀裂をいれる、誰もが予想しなかったこの発表は、世界の人々を驚愕させ、「第一次ニクソン・ショック」と呼ばれるようになります。

つづく、1971年10月25日には、国連総会において「北京の中華人民共和国(共産党)政府が国連に対する唯一かつ正統な代表権を有する」との決議がされ、台湾の中華民国政府の代表は国連から追放されてしまいました。

ニクソン大統領は、キッシンジャー国務長官と共に、翌年1972年の2月に北京を訪問し、毛沢東主席や周恩来総理と会談しました。





それから6年後の1978年12月、文化大革命の時代に失脚させられ、毛沢東や周恩来の死後、権力の座に復帰した鄧小平は、「改革開放」を宣言し、市場主義経済に移行することを決定。

1979年1月1日に、アメリカ合衆国と中華人民共和国は、正式に国交を樹立しました。

コメント欄である方に紹介いただいた下の動画には、ニクソンの中国訪問以降の、アメリカと中国の政治的指導者たちによる様々な発言が、集められています。



動画のスクリーンショットをご紹介します。





















これらの発言を読めば、中国が脅威だからアメリカに傾斜しようという考えが、いかに愚かしくまた危険であるかが明白になります。

冷戦時代のアメリカとソ連の関係と、ニクソンの中国訪問以降のアメリカと中国の関係は、まったく異なっています。

アメリカにとって中国は、日本よりもはるかに重要な戦略的なパートナーであり、同盟国です。

というより、特に冷戦終結以降の「日米同盟」は、アメリカが日本を監視し、日本の増強を防ぎ、押さえつけておくためのものでしかありません。

中国の訪問時、ニクソン大統領とキッシンジャー国務長官は、中国の周恩来総理と、対日政策に関して次のような3つの密約を結びました。

1. 東アジアにおいて、日本にのみ、核兵器を持たせない
2. 米軍が、日本での駐留を維持する
3. 日本が、台湾、朝鮮問題で発言権をもつことを認めない

(参考記事: 愛国的中高年の再教育(3)2015年7月22日)

右派の日本人は、在日米軍は、中国から日本を守るためのものと無邪気に信じていますが、実際には、アメリカは中国に対して「私たちは日本に駐留しつづけますから、安心してください」と話しています。

つまり、在日米軍は、米中同盟が、日本の独立や台頭を阻止し、日本を監視するためのものです。

安保法制にしても、自衛隊に独自の行動を許さず、アメリカの支配に日本を一層組み込んでいくためのものですから、それは間接的に中国の支配に日本を組み込んでいくものでもあります。

世界情勢や、近現代史に関する基本的な知識を持たずに、安倍晋三の対米従属的な姿を見て、「安倍さんが、日米同盟を強化して、中国の脅威から日本を守ってくれる」と思い込んで、「第3次アーミテージ・ナイ報告書」というアメリカの指示書に書かれた通りの政策を推し進める安倍政権を支持し続けることは、大変危険なことです。

TPP、構造改革、グローバル化、移民受け入れ、国家戦略特区、道州制・・・

このような、安倍政権が推し進める政策の先に待ち受けているのは、単に日本がアメリカの属国になるだけではなく、同時に、中国によっても、内部から侵食され、蹂躙されていく未来です。

小泉政権が日本に導入し、現在の安倍政権が推し進めている「経済特区」構想が、市場主義経済に移行した中国が1978年に最初に導入した政策であるという事実を見ても、「親米政権とは、実は親中政権である」ことにお気づきになることでしょう。

李鵬首相が1993年に語った

「日本など20年後には消えてなくなる」

という言葉が、今、本当になろうとしています。

アメリカと中国は、今後ますます融和し、一体化していくからです。


(画像出典:「愛国者」の二つの意味 2013年8月21日)


2013年10月17日の「親米」という名の「反日」という記事から引用します。

「親米」という名の「反日」

「親米保守」のかかえる大きな自己矛盾。
みなさんご存知のように、私は親米保守という立場が死ぬほど嫌いです。

なぜならば親米保守の人々が非常に愚かだからです。

彼らは自己矛盾に気がついていません。

冷戦時代に刷り込まれた、「アメリカは自由と民主主義の庇護者である」というものの見方。

これは、「アメリカは悪しき軍国主義から日本人を救った解放者である」という、戦後、日本人が植え付けられた東京裁判史観(自虐史観)と無関係ではありえません。

自分たちが、東京裁判史観(自虐史観)に立脚しておきながら、東京裁判史観を振りかざして日本を責め立てる「特定アジア」を叩く。

そして「特定アジア」の脅威や横暴を逃れるためには、「日米同盟を強化すべきだ」と考える。

これほど自己矛盾した愚かな人たちがいますか?

「特定アジア」が振りかざしている東京裁判史観の著者はアメリカです。

なぜ東京裁判史観をふりかざす「特定アジア」の脅威を逃れるために、他でもない、東京裁判史観の著者であるアメリカにすがろうとするのでしょうか。

冷戦時代にソ連とアメリカが争っていたように、なぜ彼らは、「特定アジア」とアメリカが対立関係にあるように、冷戦が終わって20年以上が経過する現在も誤解してしまうのでしょうか。

問題は、冷戦が終結して以降、アメリカが長期的に日本を弱体化させ、解体させる方向に対日戦略を変更しているということです。

しかし、アメリカの日本に対する敵意を、彼らは決して認めようとしません。

どんなに事実を示しても、いつまでもアメリカが日本の庇護者であるはずだと、頑迷にアメリカを信じ続けようとします。

90年代以降、自民党が展開してきた構造改革やグローバリズムや新自由主義、またTPPや道州制や消費税増税は、アメリカの対日戦略の変更という文脈の中で、初めて正しく解釈されるべきものです。

アメリカが日本の弱体化と解体を目論んでいるのであれば、アメリカへの傾斜はそのまま国の滅びを意味します。

なぜ、安倍晋三が、次から次へと壊国的な政策を、めまぐるしい速度で繰り出してくるのか。

それらは、当然のことながら、安倍晋三の単独の脳内から発出しているものではありません。

このことを、彼らに言っても言っても、彼らは自分の矛盾と誤りを理解できない。

彼らの親米的な態度を批判すれば、「支那の工作員」とか「左翼」とか「日米離反工作」とか「陰謀論者」といってこちらに怒りだす始末です。

私は、親米はだめだから親中になろうなどとはみじんも考えてもいません。

日本が日本として立つようにならないと、日本は消えてなくなってしまうという危機感を訴えているのです。

「保守」を自称している人々のほとんどが、この「親米保守」の病にかかっています。

この愚かな人たちは、「特定アジア」の圧力に屈して安倍晋三が靖国神社参拝をしないとしたら許しがたいが、アメリカの圧力に屈して靖国神社参拝を見送るならば、それはやむを得ないとすら考える人々です。

「親米保守」とは、まぎれもない「事大主義」であり、アメリカを中心とする「中華思想」であり、彼らの大嫌いな「特定アジア」の人々の卑怯な姿勢そのものです。

参照記事: 自民党は日本の政党ではない

彼らの「安倍さんを信じよう」というかけ声の中には、「アメリカを信じよう」というカルト的な信仰の声がこだましています。

彼らは、安倍晋三の対米従属的な姿勢に、危機感よりもむしろ心の安らぎすら感じている。

そんな日本人として誇りをみじんも持たない惰弱な情けない愚か者どもが、自分たちの矛盾と空疎な中身を隠蔽するために日の丸を振り回していい気になっている。

彼らは「特定アジア」さえ叩いていれば、自分たちが「保守」だと信じています。

彼らは、「特定アジア」を叩いて、人々をアメリカへの傾斜へ誘導し、人々をアメリカへの傾斜に誘導することによって、自民党や安倍晋三への傾斜へと誘導する。

そこに待ち受けているのは、TPPや道州制や消費税増税や構造改革や規制緩和や新自由主義やグローバリズムによる日本の国体の破壊と国家解体です。

日の丸を振り回して「自分たちは保守だ」と叫びながら、彼らは結果的に日本を破滅へと誘導する。

日本を「保守」するといいながら日本を壊す人たちが、愚かでないとしたら一体何なのでしょうか。

戦後の洗脳とはおそろしいものだとつくづく思います。

真の敵は「特定アジア」でも、アメリカでもなく、戦後の洗脳に浸ったままいつまでも抜け出せない日本人です。

日本人がただ日本人として立つ。

日本がただ日本として立つ。

その第三の道に踏み出す以外には、もう日本が国家として生き残る道はありません。

日本はまさに「火宅」であり、日本人は火事で燃える家の中で無邪気に遊び続ける子どもです。

日本が第三の道に踏み出すのに必要なのは、戦後に植え付けられた思い込みを振り払って、日本人がただそれを望むというその一点です。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

女に、泣かされるのはどちらでしょうか

■遅ればせながら、本物の保守さんが三浦瑠麗さんの名を出しておられたので。

チーム三浦瑠麗(35)始動!女性東大話法とジャパン・ハンドラーズたち http://www.asyura2.com/15/senkyo182/msg/296.html
>  私はリベラルだが、あえて言えば「リベラル・アイソレーショニスト」だ。三浦瑠麗のような「リベラル・グローバリスト」のイデオロギーには強く嫌悪感を抱いているものである。
>「日本のリベラル男子諸君、ネトウヨ男子諸君、東大話法に騙されるな、それが美人の女教授であっても」

■頭ごなしさんのコメントにちなんで。

・米中接近察知できず 外交文書(2011年12月22日(木)掲載) - Yahoo!ニュース
http://news.yahoo.co.jp/pickup/5739516

・「山荘でニクソン訪中のテレビ観き時代に遅れ銃を撃ちたり」
(毛沢東思想を信奉し、「アメリカは敵、中国は味方」だと思っていた連合赤軍のメンバー・坂口弘が獄中でよんだ短歌)

自称「保守」「愛国者」の皆様もこのようにならないよう、お気をつけ下さいね。

No title

ニクソンが日本に連絡せず、頭ごなしに中国と手を結んで、日本は仰天したんだよね。
裏切り行為も甚だしい。結果、日本も孤立を防ぐために国交樹立に向け動かざる負えなかった。
もっとも、一番の被害者は中華民国・台湾か。しかし、それだけがアメリカってわけじゃない。
反対派いたし、ジョンソン国務次官(当時)も日米の信頼関係を損なったと批判している。
台湾の方になるが、カーター大統領の代では台湾関係法を作って対中国の動きをしている。
アメリカも一枚岩ってわけではないから。

情けない内政外交はもう止めろ

沖縄の人たちは本土から長年、理不尽な扱いを受けて来た事だと思います。
どれだけの交付金を出してやってるのかと現政権信者は言いますが、それは
お金と権力が全てと思ってる、人でなしの者達の理論でしょう。あまりに
今までの国の対応が酷い為、独立なんて話まで出て来てる。沖縄県民をここ
まで追い込んで来ているのは、全て中途半端にしてた国の責任です。
更にアメリカの軍備を大幅に肩代わりしようとしてる安倍総理の責任です。
中国が脅威であれば外交力を強くして阻止すれば良い。今の日本の外交は
裏で日本や中国等、互いの国民を裏切り騙して、私利私欲の為に悪知恵を働
かせているだけ。中国との二重外交で仲良くしてるアメリカとの軍備は無駄
になる可能性が高いでしょう。中国ともアメリカとも日本の大切なものを損
なう事のないように対等に交渉できるようになって始めて自立した日本人が
心底誇れる日本が出来る事だと思います。長年苦しめ負担を強いた沖縄県民
の心情や大切な土地を踏みつけて成り立つ事では決してありません。
一方、対馬は韓国人観光客に頼らないと島の経済が保てない状態になってお
り国は何ら対策もせず、日韓トンネルの拠点にしようとしてる動きもありま
す。竹島は過去に日本人犠牲者を出しているにも関わらず捨石状態。
韓国との外交も一旦、日韓基本条約に戻り、事実に元付いた本音の交渉をし
なければ本当の意味での国交は無いでしょう。都合の悪い所は隠蔽し、使え
そうな材料は都合の良い時だけ出したり引っ込めたり。
失敗しても同じ事の繰り返し、もう、いい加減うんざりです。
今の日本がどんどん悪化してきているのは国内問題や外交問題に対し真剣に
取り組んで来なかった私利私欲で拝金主義の政治家達、それを見逃し黙認し
てた国民の自業自得、大きなツケでもあると思います。
日本人として何が誇りで何が大切なのか、その為にはどう行動すべきか。
今の本土は沖縄県民に偉そうに上から目線で言える立場ではありません。
彼らはただ自分達が生まれた土地、家族を守りたいだけでしょう。
国を守るには裏取引でなく真剣に日本が自立し本音で外交に取り組む事です。
アメリカに過剰に依存し問題の中韓に浸食され日本を蝕んでいく安倍政権の
手法では、何れ日本国民は誇りも何もかも失ってしまうでしょう。
日本で生きて行くに置いて大切な自然豊かな土地、安全で安心して穏やかに
家族と暮らせ、子供達の未来を第一に考えて貰いたいものです。


No title

これって県民の4分の1を目の前でアメリカ軍に殺され、日本から切り捨てられ、父祖伝来の土地を暴力と恫喝で追い出して米軍基地を建設され、米軍統治の元アメリカ国籍も日本国籍も与えられず強権政治を27年間も受け続けた沖縄県民に対して、心なき日本人が罵倒している事とつながりますね。

本物の保守さん

>全部が、ソースが無い物ばかり(笑) 

少し調べれば簡単にソースがみつかります

不都合な事実から目をそらさずに、しっかりと事実を受け止めましょう。

「アメリカと中国は同盟国として手を握っている」

これは事実です。

「アメリカと中国は、冷戦時代のアメリカとソ連のように対立しあっているんだ」

このような事実と異なる妄想の上に「本物の保守」思想は構築できません。

No title

全部が、ソースが無い物ばかり(笑)  

チャンネルくららに出演して、上念司・
倉山満さんを論破できれば、考えてもいいよ(笑)

まあ、WJFプロジェクトさんの頭では、10歳以上年下であろう、三浦瑠麗という、女性政治学者に、泣かされて、終了だけどね(笑)

女に、泣かされろ!!

No title

2006年の米中会談の慰安婦の件ってソースあるの?

二つの圧力

くまお君

>「第三の道」


だから、アメリカは日本を独立させたくないのでしょう?日本にアメリカ軍基地があるのも、裏の意図は日本を監視下に置くためでしょう?アメリカは日本に力を持ってほしくはないのでしょう?
仲悪そうに見えても、アメリカと中国は繋がっているから、「対米従属」は「対中従属」にも繋がる。

記事にもあるように『アメリカは中国に対して「私たちは日本に駐留しつづけますから、安心してください」と話しています。つまり、在日米軍は、「米中同盟」が、“日本の独立”や台頭を阻止し、日本を監視するためのものです。』

『日本人がただ日本人として立つ。日本がただ日本として立つ。その第三の道に…』

要するに日本の「独立」、「独立性」を強めるということでしょう?
日本は本当の意味では独立国家ではないからです。
TPPでも移民でも集団的自衛権など、アメリカに、「こうしなさい!」、「ああしなさい!」と言いなりでは、日本はいつまでもアメリカの管理下でしょう?
どこかの国の傀儡国家ではなくて、日本の主権、独立性を強めることを目指すというのが趣旨でしょう。

くまおよ

>君の言う第三の道ってなんなのよ。
>具体的に説明しろって


対米隷属は対中隷属につながるという上の話の意味は理解できた?

つまり安倍晋三はアメリカのみならず中国にも国を売っているぞという話は理解できた?

理解できたなら第三の道が何か具体的に教えてあげよう。

No title

だからねぇネトウヨガー君
君の言う第三の道ってなんなのよ。
具体的に説明しろって
ただただ「第三の道へ踏み出すのです」じゃ「戦争はよくないです」と同じ中身空っぽの精神論でしかない。

「第三の道」とはなんなのか?

説明できないんでしょ。
だから「ネトウヨガー」をひたすら連呼することしかできないわけだ。
君はアイドル大好き老人小林よしのりと同レベルだよ。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。