バカウヨは不治の病

どうにもならない。
よしふるさんが、先日の記事「安保法制にうかれるバカウヨ」を動画にしてくださいましたが・・・



コメントを拝見すると、バカウヨはやはり不治の病です。

冷戦時代と異なり、アメリカと中国が深く結託しているときに、アメリカに傾斜したところで、中国から逃れられるどころか、アメリカと中国の両国に、日本はいいように解体され、料理されてしまうだけですよという話が、彼らにはまったく理解できません。

とても簡単な話だと思うのですが、なんでこんな簡単な話がわからないんだろう。

みなさん、いい年した大人でしょうが。

参考記事:
愛国的中高年の再教育(1) (2015年07月20日)
愛国的中高年の再教育(2) (2015年07月21日)
愛国的中高年の再教育(3) (2015年07月22日)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

祖父の亡霊から逃れられない安倍総理

どうも安倍総理は、安保法案をより強固にしたらアメリカが日本を身を挺して守るという妄想を抱いているようだ。しかし、昔からアメリカの本音は自国防衛、自国の利益だ。あまりにも手を拡げ過ぎてかなり防衛費が負担になった。だから日本にも負担させたいというのが本音だろう。しかし国会にもかけずアメリカで勝手に約束をして来てしまった。だからこれほど大切な法案の成立を焦ってしまったのだろう。あまりにも瑕疵が多すぎて、国会での答弁にも与党はしどろもどろの有り様。これでは国民の理解を得られるはずもない。しかし、現在の与党の数の論理が強引にこれほど問題の多い法案を可決させてしまった。私にも世界情勢の変化は理解している。だか、安倍総理がずっと繰り返すリスクがないとか減るとかいう嘘事を信じられるはずはない。リスクは高まって当たり前なのだ。せめてもっと議論を深めてちゃんと審議すべき重要案件だろう。一党に多数の議席を与えることの恐ろしいさをつくづく感じた。このことに疑問を投げ掛けると必ず左翼とか在日とかという言葉が飛びかうようだが、おかしな話だ。私は右も左も極端な思想は嫌いだ。中道が良い。勿論思想はそれぞれに憲法で定められた基本的に自由だ。

命に関わる病気

ネトウヨ、バカウヨ、安倍信者。
いろいろな呼び名がありますが。

「晋三病患者(心臓病患者)」という名称を思いついたのですが、いかがでしょうか?

もちろん、命に関わる病気です。





あと、「出生率が低いので、移民を入れなければ日本人がぁ〜」
とかいう主張を展開する人のことは、「人口心配」。

米中合作

バカ安倍信者は安倍批判を全て左翼と決めつける。 東京裁判で米中(蒋介石)が結託し捏造の南京事件をでっち上げた。GHQは日本占領と同時に朝鮮人に奴隷から解放されたと出鱈目を朝鮮人に吹き込んだ、それが朝鮮進駐軍と化した。 日本を二度と立ち上がれない独立自主独立をさせない為に共産党委員を釈放しプレスコードによる各大学、マスコミ、言論界、知識人を公職追放令に置いて保守陣営から左翼主義者に入れ替えた。日教組も米国が二度と日本を独立自主独立させない為作った。

戦後70年何も変わっていない!

米国の身勝手さが戦後70年たっても何一つ変わらない!


TPPを詳しく報道しないマスコミ、未だ米国のプレスコードは生きているのか!

No title

>安保法制がなければ日本は安全なわけ?

安保法制で自衛隊がアメリカの戦争に加担するんだから今より更に危険になるだろ

ネトウヨは本当に馬鹿だな

kogaよ

>安保法制に反対する理由(らしきもの)がこれwww
で,安保法制がなければ日本は安全なわけ?


バカウヨもバカサヨもばかばっか。

「尖閣諸島が取られるー、アメリカに傾斜しよう、アメリカの要求を飲んで日米関係を強化しよう」

ってやっている結果が、TPPだの移民の受け入れだの構造改革なんだろうがよ。

そんなことやってりゃ、日本が中国人だらけになるだろ。

国内への人口侵略を許しながら、わざわざ中東にいって、アメリカの引き起こす大義のない戦争に付き合ってても、国内にテロを招き入れるし、何にもいいことねーだろっていってんだよ。

脳みそついてんのか。

ばかたれ。

7.22 STOP TPP!!官邸前アクション

昨日、「7.22 STOP TPP!!官邸前アクション」に参加する為、衆議院第2議員会館前に行って来ました。
集まったのは100人強といった所。こんなに少ないのかとがっかりしました。
それでも17:00~20:00の3時間余り、全国から集まった様々な団体の代表が交代でスピーチをしていました。

話の主題は勿論TPPの危険性を訴えるものが中心ですが、皆一様に口を揃えて訴えていたのが、
TPPだけでなく、安保法制も、戦略特区も、消費増税も、安部政権の政策は全て「根は一緒である」と言う事でした。

つまり、国民の富も、生活も、安全も、そして最後には命までも全てアメリカを根城とする強欲グローバル資本主義に
差し出すと言うものです。

安部はその為に、選挙公約も、国会決議も、民意も全て無視してひたすら日本の植民地化を推し進めていると。
だから安部自公政権は「危険」なのだと、訴えていました。

勿論、各団体だけでなく、議員も何人か来て同じ事を訴えていました。民主党、社民党、共産党の議員です。

私からすれば、なぜこの演説内容がリベラルとされる議員の口から出てくるのか?
と疑問に思うほどのまともな発言で、保守ならば至極当然とうなずける内容の演説ばかりです。

私が特に印象に残った話ですが、アメリカはなぜこうも強引にTPP妥結を推し進めるのかという理由の一つに、
リーマンショックでこうむった国内の損失を世界各国から富を収奪する事で埋めようとする狙いがあり、
その中でも日本は格好のターゲットなのだと言う話です。

後は、1年間程アメリカ議会でTPPやTPA法案に関する議員達のやり取りを実際に取材して回っていた女性記者が、
その時肌で感じた体験談として語っていたのが、「とにかく人の命でも戦争でも、一切の倫理感もためらいもなく、
利益を上げる為には徹底的にあらゆる物を利用し尽くす合理性と、アメリカは常に世界一の超大国でなければならないという
ある種の狂気にも似た強迫観念に捕らわれたその感覚は、とても日本人が理解したり共感したり出来るものでは無い。」
という話も、アメリカとの距離の置き方について考えさせられる良い切欠になるものでした。

しかし、この中には右翼が保守政党と認める党から来た議員は一人もいませんでした。
なぜ、この抗議の場に保守派は一人もいないのか?民主党政権時にTPP参加に猛反対した奴等は一体何処に行ったのか?
野田内閣の推し進めるTPPはダメで、安部内閣の推し進めるTPPはなぜ賛成なのか?疑問に思うばかりです。

後、保守から蛇蝎の如く嫌われている山本太郎議員も演説してました。
「TPP反対、嘘つかない、ブレない」と書かれた例の自民党の大嘘公約が書かれた選挙ポスターを手に持ち、
なぜ、これ程の醜い裏切りを有権者は追及せず、安易な支持に回るのか?
このままでは国民全員アメリカの奴隷になる。とこれまた至極当然の事を訴えています。

そしたら一人居ましたね。アホシュがこの場に一人来ていました。
演説中の山本太郎に対し、「山本(壇上から)降りろー!」の野次。野次が飛んだのは彼の演説中だけです。
まあ、本人は気にする風も無く、「はい、もう直ぐ降りますよー。」と軽く受け流していましたが。

その時は、このアホシュ、最初から抗議に参加していたのなら、この3時間、これだけの人の切実な訴えを
どういう思いで聞いていたのか?少しは場の空気を読めよって言いたくなる位シラケました。

それこそ、山本太郎に野次飛ばすのを待ち構えてたっていうなら、馬鹿過ぎるにも程がある。

彼が過去に何を言おうと、どの様な団体と繋がりがあろうと、今この場で訴えてる事は的を得ているし、
何よりもTPP交渉が大詰めというこの時期に抗議集会をぶち壊す様な真似をしてくれるなよと思いました。

No title

共産党を愛国者とたたえるサヨクがひたすら今日もネトウヨが~~~
もうレッテル貼りと罵倒しかないわけね。

>>アメリカに傾斜したところで、中国から逃れられるどころか、アメリカと中国の両国に、日本はいいように解体され、料理されてしまうだけですよという話が、彼らにはまったく理解できません。

安保法制に反対する理由(らしきもの)がこれwww
で,安保法制がなければ日本は安全なわけ?
共産党大好き君の脳内ではアメリカと中国が日本を解体することになってるわけ?
それを回避するには安保法制を潰さねばならないわけ??
頭沸いてるね。

・憲法を守れ!憲法改正許さない!
 →つい最近まで「現憲法を廃止して独自憲法制定」が党是だった。
 →今でも憲法1~8条は無視して皇室否定するなど自分達は憲法を守らない
 →政権を取ったら皇室を廃止する党是は健在で志位も公言している

・平和を守れ!
 →暴力革命による国家転覆が党是だった筋金入りのテロリスト政党
 →朝鮮総連と組んで暴力事件を多数起こしている
  (阪神教育事件はその最も酷い例)
 →テロを奨励するようなマニュアルを作成し配布。
 →学生運動などを煽ってたのも共産党、連合赤軍などを産んだ
  (現在は志位るずで同じ事を狙っている)
 →中国共産党によるチベットやウイグル侵略などは知らんぷり

・脱原発!核兵器は許さない!
 →中共やソ連の核を容認し西側の核だけ非難してきた。

・ブラック企業は許さない
・弱者の味方
 →党員をタダで赤旗の配達員などに利用
 →生活保護であっても党費を徴収
 →給与からのピンハネ(給与の2~4割)が酷すぎて離党する議員まで出している
  →弱者からでも容赦なくかき集めるブラック政党

・金持ちは敵だ!
 →共産党中央委員会と一部の議員だけは貴族生活
 →不破哲三(上田建二郎)は全国に別荘を持っていた。
 →不破哲三は神奈川の別荘暮らしで料理人や守衛まで専属。資金は共産党が提供。

これがwjfが礼賛するすばらしい共産党www

米中合作

二つの圧力

味方うちは利敵行為なのよさん

"冷戦時代と異なり、アメリカと中国が深く結託しているときに、アメリカに傾斜したところで、中国から逃れられるどころか、アメリカと中国の両国に、日本はいいように解体され、料理されてしまうだけですよという話が、彼らにはまったく理解できません。"

上の話は理解できましたか?

結局処分の対象でしかないぜ

具体的には何も提示できないのね。
我を建てるのもいいけど、まあ忘れ去られるだけでしょう。
現実に対応して変化せざるを得ないのに、あんたはあんたの観念を絶対化して相対的対応を馬鹿にするけど、対応とか、具体化なんかみんな不完全で欠陥だらけなのさ。
 「尭に不慈の誹り有り。」て知らんだろうけど、ケチはどんなもんにもつくんよ。
あまり人を意識しすぎて孤立化先鋭化すると、結果アカと同じことになるんじゃないの?
 観念は概念だから概念としては絶対で完全だけど、現実の具体は常に相対で不完全、その不完全な相対を敢えて絶対化してこうだと断言するのが決断、あんたはその勇気が無いだけじゃないのかな?
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。