愛国的中高年の再教育(1)

「冷戦脳」という名の老害。
先日も紹介した、「安倍さんは7月9日に在日を強制送還する」という事実無根のデマを流してきた、ある「バカウヨ」系アフィリエイトサイトで行われていたアンケートから伺えることは、「バカウヨ」や「安倍信者」たちが、主に、40代、50代、60代の中高年男性によって構成されているという事実でした。




【世界遺産】今回の日本政府の対応についてどう思う?

おそらく30代以下の元「ネトウヨ」たちは、安倍政権のおかしさにとっくに気付き、「ネトウヨ」からは足を洗い、安倍政権や自民党を批判する側に転じたのでしょう。

その一方で、なぜ、中高年の方たちが、今になっても、凝り固まった安倍信者や自民党支持者であることをやめられず、「安倍さんが在日の通名を廃止する」だの、「世界遺産の件は、安倍さんの知らないところで外務省が勝手にやった」だのといったデマを鵜呑みにしてしまうのか。

これには、ある理由が考えられます。

その理由とは、この世代の人々が、冷戦の時代の真っ只中に、青年期や壮年期などの、人格形成期を過ごしたことです。

特に、圧倒的な軍事力をもって「悪の帝国」ソ連と対峙した共和党のロナルド・レーガン大統領と、自民党の中曽根康弘首相が、互いを「ロン」「ヤス」と呼び合った、80年代の親密な日米関係が、戦後日本の一つの理想像として彼らの心に強く焼き付けられています。

当時の日本は、日米貿易摩擦によるジャパン・バッシングや、プラザ合意による円高に苦しめられるというネガティブな側面もありましたが、経済は概ね好調であり、バブル経済という繁栄と栄華の絶頂へと登りつめていく途上にありました。

天安門事件はいまだ起きてはおらず、日中関係は友好的なムードに包まれており、中国や韓国による「反日プロパガンダ」が日本人を悩ませることもなく、NHK特集の「シルクロード」は素直に中国の大地への憧れを日本人の中にかきたて、「反中・嫌韓」感情などが入り込む余地もないほど日本人は自信にあふれており、現在「バカウヨ」と化してしまった中高年のほとんどは、当時「おれたちひょうきん族」や「ベストテン」を見たり、松田聖子や田原俊彦やマイケル・ジャクソンの音楽をダビングしたカセットをウォークマンに入れて街を闊歩しながら、それぞれのやりかたで青春時代を謳歌していたはずです。

この80年代という幸福な時代の最後を締めくくったのが、1989年12月に開かれたマルタ会談であり、アメリカのジョージ・H・W・ブッシュ大統領(大ブッシュ)と、ソ連のミハイル・ゴルバチョフ共産党書記長は、ここに冷戦の終結を宣言したのでした。

日本人は、自由と民主主義という人類普遍の価値を掲げる、明るくかっこいいアメリカという「善の帝国」が、独裁と圧政と窮乏と停滞によって自国民を苦しめ、核戦争による人類の破滅という恐怖心を世界中の人々に与えてきた、ソ連という「悪の帝国」を打ち倒すのを、目の前でまざまざと見せつけられたのでした。

日本は、幸運にも、アメリカという「善の帝国」の陣営に属し、その庇護下に守られることによって、平和と経済的発展を享受し、核戦争や独裁体制の恐怖から免れることができた。

この成功体験が、冷戦時代に人格形成期を過ごした日本人の心に強烈な印象を残しました。

しかし、この冷戦終結を境に、日本の命運が大きく変化したことを、当時の日本人はまだ気づいていませんでした。

そして、冷戦終結から四半世紀が経った今でも、いまだに、あの時を境に、日本の立ち位置や、世界の状況が決定的に変化したことを理解できずにいる人々。

それが、いまだに安倍政権を支持する立場を改めることができずにいる、愛国的中高年の人々なのです。

つづきます。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アメリカから脱却して自立を

対米従属という見地の境地に
WJFさんは憂国者ですね

ハーグ条約とか馬鹿高いオスプレイ
まさに対米従属のさいたるもの


アメリカ大使館に公開してる
年次要望書をマニュフェストのごとく
自民党は法案作ってます

これこそ対米従属の証左
自民党は日本の政党ではない

これを黙認してるメディアこいつらも
高給取りがゆえ特権階級かしてる
お前ら地獄行けと思ってる

最下層の地獄がふさわしい
彼らに天罰をまじめな人が泣く世の中
本当、日本が嫌いになる

欺瞞に満ちた現実があるから
我さえ良ければいいという欧米の価値観を受け入れた
明治時代から日本は堕落の道へ

226事件の青年将校の声
踏みにじった日本がいけない
彼らの声は純粋できれいだ

安保法制

記事読みました。

>アメリカ政府が日本の集団的自衛権を前提に2016年度予算を組んでいることが判明!日本の肩代わりで米兵4万人削減へ!



安倍氏が肩代わりを約束済み、だとさ…。

安保法案は米軍下請法案

この記事を見ればさすがにお分りになるのでは。ソースはStars&Stripesです。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7283.html

ttさん

>どこのどの部分が米国の言いなりになり、日本を「日本ではない何か」に組み込んでいくという事になるのか丁寧に説明すべきです。それが出来ずに論拠を示さないのに賛成派にバカウヨとレッテル貼りをしている。

安保法制がアメリカの意思と無関係に、日本政府単独の意思によって決められたと思っているのですか?

事実はそうではありません。

アメリカは、1991年の湾岸戦争以来、一貫して、日本に集団的自衛権行使を容認するように要求してきました。

しかし、当時の海部首相が、「蟻の一穴を開けてはならない」と言って、日本国憲法を盾にアメリカの要求を断った経緯があります。この経緯は、2014年7月に放送された 「集団的自衛権:水面下の攻防」と題するNHKの番組で海部元首相の証言とともに報じられました。

https://www.youtube.com/watch?v=4M3MDj7jnv8

2001年の「9・11テロ」以降、集団的自衛権を容認せよというアメリカの要求はさらに熾烈になっていきます。

"2001年の「9・11テロ」以後、アメリカは日本の軍事的協力をこれまで以上に求めるようになり、集団的自衛権についての政府解釈の変更などの要求を強めてきた。2007年には、ゲーツ国防長官が日米防衛相会談の席で、アメリカを狙った北朝鮮などのミサイルを日本のミサイル防衛システムで迎撃できるようにすべきだとして、集団的自衛権行使の容認を迫った。また、アメリカ議会調査局が2010年10月に作成した日米関係に関する報告は、集団的自衛権の行使を禁ずる憲法9条がより緊密な日米防衛協力の障害となっている、と述べた。"

(法学館憲法研究所顧問浦部法穂氏の文章)
http://www.jicl.jp/urabe/backnumber/20120719.html


また、安倍政権の政策が、 アメリカのCSIS(戦略国際問題研究所)の「第3次アーミテージ・ナイレポート」の指示をそのままなぞる内容になっているのは、チャンネル桜も取り上げている周知の事実です。「第3次アーミテージ・ナイレポート」も、集団的自衛権行使容認を日本政府に指示しています。

http://blog.goo.ne.jp/wasavi7103/e/d1b280ca188008e923d3bd89b84291d7

1991年以降、アメリカが日本に執拗に集団的自衛権行使を容認するように要求してきたのは、ふだんから政治に関心をもって生きてきた中高年の方であれば誰でも知っている周知のことがらです。

逆説的なことですが、日本国憲法は、アメリカに与えられた「属国憲法」でありながら、完全な対米隷属を食い止める盾の役割も果たしていました。アメリカ自身にとって日本国憲法そのものが邪魔なものになっていたのです。安倍政権はとうとうアメリカの要求に屈して、日本国憲法の解釈をゆがめ、この最後の盾を取り除いて、対米隷属を完膚なきまでに徹底させたのです。

これが安倍晋三が「戦後レジームからの脱却」と呼んでいたものの中身です。

「戦後レジームの脱却」とは、つまり、「戦後レジームの完成」です。

続き

もう少し語らせて頂きたいと思います。
ネットによって多くの情報が流されていますが、全ては自分次第。
理想は情報を受け入れ精査し判断する。しかし多くの情報に対しそれは不可能です。現在の自分が感じる周囲の環境や様々な状況をみて判断する。子供にとって家族にとって自分にとって日本社会にとって良い事なのかそうでないのか。
安倍政権を支持する方は中国脅威論、嫌中韓を何やら引き合いに出しますが日本国民にとって本当の脅威は、国を守ると善人の振りをした日本人だと認識すべきです。中国は見せかけの景気はどうあれ、あくまでも一党独裁で法より重い共産党が牛耳る国です。一部資本主義を取り込み、民主的な動きも少しありますが、まだ抑圧されている。国内貧困市民を踏み台に儲けたお金で中国爆買いありがたやと言ってる日本メディアの神経が判りません。
韓国の過去を知れば韓国人に良い感情は少しもありません。しかし日本人と同様、常識人もいれば悪人もいる。幼少から反日教育をされれば、そうなるでしょう。中国、韓国は国を挙げて以前から国内問題非難を避ける為に反日を利用してきた。日本も中国も韓国も、他国の事を批判する前に、まず自国内での多くの問題を解決する。これが基本だと思います。反○や領土問題等を棚上げにし、仲よくしましょうなんてするから日本人、中韓人の悪党どもから各国庶民はいい様に利用される。証拠に安倍政権は何一つ諸問題の解決は出来ていません。
忘れてたけど、何時までも正義のヒーロー気取りのアメリカ人も同じ事です。
日本がグチャグチャになって一番得するのがアメリカンの悪人だと認識すべきでしょう。




No title

>アメリカの指図の通りに、集団的自衛権行使を容認し、
アメリカの指図の通りに、日本を「日本ではない何か」に組み込んでいくことの、何がそんなにうれしいのでしょうか。
   ↓内容をちゃんと把握した上で主張されているのでしょうか?
平和安全法制概要
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/gaiyou-heiwaanzenhousei.pdf

どこのどの部分が米国の言いなりになり、日本を「日本ではない何か」に組み込んでいくという事になるのか丁寧に説明すべきです。それが出来ずに論拠を示さないのに賛成派にバカウヨとレッテル貼りをしている。

ttさん

>藁人形論法を使ってるじゃない。

具体的に指摘できますか?

No title

私も50歳を超える中年であります。もう亡くなりましたが母親は戦争経験者でした。知り合いで特攻で亡くなった方や当時の国内の様子を話してくれました。
国内で偉そうにしている日本軍人や従わなければ非国民と差別される状況。
ある年齢までアメリカに負けて良かった、それがあるから民主的な生活があるのだと。戦争当時の世界状況は明らかに異なるので、今の時代と重ねる事は出来ません。若い頃は強いもの正義に憧れ、観光でしたがアメリカ本土にも行った事もありました。そこで知り感じた事は、日本と違い広大な土地と日本の話題など一切ありません。両親が亡くなって感じる事ですが、生まれ育ったこの小さな国をどう守っていくのか。日本の歴史は、周辺の国に比べ独特ではありますが、誇れるものが多いと思います。日本を守るというのは日本国民の生活、昔からの大切な風習を守る事だと思います。決して国民の生活を踏み台にし、過剰な他国への依存、軍備増強するべきではありません。偏った戦後教育に問題があったにしても、大人が子供へ経験を伝え、過ちを繰り返さない。親も会社も社会も、国を守るために大切な人を育てる事を放棄し忘れているように感じます。
日本の狭い大切な土地をどう守っていくのか。日本人個々が試されているとも言えるでしょう。半世紀生きて来た私の経験では、今の安倍政権の手法が危険である事は明白な事実です。
それでもグローバリズムを望むのなら日本を巻き添えにせず、海外へ出て行って頂きたい。どのような人生を送るであれ、人間最後は母国への思いに駆られるでしょう。その時に戻れる日本と言う国が残っていればの話ではありますが。

No title

あんたはダブルバインドを使っていなくても、藁人形論法を使ってるじゃない。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。