「日本」を「日本以外の何か」に捧げようとする政権

安保法制という名の売国。
世界遺産の問題がきっかけとなり、「安倍晋三は売国奴だ」と気づいた人でも、安倍政権の推し進める安保法制には賛成しているようです。

しかし、安保法制も、安倍晋三が嬉々として推し進める他のありとあらゆる政策と同様、ただの「売国」に過ぎません。

安保法制が、どうして、売国なのか。

小学生でも理解できます。

「日本の独立を守る」

ことこそ、「保守・愛国」の絶対命題であるはずなのに、これまで以上に、日本の自主独立を放棄し、日本を、日本ならざるものに差し出し、組み込み、がんじがらめにするのが、安倍が推し進める安保法制の本質に他ならないからです。

安保法制なるものが、いかに日本の本来あるべき姿に反するものなのか。

中学生程度の日本史の知識があれば、誰でもわかることです。

1945年に、日本が戦争に敗れるまでの日本のあり方を振り返ってみてください。

中国に冊封された朝鮮のように、日本がどこかの大国に組み込まれていたことがありますか?

1945年まで、そんなことは一度たりともありませんでした。

戦争にやぶれて、アメリカの軍隊がいつまでも日本に駐留するようになり、アメリカによる占領状態がいつまでも終わらない中、安倍晋三がとうとうTPPや安保法制によって、日本のアメリカへの組み込みを完膚なきまでに完成させようとしている。

安倍や自民党が追求しているのは、アメリカに対する「事大主義」です。

どうしてそのようなことを、本来は、日本の独立を追求すべき「保守・愛国」を標榜する人たちが熱烈に支持しているのか。

結局、彼らが「保守」という言葉の意味も「愛国」という言葉の意味も、何もわかっていないからです。

WJFプロジェクト旧ブログの2013年3月7日の記事、「『日本』を『日本以外の何か』に捧げようとする人々」を以下に再掲します。

「日本」を「日本以外の何か」に捧げようとする人々

安倍政権の本質を一言でいえば、

「日本」を「日本以外の何か」に捧げようとする政権

ということになるでしょう。

国を「売る」というよりは、国を「捧げる」といった方がより正確です。

ある宗教的信条に基づいて彼らはそれを行おうとしているからです。

だから安倍晋三の顔は、欲にまみれた脂ぎった顔はしていません。

にこやかな微笑みすらたたえています。

「日本以外の何か」とは何でしょうか。

あるときは、大企業に代表されるグローバル秩序であり、

あるときは、アメリカであり、

あるときは、中国であり、

またあるときには、韓国なのでしょう。
統一教会の教義では、韓国をアダムの国、日本を罪深いイブの国とし、日本は永遠に韓国に尽くすべきだと教えているそうです。

自民党政権がさんざん、無償の資金援助や技術援助、日韓スワップ、ビザなし渡航の恒久化、日本国籍の取得条件の緩和、在日特権、パチンコの放置、日韓トンネル、河野談話などを通して、「アダムの国」韓国に、罪深い「イブの国」日本を「捧げ」ようとしてきた理由もうなづけます。

彼らが長く日本を韓国に捧げ続けてきた結果、シャープもとうとうサムスンの手に落ちました。

安倍政権が押し進める集団的自衛権の行使容認も、日本の軍隊を「日本以外の何か」に捧げることにその本質があります。

チャンネル桜が、民主党をあれほど売国政権として叩いてきたのも、結局は、自民党のこれまでの売国行為をカモフラージュするためだったのでしょう。

一体、民主党が実際にどんな売国政策を実現したというのでしょう。

外国人参政権は実現しませんでした。

人権法案だって、もともと小泉政権が作ったものです。

野田は、歴史上初の竹島問題の国際司法裁判所への提訴を押し進めていました。

鳩山は、長年アメリカによる日本の内政干渉と弱体化の手段として使われていた年次改革要望書を廃止しました。

たくさんの民主党の議員たちが、離党をちらつかせてまでもTPPの参加を必死で阻止しようとしました。

民主党にはさまざまな問題があったでしょう。

しかし、現在のカルト政権が、これからやろうとしていることに比べたら、はるかにましだったのではないでしょうか。

すくなくとも、私たちを守る「国の枠組み」は、まだそこにありました。

これまで信じ込まされてきたものを、根底から疑う必要がありそうです。

私たちはただ洗脳され、煽動されていただけではなかったのか。

参考記事:
自民党は日本の政党ではない (2013年8月9日)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

>集団的自衛権には韓国が入ります。

>集団的自衛権には韓国が入ります。


以前、集団的自衛権で韓国を対象外に、って言っていたような気がするのですが、違いましたっけ?それともあれも嘘?勉強不足ですみません。


ちなみに個人的には、南シナ海も東シナ海も日本の海上交通路で、日本人は暮らしの基礎物資の大部分を輸入に依存していますし、海運なしで私たち日本人の生活は成り立ちませんから、中国の侵略から守るための、同じく中国に悩まされている東南アジア諸国との集団的自衛権の行使なら良いかなと思ったのですが、どうでしょうか?

ちょこぼさん

>皇室を守ることが愛国じゃない
>日本人の暮らしを守るのが愛国
>その言い分だと天皇制さえ守れば国民の暮らしはどうなってもいいということになる



天皇制を守ることと、国民の生活を守ることは本来二律背反ではないのですが、左派の人たちが、バカウヨたちが「天皇陛下万歳」と言いながら、安倍のような国家や国民生活を破壊するネオリベ政治家を熱狂的に支持する愚かな姿を見て、天皇制自体にもうんざりさせられている気持ちはわからないではありません。

しかし、日本人が自分たちの歴史や文化や伝統に対して忌避感情を抱くこと自体の中に、グローバリストたちの心の侵略、日本人の心の改造が始まっていたことにも気づくべきです。それは昨今始まったことではなく、日本が戦争に敗れたときから、すでに開始されていたことでした。

従来の「保守」概念と、本来あるべき「保守」概念
http://wjf-project.info/blog-entry-241.html

明治天皇制と産業資本主義の結合
http://wjf-project.info/blog-entry-233.html

グローバリズムに対する反対運動が、国民全体に広がっていくためにも、左派の人たちは、「天皇制なんかいらない」「日本の伝統なんがどうでもいい」とはおっしゃらずに、そういうものを大切に考える右派の人たちの気持ちを斟酌していただきたいと思います。

そして、同時に、右派の人たちは、左派の人たちの「国民生活を守らなければならない」という主張の中に愛国的なメッセージを見出すべきです。

No title

>自己中心で個人主義的な態度
皇室は絶対に必要という意見を押し付ける方が自己中心的

>「愛国者」にならざるをえません。
皇室を守ることが愛国じゃない
日本人の暮らしを守るのが愛国
その言い分だと天皇制さえ守れば国民の暮らしはどうなってもいいということになる

事実上の竹島放棄

集団的自衛権には韓国が入ります。日米同盟、米韓同盟なので。韓国は竹島を武力制圧していますが、自国を武力制圧している国を率先して防衛する。
ということは、通常ありえる事態ではなく、竹島の武力制圧を容認していると言うことです。容認できるなら、容認しておけば良い・・・
これは事実上の竹島放棄となります。勝ち目がゼロになるわけではありませんが、国際司法で勝つのは難しくなるでしょう。
残念ですが、自民の今回の暴挙は覆せないでしょうね・・・

ちょこぼさん

>皇室の是非とグローバリズムの是非は全く別の話
>TPPが問題なのは国民皆保険や日本の農業など日本の良い制度や国益を壊すのが問題であって
>皇室がなくなるわけじゃない


グローバリズムの問題は、表面的な制度だけの問題ではありません。

世界各地の、何百年何千年という時間の積みさなりの中で醸成されてきた文化や伝統や共同体というものが、今回から破壊され、解体されていことが、この問題の本質です。

アメリカの入植者たちによって、アメリカの原住民の伝統的な文化や共同体が破壊されたように、日本の古い伝統や文化や共同体が破壊されようとしています。
「自分の暮らしが悪くなる」とか「食の安全が脅かされる」というのは、「文化や伝統や共同体の破壊」という問題に含まれる小さな問題の断片にに過ぎません。

19世紀のアメリカ原住民が、「俺たちの伝統や文化なんかどうだっていいよね。俺たちの酋長なんかいなくなってもかまわないよね」などと話しながら、白人に対峙できたと思いますか?

あなたがた左翼は、平気でそのようなバカなことをいう。

「日本なんかどうでもいいよね。日本の文化も伝統もださいよね。皇室なんかなくなっちゃっていいじゃん。私たち個人の暮らしが守られればそれでいいのよ」

そういう自己中心で個人主義的な態度で、どうやってグローバリズムという名のに対峙できるんですか?

グローバリズムに対峙するとは、自分たちの文化や伝統や共同体を守ろうとすることです。

自分たちの文化や伝統や共同体を守ろうとするということは、愛国的であるということです。

日本の文化や伝統や共同体の中心に皇室があります。

 つまり、TPPやグローバリズムに対峙しようとするなら、だれもが「愛国者」にならざるをえません。

No title

彼らはただ単に日本民族を入れ換えるだけでしょう
日本列島の統治体制が変われば戦後処理が終わるし、今の政党政治などその方法論の違いでしかないですしね

No title

皇室の是非とグローバリズムの是非は全く別の話
TPPが問題なのは国民皆保険や日本の農業など日本の良い制度や国益を壊すのが問題であって
皇室がなくなるわけじゃない

ちょこぼさん

>自民党信者は馬鹿だからいまだに理解できないようだが今の自民党に比べれば民主党の方がまし

>と言ってもその民主党よりはTPPや消費税増税に断固反対する生活の党や共産党や社民党の方が遥かにまし


皇室や日本の文化や伝統が大切だといいながら、グローバル化を推進してそれを破壊しようとする、自民党、維新の会、次世代の党という、右派政党はおかしいし

皇室や日本の文化や伝統などどうでもいいといいながら、グローバル化に反対する共産党、生活の党、社民党という左派政党もやはりおかしい。

必要なのは、「皇室や日本の文化や伝統は大切である。だからこそ、グローバル化や新自由主義政策などやってはならない」という立場だが、そのような政党は今の日本に存在しません。

ぽんさん

>まぁ、以前から自民に食い込んでいた韓国からしてみれば両建てしてるに過ぎないけどね。

その通りだと思います。

参政権法案早期成立を-民団東京が要望活動(2003年7月16日)

合同伝達式・集会には、民団中央本部の鄭夢周事務総長、徐元喆国際局長も参加。自民党の保坂三蔵参議院議員(東京日韓親善協会連合会会長)、公明党の浜四津敏子代表代行、太田昭宏幹事長代行、山口那津男参議院議員(東京本部代表)がかけつけ激励するとともに、許団長および朴雲子婦人会会長から「要望書」を受け取った。

 保坂議員は「地方選挙権付与は解決すべき最大の懸念と承知している。公党と公党の約束(与党3党合意)だけでなく韓日両国首脳により国家間の約束となっている。党のコンセンサスをまとめねばならぬ時期にきている。しっかり受けとめ頑張っていきたい」と表明した。


http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=1600

自民党が在日同胞集いに 3年ぶりに公式代表団を送った。(2013年1月9日)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/01/09/0200000000AJP20130109004300882.HTML

民主党時代「だけ」、自民党は民団との関係がないような「フリ」をしていたということです。

No title

全くその通り

自民党信者は馬鹿だからいまだに理解できないようだが今の自民党に比べれば民主党の方がまし

と言ってもその民主党よりはTPPや消費税増税に断固反対する生活の党や共産党や社民党の方が遥かにまし

No title

民主党=韓国と見なされているのは民団が選挙に協力したりして民主党を協力にプッシュしてたからだよ。まぁ、以前から自民に食い込んでいた韓国からしてみれば両建てしてるに過ぎないけどね。
民主党が外国人参政権に賛成している一方で、自民党は一応は反対のスタンスを取っていたので民主党が売国であることを確定づけた。しかし、自民党議員が多数いる日韓議員連盟が外国人参政権の法整備に努力することを表明したので、自民も同類となった。
今回の世界遺産の件も、ミスとかではあり得ないレベルの出来事でさすがに擁護できない。

安保法案の件はアメリカが日本に軍事的負担を肩代わりさせたい一環ではあるんだろうが、こうなってくると以下の2chのWJF的?なコピペも、ありそうな話だから困るw


【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗★2 [転載禁止]©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1436938139/-100

2 :名無しさん@1周年:2015/07/15(水) 14:29:19.10 ID:L5dDuqLK0

Q、何で自民党は、集団的自衛権を急いでるの?
A、2016年・在韓米軍撤退後のバ韓国を、自衛隊で防衛するためだよ。
Q、どういうこと?
A、「戦後最狂の売国奴」こと安倍ちょんが無類のアメポチ(アメリカの犬)だという事は知ってるかな?
  日本にほぼメリットのないTPPを丸のみしたり、そのために邪魔な農協を潰そうとしたり、
  安倍ちょんのアメポチっぷりは異常なほどだ。
  今回、米軍コスト削減がしたいオバカ大統領が、在韓米軍撤退を企画。日本にその尻拭いを頼んできた。
  在韓米軍撤退の2016年はもうすぐだ。アメポチ安倍ちょんは、だから集団的自衛権を急いでるんだ。

マケイン:自衛隊に韓国軍と一緒に38度線防衛を任せたい
米アリゾナの演説で
http://www.japantimes.co.jp/news/2015/05/02/national/politics-diplomacy/mccain-sdf-expect-see-action-korea-deploy-mideast-south-china-sea/
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。