法務省が「7月9日在日強制送還説」を否定

在留資格を失うことも、強制送還もない。
WJFプロジェクトは、これまで、「7月9日在日強制送還説」「7月9日通名廃止説」を何度か否定してきました。

7月9日に、在日は夜逃げするのか(2015年6月27日)
安倍晋三は在日と戦っていない(2014年5月24日)
あなたはいまだに騙されてはいないか?(2013年8月20日)

今回、法務省が、J-CASTニュースの取材に答え、安倍信者の間に広がっていた「安倍さんが、7月9日に在日を強制送還させる」という説が、完全なデマであることを認めました。

「在日韓国人が7月9日に在留資格失い、強制送還」 デマの拡散で入管に不法滞在通報相次ぐ

在留管理制度の変更に伴い、多くの在日韓国人が期限までに証明書の切り替えができなかったとするデマがネット上で流れ、法務省の入国管理局に「不法滞在だ」とする通報が相次いだことが分かった。

在日外国人については、2012年7月から新しい在留管理制度に変わり、15年7月8日の期限までに、これまでの外国人登録証明書から在留カードへの切り替えが必要になった。

在日だとする著名人らの通報リストも作られる

在日韓国人についても、特別永住者証明書への切り替えが必要となる。

これに対し、2ちゃんねるでは14年7月のスレッドで、在日韓国人は兵役義務を果たしていないとして韓国からパスポートが下りず、その結果、特別永住者証明書も取れなくなって、1年後の期限切れから強制送還されるという根拠のない書き込みがあった。これが後に、まとめサイトなどで取り上げられて話題になり、ツイッターでも15年6月ごろになって、不法滞在を通報すると5万円の報奨金が出すとの入管の告知を元に、在日韓国人を通報するよう呼びかけが行われた。

そして、読売新聞が15年7月6日のサイト記事で、在日外国人5万人強が5月末時点で切り替えをしていないと報じると、2ちゃんやツイッターで在日韓国人のことが騒ぎになった。

ブログなどでは、根拠もなく在日だとする著名人らの通報リストまで作られ、期限切れの9日に、入管にメールや電話で通報したとの報告も相次いだ。入管サイトに、システムエラーの表示が出たのは、通報が相次いでサーバーがダウンしたのではないかとの憶測も出た。

もっとも、10日になっても、在日韓国人が在留資格を失って強制送還されたという報道は出ておらず、ネット上では、「まさか真に受けて電凸しまくったのかネトウヨ」「これって偽計業務妨害では。デマを拡散した人はその幇助」といった指摘が出ている。

法務省「在留資格を失うことも強制送還もない」

法務省の在留管理業務室では、取材に対し、7月9日に通報メールが大量に来ており、電話も来ていたことを明らかにした。「ネット上のうわさについては承知しています」としたが、在日韓国人が在留資格を失ったり強制送還されたりする可能性については、強く否定した。

「特別永住者の方は、外国人登録証明書の有効期限までに切り替えればいいことになっています。一部で7月8日までに切り替えが必要な方もおられますが、期限切れ後であっても、申請は受け付けることにしています。それは、在留カードに切り替えが必要な方も同様です」

特別永住者は、ほとんどが在日韓国・朝鮮人で約36万人(14年末現在)がおり、7月8日までに切り替えが必要な人のうち、6月末時点で2万5000人が切り替えていなかった。切り替えていない場合は、罰則の対象になるものの、それは悪質性などを考えて個々の事案で判断するとしている。

通報が殺到してサーバーがダウンしたかどうかについては、法務省の入国管理局では、「調査中」だとしている。

(出典: J-CASTニュース 2015年7月10日)

にもかかわらず、バカウヨサイトでは、いまだに、「7月9日説」はデマではないと言い張って、安倍信者を煽っています。





昨日紹介した、ブログランキングのアンケート「【世界遺産】今回の日本政府の対応についてどう思う?」は、上のバカウヨサイトが設置したアンケートだったのですが、アンケートから判明するサイト読者の年齢層をみると、頭が痛くなります。



小学生や中学生ではなく、40代、50代、60代のじじいたちが、「7月9日に、安倍さんが在日を強制送還にする」というデマを鵜呑みにして大騒ぎをしているのです。

知性のひとかけらすらももたないクソじじいたちが、「安倍さんは愛国者だー」と言い張って、日本の破壊に手を貸している。

この国は、もう末期的です。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

若い人って意外とノッていないんですね。
「ネットde真実」に対してデジタルネイティブには免疫があるのか?
興味深いです。まあ、学校でIT教育やっているせいかなぁ。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。