国内に23箇所の「アウシュビッツ」を抱えることになった日本

日本人の肩にこれからずっしりとのしかかってくる。
軍艦島だけではなく、今回世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」の全てが、強制労働の施設であったかのようにも読める報道が海外でなされています。

海外でどんな風に報道されているのか、機械的な読みにくい翻訳で申し訳ありませんが、記事の全文を翻訳してみました。



Japan slave labour sites receive world heritage status

Japan’s controversial bid for Unesco recognition of 23 early industrial sites granted after country agrees to concede to South Korea that they were the site of forced labour

A string of Japanese mines, shipyards and steelworks has been granted Unesco world heritage status after the country acknowledged they were once the setting for slave labour.

Japan's efforts to gain recognition for the 23 sites, seen as representative of the country's industrial revolution, had attracted widespread criticism from South Korea and China.

Both countries claimed the bid overlooked the suffering of large numbers of their citizens who were shipped to work at the facilities by Japanese occupiers before and during the Second World War.

Families of British prisoners of war forced to work at some of the sites also spoke out against the bid.

But South Korea dropped its opposition after Japan agreed to make it clear in any Unesco registration that some sites used forced labourers from the Korean peninsula.

That paved the way for Sunday's decision, which was celebrated in Japan yesterday.

A Japanese representative at the Unesco meeting in Bonn, Germany, said that the nation was “prepared to take measures that allow an understanding that there were a large number of Koreans and others who were brought against their will and forced to work under harsh conditions in the 1940s at some of the sites”.

In a further concession to its neighbour’s demands, Japan will also set up an information centre to honour the victims, according to a statement on South Korea’s foreign ministry website.

It added: “For the first time, Japan mentioned the historical fact that Koreans were drafted against their will and forced into labour under harsh conditions in the 1940s."

"Given that this matter was resolved smoothly through dialogue, the government hopes it will help the further development of South Korea and Japan relations.”

No specific reference to British prisoners of war was made.

Shinzo Abe, the prime minister, welcomed the decision to include the sites on the list in a carefully worded written statement which avoided all mention of the South Korean concessions.

“Japan achieved industrialisation in just over 50 years by fusing foreign technology with traditional domestic techniques,” he said. “This is a rarity in global terms, it has universal value and is worthy of treatment as a common heritage of mankind.”

However, Yoshihide Suga, Japan's top government spokesman, appeared to downplay the concession, informing reporters that its stance in relation to the South Korean issue remained the same: “The government's position over those recruited from Korea has not changed.”

The 23 celebrated industrial sites, which span eight prefectures in Japan, include a steelworks, a shipbuilding yard and a coal mine built around the reign of Emperor Meiji (1868-1912).

As well as Nagasaki’s Hashima Island, the list includes the setting for the villain’s lair in the James Bond film Skyfall.

日本の奴隷労働の施設が世界遺産の地位を獲得

議論を引き起こしてきた、日本による23の初期産業施設のユネスコへの申請は、同国が韓国の要求どおり、それらの場所が強制労働の施設であったことを認めることに同意したことで、認可された。

日本の一連の炭鉱、造船所、製鋼所が、それらがかつて、奴隷労働のための施設であったことを日本が認めたことで、ユネスコ世界遺産の地位を与えられた。

23の施設が同国の産業革命の代表であったことを認めてもらおうとする日本の努力は、韓国や中国からの批判を広く集めてきた。

両国は、日本の申請が、第二次世界大戦前とその最中に、日本の占領者によって、それらの施設で働くよう送致された大多数の両国民の犠牲を見過ごしていると主張した。

それらの場所で働くように強制されたイギリス人の捕虜の家族も、日本の申請に異議を申し立てた。

しかし、日本が、世界遺産の登録の中で、いくつかの施設が朝鮮半島からの強制労働者を使用したことを明確にすることに同意したことで、韓国は異議を取り下げた。

それが、昨日、日本で祝福された、日曜日の決定に道を開くことになった。

ドイツのボンでのユネスコの会議で、日本の代表は、同国が、「いくつかの施設で1940年代に、自分の意思に反して送致され、過酷な条件下で働くことを強制された多くの朝鮮人等が存在したことを理解できるような措置を行う用意がある」と述べた。

韓国の外務省のウェプサイトの記述によれば、隣国の要求にさらに譲歩して、日本は、犠牲者を讃えるための情報センターも設置する。

さらに同サイトは次のように付け加える。

「日本は初めて、朝鮮人が、1940年代に、自分の意思に反して、過酷な条件下での労働に動員された歴史的な事実に言及した。」

「この問題が対話によってスムーズに解決されるならば、韓日関係をさらに発展させることに役立つだろうと韓国政府は期待している」

イギリス人捕虜への具体的な言及はなされなかった。

総理大臣の安倍晋三は、韓国への譲歩に言及せず、注意深く言葉を選んで書かれた声明において、一連の施設の世界遺産リストへの登録決定を歓迎した。

「日本は、海外の技術を伝統的な国内の技術と融合させることによって、わずか50年あまりで産業化を成し遂げました。このことは世界的な観点からは大変珍しく、普遍的な価値を有しており、人類の共通の遺産として扱われるに値するものであります。」

しかし、菅義偉官房長官は、韓国との問題に関する日本の立場は変わっていないと記者たちに述べ、譲歩を控えめに扱っているように見えた。

23の祝福された産業施設は、日本の8つの県にまたがり、明治天皇の時代に建てられた、製鋼所、造船所、炭鉱が含まれている。

長崎の端島と同様、そのリストには、「007 スカイフォール」のロケ地が含まれている。

(出典: イギリステレグラフ紙 2015年7月6日)

「アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所」は、ドイツ国内ではなく、ドイツの隣国ポーランドにある世界遺産ですが、日本は、わざわざ自分たちの国内に、23もの強制労働の施設、いわば23もの「アウシュビッツ」を世界遺産として持つことになってしまいました。

しかも、日本政府は、それらが強制労働の施設であったことを公式に認めてしまっているのです。

このことの意味は、これから、日本人の上にずっしりとのしかかってくるはずです。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まさか、右翼と呼ばないでブログ(7/15)
「ラテンアメリカ新聞にデカデカと出た、強制連行と世界遺産」
読んで下さい!

無頓着?

負の世界遺産登録に関する日本人の反応があまりにも薄いですね・・。
あまりにも。
一方、世界に日本の「強制労働」を認めさせた勝利者韓国の反応は、

「執拗な、難癖言いつけ外交戦略」が成果をあげたからかやけに元気ですね。(アハハ・・)


(これまでの経緯)

韓国、日本の世界遺産登録に難癖を付ける。 各国にロビー活動を展開。
韓国「世界のみなさん。日本が過去にそれらの施設で何をしてきたのか
   真実を教えます。徴用工が~!慰安婦が~!強制労働施設が~!
   負の歴史が~!奴隷労働が~!」

日本、強制労働認める。インフォメーションセンターなるものを設置方針

世界遺産登録後

日本「韓国と強制労働のニュアンスが違う。
   あれは軽いニュアンスの発言だったのです。」

韓国「世界のみなさん!日本は強制労働を認めました!
   日本自身がそう発言しているのです。
   アウシュビッツに匹敵する負の歴史を日本が認めたのです。
   嘘だと思うなら日本の発言をみてください。
   真実がそこにあります。」

韓国(・日本の世界遺産を負の世界遺産にすることに成功!
   ・世界のみんなに日本の負の歴史や悪行、
     可哀相な朝鮮人の悲しい歴史を未来永劫残し
     世界にアピールして知らしめることにも成功!!
   ・しかも世界のみんなの前で、日本に強制労働を認めさることにも
大成功!!!
    
    これで世界のみんなと一緒に日本叩きができるぞ)




日本人ならはらわた煮えくり返るこの状況。日本人の反応が無さすぎる。
怒りでも諦めでもなんでも。
フューチャーされて無さすぎる。日本人なら無頓着ではいられないはず。

アンジェリーナジョリーが作った反日映画が公開される時は
メディアが規制していたのでまったくニュースにならなかった
のですが、今回もそうなのでしょうか。


声明の出自を外務省に聞いた「第二の慰安婦談話なのか」

(by steveM)
今回の佐藤地氏の声明の出自を外務省(国際文化協力室 タケダ氏)に問い合わせた。

原稿は
内閣官房 産業遺産登録室 TEL:03-6206-6176(代表) ソネ 室長は来週帰国
外務省 国際文化協力室(ユネスコ関係)03-3580-3311(代表)-->直接部署を指定すること
文化庁 世界文化遺産室 03(5253)4111(代表) マツシマ 室長は週末帰国
の3者が協議し、岸田外相(噂の韓国大使と酒飲んで寝てたは誤り)と安倍首相の了解後に
出したとのこと。誰に責任があるわけではなく、日本政府として表明したものだ。とのこと。

(ソネ氏に依ると内閣官房は声明文と韓国との折衝は外務省が行った。我々は遺跡の文化的価値
の検討と登録の推進、情報センターの設置が主な仕事であるとしている。情報センターは
イコモスの歴史の全容が分かるようにとの勧告に基づいたもので、今回の韓国の要求のみ
により設置するものではないとの説明であった)

海外のメディアは強制労働や奴隷労働と間違って報道しているらしく(外務省の弁)、アジアの
アウシュビッツとして負の遺産として登録されたとの報道もあるらしい(真偽は確認していない)
中にはプロパガンダや韓国側の歪曲に基づいた報道もあるのだろうが、声明文を読む限りにおいて
強制労働と読めるのは私だけじゃなかったわけである。
文末でrequisition徴用を使って強制労働ではないことに言及しているが、私はこの言葉は
辞書で初めて知ったし、ネーティブも知る人がいなかったので、
この文面を読んだ殆どの人が、強制労働(アウシュビッツでのような)を認めたと受け取っている
のだろう。

英文抜粋
there were a large number of Koreans and others who
were brought against their will and forced to work under harsh conditions
in the 1940s at some of the sites あと問題は被害者victimとあること
文末にrequisition徴用であると但し書きがある

外務省は海外の誤解を正していく必要があるとのことだが、この英文では、かえって世界中から
反感を食らうのでは?
一度、認めたことを、後から修正している(修正主義者)。それなら何故そんな声明を出したのか。
単にrequisition徴用と言っておけば何の問題もなかったのでは。・・・そんな反感が想像できる。
これは世界標準からすれば、真っ当な考えだと思う。
外務省と日本政府は何度同じ間違えを犯すのであろう。表面的には平和外交と言いながら
争いの原因をわざわざ作り出しているのだ。

声明文の事実確認について聞いてみたが、個人では聞けることはほどんどなかった。
朝鮮半島の徴用開始は1944/9月からなので1940年代と範囲を大きく広げたのなぜかの質問には
日本本土の日本人は1944年以前から徴用制度がある。Koreans and othersは朝鮮人とその他の
ことでその他は日本人のことなので、1940年代は誤りでないとの説明(前出のタケダ氏)だった。
あまりにも出鱈目で、この説明には絶句した。
brought against their willは文脈に依っては拉致され連れてこられたと訳されるが、タケダ氏に
依ればそのようなケースもあったと回答したが、具体的なケースは外交交渉でありノーコメント、
under harsh conditionsの過酷な環境や朝鮮人徴用の人数に関してもノーコメントであった。
尚、当時の日本人の徴用者は未調査であったとしている。
しかしながら、声明文中のa large number of (多くの)とあるが、これは期間を考慮すると実際は
多くの日本人であろうが声明文では多くの朝鮮人となっていることは、外務省に問い合わせしな
くても事実に反する。

声では明文が事実を確認して作成されているかは極めて疑問であり、独自に確認できる事実
(半島の徴用は1944/9から)のみから照らしても、1940年代と期間を著しく広くしていることや、
その理由は外交文章としては極めて不適切である。
声明文が事実に基づいているか否かは、声明文の本質に関わることであり極めて重要であるが、
外交交渉でありノーコメントとの返答であるので、異なる立場から聴取する必要がある。

今回の作文は河野談話に強制の主語はないので、日本軍が強制したと解されないと、外務官僚
(田中均氏)の弁解と通じるところがある。(文脈から日本軍と読めるのだが、厳密な解釈からは
主体は不明との見解)

外務省の体質は変わっていない。この思考回路により第二の慰安婦談話と言われる由縁になる
かもしれない。
事実でないことを政治的な判断で認めてしまっては、安倍政権も河野談話と同じことをしたこととなる。

河野談話は政治的な妥協だとの調査をした安倍政権が第二の慰安婦問題の火種を作ったとした
ら後世の笑いものだ。
もし、岸田外相がこの声明文を安倍首相に見せないで了承したとすると、岸田外相は安倍首相の
追い落としを策略し、安倍首相に河野洋平と同じ一生に渡っての汚名を着せる意図があったと
想像もできる。

また、遺産には犠牲者としての朝鮮人労働者を含む情報センターの設置をコミットしているので、
展示内容について日韓双方からの議論が予想される。今回の安倍政権の対応は反目の種を蒔いたことにもなる。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。