オリンピックに間に合わない新国立競技場に2520億円

安倍政権が未来に残す、もう一つの「負の遺産」。
新国立競技場が物議を醸しています。

2012年11月のコンペで最優秀賞に選ばれたのは、バクダッド出身のイギリス国籍の女性建築家、ザハ・ハディド氏のデザイン。コンペの審査委員長は安藤忠雄。



「バグダッド生まれのイギリス人の女性建築家」

イギリスへの移民であり、いわゆる「高度人材外国人」です。

国境のない世界を志向し、外国人の受け入れ拡大を推し進めるグローバリストの安倍晋三が、いかにも好みそうな人物です。

「ザハ・ハディド氏の無国籍でモダンなデザインは、グローバル経済の中心地として名乗りを上げる、21世紀の多民族・多国籍都市東京にふさわしい」

とでも言いたげです。

プリツカー賞、ヴェネツィア・ビエンナーレ金獅子賞を受賞し、フランスのルーヴル・ランス(ルーブル美術館新館)の建築も手がけた、著名な日本人の二人組の建築家ユニット、SANAAの作品は、三位に終わりました。


(画像出典: 新国立競技場デザインコンクール受賞作品)

下の二人組がSANAA。妹島和世と西沢立衛の両氏です。



2013年1月に、NHKで「SANAA 建築の冒険」という番組が放送されたとき、私はこの番組をたまたま視聴していたのですが、SANAAの落選にとてもがっかりさせられたのを覚えています。

(下のリンクで番組がみられます)

http://www.pideo.net/video/youku/4a787f306cbbc479/

その後、ザハ・ハディド氏のデザインは、明治神宮外苑の景観や歴史的文脈にふさわしくないという批判を浴びてきました。

批判の声を上げたのは、1993年のプリツカー賞受賞者であり、幕張メッセの設計者として知られる槇文彦氏を初めとする日本の著名な建築家たち。



参考記事:
ザハ・ハディッドによるオリンピック競技場のデザインに槇文彦が抗議

加えて、当初の設計通りに作ると、建築費用が3000億円を超えてしまい、しかも、デザインに含まれている開閉式屋根は、2020年の東京オリンピックには完成が間に合わないことが判明。

2020年の東京オリンピックは、メイン会場となる新国立競技場の屋根の建設が間に合わないことが判明した。

下村博文・文部科学相が5月18日、東京都の舛添要一知事と都庁内で会談した際、建設コストの抑制や工期短縮を目的に、新国立競技場の整備計画を見直すことを明らかにした。その際に「屋根なしなら間に合う」と伝えたという。朝日新聞デジタルなどが報じた。

新競技場は19年ラグビー・ワールドカップの会場としても使われる。下村文科相は「19年春には、競技場そのものは間に合わせるが、全てをやっていると間に合わない。屋根なしなら間に合う」と説明。

■ザハ・ハディドさんの当初案から迷走

新国立競技場は当初、2012年にコンペで選ばれたイギリスの建築家、ザハ・ハディドさんがデザインした。この当初案では天候にかかわらず使用できる開閉式屋根と、約8万人を収容できるスタンドを備える施設となっていた。

国立競技場の建て替えは、当初の予算は1300億円の予定だったが、ザハ・ハディドさんの設計通りに作ると3000億円まで工費が膨らむことが判明。

日本スポーツ振興センター(JSC)はハディドさんの原案のまま建設することを諦め、原案のテイストを残しつつ、大幅に規模を縮小し、総工費1692億円の修正案で建設することを決めた。

しかし、資材の値上がりで総工費が上回る可能性が出来たことで、整備費の減額や工期短縮を図るために、さらに建設プランを変更することになった。下村文科相は5月18日の舛添知事との会談で、新国立競技場の屋根の建設はオリンピック終了後となる見通しを示した。また、当初計画していた8万人収容の一部を仮設スタンドとし、オリンピック後に5万人規模へ縮小されるという。

下村文科相は舛添知事に、周辺整備にかかる費用500億円の負担を要請。これに対し、舛添知事は整備費用が膨らむことが予想されることなどに触れ、「協力は惜しまないが、もっと都民や国民に情報開示をしてほしい」と話し、詳細を聞いた上で検討する考えを示した。

以前の国立競技場は5月までに、本体の解体作業がほぼ完了した。10月から新競技場の建設が着工される予定だ。

(出典: The Huffington Post 2015年5月18日)

当初の計画を、下のようにかなり貧弱なものに縮小し、開閉式屋根はオリンピック終了後に取り付けることになりましたが、屋根をのぞいた費用だけでも、2520億円かかるのだそうです。



新国立競技場、「特殊だから」という理由だけで765億円 スタジアムだけでも通常の3倍

新国立競技場は「特殊だから」という理由で765億円も高くなっていた――東京オリンピックのメーン会場となる新国立競技場について話し合う有識者会議が開かれ、2520億円の総工費が認められた。2014年5月に計算されていた1625億円という予算より約900億円も高い額だ。

この日の会議で、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は、資材や人件費の上昇で350億円、そして消費増税分で40億円増えたと説明。さらに、アーチ2本で建物を支える「キールアーチ」というデザインの特殊性によって、765億円がかさんだことも明らかになった。

過去のオリンピック主会場の総工費と比較すると、北京大会(2008年)が約500億円、ロンドン大会(2012年)が約800億円で、新国立競技場が突出。特殊性だけで750億円も高くなることについて、批判が出ている。

「キールアーチ」を採用したのは、建築家の安藤忠雄氏を委員長とする審査委員会だったが、この日、安藤氏は有識者会議を欠席。JSCの河野一郎理事長は特殊性によって費用が増えたことについて「予測できなかったこと」と弁明した。遠藤利明オリンピック・パラリンピック担当相は、「建物の特殊性という意味で『費用が高い』と言われれば確かに高いと思うが、ある程度はやむをえない。後ろ向きではなく逆にPRして世界に発信していくという思いで造ったほうがよい」と述べた。

一方で、キールアーチ部分を除いても、費用が高過ぎるという批判もある。

新国立競技場はもともと、約1300億円の整備費で建設されることになっていたが、コンペで選ばれたザハ・ハティド氏の案では3000億円以上かかることが明らかになり、2014年にJSCが大幅に規模を縮小し、1625億円規模の修正案を公開。しかし資材高騰などが影響し2520億円かかることが判明したが、結局、このまま建設されることが決まった。

なお、今回発表された費用計画では、大会後に整備が予定されている開閉式の屋根や、仮設席約1万5000席の設置費用は見積ができないなどとして2520億円に含まれておらず、最終的には3000億円近い費用がかかる可能性が高いとみられている。

(出典: The Huffington Post 2015年7月8日)

さらに、オリンピック終了後は、スタジアム維持のために年間20億円の赤字がでる見通し。(出典)

明治神宮外苑の景観にそぐわない、オリンピック時には未完で屋根のつかない、とってつけたような「近代的」で醜悪なデザインの、赤字を垂れ流す建造物に2520億円。

計画を変更せよとの声も聞かず、安倍政権はこのまま計画を押し切るのだそうです。

菅義偉官房長官は8日の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた新国立競技場(東京都新宿区)の総工費が当初設計を大幅に上回る2520億円となったことに関し、主な増額要因となっている現行のデザインについて「変更は我が国の国際的信用を失墜しかねない」と述べ、維持すべきだとの考えを示した。

(出典: 毎日新聞 2015年7月8日)

日本人らしい感性と思想に裏打ちされた、自然との融和を目指したSANAAのデザインの方が、ずっと明治神宮外苑の景観にふさわしかったのではないでしょうか。





日本人のための記念碑的な建造物に、日本人によるデザインが採用されず、脇に押しやられる。

これも、安倍政権が志向する「グローバルな世界」の特徴の一つです。

安倍政権を支持することによって、自国で暮らしながら、日本人が脇に追いやられ、機会が外国人に奪われるような社会を、日本人自身が志向してしまっているのだから仕方がありません。

今回の世界遺産のみならず、新国立競技場も、安倍政権が将来の日本人に残す、大きな「負の遺産」の一つになりそうです。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

金の浪費

日本は地震国、火山国。

東京の心臓部に巨額を投入しての新国立競技場。

其れだったら火山、地震、津波の為の避難所を建設すれば?


東京都内でない近隣県で日本人建築家による日本人の知恵を世界に
誇示したら?

日本は無駄使いできないはず。

ハディド、やっぱあかんわ。

新国立競技場の設計者、ザハ・ハディド氏が韓国に造った建物もすごい
http://www.huffingtonpost.jp/2014/04/01/zaha-hadid_n_5067006.html

この人、異形しか愛せない「中二病」。何もないキャンバスのような沙漠以外にモノを建ててはいけない人だわ。
似たような「ゲバラ気取りのヒーロー」、威嚇しまくりの外見や言動で自由闊達系の進学校出身者によくいたなあ。例外なくサヨク。

新国立競技場「歴史的空間を破壊する」「ありえない」取り壊し目前、建築家らが怒り

http://www.huffingtonpost.jp/2014/04/23/new-national-stadium_n_5203005.html
新国立競技場「歴史的空間を破壊する」「ありえない」取り壊し目前、建築家らが怒り

実用よりも芸術()安藤忠雄 ※まるで両班

亀趺をやめた死に亀

磯崎氏の主張
 ところが、今回の磯崎氏の主張は元のデザインに戻せというもので、修正案について「当初のダイナミズムがうせ、列島の水没を待つ亀のような鈍重な姿に失望した」と語っている。

http://newsphere.jp/national/20141107-4/

日本の亀趺
http://edo.ioc.u-tokyo.ac.jp/edomin/edomin.cgi/kihu/_trwKFp3.html

亀は北方の守護「玄武」で、霊獣ではありますが、首を伸ばしもたげ四肢でどっしり大地を踏みしめる姿を含めて尊ばれるものなので、「亀がそれらを引っ込める」というのは、間抜けというか、負けのイメージがあります。

ハディド氏はそこまで考えたわけではないでしょうが、磯崎氏の発言には、コンペの採用や以降の金の流れに[半島が絡んでいる]という暗喩もあるような気すらします。

ばかでかい柱が地震で歪んだらどうするの?それこそ富士山噴火があったら降灰が取れなさそう。凸凹ばかりで雨が掃けずにさびるよ?配水管とかでごまかしても多すぎてメンテできないよう。
(中東に行くと、ハディド氏の持ち味が、乾いた土地に花押のように流れる水・瀧のようでよく映えます。)

SANAA案が、一番夢も個性も、景観も実用も、高く満たしているような気がします。
屋根の質感が絹か和紙のよう、或いは上質の白木のよう。数寄を感じます。
https://www.jpnsport.go.jp/newstadium/Portals/0/NNSJ/third.html

今からでも、SANAA案に変えられないものでしょうか?

No title

SANAAの案はよーく景観にマッチしてますね。日本建築ではないのに日本的にみえるのはなんででしょうか。自然の一部として溶け込んでいるからでしょうか。
ザハの20世紀のSFチックな幼稚なデザインと比べると、好ましく感じるのは私だけでしょうか。

追伸

インチキな仕立て屋のM橋こと、本名センタービレッジが、昨日の朝のレギュラーゲストの
おはよう寺ちゃんというラジオ番組内で、新国立競技場について下記の発言をしていました。
ソースについては、検索すれば音源がありますので、削除対策の為にこちらにはURLを記載しない事を
お許し頂きたいです。

放送内容より引用
一番最初に「東京都は一兆円以上余剰金があるから、使えばいい」と言い
次に「何が重要ですか?」と問い、「一番重要なのは、東京五輪の時に国立競技場が間に合わない事ですよ」と発言しました
そして「発展途上国じゃないんだから、そういう(間に合わない)事は絶対やっちゃいけない」と発言しました。
(中略)
維持費が掛かると話を振られると、「維持費が掛かるなら、壊せばいい、五輪が終わったら」と発言しました。

簡略化すると
建設費の高騰などは微々たる問題で、お金にこだわるのは、浅ましいという論調であり
間に合わないのが大問題だという、政府と同じ事を強調していました。


長文にて、失礼しました。

こちらの件について言及頂けるとは思っておりませんでした。

WJF様、更新ご苦労様です。

【オリンピック】で検索をしたところ、一年半前の
【オリンピック開催と引き換えに日本が失うもの】と【オリンピックを逆手にとる】がヒットしたので
読み返しています。
あの時より、凄まじいスピードで国が溶融しているのに、国が溶けていると
世間では言われていません。

東北の復興はどこ吹く風で、物資と人材のリソースは限られている中で
東京一極集中を進め、全国のインフラの改修工事など優先事項もどこかすっ飛ばし
国土強靭化と謳い上げた教授を神輿として担ぎ上げ、国土は狂人化

株価対策と失政で、原材料高騰、労務費の増加、消費増税という、自滅するように費用をかさませるというオウンゴール


そしていつもの通り「変更は我が国の国際的信用を失墜しかねない」という
国内を軽視し、これで国威発揚になると思い上がり、対外的なメンツを優先し、当然の如く責任もとらないというお決まりの展開
これで本当に、対外的にメンツが保たれていると思ってる方がどうかしている。

招致のアンダーコントロール発言の二枚舌は今でも健在し、報道の自由度も下がり
外国人特派員協会が首相を何度も招待しても、それに応じずに、「テレビが呼んでくれない」と言い
「ニコニコ生放送」と、雑誌「WiLL」に自らが説明するとパフォーマンス

No title

朝鮮にまんまとやられましたね。いや、日本が馬鹿やったのかな?
日本はもう発言撤回できないし。
朝「確かに日本は強制労働について認めました。世界のみなさん、日本の発言が真実を物語っています。嘘じゃないですよ?だって日本がはっきりとそう明言しているのですから。」



アウシュビッツを連想させる負の世界遺産登録に日本中ではそんなに、たいして騒ぎにもなっていないようだった
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。