佐藤地ユネスコ大使の発言と安倍信者の反応

安倍晋三を神格化するためには手段を問わない人々。
佐藤地ユネスコ大使の世界遺産委員会での発言の全文を掲載します。
Madame Chairperson,

Thank you for the opportunity to deliver this statement on behalf of the Government of Japan.

It is quite an honor for the Government of Japan that the “Outstanding Universal Value” of this property has been duly evaluated and that, with the support of all Members of the Committee, it has been inscribed on the World Heritage List by a consensus decision.

The Government of Japan respects the ICOMOS recommendation that was made from technical and expert perspectives. Especially, in developing the “interpretive strategy,” Japan will sincerely respond to the recommendation that the strategy allows “an understanding of the full history of each site.”

More specifically, Japan is prepared to take measures that allow an understanding that there were a large number of Koreans and others who were brought against their will and forced to work under harsh conditions in the 1940s at some of the sites, and that, during World War II, the Government of Japan also implemented its policy of requisition.

Japan is prepared to incorporate appropriate measures into the interpretive strategy to remember the victims such as the establishment of information center.

The Government of Japan expresses its deep appreciation to Chairperson Böhmer, all Members of the World Heritage Committee and everyone involved in the process for their understanding of the “Outstanding Universal Value” of the property, and for their kind cooperation towards its inscription.

議長、日本政府を代表して、この声明を発表する機会を与えてくださったことを感謝申し上げます。

この資産の「顕著な普遍的価値」が正しく評価され、委員会の全会一致により、コンセンサスに基づく決定がなされ、この資産が世界遺産リストに登録されたことは、日本政府にとって大きな名誉であります。

日本政府は、技術的・専門的見地からなされた国際記念物遺跡会議(ICOMOS)の勧告を尊重します。

とりわけ、「解釈戦略」の展開においては、日本は、「個々の施設の歴史の全貌の理解」が可能になるようにせよとの勧告に真摯に応えてまいります。

具体的には、日本は、いくつかの施設において、1940年代に、自分の意思に反して送致され、過酷な条件下で働くことを強制された多くの朝鮮人等が存在したこと、また、第二次世界大戦中に、日本政府が、徴用政策を実行したこと、これらの事実の理解を可能にする措置を取る準備ができています。

日本は、インフォメーションセンターの設立のような適切な措置を、犠牲者たちを記念するための「解釈戦略」の中に盛り込む準備ができています。

日本政府は、ベーマー議長と世界遺産委員会の全委員国、資産の「顕著な普遍的価値」を理解し、登録のために親切な協力を行うプロセスに関わったすべての方たちに心より感謝申しげます。

(上の動画の29:40〜)

青山繁晴が、例によって例のごとく、具体的なソースを明示しないまま、「安倍さんは悪くない。安倍さんの周りが悪い」と、安倍晋三ひとりを聖域化するいつものやり口で、安倍晋三の擁護を図っています。

異例

▼この地味ブログとしては、異例の書き込みをあえてします。

早い朝に、現政権の中枢のなかの中枢とお会いし、議論しました。ぼくとしては世界遺産をめぐる日本のおかしな妥協について直に、徹底批判し、歴史の真実を回復するための新しい努力を強く求めました。

▼それに対する答えのなかに、重大な情報が幾つかありました。

(1)日本のユネスコ大使らが現地で行ったスピーチは、外務省が作成し、総理はその中身を把握せず岸田外相を信任していた。

官邸から外務省への指示は「登録されないという最悪の結果は避けよ」というだけであり、「force to work」という言葉を使ったのは、外務省と現地組の事実上の独断だった。

政権はこれを「大きな過誤」と判断しており、真実の回復に努めよという(この早朝の)話を国民の声とも受け止め、対応を考えたい。厳しく考える。

(2)外務省と現地組には、実は、公表されていない重大なミスがもうひとつあった。

それは現地の土壇場で、「登録は1910年までの話だから韓国の反論と時代が違う」という主張を、韓国側の新しいある主張によって覆されそうになったことだ。これで外務省と現地組が慌ててしまい、独走が起きてしまった。

(出典: On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~ 2015年7月7日)

そして、こちらも例によって例のごとく、安倍信者たちが、青山繁晴による、このなんら裏付けのない発言を鵜呑みにしています。



青山繁晴は、外務省と現地組が慌ててしまい独走した結果、佐藤地ユネスコ大使が「多くの朝鮮人が労働を強制された」と口を滑らせたように述べていますが、この話がでたらめなことは簡単に見破ることができます。

佐藤地ユネスコ大使は、「各施設の歴史の全貌を知ることができるようにせよ」という「国際記念物遺跡会議(ICOMOS)の勧告に従う」という文脈の中で、「インフォメーションセンターの設置」という具体的措置に言及しつつ、朝鮮人の強制労働を認めているのですが、「国際記念物遺跡会議(ICOMOS)の勧告」なるものがいつなされたかといえば、今から遡ること、約一ヶ月半前の2015年5月23日のことです。

2015年5月23日、韓国・朝鮮日報によると、日本政府がユネスコの世界遺産登録を推進していることに関連し、ユネスコ傘下の国際記念物遺跡会議(ICOMOS)が、「歴史の全貌を知ることができるような解釈を準備するように」と日本政府に勧告したことがわかった。

日本政府は1850年代から1910年までに九州に建設された炭鉱、港湾、製鉄所など、23カ所の世界遺産登録の準備を進めている。これについてICOMOSは、先日、フランスのパリで開催された会議で上述の勧告を作成し、日本政府に伝達した。

韓国外交部の崔鍾文(チェ・ジョンムン)ユネスコ協力代表は、「日本は産業革命の成果だけでなく、その背後で行われた強制徴用も率直に認めて通知しなければならない、という韓国側の主張が受け入れられた」と述べた。ICOMOSは日本政府に、2017年11月までにこの勧告の結果を提出するよう要請している。

(出典: livedoornews 2015年5月24日)

国際記念物遺跡会議(ICOMOS)の勧告に対する一ヶ月半の検討期間があり、しかも、「インフォメーションセンターの設置」などという具体策にまで言及していながら、官邸への照会なしに、現地の判断だけであのような発言を行うわけがないではないですか。

しかも、今回は、文化庁や外務省ではなく、「首相案件」として、安倍晋三直属の「官邸シフト」に切り替えて、官邸自体が主導になって、官邸の「ゴリ押し」によって、「首相サイドが必死に登録を目指し」ていたとの報道がなされています。

官邸主導異例のアピール 産業施設世界遺産へ

ものづくり大国ニッポンの原点を伝える「明治日本の産業革命遺産」は4日、国際記念物遺跡会議(イコモス)が登録を勧告したことで、世界文化遺産登録に向けて大幅に前進した。政府は従来の文化庁主導から安倍晋三首相直属の「官邸シフト」に切り替え、関係国に異例のアピール活動を展開してきた。登録の可否を審査する7月の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会のメンバーに、反対を公言している韓国が加わっているためで、異論が出ても押し切れるよう外堀を埋める戦略だ。

◆首相の親書

今回の登録勧告でひとまず大きなハードルを越えた格好だが、本当の勝負は7月3~6日にドイツ・ボンで開かれる世界遺産委の会合だ。日本を含む21の委員国が審査に当たるが、関係国に対する働き掛けは異例なほど熱が入っている。

これまでは文化庁を窓口とし、イコモスの勧告から世界遺産委までの約6週間で関係国に登録を働き掛けた。しかし今回は「首相案件」(政府関係者)として、内閣官房が一貫して主導。政府として推薦を正式に決めた昨年1月から早くも本格的に動き始めた。

4月、ユネスコ政府代表部の元大使を内閣官房参与に任命し、態勢を強化。5月には岸田文雄外相がユネスコ事務局長と会談し、登録に期待を示した。委員国にもレセプションを開いて売り込むなど「文化庁が想像もしなかったような活動」(ユネスコ関係者)を繰り広げた。

この大型連休中も、委員国を訪問する閣僚は安倍首相の親書を携え、協力を要請。政府関係者は「官邸が外務省の尻をたたいている」と驚く。

◆官房長官裁定

「幕末には洋式艦船の建造技術を持たなかった日本が、半世紀余りで世界最高クラスの大型船を造るまでになった」。構成資産の一つ、三菱長崎造船所(長崎市)の果たした役割を地元自治体の担当者はこう説明する。

首相サイドが必死に登録を目指す背景には、国内選考段階で異例の「逆転劇」を演じたことがある。当初、最有力候補として衆目が一致していた「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(長崎県、熊本県)を菅義偉官房長官の裁定で後回しにし、産業革命遺産が割り込む形になった。さらに推薦を初めて閣議の案件として格上げし、政府を挙げて登録を目指す姿勢をアピールした。ここまでして登録に失敗すれば、官邸の「ごり押し」批判が再燃しかねない。

産業革命遺産の23施設がある自治体に、安倍首相や盟友である麻生太郎財務相の地元が含まれていることも、政治色を強める一因となっている。

(出典: 佐賀新聞 2015年5月5日)

青山繁晴、水島総、三橋貴明などの「インチキな仕立て屋」たちは、安倍晋三を神格化するためには、手段を問わない人たちなので、よくよく注意が必要です。
あと、青山さん、「force to work」ではなく「forced to work」です。英語、おできにならないんですか?
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

谷山氏のまねさん

谷山氏と私のケースでは大きな違いがあります。

慰安婦問題の場合、海外の人たちに慰安婦問題を正しく理解する「義務」はありません。

韓国のプロパガンダを信じてしまっている人たちが存在するとしても、その人たちを責めたり、挑発したり、その人たちに怒りを向ける資格は私たちにはありません。

安倍政権の場合、日本国民には、先祖から受け継いできた国を、子や孫によりより形で引き継ぐ「義務」があります。そのような義務をきちんと果たさずに、こちらの警告を聞かないどころか、安倍を批判する私たちに「反日」だの「偽装保守」だのというレッテルを貼って、今日に至るまで、安倍ような売国奴を支持し続けた愚かな同胞に対しては、下のような記事で十分だと思います。

いまだに安倍を支持している馬鹿たちに告ぐ
http://wjf-project.info/blog-entry-797.html

「安倍信者」という名のぶざまな生き方
http://wjf-project.info/blog-entry-46.html

あなたが作り出す地獄の中で、あなたの子がのたうつ
http://wjf-project.info/blog-entry-141.html

おい、バカ保守ども
http://wjf-project.info/blog-entry-755.html

終戦後、映画監督の伊丹万作は次のように語ったそうです。

「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。

「だまされるということ自体がすでに一つの悪である」

騙すことと騙されること
http://wjf-project.info/blog-entry-851.html

No title

「信者」という言葉はやめた方がいい、という忠告者にえらい攻撃的なレスをかえしてらっしゃいますけど、なんか見ていると谷山雄一朗と同じことやってますね。
言っていることは正論でも、聞いた人に不快感と軽蔑しか残さない物言いで逆効果。
あー、反安倍ってこういう人達なんだ・・・って思わせる昔の街宣右翼の応用ですね。
そういう意図だとしたら見事としかいいようがないです。

ななっしーさん

>政府の見解として認めるしかないでしょう。登録されることが安倍晋三の一番の願いですから、そこをひっくり返す訳にはいかないのでしょう。

つまり、「日本の名誉」は犠牲にしてでも、「世界遺産登録」を優先にするのが、安倍政権の立場であるということですね。

>これの情報源をお願いします。WJFさんの記事をもう一度見直しましたが、情報源が確認できませんでした。

下の記事の中で、明確に産経新聞のソースを掲げています。

やはり安倍自身が了承していた
http://wjf-project.info/blog-entry-870.html


新聞の記事の中に、「A省のだれそれ」という実名が書かれていないと信用ができないというなら、すべての新聞記事は信用できないことになります。情報源の元となった役人の個人名が明記されている新聞記事を私は見たことがありません。産経新聞が誤報をしたならば、政府は訂正を求めるはずです。産経新聞と青山繁晴の個人ブログでは、社会的認知度も社会的責任の度合いも異なるからです。政府は記事の訂正は求めていないようです。

この話題はこれまでにしましょう。

まつぼっくりとWJF

まつぼっくりさん

独特の読解をしなくても、又聞きである以上「確実な事実」とは断定できません。特に聞き出した相手の名前も出さずに「という」など誰でも言えます。分かりませんか?「ある政府関係者は言う」や「政府筋によると」などの表現は安倍晋三が「forced to work」を了承したという事実として認定する補強にはあまりならないのですよ。この様な表現は別に今回に限ったことではなくて、頻繁にメディアに使用される表現です。「安倍晋三は猫を飼っているらしい」―これで「安倍晋三は猫を飼っている」と確実な事実として認定できますか?「という」を「らしい」と口語的表現に変えましたが、これなら分かるでしょう?独特の感性や思考関係なく、論理的に考えれば分かる話です。従ってWJFさんの「常識的に考えれば、国際会議の場で発表する政府代表の声明を、官邸の承認なしに事務方が独断で決めるなんてことはありえない」への補強にもあまりなりません(常識的に考えてそうなのだから、どちらにしろ補強は必要ないという議論ではありません)。

WJFさん

>国会答弁でも、安倍はあの声明を政府のものとして認め、"forced to work"と"forced labour"は違うと、産経新聞の記事で報じられた通りの政府の見解を述べています。

政府の見解として認めるしかないでしょう。登録されることが安倍晋三の一番の願いですから、そこをひっくり返す訳にはいかないのでしょう。

>産経新聞の記事は日本政府が"forced to work"までは認めるが"forced labour"は認めないと韓国側と交渉したと書いています

これの情報源をお願いします。WJFさんの記事をもう一度見直しましたが、情報源が確認できませんでした。「事務レベル」や「岸田外相が非公式会談で」というのは確認できております。安倍晋三は日本の体面を気にしないが故に細かい文言は確認せず、とにかく登録まで持って行けと指示したという可能性はもしかしたらあるかもしれないと思っています。「普通やるだろ」と思うことを政治家はやらかったりするほど阿呆です。どちらにしろ彼には責任があるので、大きな論点ではありませんが。

ななっしーさんへ(これで最後です)

ななっしーさんの最後のお返事を読んで私が考えたことを箇条書きに致します。

■ななっしーさん独特の文章読解と文章の大体の原因
■ななっしーさんへの特別な配慮を施した文章でなければ、ななっしーさんには理解、納得出来ない
■ななっしーさんが私のコメントを読んで、
・ななっしーさんの気分を害するようなこと
・ななっしーさんが理解・納得し切れないもの
を感じたとしても、それらは結局、ななっしーさん自身の独特の感覚や思考に由来するものであり、ななっしーさん自身が処理すべきことでしかない

以上を踏まえ、
また、ななっしーさんと、こんなくだらないことでもめても無益であると判断し、
私はななっしーさんとお話するのをやめに致します。
お騒がせして恐縮ですが、これにて失礼致します。
(二夜連続でかなりの時間を割いて書いたので、今度こそキチンと伝わることを願いつつ。)

日本人である半島朝鮮民族

結局、韓国人の強制労働があったにせよ、なかったにせよ、日本国の日本人である半島朝鮮民族の徴用である。国際法上、何の問題もない。 以上

ななっしーさん

常識的に考えれば、国際会議の場で発表する政府代表の声明を、官邸の承認なしに事務方が独断で決めるなんてことはありえないとわかるでしょう?

国会答弁でも、安倍はあの声明を政府のものとして認め、"forced to work"と"forced labour"は違うと、産経新聞の記事で報じられた通りの政府の見解を述べています。

(産経新聞の記事は日本政府が"forced to work"までは認めるが"forced labour"は認めないと韓国側と交渉したと書いています)

消費税増税のときも、倉山満が、「消費税増税は安倍さんの意思ではなく財務省の木下某が勝手に決めた」とかデタラメなことを語って安倍に批判が向かないように仕向けていました。

TPPのときもそう。水島は「TPP交渉参加は安倍さんの意思ではなくアメリカにおどされてやった」と、安倍に批判がむかないようにデタラメを述べていました。

このような安倍周辺の言論人たちの安倍擁護のための特殊な言論パターンを知っていれば、青山の話に信憑性がないことは簡単に見抜けます。

歴代の政権をふりかえっても、都合の悪い政策はすべて「事務方が勝手にやった」と言論人が主張し、総理大臣を擁護するような政権は、安倍政権だけです。

そのような安倍政権のおかしな「カラクリ」に気づいてもよいころです。

まつぼっくり

>単刀直入にお聞きしますと、ななっしーさんは結局、私に何を求めておられるのでしょうか?

と聞きながら、

>最後に
>青山繁晴さんが言う政府関係者とその記者が言う政府筋とどう違うのですか?
についてですが

と御自身で回答していますよ。求めるも何もただの質問です。それ以上でもそれ以下でもありません。

>それから、以下の記事や他の情報を読んでおられないのでしょうか?

読んでいますよ。

―日韓両国は6月21日の外相会談で、「明治日本の産業革命遺産」の登録に向けて協力することで一致した。委員会開幕日の28日までの事務レベル協議で「brought against their will and forced to work」(外務省仮訳=その意思に反して連れて来られ、働かされた)との表現で折り合っていた。

事務レベルだと安倍晋三が容認した証拠にはならないですね。WJFさんは「やはり安倍自身が了承していた 」と言っていますが、正しくは「安倍自身が了承していたという」です。

―安倍は、国民が待ち望む世界文化遺産への登録、国交正常化50周年を迎えた日韓関係改善、日米同盟強化のための日米韓の連携など「大局的な政治判断で外務省がまとめてきた『forced to work(働かされた)』という案を了承した」(政府高官)という。

「した」と言えば、事実として述べることになり、「という」と言えば又聞きとなり、「可能性」として述べることになります。

貴方が引用した記事も、メディア、例えば報道ステーション、が頻繁に使用する「政府関係者」、「政府筋」という表現を用いており、事実として確定できる情報源とまでは言えません。青山繁晴さんの発言も同様です。

―一方、日本の政府関係者は「登録こそ勝ち取ったが、外交的には韓国にやられた」とまくしたてた。別の政府筋は「安倍晋三首相に一言一句相談していたと聞いている。『強制労働』よりは軟らかな表現になっている」と解説した。

他の記事も含めて察するに官邸が主導で世界文化遺産登録を行っており、5月23日の時点でイコモスから歴史の全容が分かるようにと勧告を受け、委員会開幕日の6月28日までに事務レベルとはいえ、「forced to work」で折り合いを付けていたことを考えると、安倍晋三がその表現を確認し、容認していた可能性は十分にあり、高いと考えますが、正直決定的とは言えません。従って貴方が引用した記事は「反証」になるかどうかは正直微妙だと思います。だから質問致しました。

>「青山氏に関する豆知識」と説明しておりますが。

豆知識を与えてどうしたいのかが分かりません。今回のユネスコの件とは関係ないと前置きしていらしたので、関係ないのは理解しています。ではその豆知識は何のためなのでしょうか?

>FBは前に見たことがありますが、感情的なクレームが多く(中略)未だに訂正していないだけで、青山氏に非はなかったということでしょうか。

以下が彼等のフェイスブックでの公表です。
https://ja-jp.facebook.com/JapaneseinAmericaAssoc/posts/575889105864733

どこに「感情的なクレーム」があるのですか?本当は見たことないでしょう?未だに訂正していないと言いますが、貴方が貼ったリンク先のサイトに後に青山さんが、彼等の声明を見たのか、「2週間前の放送で、サンノゼで講演したってことを申したんですが、それは大人向けに講演した場所であって、その、サンノゼで子供のいじめが行われてるって意味では全くありません」と書かれていますが、これは「訂正」ではないのですか?

ななっしーさんへ2

単刀直入にお聞きしますと、ななっしーさんは結局、私に何を求めておられるのでしょうか?

それから、以下の記事や他の情報を読んでおられないのでしょうか?

・WJFプロジェクト 「負の世界遺産」登録に関する事実の整理
・WJFプロジェクト やはり安倍自身が了承していた

土壇場韓国案、事前合意とずれ…遺産登録舞台裏 : 政治 : 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150706-OYT1T50110.html
>日韓両国は6月21日の外相会談で、「明治日本の産業革命遺産」の登録に向けて協力することで一致した。委員会開幕日の28日までの事務レベル協議で「brought against their will and forced to work」(外務省仮訳=その意思に反して連れて来られ、働かされた)との表現で折り合っていた。「強制性」にこだわる韓国に配慮した内容だった。

尚、青山氏はブログ以外でも同じような話をしていますが、今回の彼の話は基本的な事実確認からしてなっていないと思います。

ぼやきくっくり | 河野談話の二の舞?自ら歴史歪曲してしまった産業革命遺産の舞台裏! 青山繁晴「インサイト・コラム」
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1746.html
青山繁晴
「現地の、外務省交渉団が、それで慌てて、えー、総理官邸に問い合わせをしてきたと。これ投票になったら、負けちゃうかもしれませんって言ってきて、で、官邸の側は、たとえばさっきのforced to workって言えとかそういうことは一切言ってないんですが、登録できないということは避けるようにっていう、いわば抽象的な指示を出して」
(※私は個人的に「もう一点、外務省の、チョンボとしか言いようがない、失敗がもう1コあって」という表現についても、詳細を調査してからにすべきだと考えていますが、この件については略します。)

>リンクを貼るだけ貼って、一度に大量の情報を見せられても、何が言いたいのかよく分かりません。
「青山氏に関する豆知識」と説明しておりますが。

>日本を思う在米日本人の会に関しては、彼等のフェイスブックを覗けば、彼等の勘違いであったと細かく指摘されており、私も同様に思います。
FBは前に見たことがありますが、感情的なクレームが多く、そういう指摘に私自身は気が付きませんでしたし、該当箇所のURLを提示して頂けたら有難かったという話はともかく、それは彼等が今現在も公開している「公式声明」の内容に「勘違い」が「ある」のに、未だに訂正していないだけで、青山氏に非はなかったということでしょうか(と一応書いておきますが、お返事は不要です)。
また本来、この「イジメ」の件に関しても、他の情報と合わせて冷静に検証すべきとしか思えませんでした。

最後に
>青山繁晴さんが言う政府関係者とその記者が言う政府筋とどう違うのですか?
についてですが、青山氏が言っているのは「現政権の中枢のなかの中枢」(約一名か)で、佐賀新聞の記事に出てくるのは「日本の政府関係者」、「別の政府筋」ですね。
違いについてはここらへんを参考に色々と推測するか、
https://ja.wikipedia.org/wiki/オフレコ
青山氏と、共同通信社(佐賀新聞の記事の元記事は共同通信社の署名入り記事なので)に直接問い質すしかありませんね。

Web東奥・断面/産業革命遺産の登録決定 政治介入、審査に波紋/徴用めぐり日韓紛糾
http://www.toonippo.co.jp/tokushu/danmen/20150706003327.asp
>一方、日本の政府関係者は「登録こそ勝ち取ったが、外交的には韓国にやられた」とまくしたてた。別の政府筋は「安倍晋三首相に一言一句相談していたと聞いている。『強制労働』よりは軟らかな表現になっている」と解説した。
(ボン共同=粟倉義勝、津川康一、田井誠)
(共同通信社)

産業革命遺産の登録決定 日韓政治介入で混乱|佐賀新聞LiVE
http://www.saga-s.co.jp/column/mietsu/23301/205392

とにかくやはり、ななっしーさんがこの記事を信用できないのでしたら、ガセネタか否かを佐賀新聞あらため共同通信社に問い合わせてみては如何でしょうか。
(前回のコメントでは「ついでに問い合わせてみますが」と書きましたが、他の情報と合わせて考えてみても私自身はこの「政府筋」の解説に違和感を感じませんでしたし、最早その必要を感じなくなっているので、申し訳ありませんが問い合わせはやめさせて頂きます。)
以上、何事も慎重を期するななっしーさんのお考えに基本的には賛同いたしますが、それならそれでご自身も具体的にそれなりのことをして頂けたらと願います。

松よ

>フィリピン人の家政婦を雇うと何か問題でもあるのか?
>また、実際に問題があったという諸外国の事例でもあるのだろうか?


移民がどの国でも成功していないという事実をご存知ないのですか?

>また、外国人の医者を受け入れて何の問題があるのだろうか?

日本とアメリカは国の成り立ちがまったく違います。アメリカは建国当時から、ヨーロッパからの入植者によって作られた移民国家、人工国家。アメリカは移民を受け入れるのが当たり前の国。アメリカ人全員がもともとは移民。

だが、日本はそうではない。

皇紀二六七五年。

日本人は建国以来、基本的に同じ民族が、万世一系の皇室の元で、同じ国体を担い、連綿と、同じ文化や伝統を積み重ねてきました。そんな国がアメリカのまねして、移民を入れてみたらどうなるか。

バカウヨは、毎日、毎日、「在日、在日」と大騒ぎをし、「安倍さんが在日を強制送還にしてくれる」などというデマを信じて大喜びしている。ならば、外国人が一旦入ってきて住み着いたら、二度と出ていかないことはよく知っているはず。

なぜ、「在日がー、在日がー」と大騒ぎしている人々が、「移民はすばらしい。外国人をどんどん入れよう」などと矛盾したこと言うのか。

外国人が入ったら単に出ていかないだけではない。本国から家族や親類を呼び寄せたり、結婚して家族を増やしたり、ねずみ算式にどんどん増えて行く。そうやって国内に増殖していく外国人が、日本の文化や伝統に敬意を寄せるのか。皇室に敬意を寄せるのか。神道に敬意を寄せるのか。そんなはずはない。

イスラム教徒は、どの国に住み着いても、イスラム教徒のまま。
キリスト教徒は、どの国に住み着いても、キリスト教徒のまま。
中国や韓国のような反日国家からなだれのように人々が流入してくれば、彼らは何世代にわたって反日のままだろう。

そんなことやってて日本はどう保たれるのか。
皇室はどうなるのか。

それでも、移民はすばらしい、グローバル化はすばらしいというなら、あなたの勝手だが、「保守」だの「愛国」だの名乗るらないでいただきたい。

「私は反日左翼です」と正々堂々と名乗った上で、安倍だの自民党だのを支持してください。

WJFプロジェクト氏へ

>民主党が、外国人の家政婦や医者の受け入れなどしたか?

記事の主題と関係のない話に食いついて申し訳ないが、これの何がいけないのか?
フィリピン人の家政婦を雇うと何か問題でもあるのか?
また、実際に問題があったという諸外国の事例でもあるのだろうか?

また、外国人の医者を受け入れて何の問題があるのだろうか?
イギリスの医療は世界的に見て高いレベルを保っているが、その理由の一つとして、優秀であれば例えそれが外国籍の医師であっても積極的に雇う事でレベルが底上げされている、という事実がある。

妻としてならOKでも家政婦としてフィリピン人を家庭にいれるのは許せない、とする理由がわからない。
妻として家庭に入れた方が、相続権や財産権の発生等で、家政婦よりも危険ではないのか。

例え優秀な医師でもそれが外国人である事を理由に拒否し、例え無能な医師でもそれが日本人でありさえすれば受け入れる、というのは、非合理的であるばかりでなく、危険なのではないか。

まつぼっくりさん

私は当然、安倍首相に責任があると思いますが、メディアの「~と言う」はあまり信用できる情報源とは認識しておりません。メディアのみならず、学術書でも同様です。それらのリンクを貼って、青山繁晴さんの信憑性の低さを示そうとしたのでしょうが、正直あまり説得力がありません。リンクを貼るだけ貼って、一度に大量の情報を見せられても、何が言いたいのかよく分かりません。日本を思う在米日本人の会に関しては、彼等のフェイスブックを覗けば、彼等の勘違いであったと細かく指摘されており、私も同様に思います。

あーア

日本という私にとって大事な国をどうしたいのですか?
品は境に穴をあけガスや基地の建設、南ちょうはこのありさま。
品は立派ですね。将来に向けてやってますよー

ななっしーさんへ

ななっしーさんがそう感じられるのでしたら、ガセネタか否かを佐賀新聞に問い合わせてみては如何でしょうか。
(私も佐賀新聞に御礼のメールを送るつもりだったので、ついでに問い合わせてみますが、ななっしーさんもご自分で何かして頂ければと願います。)
ただ、国内外の報道機関の報道にまで目を光らせている安倍政権が、こんな重要な件を現地の担当者に丸投げするものなのでしょうか?

何にせよ、長年「スーパーニュースアンカー」を観ていた私からすると、
>青山繁晴さんが言う政府関係者
と、佐賀新聞の言う
>別の政府筋
とでは重みが異なっていることは確かです(泣笑)。

以下、この件とは直接関係ないとはいえ、青山氏に関する豆知識をば。

近畿大つながりの青山繁晴と世耕弘成 https://mamorenihon.wordpress.com/2015/07/05/%e8%bf%91%e7%95%bf%e5%a4%a7%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%8a%e3%81%ae%e9%9d%92%e5%b1%b1%e7%b9%81%e6%99%b4%e3%81%a8%e4%b8%96%e8%80%95%e5%bc%98%e6%88%90/

5/21放送 関西テレビ「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”放送内容の主な問題点まとめ 日本を思う在米日本人の会公式声明
http://aoyamainsanjose2014.jimdo.com/%E6%94%BE%E9%80%81%E5%86%85%E5%AE%B9%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%82%B9%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81/

ぼやきくっくり | 「アンカー」拉致“全面再調査”で北の思惑と想定される今後の日朝の動き
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1570.html

※午後から用事があるので丁寧に書き切れず申し訳ありません。

「forced to work」の責任

日韓両政府は、6月21日と22日の外相会談の時点において世界遺産委員会での声明を「forced to work(働かされた)」とすることで合意していた。

つまり、「forced to work(労働することを強制された)」の発言は、7月5日に「佐藤地ユネスコ大使が判断して発言したのではなく」、6月21日と22日の外相会談の時点において「既に日本政府が判断して韓国政府と合意していた」ことだった。

ナチスの「アウシュビッツ強制収容所」の説明文にも『forced to work』の文言が使用されている。

さらに、東京大学大学院教授のロバート・ゲラー(アメリカ人)も、「本件の場合『forced to work』は『強制労働』の意味であることが明らかだ。外務省は英語を勉強しろ」と日本政府・外務省を非難している。

「forced to work」には、明らかに「強制労働」の意味もある。既に世界中のメディアが「slave labour」(奴隷労働) 、「atrocities of war crimes」 (戦争犯罪である残虐行為)、「Japan, Korea Breakthrough: Japanese Repenting 'Forced' Korean Labor」(日本と韓国が合意!日本はユネスコ世界遺産で朝鮮人強制労働を悔い改める!)などと報道しているからだ。

日本政府と韓国政府の間で揉めていたのは、『forced to work(働かされた)』とするか『forced labor(強制労働)』とするかの問題に過ぎなかった。

そして、“安倍首相も「forced to work」を了承した”。


http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5887.html



「forced to work」の責任は明らかに安倍首相にあるのに、いまだに「安部さんは悪くない!」、「安部さんには責任は無い!」なんて、安部信者がいるのなら馬鹿なの?阿呆なの?

他にも問題ありますね

a large number of Koreans and others who were brought against their
will and forced to work under harsh conditions in the 1940s at some of the sites

a large number of Koreansとin the 1940s も問題ありますね
半島の徴用は1944/9からの11か月程度で、日本人徴用者が圧倒的に多い思われるのに
この表現だと、長い間、大量の朝鮮人がとなりますね。
しかも、 1944/9は1940sでないので、事実に反します。

熟慮が大事よ

>会議の時間の流れを見ても、最終的な発表コメントまで間が無く、

会議が始まってからユネスコ大使が何を発言するのか、その場で考えるわけではない。原稿はあらかじめ作成されている。下の記事でまとめたが、韓国の主張を取り入れた、「歴史の全容がわかるようにせよ」とのイコモス勧告を受けたのが、会議の6週間前。この勧告が出された時点で、日本と韓国の間の問題ではなく、イコモス勧告を受け入れるのか、受け入れないのかという問題に移行した。安倍政権は、この6週間の間に、韓国の主張を取り入れたイコモス勧告を受け入れてでも、明治産業革命遺産を世界遺産に登録する道を選択した。直前になってどうのこうのという話ではない。

「負の世界遺産」登録に関する事実の整理
http://wjf-project.info/blog-entry-866.html

>>民主党が、朝鮮人の強制労働公式に認めるようなことしたのか。
>>民主党が、外国人の家政婦や医者の受け入れなどしたか?

>どっちも党の公式見解としてやってるが?
>連中は党の公式見解を国家の公式見解に嵩上げしようという途中で退場させられた。


民主党は、領土問題に関しても歴史問題に関しても、従来の政府理解を変えるようなことはしなかったし、竹島問題に関しては、韓国を国際司法裁判所に提訴する直前までもっていった。わざわざそれを取りやめてしまったのは安倍政権。安倍は中国に対しても、尖閣に領土問題が存在することを認めてしまった。

今回、民主党にすら、朝鮮人の強制労働を認めた政府代表の発言を追及されるありさまである。

「細野氏は、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野洋平官房長官談話の英訳でも「forced」との表現が使われていないと指摘。今回日本側が「forced to work」との表現を使ったことについて「河野談話よりも踏み込んだのは非常に問題だ」と主張した。」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150710-00000537-san-pol

実際に、3年余りの民主党政権時代に、朝鮮人の強制労働を国際社会に対して認めたような事実はないし、外国人家政婦や医者の受け入れを民主党が決めてしまった事実もない。

それでも、自民党も民主党も同じことをやっているというのなら、まして民主党政権を批判していたときと同じように、安倍政権を全力で批判しなければならないはず。

批判するどころか、あなたがたが安倍政権を「救国政権」と呼んで熱烈に支持してしまうから、ありとあらゆる売国政策が、何の歯止めもなく、実現に移されてしまっている。

世界遺産の件では「強制労働は意味しない」と公式声明出したし、

世界遺産登録の国際会議の場で、政府代表に「多くの朝鮮人が自分の意思に反して送致され、過酷な条件下で働くことを強制された」と発言させた後で、「あの発言は強制労働を意味しない」と二枚舌を使っても、国際社会からは理解されないし、むしろ日本の信頼を損なう。

>あれかな、チンケなようつべ動画を何本か作った程度の実績で、安倍政権できたときに愛国者面して取り入ろうとして弾かれた恨みでもあるの?

私は安倍政権が発足した直後の2013年1月1日から、安倍政権を批判している。小泉と竹中の「構造改革」を引き継いだ第一次安倍政権のときと、安倍の考えが何も変わっていないことを見抜いたからだ。しかも単なるグローバリストでしかない安倍が、小泉以上に「救世主」として祭り上げられている異常さに気づいたからだ。

「2013年」
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/2013-a2f4.html

私の動画が、中央日報のような韓国の新聞やテレビに何度か取り上げられて、「ネトウヨ」に持ち上げられていたのは2011年当時のこと。2012年の頃からすでに「ネトウヨ」のおかしな行動を批判していた。

>朝鮮人並みにヒステリックなかみつき方は見ていて異常だよ。

異常なのは、北朝鮮人が金正恩や金正日をひたすらマンセーするように、安倍が売国政策ばかりを推し進めていても、何の批判もせずに「安倍さんは愛国者」と言い張って盲目的な支持を続けるあなたがたです。

日本人が、特定の政治家を救世主として祭り上げ、日本人の不利益になるような国家破壊的な政策ばかり実行されても、ひたすらアクロバティックな擁護を続け
、どんな正当な批判であっても、特定政治家に対する批判をタブー視し、徹底して封じようとする気持ち悪い状況を過去に見たことがない。

No title

>民主党が、朝鮮人の強制労働公式に認めるようなことしたのか。
>民主党が、外国人の家政婦や医者の受け入れなどしたか?

どっちも党の公式見解としてやってるが?
連中は党の公式見解を国家の公式見解に嵩上げしようという途中で退場させられた。

世界遺産の件では「強制労働は意味しない」と公式声明出したし、
外国人の家政婦、医者という枠を嵌めて民主の単純労働移民策を後退させたんだけどねえ。

あれかな、チンケなようつべ動画を何本か作った程度の実績で、安倍政権できたときに愛国者面して取り入ろうとして弾かれた恨みでもあるの?

朝鮮人並みにヒステリックなかみつき方は見ていて異常だよ。
安倍首相に反旗を翻している元ネトウヨって大抵はそういう裏事情持ってるんだよねえ。情けない


No title

>官邸への照会なしに、現地の判断だけであのような発言を行うわけがないではないですか。

その判断も根拠薄だねえ。
会議の時間の流れを見ても、最終的な発表コメントまで間が無く、官邸で文言の精査するまでの時間がないと思うけど?
材料は複数並べた上で判断しないとチョンと同じ知恵遅れ判断を晒す事になるよ君も。

匿名よ

>好きかどうかはともかく(むしろ嫌いなタイプではあるが)三橋氏が言って来たことはことごとく当たっている。思想の問題ではない。

三橋は「安倍さんは構造改革推進派ではない」「安倍さんはグローバリストではない」「安倍さんに新自由主義者のレッテルをはるのは反日左翼やマスコミである」「TPPも消費税増税もマスコミのミスリード」という嘘を平然と語って、安倍に支持を煽ってきた張本人です。

三橋貴明はなぜ歓喜の涙を流したのか
http://wjf-project.info/blog-entry-395.html

三橋貴明による嘘のカタログ
http://wjf-project.info/blog-entry-458.html

本物を見抜く目: 三橋貴明、また嘘をつく
http://wjf-project.info/blog-entry-293.html

>安倍が腐った民主党政権から、日本を救った事実は事実。

二年前の政権交代時に、その言葉を言う人間がいるならまだしも、二年半経って、まだそんなねぼけたことを言うバカが残存しているとは。

腐っているのは民主党政権ではなく、どう見てもあなたの脳みそです

安倍やっている売国と国家破壊は、民主党どころの話じゃない。
民主党が、朝鮮人の強制労働公式に認めるようなことしたのか。
民主党が、外国人の家政婦や医者の受け入れなどしたか?

下のコーヒー氏のブログの国家戦略特区の記事読んできなさい。
コメント欄は安倍批判一色です。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5886.html

No title

好きかどうかはともかく(むしろ嫌いなタイプではあるが)三橋氏が言って来たことはことごとく当たっている。思想の問題ではない。

青山氏のくだらない揚げ足などとらずに、根拠ある反証をしてもらいたいものだ。
この人の英語自慢や人脈自慢は、毎度鼻にはつくが、まんざら虚偽報道をしているとも思えない。

ここの管理人の言うことは、もっともっともっとアテにならない。
ひとつくらい、うなづけるような核心を語ってもらいたいものだ。

安倍が腐った民主党政権から、日本を救った事実は事実。

経済効果は間違いなくあった。

>「首相サイドが必死に登録を目指し」ていたとの報道がなされています。
これはけっこう真相かな。

まぁ、ブログでなにをわめこうが勝手だ。

お前だけでも、戦時賠償をしてやってくれよ。なんとかプロジェクトで(笑

No title

まつぼっくりさん、それ反証になるのですかね?青山繁晴さんが言う政府関係者とその記者が言う政府筋とどう違うのですか?

とおりかがかりよ

>うーん頭が固いですね

当プロジェクトは、頑固者によって運営されております。

>これでは広がらんし仲間も増えないでしょう


「安倍を支持してきた皆さん、あなたがたは騙されてきた犠牲者なんです。
あなたがたに罪はないのです。自分を責めてはなりません。」

と私がいえば満足ですか?

伊丹万作氏は、違う考えを持っていたようです。彼は敗戦の翌年次のように書いています。

「だまされるということ自体がすでに一つの悪である」
「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。

参考記事: 騙すことと騙されること
http://wjf-project.info/blog-entry-851.html

No title

うーん頭が固いですね
これでは広がらんし仲間も増えないでしょう
敵を味方にしないと戦には勝てないし活動している意味がなく単なる自己満足

あと私は子も孫もいてないもうすぐ死ねじじぃです
それと選挙は行った事ないですね

ではさらばです 二度と来ませんわ

とおりすがりさん

>あなたの話をたくさんの人に聞いてもらいたいなら「信者」は使わない方がいいでしょう。

甘えてはいけません。

あなたがたが今に及ぶまで安倍を支持し続けてきたせいで、どれだけの売国法案が通ってしまったと思ってるんですか。

あなたがたは安倍の売国と国家破壊に加担したんです。

あなたがたの愚かさの尻拭いを、あなたがたの子や孫、未来の日本人が全員引き受けなきゃならない。

さんざん私も含めて、安倍を批判する人たちのことに「反日」だの「偽装保守」だのとレッテルを貼って、人の話を聞かずにきたんだから、「申し訳ありませんでした」と土下座して、「ぜひお話をうかがわせてください」とお願いしてくるのが筋です。

安倍政権が発足して二年半がたって、「過去に比類のない売国奴だ」という判断材料が十分に出揃っているのに、いまだに安倍なんぞを支持し続けてきた人々には、「信者」という称号ぐらいもったいないぐらいです。

No title

あなたの話をたくさんの人に聞いてもらいたいなら「信者」は使わない方がいいでしょう。
安倍さんで大丈夫かなと迷っている人も「信者」のキーワードが先に出ると拒否反応をおこしてそこで拒絶してしまいます。「信者」とは何があっても盲目的に支持しているかのようなイメージがあります。けっしてそんな事はなくて一時的に安倍さんを支持している人がほとんどです。ひとくくりにしない方がいいですね。


以上

反証の追加

青山繁晴氏の以下の話は、やはりいつもの虚偽情報だとしか思えませんね。

>(1)日本のユネスコ大使らが現地で行ったスピーチは、外務省が作成し、総理はその中身を把握せず岸田外相を信任していた。
>官邸から外務省への指示は「登録されないという最悪の結果は避けよ」というだけであり、「force to work」という言葉を使ったのは、外務省と現地組の事実上の独断だった。

産業革命遺産の登録決定 日韓政治介入で混乱|佐賀新聞LiVE http://www.saga-s.co.jp/column/mietsu/23301/205392
>別の政府筋は「安倍晋三首相に一言一句相談していたと聞いている。『強制労働』よりは軟らかな表現になっている」と解説した。

小役人
戦後教育の優等生にすぎないお花畑
腐れグローバリストの三下

意に反した仕事であればハグなんてできないですよ

青山流責任回避術ではありませんが

今回の騒動で、あまり言及されていない記事があります。ちょっと興味深い組織とその役員が出てきており、知っておくのも悪くないかな程度の思いから紹介しておきます。
http://www.gruri.jp/article/2015/05200845/

案外さん

案外もなにも、佐藤地氏はただの役人です。

政府の支持で動くただの役人が、売国奴なわけがありません。

佐藤氏は売国奴ではないのかも。安倍氏加藤氏こそが…

佐藤地氏は、あからさまな行動で、安倍氏たちの目論見を揶揄して暴いてくれているのかもしれません。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。