ワールドカップの勝利を広島・長崎になぞらえるアメリカ人

どの国にも存在する「バカウヨ」たち。
5-2で、アメリカの優勝、なでしこジャパンの準優勝に終わった、女子サッカーのワールドカップですが、アメリカの勝利を、広島・長崎への原爆投下になぞらえて大はしゃぎするアメリカ人のツイッターの様子が報じられています。



今日は、ヒロシマにタイムスリップしたり再現したりした感じだね。

ヒロシマ・ナガサキの後も、アメリカはこんな風に感じたんだろうね。アメリカに祝福あれ。



日本よ、どんな風に感じてる? ヒロシマ・ナガサキみたいな感じか?

今回のワールドカップの決勝は、ヒロシマの二回戦のようだね。



ヒロシマ、パート2。

あれは、まさしく、ヒロシマ2.0だったね。

それをたしなめているまともな感覚の人も存在します。



お前らが、アメリカVS日本のサッカーの試合について、ヒロシマのことを持ち出して冗談をいうのがまともなことだと思うならば、俺はアメリカ人であることを恥ずかしく思うよ。お前らこの国から出ていけよ。

(出典: Mail Online)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
漱石と日本の近代化(21)

美的な超越世界へのベアトリーチェ的な「飛翔」への憧れをもって語り出された物語は、「飛翔」に、それとは鏡像関係にある、オフィリア的「落下」のイメージを重ね合わせながら、その両者を一瞬にして、ハイデッガー的な「投企」の意味へと反転させる。 この「鏡」は、画工のみならず、漱石自身の創作活動の方向性を「反転」させる意図をもって、この作品の中心に置かれている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。