ビールとコーラ

二つの対照的なビジネスモデル。
ビールとコーラは対照的な飲み物です。

コーラは、発明された当時はいざ知らず、現在では、世界市場に向けて展開されているグローバルな商品です。どの国でも基本的に同じ商品が売られています。

一方、ビールは、内需型のドメスティックな商品であり、タイや、ベトナムや、メキシコのような新興国を含め世界の各国が、自国の消費者の嗜好に合わせてビールを製造する、ビール会社を持っています。

タイビール、ベトナムビール、メキシコビール、トルコビール、台湾ビール、チェコビール、イタリアビール、ドイツビール・・・

世界各国のビールが、それぞれ、強い個性と特色を持っています。

日本企業も、90年代前半までは「ビール」型、つまり内需型のビジネスを展開していました。

製品に対する厳しい要求水準をもった日本の消費者にむけて、製品を作ることをメインに据えたビジネスを展開していた。

だからこそ、日本企業の生み出す製品は、世界の人たちに信頼され、世界で強い競争力を持った。

ところが、90年代半ば頃から、日本企業は、「ビール」を作るのをやめて、「コーラ」を作り始めるようになります。

「グローバル化」という耳障りのよい言葉に煽られて、世界展開をメインに据えて、企業経営を行うようになったのです。

その結果、新興国とのコスト競争に巻き込まれて、日本企業は疲弊し、製品の質を下げ、非正規雇用の日本人を増やしたり、日本人の賃金を下げたり、海外に工場を移転しなくては経営を維持できなくなってしまった。

「メイド・イン・ジャパン」のブランドは失墜し、日本の製品は、新興国の製品と大した差のないものになり、世界の人たちに対する訴求力を完全に失ってしまいました。

貿易や輸出や大企業の優遇ではなく、日本人が幸せになることをメインとする内需型の政治や企業経営が再び行われない限り、日本の復活はありません。

コーラではなく、再び、日本人が飲むための「国産ビール」を日本企業が作るようになったとき、日本の製品は輝きを取り戻すはずです。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

グローバル化の陥穽

グローバルと国際化は実は違うということを、普段の話題ではタブーである政治的なことを話さない雑談話のなかでも例え話で話すことを心がけております。

しかし凡夫の私では、なかなかよい方便が思いつかないものです。
此度のコーラとビールのお話、誠に分かりやすくためになりました。

グローバル化の問題、そして国際化においても内需こそが地域と国民を豊かにすることがとても分かりやすく、このお話を是非とも使わせていただきたく存じます。

ビール好きなので夏はビアガーデンに繰り出す時に、単色のグローバリズムの無味乾燥な味などではなく、我が故郷の地ビールの豊潤なる旨さを満喫しつつ、やっぱ地ビールは最高だぜ!と語り合いたいと思います。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。