「慰安婦神話の脱神話化」韓国語字幕版登場

誰のものでもない空から舞い落ちてくる事実の小片。
先日、下のような「慰安婦神話の脱神話化」を絶賛するコメントをくださった韓国人のYouTuberの方が、さっそく韓国語の字幕を付けて、「위안부 - 진실과 미신(慰安婦 - 真実と迷信)」というタイトルで、ご自分のチャンネルで公開してくださっています。



Great job. Neither content was tilted into certain side nor too emotional, it's only revealing truth with logical explanation and objective example. Well done again. May I copy this series and post on Korea Youtube? I would be not only delighted If I can translate it and inform to Korean people, but also it would contribute for truth to be spread. I'll await your response. Thank you.

すばらしい仕事だ。内容が特定の立場に偏らず、また感情的過ぎてもいない。論理的な説明と客観的な例によって、単に事実を明らかにしているだけだ。もう一度言わせてもらうが、すばらしい。このシリーズをコピーして、韓国の動画サイトに投稿してもいいかい? これを翻訳して、韓国の人々に知らせることができたら、僕自身が嬉しいだけでなく、真実を広めるのに役にたつと思うんだ。君の返事を待つ。ありがとう。
韓国語版はWJFプロジェクトでも制作の予定ですが、どうぞ、こちらの字幕版も拡散にご協力ください。

(韓国語字幕は動画の再生画面右下の字幕のアイコンをクリックすると表示されます。)

韓国の主張を暴いている動画であるにもかかわらず、韓国人が、自ら率先してこの動画を拡散したいと思ってくれたことがうれしいですし、また、韓国人が率先して拡散したいと思わずにおれない動画を制作できたことも、とても誇らしく思います。

憎悪や対立を煽らずとも、「誰のものでもない空から舞い落ちる事実の小片」を伝えることはできるのです。

「嫌韓」と「反日」が、互いに鏡写しの行動をとり、対立を煽り、「対称性の構図」を描きながら、大衆を巻き込んだ大騒ぎを展開する一方で、事実は、日の光のように、慈雨のように、桜の花びらのように、雪の結晶のように、垂直方向上方からやさしく降り注ぐ何かです。

ということは、事実を語ろうとするとき、私たちは互いに拳を振りかざしながら、水平方向をにらみ合う代わりに、誰のものでもない空を見上げなくてはなりません。

そこから舞い落ちてくるものをやさしく手のひらに受け止めて差し出すこと。

それが事実を語ることなのであって、狭い「立場」の中から自分を解き放ち、二元的な対立の外側にすっと抜け出して、広い場所に佇むことのできる人だけが、事実を語る資格を持ちます。

(出典: 「事実は日の光のように慈雨のように降り注ぐ(4)」 2015年04月04日)

動画に封じ込めた想いが、静かにその力を発揮し、大きな岩を動かしつつあるように感じます。

それにしても、左翼にも右翼にも批判され、日本人には、ほとんど無視されて拡散されずにいるこの動画が、韓国人によって積極的に拡散されるというのは、なんとも皮肉なものです。

それは、この動画がおかしいからなのでしょうか。それとも、今の日本人がおかしいからなのでしょうか。

事実をあるがままに直視できていないのは、本当に韓国人だけなのでしょうか。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

旧版の動画を非公開とされているようですが、これですと、せっかくいただいたコメントが見られなくなってしまうので、公開としてその動画から新版に誘導するようにすればよいのではないでしょうか?再生数が伸びない原因の一つではないかと思います。

匿名様

>私も立場を超えて字幕を付けていただいた韓国人の方に感謝します。

ご理解ありがとうございます。

No title

>バカウヨどもが、あの貴重な動画を無視し、放置していることよりずっといいです。

確かに、twitterをのぞいてみるとちょっとアブナイ人がいますよねw
発信力が高いので、左の人からいいネタにされて、朝日やNYTに通報されて国際的なネタになるというのが日常茶飯事のようです…。
WJF様もtwitterで発信されれば(確か自動で投稿をローテーション化する機能があったような)認知度が上がるのではないでしょうか?

No title

>チャンネル桜の水島と田母神が靖国神社でカナダ人を恫喝し
私はチャンネル桜とは少し距離を置いており、また、靖国神社についても支那事変を拡大した人や戦死者の半数が餓死するような、あるいは敵に制空権を奪われ主要都市が焦土になるような、あるいはあどけない若者を特攻させるような作戦を練った人が合祀されているという時点で抵抗があるものです。もちろん松井石根大将のような方は科なくして死んでいった典型の方だと思いますが・・・。

私の考えは置いておいて、彼らの怒りはわかるとしてもカナダ人の方への態度はやはり平静を失ってしまっており、外国の方には「JAP」や「日本鬼子」の再来に映っても仕方ないでしょう。

動画に字幕を付けてくださった韓国人の方についてですが、なるほどそういうことでしたか。WJF様の、立場や思想信条を超えた視点を与えるという動画づくりのポリシーについて、自分なりに理解させていただきました。たしかに、自分の立場の身に固執していては慰安婦問題に限らずことの本質がつかめず右往左往しがちなものです。この動画が両国関係に新たな光を投げかけることを願います。

私も立場を超えて字幕を付けていただいた韓国人の方に感謝します。

匿名さん

>この方のYoutubeアカウントを見ると靖国神社には批判的な方のようですね。
 「Yasukuni, dangerous loyalty」
https://www.youtube.com/watch?v=_RsGihFaqb0


上の韓国人が、チャンネル桜の水島と田母神が靖国神社でカナダ人を恫喝し、執拗におっかけまわす動画に英語の字幕をつけて公開していることも知っていますし、この方が、竹島問題の動画で「独島は韓国領だ」と主張していることも知っています。

(そもそもチャンネル桜は、なんで靖国神社に対する外国人の偏見を強化するような、あのような動画をわざわざ公開したのか。いまだに公開しつづけているのか。)

私がうれしかったのは、このような「反日」にという枠でくくられるような考えをもつ韓国人が、「慰安婦神話の脱神話化」をすばらしい、これは事実だと評価してくれたことです。もともと親日的な考えをもつ韓国人が評価してくれたとしても、私は、それほどうれしくなかったでしょう。

「慰安婦神話の脱神話化」は、「右翼」だの「左翼」だの「親日」だの「反日」だのという特定の立場を超えていく動画です。だから、私は「誰のものでもない空から舞い落ちてくる事実の小片」と書きました。

上の記事にも引用した、下の私の言葉の意味を、あなたはお分かりになりますか?

「嫌韓」と「反日」が、互いに鏡写しの行動をとり、対立を煽り、「対称性の構図」を描きながら、大衆を巻き込んだ大騒ぎを展開する一方で、事実は、日の光のように、慈雨のように、桜の花びらのように、雪の結晶のように、垂直方向上方からやさしく降り注ぐ何かです。

ということは、事実を語ろうとするとき、私たちは互いに拳を振りかざしながら、水平方向をにらみ合う代わりに、誰のものでもない空を見上げなくてはなりません。

そこから舞い落ちてくるものをやさしく手のひらに受け止めて差し出すこと。

それが事実を語ることなのであって、狭い「立場」の中から自分を解き放ち、二元的な対立の外側にすっと抜け出して、広い場所に佇むことのできる人だけが、事実を語る資格を持ちます。


上の言葉は、耳障りのよい美辞麗句として並べた言葉ではなく、「慰安婦神話の脱神話化」の理念をありのままに述べた言葉です。この言葉の意味がわからず、あなた自身が、「右翼」「左翼」「反日」「親日」、このような固定した立場の中に人間や物事をカテゴライズする見方を脱却しないと、「慰安婦神話の脱神話化」を韓国人が評価したことの意味はお分かりにならないと思います。

「慰安婦神話の脱神話化」という動画そのものを、あなたご自身が、注意深く何度も鑑賞して、その意味を理解しないと、なぜ韓国人がこの動画を拡散したいと思ったのかもわからないはずです。

私自身は、動画の作者なので、「反日」韓国人がこの動画を絶賛し、拡散したいと思った気持ちはよく理解できます。この不思議な出来事に、私は何の意外性も驚きも感じません。だって、「反日」だの「親日」だのを超えていく力を、私自身がこの動画に封じこめたからです。

上の韓国人が40分を超える長い動画に、わざわざ韓国語の字幕をつけて、拡散してくれているのが、仮に悪意から出ているとしても、私はそれでもうれしいです。

私は動画を作った本人なので、あの動画に字幕をつけるのがどんなに面倒臭い作業なのか、よく知っています。それでもこの韓国人はやってくれた。そのことを私はただただ感謝しています。

万一,字幕が正確なものでないとしても、動画の内容が他のものに入れ替わっているわけでもないし、動画が拡散されていくことには変わりはないのですから。バカウヨどもが、あの貴重な動画を無視し、放置していることよりずっといいです。

No title

正確にはタイトルが
「위안부 - 진실과 미신 」
「慰安婦 - 真実と迷信」

動画の説明が
「진실로 드러나는, 일본군 위안부에 대한 본질적인 미신과 속설.」
「本当に現れる、日本軍慰安婦の本質的な迷信と俗説。」

となっております。何度も書きますがgoogle翻訳が100%信頼できるわけではありません。

No title

この方のYoutubeアカウントを見ると靖国神社には批判的な方のようですね。
 「Yasukuni, dangerous loyalty」
https://www.youtube.com/watch?v=_RsGihFaqb0

慰安婦動画の韓国語訳のタイトルを、googleで翻訳すると
「本当に現れる、日本軍慰安婦の本質的な迷信と俗説。」
となるのですが、大丈夫なのでしょうか?(google翻訳が100%信頼できるとは思いませんが)

No title

>ある意味、韓国人の方が上だよ。
だって、日本人は何も騒がない。声を上げない。
本当は、大勢の人たちが狂ったように声をあげてなきゃおかしいぐらいの状況なのに。

そんなこと言い出せばいくらでも「大勢の人たちが狂ったように声をあげてなきゃおかしいぐらいの状況」なのに大人しすぎると言える事が韓国国内でもありますよ。若者の3人に1人は無職だとか、日本よりも多い中国人移民だとか、キリがありません。

No title

>>もはや民主主義国家の根幹である国民の社会意識の面では韓国人の方が圧倒的に上であるという現実は認めざるえません。


>さすがにそれはない。

ある意味、韓国人の方が上だよ。
だって、日本人は何も騒がない。声を上げない。
本当は、大勢の人たちが狂ったように声をあげてなきゃおかしいぐらいの状況なのに。
騒がないことを「民度が高い」という人もいるけど、違うよ。
ただの無痛症。
周りを見て、周りに合わせなきゃ行動できない。
周りが何も言わないでいれば、誰も声を上げない。
それでいいんだと自分を納得させてしまう。

No title

>匿名様

>日本の保守系市民(いわゆるウヨ)に向けられたのに続いて、
今日の記事―韓国の方から真っ先に理解者が現れる事になるとは、
本当に何もかもが皮肉な話になってますね。

韓国の方から真っ先にと言いますが、私は保守の一人でありWJFさんの動画を前からすでに拡散しています。

>もはや民主主義国家の根幹である国民の社会意識の面では韓国人の方が圧倒的に上であるという現実は認めざるえません。

冗談ですか?あまり面白くありません。

>日本は終わったと私もそう確信しております。

WJFさんが日本は終わったと確信したとどこに記述していますか?

安部政権ダトゥーさん

>こちらのブログにあるチラシを配りたいのですが、
>日付の情報が昔のままなので、更新をしていただけないでしょうか?

WJF以外の方が作ったものもありますので、修正はむずかしいのですが、新しいTPPのちらしを作りますので、お待ちください。

TPPのチラシ

こちらのブログにあるチラシを配りたいのですが、
日付の情報が昔のままなので、更新をしていただけないでしょうか?

No title

これは天意だろうと思います。
先日のバカウヨ記事で吐露された通り、WJF様の怒りが最終的に、
日本の保守系市民(いわゆるウヨ)に向けられたのに続いて、
今日の記事―韓国の方から真っ先に理解者が現れる事になるとは、
本当に何もかもが皮肉な話になってますね。
しかしこれは現代日本社会の無残な現実の中で
起きるべくして起きている必然的な天命なのではないでしょうか。

自分は元々は強烈な嫌韓主義者でした。在日コリアン批判にも積極的に参加しており、
アメリカの対日工作の一環である在日問題に関しては変わらぬ糾弾姿勢を取り続けてますが、
韓国人に関してはもはや一目置かざる得ないと判断しています。
と言ってもそれは韓国人が優秀になった以上に日本人が落ちぶれたという比較論としてですが、
もはや民主主義国家の根幹である国民の社会意識の面では韓国人の方が圧倒的に上である
という現実は認めざるえません。

日本は終わったと私もそう確信しております。
隷属国家として無残な隷属民族として延々とやせ衰えながら続いていくのでしょう。
WJF様の怒りが、最終的に保守系市民(ウヨ)に向けられたのはもっともな事であり、
この国の末期的状態を運命的に表わしている悲しいメッセージと言えるでしょう。
真っ当な保守市民もいるはずですが、その多くはWJF様のように勇気ある声を
上げようとしませんので存在してないのと同じです。それも日本人の劣等的一側面です。
戦後マッカーサーは日本人は12歳の少年だと言いましたが、
現代日本社会はそれを身を持って証明しました。

WTOへの韓国提訴には驚きました。これはアヘン戦争時のイギリスと同レベルの行動です。
別の見方をすればこんなとんでもない強圧的行動を取ろうと思えば取れる訳です。
慰安婦問題に効果的な手を打って来なかったのは正に怠慢の産物であり、
この国の保守は元々日本民族の名誉などは眼中に無かったのです。
(アメリカによる干渉の結果だとしてもそれにおとなしく従ってるのだから同じ事です)
政治家、保守層、大多数の国民‥揃いも揃って‥ああ‥、
こんなあまりにも孤立無援の状態でもう何を達成できると言うのでしょうか。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。