『慰安婦神話の脱神話化』外国人の反応

韓国人からの、うれしいコメント。
これまでも「慰安婦神話の脱神話化」を見た外国人の様々な反応を紹介してきましたが、今日は、「『慰安婦神話の脱神話化』第2部: 実際に何が起きなかったのか」(英語版)に寄せられた、韓国人と思われる人物からの反応を紹介します。


Great job. Neither content was tilted into certain side nor too emotional, it's only revealing truth with logical explanation and objective example. Well done again. May I copy this series and post on Korea Youtube? I would be not only delighted If I can translate it and inform to Korean people, but also it would contribute for truth to be spread. I'll await your response. Thank you.

すばらしい仕事だ。内容が特定の立場に偏らず、また感情的過ぎてもいない。論理的な説明と客観的な例によって、単に事実を明らかにしているだけだ。もう一度言わせてもらうが、すばらしい。このシリーズをコピーして、韓国の動画サイトに投稿してもいいかい? これを翻訳して、韓国の人々に知らせることができたら、僕自身が嬉しいだけでなく、真実を広めるのに役にたつと思うんだ。君の返事を待つ。ありがとう。

この方のアカウント名をグーグルで検索してみると、竹島問題のYouTubeの動画では韓国の領有を主張するような書き込みをしていますが、「慰安婦神話の脱神話化」をこのように公平に評価してくれた点は、とてもうれしいですね。

ひょっとすると、この方は、日本人の「右翼」や「左翼」よりも、偏向なく、この動画を評価してくれたのではないかと思います。この方の反応は、「慰安婦神話の脱神話化」が、右派の日本人にも、左派の日本人にも、叩かれたり、無視されたりしているのとは、あまりに対照的です。

入念な準備と、包括的な視点と、薄氷を踏むような慎重さと、静かな心と、何よりも、 戦時という困難な時代を生きた人々への深い同情なしに隣国への敵愾心に煽られて、対決の姿勢でこの問題を語ることがあってはなりません。誰かを論破するよりも、彼方にある理解の場所に我慢強くにじりよる姿勢が大切です。上のような観点から極めて注意深く構成した動画です。コメントされるみなさんにも、 ぜひ、注意深い配慮と品位に満ちたコメントをお願いします。

上の文章は、以前、「慰安婦神話の脱神話化」の動画の説明欄に載せていた文章ですが、「慰安婦神話の脱神話化」に込めたWJFプロジェクトの意図は、着実に実現しつつあるように思います。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この韓国の方は、韓国では叩かれたり、無視されたりしているんですよね。
親日罪で罰金、土地が没収される韓国です。

「日本時代は良かった」、と、経験者である韓国人のお年寄りが話しただけで、韓国人の若者が殴り殺した事件がつい最近ありました。

川島ヨーコさんの「竹林遥か遠く」など、壮絶な、執拗な日本人虐殺とも言える殺戮、強姦目撃を嫌と言うほど朝鮮半島引揚げの際、実際に経験したものの、生まれ育った韓国を懐かしく思ったり、してもらったことに対してはその恩を感動的に詳細を書かれる、当時を生きた方々の声こそ、一番大事なのだと思います。そこにこそ、歴史的事実からの学び、進展があります。

それを世界で躍起になって廃刊に追い込む、その後の世代の韓国人団体の言動とは正反対です。

事実のみが大事であり、それを広めたいという人達のみが、解決へと導くのでしょうね。

韓国政府に譲歩ばかりして、事実を重視してこなかった日本政府も日本の不幸の要因です。
政治家だけが利用する問題となってしまっているのも厄介です。

事実のみを追求する人達がこの問題において一番強くなることがまず一番の急務なのだと思います。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。