『慰安婦神話の脱神話化』(全編・英語版)修正版

ご迷惑をおかけします。
先日、「慰安婦神話の脱神話化」(全編・英語版)を海外の掲示板で紹介してくださったKさん。そのとき、動画をご覧になった日系アメリカ人の方から、字幕の英文に関して、数カ所修正の提案をいただきました。

下が修正した動画になります。
修正箇所は下の6箇所です。

6:43 change the word “impress” to “spread.” Subtitle should say: “These descriptions are somewhat different from the simplified and generalized image of Comfort Women as “Sex Slaves” activists are trying to spread.

6:43 「これらの記述は、活動家たちが強調する「性奴隷」という単純化され、一般化されたイメージとは若干異なっている」impress(強調する)をspread(広める)に変えよ。

7:51 In item 2 add the letter ‘s’ at the end of relationship. Subtitle should say: “In WW1, the conscription system forced European males to be separated from normal sexual relationships for a long time.

7:51「第一次世界大戦において、徴兵制が欧州の男性が、長期間、通常の性的関係から引き離されることを余儀なくさせた」relationship(関係)を複数形にせよ。

9:39 The English word “some” means more than one. Is WJF talking about a single fact or more than one fact?? Choose one or the other: “A political scientist Catherine Moon’s “Sex Among Allies” revealed a concealed fact” or “A political scientist Catherine Moon’s “Sex Among Allies” reveealed some concealed facts.”

9:39"some concealed fact" (ある隠された事実)を、"some facts"と複数形にするか、"a fact"と単数形にせよ。

(これについては、私は "some"という形容詞を「いくつかの」という意味ではなく、「ある」(certain)という意味で用いているため、問題はないのですが、誤解を避けるため"a concealed fact"と改めました。)

9:55 change the word virtually. Subtitle should say : “which simply means that in effect South Korea had “Comfort Women” for the US Forces Korea.”

9:55"virtually"(実質的に)を"in effect"という表現に変えよ。

26:25 change “dilectly” to “directly” . Use R not L.

26:25 "delictly"はスペルミスである。"directly"に改めよ。

28:29 Shorten subtitle to: “Activists are generalizing the whole issue from some particular cases and at the same time attributing universal problems exclusively to Japan.”

28:29「活動家たちは、いくつかの特定のケースから、問題全体を一般化し、同時に、普遍的な問題を日本だけに帰属させることで問題を特殊化している」を「活動家たちは、いくつかの特定のケースから、問題全体を一般化し、同時に普遍的な問題を日本だけに帰属させている」と短くせよ。

いずれも小さな修正であり、古いヴァージョンを視聴していただいても十分に意の通じるものです。よって、これまで拡散していただいた古いヴァージョンも、このまま視聴できる形で残しておきますが、今後の拡散には、上の修正したヴァージョンをご利用ください。各部を切り分けた動画と、無音・高速版も、まもなく公開します。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。