歩々清風起

鎌倉にて
円覚寺のような禅寺で見るべきものは、建物や庭ばかりではない。

境内の奥まったところ、国宝舎利殿の対面に、1370年創建の如意庵という塔頭がある。

以前は非公開の場所だったが、昨年9月より「安寧」という茶寮が開かれている。

禅の気風は、そこで働く人々の立ち居振る舞いにもみなぎっている。

すがすがしさのなかに、温もりが感じられるのだ。



お茶をいただいていると、一人の雲水さんが現れて、他のお客さんたちと話を始められた。

その声に、私ははっとさせられた。

竹を割ったような澄み切った声。

私たちのような凡夫が、日常の中で話すと、どこか本心をごまかした濁った声が出てくるものだが、その方からは、すとんと、その人と一体になった声が響いていた。

長谷寺で、十一面観音菩薩に手を合わせる。

対象としての観音菩薩に慈悲を乞うためではない。

一人の観音菩薩となるためである。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。