うれしいコメントをいただきました

ありがとうございます。
憲法関連の記事に、次のような非表示のコメントをいただきました。お名前を伏せて紹介させてください。「憲法改正」は、保守の人たちの間に、問答無用の正解として刷り込まれてきました。そして、安倍政権や、インチキ保守言論人たちは、「憲法改正」を餌に、様々な売国政策を実現させてきました。彼らは「憲法改正」というお題目を、安倍政権に対する批判封じの格好の手段として利用してきたのです。「憲法改正すべき」というのが、彼らの洗脳とプロパガンダに過ぎず、「憲法改正」こそが、日本人、とりわけ保守的・愛国的な日本人にとっての、最悪の禁じ手であるということを、今後も様々な角度から説明していきたいと思っています。以前から繰り返し述べてきたことですが、この種の、安い嘘やプロパガンダに欺かれないためには、私たちは、言葉を超えた深いレベルにおいて、日本の本質(「日本の根っこ」と私は呼んできました)と向き合わなくてはなりません。

清き明き心

あなたの見識には脱帽させられました。

売国奴連中による憲法改正は言語道断だが、 いつの日かまっとうな日本人による新憲法は望ましいと考えていた私の愚見は大きく修正された。

小賢しい理屈をこねくり回すのは日本人の所作ではない。

詭弁・強弁の政府と御用学者は反日そのものに見える。

あるがまま、清き明き心に立ち返れば本物は自ずと理解される。

とすれば、日本人が日本人たる所以の曇りなき眼を取り戻せるか否か。それにすべてがかかっているのではないか。

陰湿な誹謗中傷コメントは日本人がそれを失ってしまったことをよく示している。

1年前あなたのブログに辿り着き、全ての記事を読ませていただきました。

非常に勉強になったし、大きな影響を受けたと思う。

感謝しています。

津波は近づいている。警鐘は鳴らし続けるに如くはない。

あなたのように見識のある人は希少種である。

どうかバカたれどもを見捨てずに鐘を叩き続けて欲しい。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。