YouTubeでがっかりすること

こういう人たちがたくさんいます。
WJFプロジェクトでは、一人でも多くの海外の人たちの理解を得られるように、さまざまなことを斟酌しながら、慎重にレンガを積むように注意深く論理を組み立て、創作活動を行っています。しかし、このような活動をしていてがっかりするのは、YouTubeで下のような不注意なコメント投稿者に出会うことです。





韓国が嫌いなのはよいとしましょう。しかし、他国の国旗を汚すようなアイコンを使って、他の国の人たちが一体どう思うのか想像力は働かないのでしょうか。Googleの機械翻訳を使ったか何かわかりませんが、意味が全く通らないでたらめな英語で、YouTubeのあちこちにコメントをしまくって、世界の誰が共感してくれるというのでしょうか。英語ができないのならば、わざわざ余計なことはしないことです。

視野の狭い短絡的な行動は、日本を貶めるための宣伝として、簡単に逆利用されてしまいます。





日本を貶めているのは、韓国人だけではありません。日本人自身が、日本を貶めています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。