これまでありがとうございました

これまでの感謝と総括。
コメント欄で、支援者の皆様、読者の皆様より、暖かいお言葉をいただきありがとうございました。ふだん、コメントを残されない方からもお言葉をいただき、ありがたく受け止めさせていただきました。

非表示でいただいたコメントですが、WJFプロジェクトが伝えたかった思いを、的確にまとめてくださり、読んでいてとてもうれしかったコメントを一つ、お名前を伏せて、紹介させてください。

私にとってWJF様という存在は、単なる政治ブログを超えた、自らの存在を根源的に問い直すきっかけを与えてくれたものでありました。それは身だしなみを整えるために鏡の前に立つようなもので、毎回ブログを開くたび、緊張と親しさが同時に私の心の中に訪れるという、まことに不思議な体験をいたしておりました。

実際そのような意味合いをもってこのブログを訪れている人は存外に多いのではないかと思います。とかく対抗者を、敵を設定することで愛国的たろうとする言説が氾濫する中で、WJFブログは我々の内側に脈々と流れている否定しがたいものとしての祖国、ぎりぎりの祖国愛を抽出することを促す不思議な力をもっているように思います。

愛国を騙る者たちが国家という存在を信仰やロマンのように扱うことに違和感や空疎な感情を持ってきた人たちにとって、そうした視点から離れて、我らの国が太古からゆっくりと血肉化されてきたこと、そして血肉であるがゆえに決して破壊されてはならない、そのことを多角的に説かれるWJF様のリアリズムを全身全霊に浴びることは、その精神に清らかな作用を及ぼしていたものでしょう。

私にとって今年いっぱいでこのブログがもう更新されることもなくなることは、ただ一言寂しいということにつきます。しかしながら今まで闘ってこられたWJF様に対し、「寂しい」というのが、あまりに甘えた勝手な言い分にすぎぬことも理解しております。

もしかしたらWJF様はすでに、この国がいずれ根底から崩落してゆく姿をはっきりとご覧になっているのやもしれません。私も非力ながら、せめてその時にこの国とともに苦しみ悲しみ、そしてともに添い遂げられる程度には、この国とともに在り続けたいと思うところです。

これまでありがとうございました。

いただいたこのコメントの中で一点、私の思いと異なるのは、私はそれほど、日本のことを悲観しているわけではないということです。

これまでのWJFプロジェクトのあゆみを総括し、皆様にお伝えしきれなかった考えは最後まできちんと伝え、この匿名のプロジェクトを信頼し、厚くご支援してくださった、たくさんの皆様、お一人お一人への感謝を形に表していく、残りの日々としたいと思います。

・「慰安婦神話の脱神話化」のサイトの完成
・「慰安婦神話の脱神話化」の韓国語版の完成
・DVDの完成
・テキストの翻訳が完了してるものの動画化
・その他

なんとか、ここまでは来年の三月までにやり遂げて、有終の美を飾りたいと思っています。

来年の三月までは、ひきつづき、お付き合いくださいますようによろしくお願い申し上げます。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

もったいない。

初めてコメントします。
素晴らしい記事をお書きになっているだけに
来年の3月31日までというのは寂しい限りです。
それに比べ政治ブログランキング上位陣は、
特に10位以内のぼんくらども全員はアホ丸出しな記事を
平然と垂れ流し続けるのでしょう。
やはり世の中は可笑し過ぎる。
健全かつ善良な書き手がなぜ去ることになるのか?
国民を誤導する愚者がなぜ蔓延るのか?
憤りを隠すことが出来ません。

自己レスと謝罪

2015年05月24日 (20時56分)に書き込ませてもらいましたものです。

スミマセン、→の我々は何をすべきかに書いてましたね。
既存の政党に頼るのは甘えだと。
過去ログを見ずに意見したことを謝罪させてもらいます。
どうもすみませんでした。

確かにチラシ配りは有効ですね。政治家に意見を言うのも。
TPPに反対する勢力というのがどのくらいいるのかというのも甚だ疑問ですが・・・。
個人的には次世代の党を推してましたが、難しいですね。

ただ作戦室のコメント欄にダイヤモンドオンラインをソースとするモノがあったので
少し懐疑の目を向けているのも事実です。

2年ほど前このニュースサイトは「サムスンはアップルを駆逐する」という記事を載せていた記憶があるのですが
実際には現状アップルのシェア率はトップであり、サムスンはシャオミ等中国企業にシェアを奪われつつあります。
いわばデマカセですね。
まあ今の世の中ウソをついてない報道機関を見つけるのが無理でしょうが・・・。

ただ安倍普三が信用できないというのは理解しました。
個人的には時間が取れないので、このサイトで言う「愚かな日本人」として応援だけはしていきたいと思います。
これからも頑張って下さい。

指針を

こんにちは、初めて書き込ませてもらいます。

安倍普三は統一教会の走狗である。


これが事実なら、是非今の政党でどの政党が
日本を復活へ導けるのか教えてください。
正直どの政党も信じられない中
一番妥当だと思われた安倍普三の自民党も日本の敵となるのなら
どの政党がこの日本を導くべきなのか。

こういうことを書くのは甘えでしょうが
自分で調べられるのも限度があります。
もう疲れた。

No title

慰安婦問題への一石を投じられ、安倍政権の危険性を早い段階より指摘してこられた貴ブログが閉じる事について、非常に残念な想いです。
残念ですが、私たちの力では衆愚政治に勝てなかったという思いも感じております。
本当に神頼みでしかこの国を救うことは出来ないのか?自問自答をしながら、この国の行く末を私も見守って行きたいと思います。
今まで本当にお疲れ様でした。それでもWJF様の気が変わられて、反安部、反グローバリズム活動を継続される事を、期待しております。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。