うまくいかない例

頑迷なアメリカ人とのやりとり。
ツイッターで『慰安婦神話の脱神話化』(全編)を拡散していますが、説得がうまくいかない事例もあります。


慰安婦に関する「良質なソース」は、実際には、第二次世界大戦で日本の性奴隷の実践をさらに否定するものだ。

この人物と話をしてみると、

・日本はこれまで一度も謝罪していない。
・日本は自分たちの犯した罪を認めようとしない。


という偏見と思い込みが相手の中で固定化しており、ちょっとでも誤解を訂正するような言葉をかけても、それが言い訳や自己正当化にしか聞こえず、拒否反応を引き起こす。

あらためて気づかされることは、

・日本が、謝罪や賠償をしたという事実がまったく伝えられていない。
・「河野談話を破棄しよう」とか、「慰安婦は性奴隷ではない。高給取りの売春婦だ」などといった、実際に起きた女性が自分の意思に反して強制されたケースすらも全否定するような、日本国内の不用意な言葉ばかりが海外には伝えらて、彼らの偏見を増幅させている。


必要なことは、やはり、

・「おきたこと」と「おきなかったこと」を明確に分け、「起きたこと」は率直に認め、「起きなかったこと」は明確に否定する。
・「おきたこと」については、日本はすでに謝罪と賠償という問題解決の努力を行ってきたことをアピールする。
・「日本の名誉回復のために反論する」という姿勢を捨てて、「女性の悲劇を繰り返さないために、起きたことをもっと正確に理解しなければならない」という姿勢で語る。


つまり「慰安婦神話の脱神話化」で採用しているような方法で、我慢強く語ることだと想います。

(私はあまり我慢強くないので、最後は「この偽善者め」とつい罵ってしまいました。)

拡散していて気付いたのですが、「慰安婦神話の脱神話化」を公開しているWJFProject(main)というYouTubeのアカウントにはいろいろな嫌韓的な動画が公開されており、「慰安婦神話の脱神話化」の理解の妨げになるかもしれないと思いました。

そのため「慰安婦神話の脱神話化」だけを公開するYouTubeのアカウント「Demythologization of the myth of the Comfort Women」を作成し、そちらにも「慰安婦神話の脱神話化」を公開していきます。
こちらも拡散に活用してください。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

TO: WJF様

>「うごかない支点」。つまり双方が議論の余地なく正しいこととして同意できる一点を設けておく。

もし議論をするとしたら、『うごかない支点』は本当に重要ですよね。
うまく相手と尊敬しあえる関係が結べて、最低限の同意できる点が見つかれば
そこから議論を積み上げることが出来ると思います。

ただ、異なる意見を持つ人とはこの支点を築き上げるだけでも簡単ではない。
人の数だけ正義があると言いますし、WJF様も、反論できない正論を押し付けられて不愉快になった経験があるかと思います。
聞き手の気持ちを無視して正論ばかり言われたら逆切れする人もいるだろうし、自分だったら堪らず逃げだしてします。

WJFさんはとても論理的な思考が出来る人だし、正義感も強い。
であるがゆえに相手を非難をしている小山さんの記事は読んで心配になりました。
最終的に得るものがなかった、お互い拒絶しあう議論というのは悲しいものですよね・・・

ところが先ほどAdamさんの記事を読んでみると、思わずホッとしてしまいました。
やはりAdamさんのような慰安婦問題に対して中立(と感じられるよう)な人達からアプローチをしていって、仲間を増やしていく方が良いのかなと思います。

TO: まつぼっくり様

仰られていること、すごく分かる気がします。
すっと自分の中にまつぼっくりさんの言葉が入ってきました。
なにか言葉にしてくれてありがとうという感じです(笑)

私も「前者」でしたが

正直なところ、私も本音では「日本の名誉回復のために」という気持が圧倒的に大きかったのですが、「慰安婦神話の脱神話化」の第三部を観て、いままで非常に中途半端な気持や覚悟で慰安婦問題を考え、「慰安婦神話の脱神話化」を賞賛していた自分自身、「女性問題」に関しても「動画でこう言ってくれているから、そういうことにしておこう」程度の軽い気持でしか受け止めていなかった自分自身も

>前者の姿勢の人が後者のように語ると偽善に聞こえるだろうし透けて見える

とひろさんも指摘しておられる様に、「偽善者」であり、「石を擲つ」資格のない者であったことを痛感させられ、私自身はあれから色々と変わりつつあります(今迄は恥ずかしながら「読んでも読まず」だったWJFさんの提唱しておられることがやっと理解できつつあると申しますか)。

余談ですが、第三部を観て、以前知人男性に連れて行ってもらった北新地のクラブで歌っていたフィリピンの女性シンガー(マリーンを思わせるようなよい声でした)に「よい歌を有難う」と話しかけたら、「アナタ、優しい人!」とすごく喜んで、私の好きな歌まで歌ってくれたことを思い出したこともあり、本当に「何とかできないものか」と思っていたら、YouTubeにフィリピン男性が「同胞にもこの動画を見せる」というようなコメントをされていて、少しホッとしました。

このようなことも含め色々と感じたことは他にもあるのですが、上手くまとめられませんので、これにて失礼いたします。

ひろさん

なぜ、「日本の名誉の回復のため」という意識をむき出しにしてなされる日本側の弁明がまったく外国人には通じず、すべて裏目にでてしまうのか。

ぜひ下の記事を読んでみてください。

てこの原理
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-9c46-1.html

>本当に後者の姿勢の人が語る分には問題ないのですが、前者の姿勢の人が後者のように語ると偽善に聞こえるだろうし透けて見えるとおもいます。

「慰安婦神話の脱神話化」第3部に、韓国で歌手にしてあげると言われて騙され、夫や子供をおいて韓国に渡ったものの、米軍基地周辺のキャンプタウンで売春婦にさせられてしまったフィリピン人女性が登場します。

そのような女性をみて、素直に、「かわいそうだ」と思いませんか?

「このような人身売買の被害者がいなくなってほしい」

と自然にそう思いませんか?

私は心からそう思いましたし、そういう同情心を持つのは、人間として自然なことだし当たり前なことだと思います。

人間誰しもが抱くそのような感情をもたずに、またそのような感情を聞き手と共有することなく、ひたすら「自国の名誉のため」と言って、「慰安婦は売春婦だ、韓国人は嘘をついている」などと世界のどこにいって叫ぼうと、失笑の対象になるだけで誰も耳を貸してはくれず、日本に対する偏見を強化するだけで終わってしまいます。

慰安婦問題とは、自国の名誉の問題以前に、女性問題であるという、基礎基本を忘れてはなりません。その基礎基本に立つことなく、不用意に外国人に対して、ああだこうだと騒ぎ立てることによって、日本の名誉は回復されるどころか、むしろ損なわれてしまいます。

No title

>・「日本の名誉回復のために反論する」という姿勢を捨てて、「女性の悲劇を繰り返さないために、起きたことをもっと正確に理解しなければならない」という姿勢で語る。

自分の中でここが少し引っ掛かりました。
(WJF様がどうというのではなく、自分は前者に重きをおいていた方なので)

本当に後者の姿勢の人が語る分には問題ないのですが、前者の姿勢の人が後者のように語ると偽善に聞こえるだろうし透けて見えるとおもいます。

いろいろ感じて学びながら、素直に語るしかないように思います。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。