『慰安婦神話の脱神話化』(全編) 外国人の反応 (1)

「びっくりして、言葉をなくしました。」
今朝、中東のテレビ局アルジャジーラのネットのライブ放送で、慰安婦問題が取り上げられました。

その放送を見た人のツイッター上の議論が下のリンク先にまとめられています。

Debunking "Comfort Women" Revisionism on #AJStream

上のリンク先で、慰安婦問題についてツイートされていた外国人をランダムに選んで、さっそく『慰安婦神話の脱神話化』全編(英語版)を、見てくれというツイートを送ってみました。

下が動画を見てくれた人から、さきほど受け取った反応です。


「動画をみました。びっくりして言葉をなくしました」

と、この方は、書いています。

「慰安婦神話の脱神話化」という動画は、日本人にはぴんとこないかもしれませんが、外国人の慰安婦問題に関する理解を根底から変える上で、効果てきめんの動画です。

日本人にはぴんとこないからこそ、外国人がわかる動画です。

なぜ日本人はぴんとこないのか。

「日本人の自己弁護」というニュアンスを、動画から徹底的に排除しています。

日本人としての愛国心の表出も、避けています。

「韓国人は嘘をついています」とか、「日本は悪くありません」などというメッセージはおくびにも出さずに、 動画はいきなり西洋画から始まります。

韓国人の元慰安婦を「かわいそうな女性」として扱っています。

自分の意思に反して慰安婦となった女性も存在したことを率直に認めながら、同時に歪曲された主張も正しています。

日本人の保守の人たちが喜ぶようなさまざまな要素こそ、むしろ、外国人が慰安婦問題を理解するうえで妨げになるものばかりです。

それらのものを、この動画は、すべて注意深く取り除いています。

だから日本人の保守の人たちは、この動画を見て楽しくもなんとも感じない。

しかし、それだからこそ、外国人がスムーズに、この動画のロジックの中に入っていくことができます。

そして最終的に、慰安婦問題で日本を叩くことは間違っていることに気付かされます。

「慰安婦神話の脱神話化」は、せっかく外国人がわかるように作られているのですが、日本人の保守の人たちは自分が見ても楽しくもなんとも感じないため、なかなか拡散してもらえない。

それではもったいないです。

ぜひ、私がしたように、ツイッター上で、慰安婦問題についてツイートしている外国人を見つけて、動画を送ったり、知り合いの外国人に見せたりしてみてください。

この動画の絶大な効果にお気づきになるはずです。

この動画を積極的に活用していただきたいと思います。
「慰安婦神話の脱神話化」というシリーズに、以前寄せられたコメントは、下のリンクでも読むことができます。

『慰安婦神話の脱神話化』第1部、外国人の反応-1
『慰安婦神話の脱神話化』第1部、外国人の反応-2
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

匿名様

>もし、そのような、自己愛的な反論反駁を愉しむばかりの浅薄な保守の大勢を占めるとするならば、それこそが真の我が国の危機かもしれません。

思いを共にしてくださる方がいらっしゃり、安心いたしました。

しかし、そのように考えてくださる方は、残念ながら、今、本当に少数です。

匿名さん

私の述べていることが、誹謗中傷なのかどうか、事実から目をそらさずに、自分の目でしっかり確かめてください。

下は、統一教会の機関紙「世界日報」の下部組織である「世日クラブ」の30周年記念の、櫻井よしこの講演のポスターです。

http://whocontrolstheworld.seesaa.net/article/291816299.html

下は、自民党の稲田朋美議員が、統一教会の世界平和連合の福井県大会に出席している写真です。

http://whocontrolstheworld.seesaa.net/article/292043579.html

下は、田母神俊雄が、統一教会主催の講演を行った証拠であり、チャンネル桜の水島も田母神が統一教会であることを最近認めています。

http://whocontrolstheworld.seesaa.net/article/289370257.html

統一教会は反日カルトです。

統一教会のねらい、「日本を、礼節の国にしたい」という朝鮮人の悲願の実現です。

「日本を、礼節の国にしたい」
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-368.html

統一教会系の保守の特徴は、

1. 歴史問題では強硬な態度をとる。(→大衆の支持を取り付けるため)
2. 構造改革、新自由主義、グローバリズムは積極的に推進する(人によってはグローバリズム批判するポーズをとることもあるが構造改革推進政権への支持を煽る。)

と私は指摘しましたが、みな、それに該当していませんか?

匿名さんがことさら拡散を控えなくても、WJFの動画は、とっくに、慰安婦問題のような歴史問題で大衆を釣って、構造改革という国家破壊へと誘導する、インチキ保守団体によって、無視され、黙殺されています。

WJFが構造改革を批判し、構造改革を推進する安倍政権を批判し、彼らと違うロジックで、慰安婦問題を説明しようとするからです。

この素晴らしい動画を広めたいのは山々ですが
この動画を人に勧めたり、広めたりすると、あなた様が行われた数々の他の保守への非難と中傷まで勧めている事になってしまう為、顰蹙を買ってしまうのです。
(普通に批評するだなら、まだしも、あからさまな中傷も入り混じっておりますので)
初期の頃は、ロシアの動画サイトにアップしたり、仲間に宣伝したりしていましたが、今は見合わさせて頂きます。

No title

慰安婦動画3部作、完成にまずお祝い申し上げます。

初めて『慰安婦の脱神話化』動画を見たのはおそらく1年以上前のことだったと思いますが、当時、誤謬と偏見に満ちた諸外国、特に米国の慰安婦認識と報道に、切歯扼腕していた日々でした。あの当時ほど、英語力にもっと磨きをかけておけばと思わなかったときはありません。そして、このような動画がアップされていることに辛うじて救いを覚えたものです。

小生、及ばずながら一応、保守を自認しているものでありますが、この動画にはなんの瑕疵も、物足りなさも覚えません。むしろ、なんとかこれで反論のよすがになるものができたと、心強く感じるばかりです。ですから、日本の保守が自分が見て楽しいともなんとも感じない、というサイト主氏のコメントが大変意外で、かつ驚きました。

もし、そのような、自己愛的な反論反駁を愉しむばかりの浅薄な保守の大勢を占めるとするならば、それこそが真の我が国の危機かもしれません。なんにせよ、素晴らしい動画をありがとうございました。

No title

>日本人の保守の人たちが喜ぶようなさまざまな要素こそ、
>むしろ、外国人が慰安婦問題を理解するうえで妨げになるものばかりです。

全くその通りだと思います。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。