あまりに典型的な

騙す方も、騙される方も。
「谷山雄二朗は、国士だ」
「谷山雄二朗は、愛国者だ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

谷山雄二朗「日本は景気回復のために解雇自由化を導入すべきです。そのために安倍晋三を支持しましょう。」
日本の「グローバル化」=「国家破壊」を画策するある反日勢力が存在し、日韓の双方で、マッチポンプを演じ、歴史問題を煽り立てる。

日本国内では、歴史問題に抗弁する正義の味方のふりをして登場したヒーローに、反日勢力が組織ぐるみで拍手喝采を送って、大衆をからめ取り、「構造改革」への危機感を麻痺させたり、「構造改革」実行政権への支持へと誘導する。

その典型的な例。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

hyさん

>そもそも構造改革を推進しているものは、基本的に反日で慰安婦問題や南京事件も肯定していると思います。

反日グローバルカルト統一教会の本音は、

「日本は悪の国だ(日本はサタン側国家である)。だから構造改革やグローバル化を推進して日本を善の国アメリカ(天の側国家)に組み込んでしまおう」

というものです。

これは戦後のGHQによる

「日本は悪の国だ。だから日本を改革しなければならない」

という歴史観を踏襲しています。

しかし、彼らは、日本の国内では「保守・愛国」を偽装しています。日本人を引きつけるためです。そのことはチャンネル桜も認めました。田母神は統一教会であり、日本の保守の中に統一教会が浸透していると水島は認めました。

その結果、彼らが日本の国内で、日本人を引きつけるために採用している言論のパターンは、

「日本は善の国だ。反日プロパガンダはすべて嘘だ。そのような嘘をばらまく反日の特亜は脅威だ。だから構造改革やグローバル化を推進して日本をアメリカに組みもう」というものです。

小泉純一郎、安倍晋三、麻生太郎、橋下徹、櫻井よしこ、稲田朋美、平沼赳夫、中山成彬、田母神俊雄・・・

歴史問題に毅然として振る舞い愛国的に見える政治家や言論人ほど、構造改革に前のめりであったり、構造改革の問題を黙殺したり、あるいは、表向き批判するように見せて、実は構造改革を推進する政権の熱烈な支持をよびかけたりします。

それは彼らが本当に「構造改革」の危険性を知らないからなのでしょうか。

「歴史問題で毅然と振る舞い、構造改革に積極的である。」

このような言論のパターンを取る人々の共通点は、彼らが統一教会との関わりを持っていることです。

そして、そのような政治家や言論人の影響下にある、「保守」の大衆層も、歴史問題では過剰なほど敏感に反応しても、安倍政権や安倍政権が進める構造改革の危険性にはまったく気づいていません。

「反日プロバガンダ」→「日本叩き」→「日本人の不満と怒り」→「日本人の右傾化」→「構造改革実行政権への傾斜」→「日本のグローバル化」

90年代以降、日本は上のような段階をたどっています。

谷山氏の慰安婦の取り組みが仮にすばらしいとしても、その日本の大衆を引きつけるすばらしさのゆえに、彼が安倍政権や構造改革への支持を煽る要員の一人であることに、私は懸念を抱いています。

2012年1月、橋下徹が日教組批判をして、保守の絶賛を浴びたとき、WJFプロジェクトは、橋下徹は保守ではない、ただの構造改革の推進を煽る売国政治家だと批判しました。

秋入学・道州制・裁判員制度・TPP・橋下徹大阪市長
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-405b.html

その指摘は正しいものではありませんでしたか?それともhyさんはあれから3年たっても、いまだに、構造改革の危険性にまったく気づいていない、「保守」の一人ですか?

日本に必要なのは、

「歴史問題には熱心であり過剰反応するが、構造改革やそれを実行する政権には諸手を挙げて賛成してしまう保守」

ではなく、

「歴史問題にも、構造改革にも、批判的に取り組む保守」

です。

「歴史問題」と「構造改革」は、「反日」勢力が推し進める表裏一体のものだからです。

No title

 慰安婦の動画に関しては支持したいと思いますが、今回の内容には違和感があります。どんな人間も完璧ではないので、ある欠点を見てこの人間は悪だとレッテル張りをすることは、このブログを批判している人間と同じ発想のような気がします。そもそも構造改革を推進しているものは、基本的に反日で慰安婦問題や南京事件も肯定していると思います。ただ保守層を騙す為に利用することはあっても、実際には何も行動しないので、谷山氏は信念をもってやっているように見えます。今回の動画の中で言っている内容は、若者が低賃金で苦労しているのに大した仕事をしていないのに高給を取りながら偉そうにしている人間を批判しているだけで、極端な言い方だけれども言いたいことは判ります。チャンネル桜も谷山氏もこのブログも傍から見るとみんな似ている気がします。それぞれ自分の信念で行動していてよくやっていると思います。しかし、自分に自信ががある反面、自分と意見が違うと全て悪と決めつけて批判しているように見えます。自分の信念で行動することは良いことだと思いますが、相手の一部だけを見てその人を全否定するのは良くないと思います。他人は自分の鏡だと聞いたことがありますが、ちょうど猫が鏡に映った自分と戦っている見たいです。人を批判する前に自分を高めるように努力することの方が大切だと思います。

嫉妬などと低俗な事言われて悔しい

kazuyaも谷山氏も結局安倍に誘導する側ですから、そりゃ顔出し出来るでしょう。
谷山さんという方はこちらの記事で初めて知りましたが、英語でアメリカ人を前に慰安婦の反論をやったら、そりゃスカッとします。
鬱憤が溜まっている日本人が飛びつくツボを熟知していて厄介な存在ですね。

でも、解雇自由化なんて日本人を大事に思っているなら言えないと思いますよ。


WJFさん、健康に注意してとにかくしぶとく生き延びてください。

呆れるさん

事実を整理してみましょう。

Q1. 日本の保守の中に統一教会は 浸透しているか

A1. チャンネル桜の水島総は、そのように認めています。

Q2. 統一教会はどこにいて、何をしているのか。

A2. ご存知の通り、「保守」の人々の間には、「これが正しい」という様々な模範解答が用意され、流布されています。例えば、

・保守なら安倍政権を支持すべきだ
・保守なら憲法改正に賛成すべきだ
・保守なら原発推進を支持すべきだ
・保守なら河野談話破棄に賛成すべきだ


などがありますが、同じような模範解答は、他にもたくさんあります。

保守の人たちは、上のような模範解答は、「疑問の余地なく正しい」。そのように信じています。

そして、上の模範解答と違うことを誰かがいうと、「保守ではない」とか、「偽装保守」だとかといった批判を浴びます。

これらの模範解答は、一体、誰が用意し、流布しているものなのでしょうか。

おかしなことに、「勝共連合」(統一教会)のHPにいくと、上のような模範解答と全部同じことが書かれています。

不思議ですよね。なぜなのでしょうか。偶然の一致でしょうか?

仮に、上のような模範解答を用意したのが統一教会であると仮定すると、「保守」の人たちはほとんど、自分が気づかない間に、統一教会の考えに取り込まれているということになります。

でも、「保守」の人たちは、「そんなことはない。自分は統一教会なんか知らないし、彼らに洗脳なんかされていない」と言うでしょう。それはそうです。統一教会は「私たちは統一教会です」とわざわざ名乗って上のような模範解答を人々に刷り込んでいるわけではないからです。

代わりに上の模範解答は、たとえば田母神俊雄のようなさっそうとした愛国者の口を通して語られますから、「マスコミ」や「反日左翼」に疑問を持つようになる人たちは上の模範解答が正しいものだとそのまま信じ込んでしまいます。

また上のような模範解答を語る「愛国者」は、一人や二人ではありません。複数で、組織的に同じことが、何度も何度も反復して語られていれば、ますます人々は、上の模範解答が正しいものなのだと刷り込まれていきます。

しかし、統一教会が上の模範解答を用意したとすると、統一教会は反日カルトですから、「日本のためになるようにみせかけて、本当は日本のためにはならない」ことを日本人に、あたかも正しいことのように植え付けているということになります。

しかも、悪いことに、保守の人たちは、上の模範解答のひとつひとつが本当に正しいのか、ゼロベースで吟味しようとはしません。

たとえば、「河野談話は破棄すべきだ」という模範解答が保守の人たちの間で流布されてきました。

この模範解答は本当に正しいものなのでしょうか。

河野談話を実際に読んでみると、そこには「強制連行」などという文字は書かれてはいないことに気づきます。「強圧」や「甘言」によって強制されるケースがあったと書かれている。そういう慰安婦も存在したことは事実です。とすると、河野談話はそれほど事実と異なることが書かれているわけではない。

しかし、「保守」の人々は、自分で河野談話を読んで確認したりはしませんから、あたかも河野談話が「慰安婦は強制連行された」という韓国の嘘を日本政府が認めたかのように誤解しています。

河野談話がいきすぎている点は、「総じて本人たちの意思に反して行われた」という「総じて」の一言です。すべての慰安婦が自分の意思に反して慰安婦になったわけではないので、このような一般化は明らかに行き過ぎです。

また、日本は、「売春を目的として他の者を、その者の同意があった場合においても、勧誘、誘引すること」や売春宿の経営そのものを禁じた『人身売買及び他人の売春からの搾取の禁止に関する条約』に1958年に加入しているため、この条約の下にある日本政府が、戦前の慰安婦制度を総括した場合、河野談話のような反省の言葉となってしまうのも仕方がないことです。

では、河野談話を、この「総じて」の一言のゆえに廃棄すべきなのか。また、河野談話が戦前の慰安婦制度を反省しているがゆえに破棄すべきなのか。

ゼロベースで考えたら、必ずしもそうはいえないことに気づきます。

なぜかといえば、河野談話は、アジア女性基金による謝罪と賠償という、日本人が慰安婦問題を解決しようとした努力と結びついています。

河野談話を破棄すれば、日本人が、過去に、慰安婦問題を解決しようと努力した事実を、自ら取り消したり、否定することになってしまいます。

世界の人たちは「日本人は一度も、慰安婦問題を謝罪もしていないし、賠償もしていない」と信じています。

なぜならば、韓国人たちが、そのような嘘をばらまいているからです。

とすると、河野談話を日本人が自ら破棄してしまえば、「日本人は一度も謝罪をしていない」という韓国人の嘘を、日本人が自らわざわざなぞることになってしまいます。

日本人がすべきことは、むしろ、河野談話やアジア女性基金によって、日本人が慰安婦問題を解決しようと努力した事実を、世界にもっとアピールすることではありませんか?

それなのに、なぜ「河野談話を破棄すべきだ」などと、実際には、日本人には不利益になり、韓国の嘘が本当になってしまうようなことを煽ってくる人々が存在するのか。

「河野談話を破棄せよ」と呼びかけていた政治家や、言論人や、団体を調べると、統一教会とつながりのある人や団体がぞろぞろ出てます。

それはどういうことなのでしょうか。

統一教会が、韓国では、慰安婦問題に関して日本を糾弾しているのも、過去の新聞記事を見れば簡単に確かめられる事実です。

とすると、統一教会が、日韓双方で、慰安婦問題を煽っている、このように語っても陰謀論では片付けられないということになります。

Q3 では、彼らが慰安婦問題などの歴史問題を、日韓双方で煽る理由はなんなのでしょうか。

A3 意味もなくやっているはずがありません。何かの目的があるはずです。

これに関しては下の記事を、読んでみてください。

統一教会と慰安婦問題
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-719.html
反日プロパガンダがもたらしたもの
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-725.html
「歴史問題」と「構造改革」のはざまで
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-712.html

Q4 以上の文脈から見たときに、谷山雄二朗氏のスピーチはどのように評価すべきものか

A4. 谷山雄二朗氏のスピーチは、その英語力や表現力、使用しているレトリックなどは、評価すべきものだと思います。

しかし、彼が語る慰安婦問題の定式は、基本的に、「保守」の人たちの間で流布されてきた従来の「模範解答」を踏襲しています。

「保守」の人たちの間で流布されてきた慰安婦問題の「模範解答」は、次のようなものです。

・慰安婦たちは売春婦なので性奴隷ではない
・慰安婦たちは売春婦なので、強制されてはいない。
・韓国人元慰安婦たちの証言は矛盾しており、強制されたと主張する証言は疑わしい。
・唯一、強制された例外として、白馬事件のオランダ人捕虜の事例がある。


WJFプロジェクトは、上の慰安婦の定式が正しいものなのか、また慰安婦問題を海外に発信する上で有効なものなのかも、これまで詳細に吟味し、論じてきました。

結論を言えば、上の定式は、慰安婦問題に関する立体的な事実を正確に拾い上げていないし、海外に説明する上でも、有効なものではありません。

それについては、下のような記事を読んでみてください。(コメント欄に書き込めるリンク数に制限があり一部タイトルのみです)。また、それ以外の「慰安婦」のカテゴリーの記事でもいろいろな角度から論じていいます。

「売春婦か、性奴隷か」と問うなかれ(1)
慰安婦神話の脱神話化 第2部制作の留意点(4)
NYT田淵氏と杉浦氏の慰安婦問題をめぐる議論
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-476.html
慰安婦神話の脱神話化について語りたいこと(3)
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-716.html

慰安婦問題は、徹底して「外国人のみ」に訴求する形で、語られなくてはなりません。

「慰安婦問題を外国人に語っている姿を見る日本人」に対して訴求するものであってはなりません。

この二つは相反するからです。

そこに日本人が喜ぶような要素がみじんも混ざってはならない。

No title

なるほど谷山氏がそういうことを言っていたなら、それは間違いと糾すのがよい。

しかし、だ。何故WJFブログはこのタイミングでそのようなことを書いたのだろう?彼は昨今、慰安婦問題でアメリカにまで乗り込み完全アウェーの中で素晴らしいスピーチと慰安婦に関する映像作品の上映会を行った。

youtubeでも見ることができる。
America & Sex Slaves [ 8 TIPS you need to know about Comfort Women youtu.be/OgGxbSxsJS4

あなたは、そのことをまず褒めようと思わないのか?是々非々という言葉がある。左にだって右にだって様々な考え方がある。違う部分を認め合い、議論する態度が大切だろう。

それとも、WJFにとっては慰安婦問題は「取るに足らない問題」なのか?今回下らない河野談話を安倍談話で上書きできるチャンスがある。今後、安倍談話を中心にした考え方を引きついでいけるかどうかは日本にとって非常に重要なポイントだ。


あなたがTPPに強く反対していることは知っている。しかし、あなたにとって少しでも考えの違うものは、排除する対象なのか?

なぜ、全否定なのだろう?それとも、慰安婦問題はあなたにとって「撒き餌」程度に過ぎない問題なのか?

「日韓の双方で、マッチポンプ」なる部分は大変聞き捨てならない。慰安婦絡みで谷山氏を貶めるなら、あなたの賞賛を受けた動画にすらも泥を塗る表現だ。

あなた自身が慰安婦を餌に「マッチポンプ的に出てきた虚構のヒーロー」と根拠なく言われたらどう答えるのか?

慰安婦問題が日韓双方にあるかのような表現も実に無知極まりない。

根拠があるならきちんと書けばよい。陰謀論なんて実にみっともない。頭の悪い左翼でも今時根拠なく「CIAが~」などと書かない。馬鹿だと思われるからだ。

顔出しで活動してる谷山氏と、ずっと匿名のあなた。そういえば、kazuya氏のことも批判しておられた。嫉妬でしょうか?嘆かわしい。あなたも顔を出してyoutubeにて、自分の言葉でしゃべればよろしい。TPPを批判すればよろしい。

文章のやり取りも世の中を変えられる。しかし、生の演説はより大きく世の中を変えることができると思います。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。