統一教会と慰安婦問題

「グローバリズム」を推進する手段として、「歴史問題」を利用する勢力の存在。
最近、チャンネル桜の水島総が、日本の「保守」勢力の中に、統一教会という韓国のキリスト教系の反日カルト宗教が深く入り込んでいる事実を率直に認めました。
従来、「日本の保守は統一教会だ」と誰かがいうと、保守側の人たちからは「左翼」や「陰謀論者」と思われたものですが、この事実を、チャンネル桜の側が率直に認めたことは、画期的なことであり、大きな意義があると思います。

一点、まゆにつばをしなければならないのは、チャンネル桜はそのような韓国のカルトと無関係であるかのように語っていることです。

チャンネル桜が、統一教会と無関係ならば、なぜ統一教会と関係をもつ人たちが多くチャンネル桜の番組に出演しているのでしょうか。

なぜ、「安倍さんなしには私たちのみ旨は成就できません」と統一教会の人々が熱烈に信奉し、祖父の岸信介の代から統一教会と深い関係にある安倍晋三という政治家を、あそこまで不自然に持ち上げるのでしょうか。

仮に、安倍という政治家や、自民党という政党や、日本の保守が、統一教会と関係していても、その語ること、行うことことが、日本という国や日本人の利益に合致していれば、私たちは何も問題視する必要はないと思います。

なぜ、私たちが、日本の保守と統一教会の関係を問題視しなければならないのかといえば、彼らが明らかに、日本の利益にならず、日本を破壊するような政策を進めたり、日本を破壊するような政策を進める政治家や政党を熱烈に支持したり、支持するように人々を煽っているからです。

上記の点に合点がいかないという方は、ぜひ下のことを、自問してみてください。

・なぜ安倍政権や自民党から「英語公用語化」などという政策が出てくるのでしょうか。

・なぜ自民党は「1000万人移民計画」なるものを掲げていた(いる)のでしょうか。

・なぜ安倍政権や自民党は、外国人労働者の受け入れ拡大に前のめりなのでしょうか。

・なぜ安倍政権は、TPPやRCEPやFTAAPといったグローバル化政策に熱心に取り組んでいるのでしょうか。

統一教会という韓国で生まれたカルトは、当然のことながら「反日」的な教義を掲げたカルト宗教です。

下に引用する通り、彼らの教義によれば、日本は悪の国家であり、アメリカや連合国(国連)は、善の勢力なのだそうです。

第二次世界大戦は、民主主義によって結託した米、英、仏の天の側国家と、全体主義によって結託した独、日、伊のサタン側国家との対戦であった。それでは、どうして前者は天の側であり後者はサタン側なのであろうか。前者はアベル型の人生観を中心として、復帰摂理の最終段階の政治理念として立てられた民主主義を根本理念とする国家であるから天の側である。後者はその政治理念がカイン型の人生観を中心としており、反民主主義的な全体主義国家であるゆえにサタン側である。また、前者はキリスト教を支持する国であり、後者はキリスト教的な立場に立った国家であるので、各々天の側とサタン側とに区別されたのである。

(出典: 統一教会の根本経典『原理講論』)

チャンネル桜が認めた通り、この反日カルトは、しかし、なぜか日本の中では「愛国的」なメッセージを掲げて、日本の保守や政治家の中に深く入り込んでいます。

統一教会のねらいは明確であり、「天の側国家」であるアメリカに、「サタン側国家」である日本を組み込むことによって、「サタン側国家」日本を解体・解消してしまうことです。

だから、統一教会に侵された日本の保守(安倍政権、自民党、維新の会、次世代の党、ほとんどの保守界隈)は、「構造改革」や「新自由主義」や「グローバリズム」に無批判であるどころか、熱心に推進しようとします。

「構造改革」「新自由主義」「グローバリズム」

すべて、日本をアメリカに組み込み、日本を日本でなくし、アメリカ化するという点で、統一教会のねらいと合致しています。

「日本をアメリカに組み込む」という、統一教会系の保守勢力が好むこの所作は、冷戦構造の中では、共産主義勢力から日本を守る意義があったため、その危険性が日本人一般に深く自覚されていませんが、1990年の冷戦終結以降は、すべて日本を経済的、社会的に、弱体化させる方向に働いています。

安倍晋三も官房長官として補佐してした小泉政権が推し進めた「構造改革」や「新自由主義」や「グローバリズム」の結果、日本に居住する中国人の数は、2000年の時点から倍に増え、現在では、在日コリアンの数を超えてしまっています。安倍政権の推し進める大規模な構造改革により、在日中国人の数は今後ますます増えていきます。

にもかかわらず、「構造改革」や「新自由主義」や「グローバリズム」を推進する、安倍晋三のような政治家や政権が、真の「愛国・保守」であるかのように、保守の人たちには信じられてしまっています。

そして、統一教会系の保守勢力が利用するのが、慰安婦問題などの歴史問題です。

統一教会は、韓国では、下のように、日本を糾弾する側として振舞っています。(下の写真は、慰安婦問題について謝罪する、合同結婚式で韓国に嫁いでいった統一教会信者の日本人妻たち)



一方、日本の国内では、反対に、慰安婦問題について日本を弁護する保守の勢力として振る舞い、慰安婦問題に関する韓国の糾弾や反日プロパガンダに不満をもつ日本人たちを、自分たちの勢力に取り込むことに成功しています。

彼らは、慰安婦問題に関する日本人の不満を、「構造改革」、「新自由主義」、「グローバリズム」を推進する、安倍政権や自民党の支持率浮揚の手段として利用します。

あるいは、「歴史問題」に関する危機感を煽り立てて、「構造改革」、「新自由主義」、「グローバリズム」から日本人の目をそらし、それらに対する日本人の危機感を麻痺させようとします。

おそらく、慰安婦問題に関心があって当ブログに来られた方たちは、ここまでお読みになって、私が頭のおかしなことを語っていると思われるかもしれません。

しかし、日本の保守勢力に統一教会が入り込んでいる事実は、チャンネル桜自体が認めているのです。

残念ながら、慰安婦問題のような、歴史問題に真摯に取り組む人であればあるほど、自分が気づかない間に、統一教会系の保守勢力に取り込まれています。

その証拠に、歴史問題に熱心な人ほど、「構造改革」や「新自由主義」や「グローバリズム」に全く危機感を持ちません。

また、慰安婦問題に真摯に取り組んでいるかにみえる団体の多くは、統一教会の息がかかっています。

判別は極めて簡単です。

「構造改革」「新自由主義」「グローバリズム」

これらのものを、その団体が「歴史問題」に取り組むのと同じ熱心さで、批判しているかどうかです。

どんなに「自虐史観」を批判したところで、「構造改革」という名の、日本を日本でなくしていく「自虐改革」に賛成してしまっては元も子もありません。

また、慰安婦騒動をわざと国際社会に目立たせ、あえてその傷口をあえて広げるようなやり方で、慰安婦問題と取り組む「フリ」をする団体も存在します。

保守愛国を偽装した反日勢力に、慰安婦問題のような歴史問題を悪用させないためにも、また彼らに取り込まれてしまった善意の日本人を奪還するためにも、WJFプロジェクトは、「構造改革」を厳しく批判しながら、同時に、「歴史問題」に真摯に取り組む必要があると考えています。

もちろん、言葉の本当の意味で、反日プロパガンダを「打破する」ためであることは、言うまでもありません。

WJFプロジェクトは、安倍政権発足当時から、「構造改革」「新自由主義」「グローバリズム」実行政権としての安倍政権の本質に気づき批判してきたがために、「偽装保守」だの「反日左翼」だのといったレッテルを貼られてきましたが、現在では、かつては安倍政権を熱烈に支持していた保守の人たちの多くが、WJFプロジェクトが掲げてきた警告は正しかったと認めてくださっています。

仮に、「統一教会うんぬん」という話は、まったく理解できない、信じられないという方であっても、少なくとも「構造改革」や「新自由主義」や「グローバリズム」の危険性については、理解していただきたいと思います。

日本が直面している危機は、決して、慰安婦問題のような、「歴史問題」だけではありません。

右側の「おすすめの記事」という項目にリストアップされている記事をどれでもよいので、ぜひ、読んでいただけると幸いです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

【危険なカルト: 芦別天都で何が? 集団不登校 内部を取材】

北海道芦別市に、かつてのオウム真理教を彷彿させるカルト宗教団体が居座っていること­をご存知ですか? 「倉原のホワイサイエンス」と、カルト被害者を考える会から名指しで非難されている、­危険なカルトです。

https://www.youtube.com/watch?v=R4kZwUUPQlQ

水島は、ココでも嘘をついている

真相はこうです・・・

水島氏が触れている北海道の施設は、
全く統一教会とは無関係です。
だからこそ、非難しているんですよ。

先ず
統一カルトだと、偽のレッテル貼りをされている組織(芦別の施設)を
自分が攻撃しているのだ。

だから
「自分(水島&チャンネル桜)は統一教会とは無関係だぞ!」関係ないの!

「どうだ、分かったか!!」

ーーーーーーーーーーーーー

水島は、そう言いたい。
 
つまり
偽情報(芦別の施設は統一教会だ)を悪用し、自分の悪をカモフラージュしている。




記事は、もう一歩深く見て見解が浅く、間違った解釈で述べられています。
 
私は何ごとも『原点』『原典』から判断しなければ気が済まず 
水島が言っている北海道の施設を調べました。

下に一次資料(二つ)を貼っておきます。

結論は
統一教会とは無関係だが、偽情報で「統一カルトだ」とレッテル貼り
をされている組織(事実は、真っ当な保守)を叩くことで
 
「だから、
 自分(水島&チャンネル桜)は統一教会とは無関係だ」

と言いたい。



〔参考:ダイアモンドクラブに関する一次資料〕

●動画6本
http://diamondclub.jp/?page_id=322

この動画では、田母神俊雄氏が顧問になっているが
今は外からの圧力で、外れている。

水島は、田母神俊雄を叩きたいから、
このダイアモンドクラブを叩いているに過ぎない。

●ダイアモンドクラブの考え方
http://diamondclub.jp/?page_id=787

み旨の成就の為なら何でもあり

いきなりの長文、失礼致します。
私は統一協会の女性信者による正体を隠した勧誘(霊感商法含む)を受けたことがある者です。
以前「やや日刊カルト新聞」のコメント欄にも投稿した内容を詳しく書きなおして投稿させて頂きます。

こちらでも紹介されている有名な「統一教会の内部文書」にある「昨年8月の総選挙」、つまり2009年夏の政権交代選挙の際、その女性信者は「家庭の大切さなどを学ぶ女性の勉強会に行っていて、そこで比例は自民党、小選挙区は自民党の候補がいないので連立を組んでいる公明党に投票するよう言われているのでそうする。」と言っていました。
(詳細は省きますが、この女性の勉強会が統一協会関係のものであることは、「統一協会ではない=サタン側の人間のいうことを聞いてはいけない」などの教義や、それまでの彼女の言動、彼女に誘われた会合などから考えて間違いないと思います。)
因みに、公明党=創価学会であることだけでなく、彼女の選挙区は統一協会と密接な関係があると「しんぶん赤旗」などで報じられた室井邦彦・秀子夫妻(当時は民主党)の選挙区で、当時の室井夫妻は田中康夫を応援していたことや、ローマ法王と会見もしたカトリック※の麻生政権だったことを考えても、「目的の為なら手段を選ばない」彼等らしいというか、何か色々とスゴイものを感じます(※バチカンは統一協会を認めていません)。
とにかく、昔から自民党をはじめとした保守勢力と統一協会がズブズブだったことは元信者の体験談等からも明白ですし、「何を今更白々しい!」ですね。

尚、その後彼女から文鮮明の自叙伝を渡されたときに様々な謎がとけましたが、私が韓国について批判的なこと言ったときに表情を曇らせたのも印象的でした。
あと、彼女もこういう考えを理想として語っていました。
文鮮明師 講演文 「国境線撤廃と世界平和」
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Lynx/9732/msge/000818b.html

その他、独身の私にやたらと結婚の話をしてくるのも合同結婚への誘い水だったのかもしれない等々、「よくわからない人だけど、これも浮世の義理だから」とあのまま付き合いを続けていたらどうなっていたことかと、今思い出してもゾッとすることばかりです。

そういうこともあり、たとえ第九条の改憲に賛成していようとも、「統一協会の噂は知っているし色々と不満はあるが、安倍首相しかいないから仕方なく支持する」(と書いている自称愛国ブロガーが本当にいました)などと考えている人というのは結局「平和ボケ」から脱し切れていないし、危機管理も全くなっていないのだと私は思います。

また文鮮明の自叙伝『平和を愛する世界人として』は、合同結婚で韓国男性のもとに嫁いた日本人女性を、日本を恨んでいた舅が長年苛め抜いているうちに、その舅の「日本に対する恨みがどうでもよくなった(晴れた)」という話を「日韓友好」の実例として挙げていたり、明らかに事実と異なる部分に付箋を貼りながら読んでいたら付箋だらけになったりするという酷い代物で、とにかく非常に気持ち悪かったです。

最後に、こちらも何かの参考になれば。
生長の家「統一教会系の『そよ風』『my日本』には注意せよ」
http://desktop2ch.org/news/1318293216/

No title

WJFさんのこちらの投稿を読んでいると、アルルさんも過去にとても興味深い投稿をされていたことを、ふと思い出しましたので・・・。

ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 
http://blog.livedoor.jp/bilderberg54/archives/30222672.html
2013年07月08日

原子力と国際勝共連合(昭和53年の国会会議録から)

「朝鮮半島を突破口に第三次世界大戦は必ずなければなら ない、日本は生活水準を三分の一に減らし、税金は四倍、五倍にしても軍事力を増強していかねばならないと、こういうことを彼ら言ってるんです。そういうも のが主体になっている会議。あるいは、この統一協会の教典である「原理講論」というのがありますが、そこでは、韓国は神の国、日本はサタン――悪魔の国だ と、世界の言語――言葉は韓国語で統一されなければならない、こういうことを主張しているその教祖が主宰している会議に出かける、日本の原子力問題のいわ ば番人とも言うべき、そういう公職にある者が参加するということは、あなたはいいと思いますか。」

No title

非常に大事な視点を掲げていると思う

動画がブロックされてますね



WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。