静かに日本を守っている

動画がそこにあるという事実が、日本を守る。
下の動画が、今回削除された動画の日本語版です。
2010年9月7日に、尖閣諸島中国漁船衝突事件が発生し、ニューヨークタイムズで、ニコラス・クリストフというコラムニストが「尖閣諸島は中国領だと思う」というコラムを掲載したのを見て、いたたまれなくなって作ったのが、上の動画でした。

「なんでこんなことを、一私人がしなければならないんだ。日本政府はちゃんと仕事しろ。」とぼやきながら、二ヶ月かかって英語版を先に作り、そのあと、日本語版を作って公開しました。

このように、ぶつぶつと文句をいいながら、止むに止まれず動画を作り始めたのが、WJFプロジェクトの出発点であり、活動の原点です。

当時、尖閣諸島問題に関する日本の立場を外国語で説明したものは、外務省のホームページに掲載されていたごく簡素なページしか存在せず、日本政府も領土問題に関する動画を制作していませんでしたから、英語で尖閣諸島の領有問題について、詳細な資料を取り上げて論じた動画はWJFが制作した動画が、文字通り世界で最初でした。

国士舘大学奥原敏雄教授の論文を参考にしていますが、「尖閣諸島が中国領でない5つの理由」という形で論点を整理し要約したのはWJFです。

その後、2012年8月に、中国の人民日報(人民網日本語版)が下のように「釣魚島が日本のものではない4つの理由」という記事をあげてきたのは、明らかにWJFプロジェクトの動画を意識してのことだったと思います。



このことは、政府ではなく、一私人の作ったささやかな動画でありながら、中国も無視できない情報発信になっていたことを意味します。

2012年9月に、尖閣諸島が国有化されて日中関係が緊迫化すると、様々な国の人たちから動画に好意的なコメントが寄せられました。

ベトナム
中国は不法に、ベトナムの西沙諸島(パラセル諸島)を占拠したままだ。

アメリカ合衆国
中国と中国人は世界の犯罪者です!

フィンランド/中国系
何故、国際司法裁判所で解決しようとしないのだ?

フィリピン
中国は領土の略奪者だ!

ベトナム
今朝の新聞を読んでみると、この尖閣諸島問題での中国人の反応には驚きました。日本の国旗は燃やすし、車は破壊するし、スーパーマーケットまで襲っています。こんな事に何の意味があるのでしょうか?世界にもっと中国を嫌って欲しいのでしょうか???私は尖閣諸島が日本の領土であると確信しているので、このビデオを見る必要は感じていません。この事はもうすでに証明済みのものです。何故、こんな事になるのか?それは中国の言うことは常に嘘ばかりだからです。君たち中国人は欲望を止めなければなりません。そうしなければ、世界は中国を全く信用しなくなり、それどころか、全世界が中国に対抗する事になります。

ベトナム
西沙諸島(パラセル諸島)がベトナムの領土であるのと同じように、尖閣諸島は日本の領土だ。これは明確な事実だ!

ベトナム
私は日本人ではないが、尖閣諸島は日本の領土であると確信している。

マレーシア
FUCK CHINA
マレーシアから。

ドイツ-1
本当に素晴らしい出来のビデオだ!
尖閣諸島は中国のものなんかではない!
尖閣諸島は日本の領土だ!

トルコ
中国は油断のならない国家です。中国はいずれ尖閣諸島を占領しようとするでしょう。現在の状況では戦争にならないと思いますが、将来においては可能性があります。もし、そういう時があれば、我々トルコとトルコ人は日本を支援します。中国はその兵力数において強大かも知れませんが、実力はたかが知れています。歴史がそれを証明しています。日本は過去何度も中国を破っていますが、我々トルコ系民族も過去何度も中国を破っています。

ドイツ-2
私は中国文化と中国の景色の大ファンです。しかし、尖閣諸島は明らかに日本の領土です。現在の中国での暴動は、中国国民にとって恥ずべき事柄です。

ベトナム
私は日本の人々を支持します。尖閣諸島は永遠に日本の領土です!

シンガポール
Fuck the chinese !!!
私は日本を支持する!!!
中国にこれ以上領土を拡大させてはならない!!!

カンボジア
Fuck China
カンボジアから。

イギリス/タイ系
日本を支持します。

オーストラリア
私も日本を支持します!

香港
日本はまだ中国と戦争をする準備が整っていません。中国にあなたの国に侵攻するチャンスを与えてはいけません。

アメリカ合衆国
馬鹿な中国人どもだ。暴動を起こしている連中は反日の洗脳教育を受けている。毛沢東は4900万から7800万の中国人を殺しいると言うのにだ!

ドイツ-3
尖閣諸島は明らかに日本の領土だ。
中国は侵略国家だ!

中国
尖閣諸島は日本の領土だ!でも日本は中国の一部なんだ!
我々はこんな事、本当はどうでもいいんだ~~~

オーストラリア/中国系
嘘だ、嘘だ、嘘だ!
これは単に日本の教科書にそう書いてあるという事に過ぎない!!

アメリカ合衆国
(上記のコメントに対して)
これは事実だ!
何故、これが嘘だと言えるんだ?
嘘だと言う理由を説明できるのかい?

日本/動画作者
(同じく上記のコメントに対して)
このビデオのどの部分が嘘だと言うのですか?
あなたは具体的にこのビデオを論破することが出来ますか?

アメリカ合衆国
合衆国はこの問題について、即座に対応させてもらった。中国で報道されているかどうかは知らないが、すでに我々の海軍は周辺に展開している。
ところで、中国の大漁船団はどこへ行ってしまったのだ?
ひょっとして、これも嘘なのか?

(出典: 『尖閣諸島が中国領土ではない5つの理由』海外の反応2012年10月21日)

日本と香港でビジネスを展開するフランス人の方からも、当時、動画を評価しフランス語に翻訳したいという申し出のメールをいただきました。

I think this is a really great work, but I agree with you. It would be better to create a playlist and include in it several shorter video, so that people can decide which one they want to focus on. Playing the playlist would be the same as playing the long video you created.

これは本当にすばらしい作品だと思います。しかし、あなたに同意します。プレイリストを作ってその中にいくつかの短い動画をいれるのもいいかもしれません。そうすれば人々はどの動画に注目するか決めることができます。プレイリストを再生すれば、あなたが作った長い動画を再生することと同じことになるでしょう。

I love Japan. As a foreigner, I know the strength and weakness of Japan, and I love the country as it is. I want to make sure that fairness prevails and Japan's right is protected and its merit recognized internationally. I think you will find many foreigners who love Japan like me and defend it on the forum online. I think this is a great indirect achievement of the Japan policy it has conducted for decades, focusing on quality, trust, innovation, refined arts and great history.

私は日本を愛しています。外国人として、私は日本の長所も欠点も知っています。そしてそのあるがままの姿でこの国を愛しています。公正さが勝利し、日本の権利が守られ、その美点が国際的に理解されるように計っていきたいと思っています。あなたは私のように日本を愛しオンラインの掲示板で日本を弁護する多くの外国人を見つけるでしょう。これは、品質、信頼、革新、洗練された芸術、偉大な歴史に焦点を当てながら、日本が数十年間取り組んできた政策の間接的な達成であると思います。

(出典: 尖閣動画フランス語版 2012年9月24日)

その後、フランス語版制作の話は流れてしまったのですが、代わりに、2012年10月には中国語版を公開し、尖閣諸島に関する日本の立場を中国語で説明した、世界で一番最初の動画になりました。
<
こちらにも、4000を超えるコメントが寄せられており、活気のある議論の場となっています。

動画を公開してから五年ちかく。

英語版には、現在もほぼ毎日海外からコメントが寄せられていました。

仮に、このような動画を日本がもたないまま、世界に対して語る口をもたないまま、いくつかの尖閣諸島をめぐる緊迫した状況を日本がくぐり抜けていたことを想像し比較すると、やはり、この動画は、小からぬ「違い」を作り出していたはずです。

「動画がそこにある」

という事実が、私たちが気づかないところで、なにがしかの形で日本を守ってくれていたと私は信じます。

動画と同様に、

「WJFプロジェクトがそこにある」

という事実が、なにがしかの形で日本を守っている、そのような情報発信の活動でありたいと願っています。

日本に対して、また世界に対して、まだまだ語らなければならない多くのことがあります。

WJFブロジェクトの意義を、一人でも多くの方に理解していただき、今後ともお支えいただればと願います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。