異議申し立てできない

YouTubeは、いい加減にしなさい。
本日動画の管理画面を確認したら、下の意味不明な著作権に関する警告のページは消されていました。こちらの訴えは取り下げたということでしょう。

WJFプロジェクトの動画が使用していたのは、ベルリンフィルの演奏するブルックナーの交響曲であり、ベルリンフィルの演奏著作権を、「ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団」が所有しているはずがないのですから、当然のことです。



あとは、下の「この動画は、次の YouTube ポリシー違反のため削除されました: スパム、詐欺、搾取的なコンテンツの禁止」というまったく理解のできない削除事由に対処することになりますが、



呆れたことに、アカウントのステータスは、コミュニティ ガイドラインに関して「良好」となっており、これでは動画の削除に対してYouTubeに異議申し立てを提出することができません。



通常は上のページに、コミュニティガイドラインに違反した旨が記され、そこから異議申し立てを行うページにリンクが貼られます。

ガイドラインに従わない動画を削除した際には、動画投稿者に異議申し立ての機会を与えるという、YouTubeのルールにYouTube自身が従わずに、根拠のない理由で一方的に動画を削除する。

こういう事実を目にすると、YouTubeの中の人たちによる、人の手や恣意が加わっていると考えざるを得ません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ネットの世界は、自由なようでいて、実は、管理されまくっていますよね。

どんな連中が牛耳っているかを考えると、いかに胡散臭いかが分かる気がします。

私は、やフーのメールを使っていますが、会長が孫ですからね。
自分でも笑うしかありません。

WJF様の動画、動画サイトで広める以外に、できるだけ多くのお知り合いの方に、
メールで送っておく、というのはどうかな?と思いました。チェーンメール的に拡散
できたら良いかな、と。
その場合も、何かしらの嫌がらせはありそうですが・・・







No title

『慰安婦神話の脱神話化』の完成おめでとうございます。
WJFプロジェクトしか成し得ない価値ある仕事を確かに成し遂げられたのだと思います。

次から次へと不当な理由でブロックや削除をされ、とても悔しいです。
「不当な削除を受け入れること」は、今後に響く気がしますので、たとえ動画を復活できなかったとしても、YouTube側に、「面倒くさい奴」と印象付けるために何らかの方法で粘って頂きたいです。お忙しいことと思いますが、是非ともお願いします。

No title

横から失礼いたします。

WJFさん製作の動画は度々拝見しております。
今回の件ですが、YOUTUBEがこのような行為をしているのだという動画を製作してみるというのは?
そんな簡単に動画製作できるとは思っておりませんが、そうした場合、YOUTUBE運営はどう対応してくるでしょうか?
あまりに横暴な対応に対して、釘を刺しておければと思うのですが、これも一方的に消されてしまうでしょうか。

fxmanさん

機械的に処置しただけであれば、YouTube側の管理システムに設定されているとおりに、アカウント・ステータスのページに、動画が削除された事由が明示され、異議申し立てをするためのリンクが自動的に現れるはずです。

それがあえて表示されていないということは、何らかの人の手や意志が加わっているということです。

No title

この際、Googleの日本法人に訴えてみては?
解決の糸口が見つかるかもしれません。

No title

YouTubeのスタッフの中に日本の主張を妨害する工作員がいると前々から疑っていましたが、それが今回如実に表れたのではないでしょうか。尖閣諸島の動画が不当削除されるとは、韓国だけではなく中国からの圧力もWJFさんにはかかっている様です。異議申し立てができない場合はどうされるのでしょうか。何が次の一手はあるのでしょうか。

No title

アルバイトの人が、きちんと審査をせずに削除申し立てがあったから削除してるんですよね。
毎日何千と申し立てがあるのでいちいち確認せずにパッパッと削除して対応してるんだと思います。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。