「歴史問題」と「構造改革」のはざまで

どちらも大切な問題です。
以前から述べてきたことですが、「歴史問題」に敏感な人々ほど、「構造改革」の危険性には無関心です。

「安倍晋三は新自由主義(ネオリベ)のグローバリストだ」と警告しても、「新自由主義(ネオリベ)」や「グローバリズム」の何が問題なのか、関心をもとうとしません。

「解雇自由化」とか、「 残業代ゼロ」制度とか、「非正規雇用」の拡大とか、「移民(外国人労働者)」の受け入れ拡大とか、安倍政権が推し進める新自由主義政策の危険性が、どんなに具体的な形で示されても、彼らはどういうわけか意にも介さず、ひたすら「歴史問題」や「反日プロパガンダ」対策だけに没頭しようとします。

一方、「構造改革」の問題に敏感な人々ほど、「歴史問題」にはまったく無関心です。

韓国や中国の主張はあきらかにおかしなものを含んでいるのですが、それに同調したり、放置したりしようとします。

彼らが「歴史問題」を放置したり、韓国や中国の主張に安易に同調したりすることが、その反動として、「歴史問題にばかり関心をもつ人々」=「構造改革にはまったく無関心な人々」を増やしてしまっています。

また「歴史問題だけに関心をもつ人々」が、その偏った関心の反動として、今度は、「歴史問題にはまったく無関心な人々」を作り出しています。

「歴史問題」の危険性は、「日本の名誉が貶められること」という以上に、「構造改革」推進政権への支持へと大衆を誘導する手段として、また「構造改革」の危険性から国民の目をそらす手段として利用される点にあります。

そのあたりの事情を、最近、新しいブログに移転されたポン吉さんが、するどく分析しています。

参考記事: ポン吉さんのブログ「売国奴は愛国者の顔で近づいて来る」(2014年1月11日)

WJFプロジェクトが目指しているのは、「歴史問題」にも「構造改革」の問題にも、等しく取り組むことです。

というのも、この二つの問題は根底において繋がっているからです。

参照記事: 「歴史問題」と「構造改革」は連動している(2014年1月8日)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

パチンコ中毒と同じ原理なのでは?

現在、熱心な安倍支持者の中心に居るのは、
一部のグローバリストと、
圧倒的多数の、
『中国が怖い』『韓国による文化的汚染が気持ち悪い』といった、
2000年台の半ば以降のこの国の空気の中であがいていた人々、
だと思うのです。

安倍晋三なら、中国から守ってくれる。韓国を退けてくれる。

それが、依存関係を作ってしまったのだと思うのです。

そして、日常の中で中国や韓国の事を思い出しては、
中国、韓国は悪だ!!
悪と戦う安倍晋三は素晴らしい!! 自分は正しい!!
という不毛な自己陶酔です。

(歴史問題≒中国・朝鮮問題)

パチンコ中毒は、負けている状態から、一気に逆転する状況下で、
大量の快楽物質が脳の中に放出され、それで中毒(依存)が生じ、
それ以外のことがどうでも良くなる病気です。

安倍晋三中毒も、中国・韓国に対する恐怖心や不快感から、
安倍晋三への思考の切り替えの過程で大量に快楽物質が放出され、
それによって、中毒症状が生じ、それ以外のことなど、どうでも良くなっているのだと思います。

その状況(安倍晋三が、本当に中国や韓国から守っているのか)を、
突き詰めて考える頭があるのなら、この罠から自力で抜け出せるのでしょうが、
それを自分で考えることの出来ない人の方がおそらくは、多数はなのです。

パチンコ中毒の治療のはじめは、お金の収支をきちんと計算して、
買っているのか、負けているのか、負けているとしたら、どのくらい負けているのか、
冷静に見つめなおすところから始まるそうです。

安倍晋三中毒も同様に、
本当に、安倍晋三は自分達にとって益になっているのか、
害になることしかしていないのではないか、
見極めることが出来れば、自ずと治癒に向かうのだと思います。

ただ、今のままでは、その結果を自覚した時には、何もかも終わってしまっている可能性が高いのですが。
(パチンコ中毒患者が、破産して初めて、パチンコは損だ、自分は間違っていたんだ、と自覚するように…)


しかし、パチンコを潰せ!! などと言っていた人々が、パチンコと同じ仕掛けの罠に嵌るというのは、なんというか、皮肉が効きすぎているように思います。

No title

たしかに。周りを改めて観察してみると
おっしゃるとおりだと思います。

ちょっと繋がっているというのが理解できていませんが、
両者のバランスをとるのが中庸なのかもしれませんね。

いつも記事の紹介ありがとうございます

いつも記事の紹介ありがとうございますm(__)m

こちらの記事はそのとおりだと思います。結局、新自由主義者にとっては歴史問題や原発や反戦平和なんて人気稼ぎの道具に過ぎないですから。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。