オセロの石がひっくりかえる時

慰安婦問題をめぐる韓国政府の姿勢の変化。
慰安婦問題に関する興味深いニュースが報じられています。

「慰安婦が強制連行された証拠はない」韓国政府の発言に、韓国ネットから怒りの声「誰のための政府?」「こんなんで日本に勝てるわけがない」

2015年4月14日、韓国・マネートゥデイによると、韓国政府が「慰安婦が強制連行された証拠はない」と発言し、韓国で批判が相次いでいる。

韓国女性家族部はこのほど、日本政府の歴史歪曲(わいきょく)に対応するため、小中高生別ワークブックと映像・パワーポイントなど教師用の資料で構成される教材を制作した。しかし、教師用の教材の中で慰安婦が「自分の意思に反し、慰安所に動員された女性たち」と説明されており、「『強制的』という言葉よりも謙虚で柔らかい表現を使用して、日本側に有利に記述している」との指摘が相次いだ。

これについて、女性家族部の関係者は「慰安婦問題で重要なのは、慰安所の中で『性的暴力』という悲惨な行為があったということ」と説明。また、「『強制動員された』という証拠はないので、その表現を直接的に入れることは難しい」と述べた。

これに対し、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「前々から無能だとは思っていたが、ついに狂ったようだね」
「だから『親日政府』というレッテルを貼られてしまうんだ」
「女性家族部は慰安婦被害者のために作られたんじゃなかったの?」

「日本の情報をもとに制作したのか?」
「生きて戻って来た慰安婦被害者の証言が何よりの証拠!」
「安倍首相が執筆した小説の内容かと思った」

「女性家族部ではなく、日本家族部に改名しろ」
「この国の政府は日本のための政府か?それとも米国のための政府か?」
「韓国国民が一つになれていないのに、日本に勝てるわけがない」
「韓国人の敵は韓国内にいる」
「不思議の国の歴史教科書…。もういい加減にして!」

(出典: Yahooニュース2015年4月16日


韓国政府が、「20万人の女性が日本軍に強制連行されて慰安婦にされた」という話には証拠がないことをついに認めて、「「自分の意思に反し、慰安所に動員された女性たち」という言い方に変えたというのです。

このまま嘘をつき続けても、墓穴を掘り続けるだけであることに、韓国政府もようやく気づいたということでしょうか。

「正直は最良の策」と言いますが、人間は嘘をつけば、そのつけを払わなければならなくなるときが、必ずやってきます。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ナナシさん

ソースの提示ありがとうございます。
確認してみます。

韓国ニュースサイトより

http://media.daum.net/foreign/all/newsview?newsid=20150415103313763

シンシアリー氏のブログで紹介されていましたが、一次ソースは上記です。韓国語しかないですが、グーグル翻訳でもある程度はわかりました。全文、きちんと翻訳されたものを読んでみたいものです。

ナナシさん

お知らせくださりありがとうございます。
お手数ですが、ソース(できたら一次的)の提示をお願いします。

強化されてますよ

これには続報があって、
教師用の指導書にはしっかり書いてあった、これからは生徒用の教科書もそのような表現を使うことにした、そうです。
で、強制動員と指導書と教科書に書くことになった、そうですよ。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。