事実は日の光のように慈雨のように降り注ぐ(1)

「反日」=「嫌韓」の対称性を超えて。
現在、韓国のテレビ局MBCの「著作権侵害」の不当な訴えによって、WJFプロジェクトの動画が、YouTubeで、次々に削除されるという事態が発生しています。

被害にあっているのは、WJFプロジェクトだけではなく、韓国の「反日」プロパガンダに対抗して作られた外国語の動画が、他にも次々に削除されているようです。

本来なら「嫌韓」の人々が大騒ぎしてもよい異常な状況なのですが、彼らは不思議な沈黙を守っています。

なぜなのでしょうか。

「嫌韓」の人々には、「反日」の人々と鏡写しの行動をとって、日韓の間に執拗に「対称性」を描こうとする、顕著な特徴があります。

「反日」韓国人が、「慰安婦は性奴隷だ」と騒ぎ、
「嫌韓」日本人が、「慰安婦は売春婦だ」と騒ぐ。

「反日」韓国人が、「日本海は東海と呼ぶべきだ」とアメリカで署名活動を展開して騒ぎ、
「嫌韓」日本人が、「日本海は日本海と呼ぶべきだ」とアメリカで署名活動を展開して騒ぐ。

「反日」韓国人が、「日本の右翼が」と騒ぎ、
「嫌韓」日本人が、「反日左翼が」と騒ぐ。

しかし、「事実」を語ることや、「事実」を見つめることは、互いに争う二項のどちらか一方につくことではなく、対称性からの脱却や、対称性の破壊を意味します。

「事実」は、「あれか、これか」という、二元的な対称性の向こう側に存在し、

いわば、同一平面上で争っている人々の、「垂直方向上方」からふりかかってくる何かだからです。

WJFプロジェクトも、水平方向の対立を煽るよりも、「垂直方向上方」から、日の光のように、慈雨のように降り注いでくるような何かを、なんとかして形に表したいと願っています。

(つづく)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

嫌韓の人が、WJFさんの動画が韓国MBCの要請によって削除された事に騒がない。

安倍信者はWJFさんに相当執拗な嫌がらせをしてきました。

安倍信者の嫌韓は偽装なのか、あるいは
韓国人の中に安倍信者が多くいるのか、
安倍信者は実はほとんどが嫌韓ネトウヨ日本人を偽った在日韓国人なのか。

安倍信者達の正体が見えてくるのではないでしょうか。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。