Pray for Japan: 多くの同胞の死と新しい再生のための祈り

あの日から、日本は復興したのか。
東日本大震災から、早いもので四年が経過します。
上の動画は、東日本大震災の直後の2011年4月ごろ、まだWJFプロジェクトが立ち上がる以前に、日本に寄せられる世界からの支援にお礼が言いたくて作ったスライドショーです。(一度非公開にし、再公開したため、再公開した時の日付2012/06/28が公開日になっています。)

当時の写真を見ると、本当に大変なことが日本に起きたのだなあと、あらためて、生々しい記憶がよみがえります。

あの日から、東北は復興したのか。

いや、日本は復興したのか。

復興するどころか、日本の成長を阻害し、日本の土着の文化や伝統を洗い流し、最終的には日本を解体してしまうような、構造改革やグローバリズムを喜々として推進する勢力に日本は牛耳られている有様です。

しかも、日本人はいまだ目覚めず、守るべきものを守ろうとして、立ち上がってはいません。

昨年2014年は、東日本大震災が発生した2011年から三年ぶりのマイナス成長となってしまいました。(出典)
グローバリズムは日本を飲み込む第二の大津波であり、日本人が営々と国内に積み上げてきた莫大な資産は、波にのまれて海外にもちだされようとしています。

参考記事: WJFプロジェクト「揮発しつつある郵貯と農協の巨大資産」(2015年1月31日)

風は強く、波は高く、闇は深く、星も見えない
風は強く、波は高く、暗い海は果てるともなく

おまえの悲鳴が、胸に聞こえてくるよ
超えてゆけと叫ぶ声が行く手を照らす

中島みゆき「二隻の舟」より

Pray for Japan
日本のために祈れ。


多くの同胞の死と新しい再生のための祈りを、今日も捧げながら、私たちは歩き続けなくてはなりません。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

何が地方創世、そして何が国土強靭化だ?

仙台市長、復興相発言「理不尽」

http://news.goo.ne.jp/article/kahoku/nation/kahoku_K201503110A0M106X00001_092132.html

このような発言をするような復興大臣がいる内閣が、今の安倍政権の本質をあらわしています。

日本を取り戻すといいながら、甚大な被害を被った東北地方を切り捨て、そしてひたすら一部の大企業や外資を利するような政策ばかり。

本当、この政権の酷薄さと、そして日本破壊に邁進する売国奴の群れを感じざるを得ません。

この政権及びこの政権を盲目的に追従する連中とネトウヨどもは、地獄に落ちろと常々思うところです。

【岸信介】は東條内閣では「商工大臣」となってアジア諸国地域での「戦争継続」を可能にする【戦時体制】を遂行した。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/4207/kishi.htm

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。