陰謀と陰謀論

なぜ、陰謀論に共感をもてないか。
「陰謀」は、英語で"conspiracy"と言います。

語源をたどれば、con「共に」+ spiro「息をする」という意味です。

以前、"Dum spiro, spero." (While I breathe, I hope.) 「息をする限り、私は希望を持つ」というラテン語の表現を紹介したことがありますが、この表現を元に考えれば、「共に息をする」とは、「共に願いを共有する」という意味に敷衍することができるかもしれません。

こう考えると、世界は「陰謀」(共有された願い)にあふれています。

100の人間の集団があれば、100の「陰謀」(共有された願い)が存在するはずです。

自動車会社であれば、よい車を作って一台でも多く売ろうとする「陰謀」(共有された願い)をもっているはずですし、サッカーチームであれば、一点でもゴールネットをゆらそうとする「陰謀」(共有された願い)をもっています。

誰かの誕生日を祝おうとする少人数の一時的な集まりであっても、そこには「誕生日を祝おう」という「陰謀」(共有された願い)が存在します。

人間の集団が存在するところには、必ず何かの「陰謀」(共有された願い)が存在し、また反対に、何かの「陰謀」」(共有された願い)が存在するところには、必ず人間の集団が存在します。

しかし、特定の集団の「陰謀」(共有された願い)が、他の人間の集団の「陰謀」(共有された願い)を圧倒して、世界を一元的にコントロールするということは、果たしてあり得るのでしょうか。

自動車会社であれば、複数の会社が、互いによい車を作ろうとする「陰謀」(共有された願い)と「陰謀」(共有された願い)を戦わせて、しのぎを削り合います。

サッカーの試合であれば、一点でも多く得点を奪おうという二つのチームの「陰謀」(共有された願い)と「陰謀」(共有された願い)がぶつかり合います。

しかし、一つの会社や一つのチームの「陰謀」(共有された願い)のみが、恒常的に、他の会社やチームの「陰謀」(共有された願い)を完全な形で圧倒し続けるということは、通常起こり得ません。

現実の世界は、多様な勢力や集団の「陰謀」(共有された願い)が、複雑に交錯し、また拮抗して成り立っています。

現在、インターネット上には、さまざまな陰謀論がとびかい、特に安倍政権に批判的な人たちの間で、何かの陰謀論を振りかざすということが見られます。

ユダヤ人陰謀論、在日陰謀論、統一教会陰謀論、フリーメーソン陰謀論、イルミナティ陰謀論・・・

ユダヤ人であれ、在日であれ、統一教会であれ、フリーメーソンであれ、イルミナティであれ、特定の人間の集団が存在すれば、そこに「陰謀」(共有された願い)が存在するのは、誰にも否定することのできない明白な事実です。

よからぬ「陰謀」(共有された願い)をもつ権力集団が存在することを、私たちは否定すべきではありません。それは自動車会社やサッカーチームが、「陰謀」(共有された願い)を抱えているのと同じことだからです。

にも関わらず、私が陰謀論に共感が持てないのは、この世界には「陰謀」(共有された願い)などというものは存在しないと考えるからではなく、むしろこの世界はありとあらゆる種類の「陰謀」(共有された願い)にあふれており、特定の集団が仮にどんなにパワフルな権力をもつとしても、彼らの「陰謀」(共有された願い)だけが、他の様々な集団の「陰謀」(共有された願い)を圧倒して、一元的に世界をコントロールするなどということは現実に考えられないと思うからです。

また陰謀論を振りかざす人たちは、特定のパワフルな権力集団のみが「陰謀」(共有された願い)をもくろみ、それ以外の人間は、まるで、一方的に操られるだけの意思を持たない受身な客体にすぎないかのように語ります。そのような世界観や人間観にも、私はなじめません。まるで、特定集団の権力を誇大視することによって、私たちに意思の放棄を迫っているかのようにすら感じられるからです。

仮に全知全能のパワフルな権力を持ち、かつ何世代にもわたってその権力を継承できるような集団がこの地上のどこかに存在するとしても、彼らは、「今夜の夕飯はカレーライスにしよう」というある一家のささやかな「陰謀」(共有された願い)すら覆すことはできないではありませんか。

かねがね、ペシミスティックな陰謀論の類いが好きではないと繰り返し申し上げていますが、その理由は、陰謀論者たちが、国家の消滅という陰謀を企てる人々の執拗な「意志」を熱心に語ることがあっても、国家をあらしめようとする私たちの側の「希望」や「意志」をそれほど熱心には語ろうとしないからです。

陰謀論者たちが、富や権力を握るグローバリストたちの隠された「陰謀」を親切に私たちに解き明かすことによって、国家を維持しようとする私たちの「希望」や「意志」を打ち砕き、一種の諦念に導こうとするならば、彼らは「陰謀」を企てるグローバリストたちに加担しているにすぎません。となると、陰謀論者すらも、実は私たちの味方であるふりをしながら、私たちに「無駄な抵抗はやめよ」と武装解除を説得するグローバリストたちが派遣した洗脳部隊であるのかもしれないのです。

国家を消滅させようと「陰謀」を企むパワフルな人々がいるならば、私たちも国家をあらしめようとする「陰謀」を企めばよい。そのレジスタンスが千年も二千年も継続されることになろうとも、私たちは強い「希望」と「意志」をもって戦い続ければよい。その「希望」と「意志」を、ひとつの物語として、生まれくる新しい日本人たちに語り継いでいけばよい。

しかし、「希望」や「意志」ではなく、誤った幻想が、破滅へとさらに私たちを追いやるならば、私たちはその幻想から目覚めなくてはなりません。

私たちが「希望」や「意志」の力で国家を維持しなくてはならないときに、国家を消滅させようとする勢力の側に立つグローバリストの政治家を、間違っても支持するなどということがあってはならないのです。

(出典: WJFプロジェクト「事実と幻想」2013年8月28日)
*ブログ・ランキングにご協力ください。左のバナーを一日一回クリックお願いします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>他の人間の集団の「陰謀」(共有された願い)を圧倒して、世界を一元的にコントロールするということは、果たしてあり得るのでしょうか。

人類の集団心理で、もう、オートマチックに自分で自分たちの首を絞めているシステム。
人間の集団が共有で願っている状態がこの状態。

安倍がいくら悪いやつだと知っていても、皆、子分をし言う事を聞く。
本当はしたい事が子供も、生活の恐怖感を与えられて歯車の仕事に就く。
辺野古の海保も、仕事の為なら悪いことでもちゃんと命令を聞いてやる。

こういうことの積み重ね。
こういうの辞めれば、この奴隷システムが壊れると思っていたりします。
お金のシステムの話だけでなく、本質はこっちではないかと。

集団、群れに同調せず、空気に飲まれない人が臨界値超えたら変わるのではないかと。

柳沼さん

「国」という言葉には二つの意味があると思います。

A. 人間が生活を営む現場としての「国」
B. 全体を統一する制度としての「国」

私はこの二つを

A 地祇的原理
B 天神的原理

と呼んで区別しています。

「地祇的原理」に忠実であろうとする人々が「左翼」と呼ばれ、
「天神的原理」に忠実であろうとする人々が「右翼」と呼ばれています。

殊に、統一教会系「右翼」の特徴は、「地祇的原理」をないがしろにして「天神的原理」に過度に傾斜していくことにあります。

大切なのは、この二つの原理のどちらか一つ「のみ」を選び取るのではなく、二つの原理を総合し、止揚していくことです。

グローバリズムと神道という当ブログのシリーズ記事を参照してください。

http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-582.html

忙しいので今日はこの辺で。

右翼と国家

>国家を消滅させようと「陰謀」を企むパワフルな人々がいるならば、私たちも国家をあらしめようとする「陰謀」を企めばよい。そのレジスタンスが千年も二千年も継続されることになろうとも、私たちは強い「希望」と「意志」をもって戦い続ければよい。

WJFさんは基本右翼、保守。
陰謀論者の中にはそうでは無い人が多くいるだけです。

そして今回国家を守らなければ、国を守らなければと言う気持ちが、
戦争へ突き進む道に利用されました。昔もそうでしたよね。
他の国でもこのパターン。

右翼、保守思想という物自体、統一教会や他の神道系右翼宗教もそうですが、
教義がまるで自民、右翼そのもの。

右翼、保守思想、愛国思想って、どこから発生したものなのかすごく疑っています。


柳沼さん

「随処に主となれば立処皆真なり」(臨済録)

「どんな場所でも、自らが主体となれば、どこに立っていようが真実の場所となる」

という意味の禅の言葉です。

大切なことは、自分が主体となって、自分の短い人生を生き切ることではないでしょうか。

他人が仕組んだ「陰謀」について騒いでいる間に、短い一生があっというまに終わってしまいます。

世界のどこかで誰かが陰謀を企てているのであれば、私たち自身も陰謀を企てて生きればよい。

私自身は、最近は、トイレの便器をぴかぴかにするというささやかな陰謀を企みながら、一日の活動を始めます。

しっかりした慰安婦動画をつくろうという陰謀にも、苦しみながら取り組んでいます。

柳沼さんも作品に取り組んでいる時には、陰謀を企てて取り組む主体となっているはずです。

陰謀をもって、その実現を目指して画策しているという点では、権力者も、私たち一般大衆も、人間は誰しも対等です。

私たちは、自分たちばかりが不自由を強いられ、その一方で世の中を自由に操れる人々が存在すると考えがちですが、強大な権力をもつ人々であっても、世の中は、彼らの意のままにならないことだらけです。その証拠に、私たちに与えられた人生の時間は限られています。その点でも人間は誰しも対等であると思います。

陰謀論の上に陰謀

陰謀論は実際に世界情勢の読み当たるんです。
しかし、本当のバックが逃げる為に小物に全権与えてトンズラ・・トカゲの尻尾切りと
言う話は年季の入った陰謀論者の間であるんです。
今回悪い事してた奴らが市民に首を取られても、下っ端。
庶民は勝った気になって、また新たな手口で騙されるとの、
警告はあるんです。
陰謀論を作られたものだと研究する陰謀論者も結構いますし。

また、彼らは騙す天才ですから、このままで終わる気はしない。

それとピラミッド構造、この社会は、目上の物は下の部下が何をやっているかは分かりますが、
部下は上司が何を考えているのかは分かりません。ヒラは役員連中が何考えているかわからない。
役員連中はヒラをコントロールしていますが。これの繰り返しです。私たちの見える範囲だと国際金融資本が一番上。でもその上はまだまだ有るでしょう。

植民地支配と同じで、見える範囲、搾取するために働いている輩は下っ端だと思います。

柳沼さん

>社会というものは、ヒラ、係長、部長、役員、社長とあって、その上には元上の大きな企業。その上の大企業も銀行からお金借ります。
>下の陰謀はバラバラに動いているように見えても、会社のように社会はピラミッド構造になっています。

会社はどこからお金を得るかというと、「お客様」からお金をもらいます。企業の収益の源泉は、大元まで遡れば、一般の最終消費者にたどりつきます。そうすると、会社のトップにいる社長のさらに上にいるのは、最終消費者である一般大衆であり、企業内では底辺にいるとされている労働者です。

企業の内部だけに目をやれば、たしかにピラミッドのようなヒエラルキーが存在しているように見えますが、企業の外に目をむければ、最終消費者をトップにした逆転したヒエラルキーが存在しています。

社会の中では、私たちは支配されるものであると同時に、支配するものであり、一方向的で絶対的な、「支配=被支配」の関係だけが、この社会を構成しているわけではありません。

つまり、社会には単一の絶対的なヒエラルキーが存在しているわけではなく、複雑な網の目のような、相関的な関係性の中に私たちは置かれています。

>コンビニに行けば、本当は飲み食いしてはいけないものばかり売っています。
>そういう事に気づかせず、ささやかな一家に食わせることは出来ます。

市販のカレーがいやなら、ターメリック、クミン、コリアンダーなどの香辛料をまぜて自分でカレー粉を作ることもできます。市販の香辛料がいやなら、自分でそれらの植物を育てることもできます。右を向けと言われたら、左を向き、左を向けと言われたら上を向く。人間は最後まで自由な存在です。

陰謀論は、神のような絶対的な架空の権力者を想定する一方、人間を自由をもたない一方向的に支配されるだけの動物であるかのように語る決定論です。

そのような決定論を信じるのは、柳沼さんの「自由」ですが、それを信じることを自ら選びとっているという点で、柳沼さんはやはり「自由」な存在なのです。

強大な権力者が存在し、彼らが何かを一方向的に決定しているように見えたとしても、その「決定」(自然や必然)は、人間の「自由(意思)」の所与条件であり、「自由(意思)」が跳躍するための踏み台であり、「自由(意思)」が踏みしめて前進するための大地なのであって、「自由」の墓場ではありえません。

陰謀論者の国家論

1、陰謀論者は国家というシステム自体を疑っている人も結構いるかもしれません。

2、>国家を消滅させようと「陰謀」を企むパワフルな人々がいるならば、
陰謀論とはそんな話ではないような・・人類の数を大きく間引きし、残った人々を
感染な家畜にする。そんな話が陰謀論のメインに思えます。

陰謀の大きなワード、TPPはそうですね。

3、下の方では各々のエゴで動いていますが、お金や立場というのは上から貰うものであり、
社会というものは、ヒラ、係長、部長、役員、社長とあって、その上には元上の大きな企業。その上の大企業も銀行からお金借ります。
私らもお金無いと生活できないので、なんだの言ってそれの奴隷であります。
社会の枠からはみ出ると生活できないので皆、右倣えで行動します。安倍達になってもアメリカの移行には逆らえませんし、オバマも選挙で金を出してくれた大企業の為に政策を動かします。オバマより多国籍企業の方が上なんです。小さい国家並みに金を持ってますし。
下の陰謀はバラバラに動いているように見えても、会社のように社会はピラミッド構造になっています。


餌(金)(立場)欲しさに目上の者にへつらう。
この枠からはみ出たらつまはじきとか。

こういう私ら普通の庶民がやっていること自体が、フリーメーソン。
確かにそういう団体あります。
もちろん上の方ではなんかやっている。
一番の問題は、もう人類は長い年月そういう事をやってきて、
そういうピラミッド構造が当たり前だと空気のようになっている。

これが本当の陰謀。

>「今夜の夕飯はカレーライスにしよう」というある一家のささやかな「陰謀」(共有された願い)すら覆すことはできないではありませんか。

コンビニに行けば、本当は飲み食いしてはいけないものばかり売っています。
そういう事に気づかせず、ささやかな一家に食わせることは出来ます。

No title

>特定の集団が仮にどんなにパワフルな権力をもつとしても、彼らの「陰謀」(共有された願い)だけが、他の様々な集団の「陰謀」(共有された願い)を圧倒して、一元的に世界をコントロールするなどということは現実に考えられないと思うからです。

>それ以外の人間は、まるで、一方的操られるだけの意思を持たない受身な客体にすぎないかのように語ります。

この部分に特に共感しますし、とても重要だと思います。

陰謀は単なる理不尽なシステムだと思います!

御無沙汰しています。

ネット環境があってさえ未だに政治に無関心で、目前の生活破壊と亡国を眺めている数多の人々に陰謀論を説いても全く理解せず「キワモノ」扱いされるだけです。

しかし陰謀も明るみに曝してしまえば、少数の支配者層のインチキや傍若無人を、多くの一般人が許しはしないです。

ですから本当に世界の庶民の幸福と繁栄を実現するなら、陰謀論を陰謀としてでらなく、理不尽なシステムとして紹介していく必要もあるかと考えます。

目の前の悪政だけに声を上げても、敵は手を変え品を変えで埒があきませんので。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。