【WJF動画紹介】韓国人にとって特別な二つの場所

本日、2月22日は「竹島の日」。
本日、2月22日は「竹島の日」です。

日本政府が、竹島問題に消極的な中、国民に竹島問題を啓発するために島根県が条例によって2005年に定めた記念日であり、今年で10回目を迎えます。

竹島問題は、なぜか、民主党のような政党を批判し、自民党に支持を煽るための手段として使われることがあるのですが、竹島問題を長年放置してきたのは、何を隠そう自民党です。

2012年8月10日、日韓で戦われることになったロンドンオリンピックのサッカー男子の準決勝の直前に、前韓国大統領・李明博が竹島に不法上陸したことを受けて、民主党の野田政権が、歴史上初めて、竹島問題の国際司法裁判所への単独提訴に踏み切るために準備していましたが、2012年12月に発足した安倍政権は、政権交代直後に、単独提訴を取りやめる決定を行い、「竹島の日」式典を政府主催で行うという公約も、早々に破ったという経緯がありました。

竹島問題に何の対処も取らないだけならまだよいのですが、さらにひどいのは、自民党が積極的に竹島問題の取り組みを妨害したり、韓国の実効支配をむしろ支援するようなことを行ってきた事実があります。

参考記事:
WJFプロジェクト旧ブログ「国際司法裁判所単独提訴取りやめから窺い知れるもの」2013年1月10日)

今日、改めてご紹介するのは「韓国人にとって特別な二つの場所」という動画です。

映画『サウンド・オブ・ミュージック』で使われた"My favorite things" (私のお気に入り)という曲をBGMに使っていますが、「韓国人にとってお気に入りの場所」=「竹島(ドクト)」という意味をかけてます。

一週間もかからずにさっさと作ったシンプルな動画ですが、WJFの動画作品の中でも、とてもうまく仕上がった動画の一つです。

テレビ大阪の「たかじんNOマネー」という番組で二回ほど放送されたことがあります。

韓国人にとって特別な二つの場所
作品概要
韓国人たちが、世界のあらゆる場所で竹島(韓国名: 独島)の領有権を主張する姿をユーモラスに描くと同時に、その行動の中に含まれているある自己矛盾を浮き彫りにした作品です。
評価・実績
●2011年10月19日、韓国のニュースサイト、「デイリアン」に動画が取り上げられました。
デイリアンによる記事
WJF旧ブログの関連記事
●2011年10月22日、テレビ大阪の「たかじんNOマネー」で動画が放送されました。
WJF旧ブログの関連記事
●2012年8月11日、テレビ大阪の「たかじんNOマネー」で動画がふたたび放送されました。
WJF旧ブログの関連記事
動画のリンク
英語版 Two Special Places for Koreans 2012
日本語版 韓国人にとって特別な二つの場所 2012
韓国語版 한국인에게 특별한 두 장소 2012
引き続き、動画を活用していただければ幸いです。
*ブログ・ランキングにご協力ください。左のバナーを一日一回クリックお願いします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。