インチキな仕立て屋たちの遁走

彼らは被害者か、それとも加害者か。
今から約一年前の、2014年1月29日の三橋貴明ブログからの引用です。

今回の東京都知事選挙では、
「田母神俊雄、ただ一人」
である事実、公約、政策が少なくないのですが、お気づきになられました?

(中略)

政党や団体の支援なしで、徒手空拳で東京都知事選挙に挑んでいるのもまた、田母神俊雄ただ一人です。間違いなく、田母神俊雄は主要候補の中で最もクリーンなのです。

何しろ、自慢じゃありませんが(自慢ですが)、わたくし達は今回の選挙戦を、皆様からのご寄付「のみ」で戦っております。

【ご寄付のお願い】
http://www.tamogami-toshio.jp/tomin/support.html
田母神俊雄の政治活動へのご寄付を伏してお願い申し上げます。

靖国神社に参拝し、外国人地方参政権に反対し、脱原発・反原発と言った浮ついた連中とは一線を画し、危機管理のスペシャリストで、公共事業拡大による東京強靭化という「実現可能」な政策を訴え、中小企業の「所得」と「雇用」を増やす具体策を持ち、各種の政策を実現する財源を想定しており、さらに意味不明な公務員叩きとポピュリズムに走らず、加えてクリーン

東京都民の皆さん。今回の東京都知事選挙は、猪瀬さんがお金の問題で辞めたことに端を発しています。この上、再度「お金に問題がある」東京都知事を誕生させ、数か月後にまたもや東京都知事選挙、などという事態になったら、我々は全日本国民の笑いものですよ。

最も具体的な政策を持ち、現実を見据え、さらに最もクリーンである田母神俊雄を、次の東京都知事に押し上げて下さい。皆様のご支援が必要です。

最もクリーンな田母神俊雄を東京都知事に!」にご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!

(出典:三橋貴明ブログ「田母神俊雄ただ一人」2014年1月29日)

三橋貴明は、「間違いなく、田母神俊雄は主要候補の中で最もクリーン」であると断言し、他の候補者を選んで、再度「お金に問題がある」東京都知事を誕生させたら、東京都民は全日本国民の笑いものになると述べていました。

しかし、あれから一年が経過して、今まさに全日本国民の笑い者になっているのが、巨額の使途不明金問題を発生させた田母神俊雄その人と、田母神俊雄に支持を煽ったチャンネル桜界隈です。

昨日の三橋ブログには次のように書かれています。

というわけで、第三者であるわたくしから見て、「明らかな嘘」を言っているのは田母神氏の方です。しかも、田母神氏の発言からは問題を「都知事選後のお金の喪失」から、「チャンネル桜の水島氏との確執」にすり替えようとする「意図」が見えました。「田母神対水島」の泥仕合を演出し、本題(都知事選以降にお金が消えたこと)から焦点を逸らそうとしているように見えてしまったのです。

それにしても、田母神氏の口から、
「都知事選で寒い中、凍えながら選挙戦を手伝って下ったボランティアの皆さん」
への謝罪の言葉一つ無いとは、衝撃的でございました。

綺麗ごとを書きたいわけではありませんが、一年前、凍傷になりそうな寒さの中、手袋もせずにビラを配り続け、わたくしが通りかかったとき握手を求めて来た、彼の手の冷たさを思い出してしまいました。

本問題の「真実」は近いうちに明らかになると思いますが、わたくしは田母神氏に「彼、彼女らの手の冷たさ」を思い出し、全てを明らかにして頂きたいと心から願います。そして、堂々と責任を取ってください。

かつて、ご支援申し上げた一人として、心から願っています。

(出典: 三橋貴明ブログ「愛国のパラドックス(前編)」2015年2月20日)

一年前には「間違いなく、田母神俊雄は主要候補の中で最もクリーン」と言い切っていた人間が、一年後には、手のひらを返したかのように「『明らかな嘘』を言っているのは田母神氏の方です」と田母神を糾弾する。

田母神俊雄が、選挙ボランティアに謝罪しないのは衝撃的だと言うのですが、三橋貴明本人も、田母神俊雄にさんざん支持を煽ったことについて、また、これまで幾度も繰り返してきたミスリードについて、読者に対して謝罪と釈明を行ったことは一度もありません。三橋貴明の面の皮の厚さは、毎度のことながら衝撃的です。

水島総は、一年前の2014年2月21日、都知事選を総括して、田母神俊雄に投票しなかった85%の都民は、「唯物論者」であり「愚民」だと罵倒し、「お金よりも心だよ、お天道様が見ていますよ、だから悪いことはできませんよ、こういった見えないものに対する尊崇の念」をもつ人たちは、田母神俊雄を支持するべきだ述べていました。



これは12.5%ということであります。1割2分某、こういう人間が田母神俊雄候補を支援・応援してくれたわけであります。しかし、85%以上の人たちが三人の候補合わせて、靖国神社に行かない、そして外国人地方参政権に反対する、そして原発に反対する、こういう人たちが85%以上占めていた。9割近い人たちが田母神俊雄以外の候補を選んだわけであります。

(中略)

心の自由、宗教心の自由、信仰の自由を大事にする人たち、つまり唯物論者ではない、見えないものを大事にする人たち、こういう人たちが12%しかいなかった。85%の人はこんな唯物論者たち、人の心の自由さ、自由な心、自由な宗教心を大事にしない人たちが、かくも日本にいたということ。これは戦後レジームの現れである。戦後日本が約70年作り上げてきた人の心の荒廃を示している。あえていいますが、これはまさに愚民と言っても良い。人の心がわからない、そういう人たちが東京にいるんじゃないかということであります。もちろん靖国神社だけで有権者が選んだとは言えません。しかし、最も大事にしなければいけない問題、日本人がそれまで大事にしてきた心の問題、お金よりも心だよ。そういった、お天道様が見ていますよ。だから悪いことはできませんよ。こういった見えないものに対する尊崇の念。そういうものを大事にする人たちがかくも少なかった。これは誠に残念なことでありますし、絶望的なことであると思います。

(出典: チャンネル桜【直言極言】都知事選の結果における絶望と希望[桜H26/2/21])

水島総は、今回の騒動の中で「嘘をつく人間は保守ではない」と発言しました。彼はとうとう自分たちが保守ではないことを認めたわけです。

毎回のことですが、ここでやはり同じ疑問が浮上します。

田母神俊雄に都知事選への出馬を要請したのは、水島総本人であり、チャンネル桜です。

本当に、水島総は、そしてチャンネル桜は、田母神俊雄がどういう人物であるか、把握していなかったのか。

ところが、水島総は、「余計なことしゃべるなよ」と田母神を牽制するためでしょうか、自己保身に走るあまり、うっかり「(田母神について)これまでいろいろな話を知っているが、武士の情けで黙ってきてやった」と下の動画の中でもらしてしまっています。



水島が知っている「いろいろな話」が具体的にどのようなものかはわかりませんが、ネットで簡単に確認できる範囲でも、田母神俊雄に関しては、不倫の話や、やくざと写った写真や、幸福の科学や統一教会がらみのいかがわしい話がたくさん出てきます。

「いろいろな話」を知っている水島総が、これらの話を知らないはずがありませんし、三橋貴明を始めとするチャンネル桜に出入りする人々も同様に知っていたはずです。

それにもかかわらず、彼らは田母神を担ぎ出し、「田母神は最もクリーンな候補者である」とか「目に見えないものに対する尊崇の念」を抱く日本人は田母神を支持すべきだと恥ずかしげもなく言い切っていた。

安倍晋三の時と同様、「インチキな仕立て屋」たちは、性懲りも無く、田母神俊雄を「裸の王様」に仕立て上げていたわけです。

安倍との違いは、安倍の場合、彼がどんなに売国的な政策を行おうと、法的に罰せられることはありませんが、田母神の場合は、使途不明金についてマスコミと司直の手が伸び始めていることです。

安倍に関しては、アクロバティックな擁護をしてとぼけ続けてきたチャンネル桜も、今度ばかりは手の平を返したかのように、出演者がこぞって田母神俊雄を叩き始めています。いつもおだやかで上品な、皇室ジャーナリストの高清水有子氏までもが、感情的になって田母神俊雄をバッシングする姿は異常です。

しかし、なぜ水島総とチャンネル桜は田母神俊雄を都知事選に担ぎ出し、ここまで田母神俊雄を持ち上げて、「愛国・保守」のお祭り騒ぎを演じなければならなかったのか。

チャンネル桜と選挙に関しては、約五年前にも2010年の参院選に出馬した藤井厳喜という元出演者をめぐって、下のようなトラブルが起きていました。

怒りと悲しみと・・・。藤井厳喜先生は勝手に売られた

藤井氏が宮崎に行っている間に、平沼氏から出馬要請の連絡が入っていたのですが、留守なので対応出来ずにいると、平沼陣営が桜の水島氏を藤井陣営と勘違いして、水島氏に藤井氏の出馬をオファー、ここで保留にすりゃ良いものを、何故か水島氏が平沼氏に「藤井氏の新党からの出馬を承諾」しちゃって、出馬の話をまとめたんだそうです。で、それを周囲に話しちゃったんですよ水島氏が。藤井氏が宮崎から帰ってきたら、完全に出馬をお断りできない状況になっており、平沼氏とその周辺(日本会議の謎の有象無象)から説得攻勢。だいたい何でそんな事になったんだよ!意味わかんねぇよボケがっ!!ってのは誰もが思うところ。平たく言えば「チャンネル桜」に金が無いから、2000人委員会も急減中で経営維持費も厳しい。そんな中で水島氏が「金は準備するから」と藤井氏を立候補宣言させたのですが、現在に至るまで水島氏からお金は何も支援されていないと・・・三月の頭に準備すると言った、後援会事務所の準備も全く出来ていない・・・その体たらくなのに、藤井氏独自で猫カフェやバーベキューパーティーなどの、独自の政治資金パーティー活動をすると「売名行為だ!」と何故か糾弾する始末。バーベキューオフの時に、前日にいきなり踏み絵だと証して夜の街宣活動を入れて、パーティーの直後に街宣活動をしなければ行けない事に。そんな無茶振りなのに供託金の300万すら用意せずのところへ、平沼氏側からの話が来て渡りに船で藤井氏を勝手に「立ち上がれ日本党」から出馬させる事を決定した、・・・と言うわけです。

(出典:  “Eye of the Doppelganger”別館 2010年05月14日)

チャンネル桜が藤井厳喜氏を選挙に担ぎ出して利用したというのですが、確かに、都知事選の前の状況を振り返れば、次のような、チャンネル桜の困窮をうかがわせる事情がありました。

2013年10月1日に、安倍晋三によって消費税増税の決定が発表されたのを機会に、それまで、安倍政権やチャンネル桜を支持していた人々の中に、安倍批判に転じる人々が増え始めました。そして、安倍政権を不自然に擁護するチャンネル桜に不信感を感じ、2000人委員会を退会する人たちも現れるようになりました。あの頃、チャンネル桜の番組内で2000人委員会入会の呼びかけがやたらと増えていたのを覚えている方たちもいらっしゃることでしょう。

そこに降ってわいたのが、猪瀬直樹前都知事が2013年12月19日に辞職願を提出したことによる、都知事選挙の話でした。

そこで、水島総は、田母神俊雄に都知事選の出馬を要請し、田母神俊雄を神輿にのせて大騒ぎを始めました。チャンネル桜が煽った祭りの熱狂の渦の中で、彼らのよびかけを素直に信じて、多くの人たちがお金を差し出し、その金額が1億数千円にも達したそうです。

田母神本人も認めている使途不明金についてはこれから明らかにされるのでしょう。その金がチャンネル桜に渡ることはなかったとしても、都知事選は、チャンネル桜にとって、無責任に安倍支持を煽り、安倍擁護を続けていたことについて高まっていた批判をそらすと同時に、大きな宣伝効果ももっていたはずです。実際、選挙戦を戦う水島たちの姿を地上波のメディアで目にする機会が当時増えました。チャンネル桜が田母神俊雄を利用した側面がなかったと、果たして言いきれるのでしょうか。

さて、チャンネル桜は、今回の出来事の被害者なのでしょうか、それとも加害者なのでしょうか。
*ブログ・ランキングにご協力ください。左のバナーを一日一回クリックお願いします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

田母神さんの事務所横領の件

ブログ拝見しました。去年の都知事選の時に田母神さんに一票を投じた一人です。田母神さんが水島さんとの確執があるのか?は分かりませんが、三橋さんは、あの時、応援した一人であり、あの時点では皆さん、本気で力出し切って戦ったのだと私は信じています。三橋さんがあ―言った、こ―言ったと揚げ足とりの様に攻撃するのは?どうかと思います。田母神さんは確かにあの記者会見では説明不十分であり、お金も曖昧な数字で、もっとキチンと説明しなければ、又選挙で立候補しても有権者に対して説得力がない❗それに、こういう勘ぐりは私自身よくないとは思いますが、もし選挙に落選しても、又寄付を集ってお金が集まれば旨味がある、と考えているのではないか?とさえ憶測してしまいます。三橋さんはかなり勇気のある声を出したのだと私は思っています。田母神さんは、この問題を未処理のまま、活動するのはいかがなものでしょうか?田母神さんも一枚絡んでいるんではないか?とも考えてしまいます。早く横領疑惑のある島本、鈴木両名は解雇なり、告訴なりの行動が必要です。そうでなければ、尚更お花畑を説得するのは難しいでしょう。保守仲間で庇っている場合ではないと思います。

Bearさん

橋本内閣の時に、消費税が3%から5%に増税されたのが1997年4月1日。

自殺者が24,391人から、32,863人に急増したのは、その翌年の1998年です。

自殺者数に影響がでるとしたら翌年以降です。

No title

WJFさんが仰ることは全面的に同意しますが、貴方は消費税増税されれば自殺者が増加すると口酸っぱく言っていました。しかし実際は減少しました。貴方も間違いを犯していないですか(「本質はそこではない。増税は経済に多大な損害を与えている」などは言わないでくださいね。そこは分かっています)?

詐欺師どもゆえに

詐欺師どもがお互いに潰しあう姿は、世の常であると思うところです。

三橋の顔の面の厚さには、よくここまで不誠実になれるものだと同じ日本人(のはず?)として、理解に苦しみます。

水島ともども、どんどん潰しあって早々に二度と公に出てこれなくなって欲しい連中です。

彼らカルトに汚染された偽装保守によって日本の公が破壊され続けていることを懸念しております。

No title

WJF様

最近のWJFの記事は政治関係が多く、それはそれで心強いのですが、現在のTPP情勢についても語ってもらいたいです。宜しくお願いします。

No title

何とも醜い骨肉の争いですな。
三橋は一回、一回、言う事が違ってて、毎回、言い繕っているだけでしたね。
田母神は、第一次安倍内閣の時に航空幕僚長のポストを与えて貰った手前、安倍晋三を持ち上げているのかと思っていましたが、それだけではなかったんですね。
水島は只のアホだという事がハッキリしましたし、せいぜい、三つ巴の争いを演じて大衆を沸かせていただければ、それなりに価値が見出せるのかもしれませんな。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。