自民党が大阪都構想を批判する呆れた理由

「朝三暮四」の猿たちと「橋下徹 VS 藤井聡」騒動。
大阪都構想をめぐって、橋下徹大阪市長と、内閣官房参与の藤井聡・京大大学院教授の間にもちあがった騒動についてはみなさんすでにご存知のことと思います。

大阪都構想:知っていてほしい7つの事実」という藤井氏による大阪都構想批判に、橋下市長が激怒し、公開討論を藤井氏に呼びかけましたが、藤井氏はこれを拒否。

藤井氏の代わりに、大阪都構想に反対する自民市議団の柳本顕幹事長が、11日にテレビでの公開討論に応じ、橋下市長と論戦を張ったそうです。

しかし、ここで注意しなくてはならないのは、大阪維新の会と同様、過激な新自由主義路線をひた走る自民党が、なぜ橋下徹が掲げてきた大阪都構想という新自由主義政策を批判するかです。

理由は単純であり、

「大阪都構想より徹底した新自由主義政策である道州制を導入するので、大阪都構想は必要ないから」

です。

あきれたことに、道州制という、大阪都構想よりもっと過激な構造改革を全国規模で行う上で、大阪都構想のようなまわりくどいことは、いちいちやってられないと、自民党は言っているのです。

下は、自民党の大阪府支部連合会が作成した大阪都構想を批判するwebページのスクリーンショットです。



大阪都構想は道州制を見据えた政策ではない

道州制は、現在の都道府県を廃止し、代わりに9~11の「道州」と呼ばれる「広域自治体」を置き、また、現在の市町村の区域を基礎とした「基礎自治体」に再編する統治機構改革です。道州制が実現すれば、道州と基礎自治体の二層制により、強固な地方分権が成立します。今、国家を挙げてこの統治機構改革が検討されていくなかで、大阪府と政令市の合併を推し進める大阪都構想はまわり道でしかなく、時勢に逆行しています。

日本維新の会は道州制に反対の立場ではない

道州制の導入に向けて国が動き出そうとしているなか、日本維新の会は、この統治機構改革に矛盾する大阪都構想を推し進めようと躍起になっています。 では、日本維新の会は、道州制に反対の立場をとっているのでしょうか。 答えはNOです。日本維新の会も道州制には賛成の立場で、自民党と連携をとることに同意しています。これは、おかしいですよね。早ければ、数年後にも道州制が導入され、大阪・京都・兵庫などが広域合併して「関西州」が誕生するかもといわれているような時期に、大阪を都に再編して、特別区を設置するというのです。一体、大阪をどうしようというのでしょうか。

日本から「大阪」がなくなる可能性

大阪都が実現してしまい、その後、予定通りに道州制が導入された場合、大阪という名称がなくなってしまう可能性もあります。たとえば、都道府県の県域がなくなって京都府や兵庫県は関西州と呼ばれるようになっても、京都市、神戸市などは基礎自治体の名称として残ります。しかし大阪市が廃止されて特別区が置かれていた場合、大阪都は関西州に統一され、「大阪」という名称は使えなくなってしまいます。大阪は首都ではありませんので、特別扱いされることはないでしょう。極端な例のように思われるかもしれませんが、大阪都構想がこのまま進められると、近い将来、この日本から「大阪」という地名が消滅してしまうことにもなりかねません。

近い将来、大阪経済が衰退してしまうことになるかもしれない

道州制が実現する前に大阪都が成立してしまえば、大阪という名前が消滅してしまう可能性があります。そして大阪経済が大きく衰退してしまうことにもなりかねません。道州制は、都道府県が現在持っている権限を市町村に移すものです。しかし、都構想によってあるべき「大阪市」が解体されてしまった後では、京都市や神戸市のように経済を一括して担える都市機能がこの地から無くなってしまうのです。そうなると、大阪の経済は冷え切ってしまうかもしれません。あるいは、そのときには再び大阪市を復活させるというのでしょうか。いずれにしても、関西州の成立が前提であれば、都構想は無駄な政策です。

大阪都構想は行き当たりばったり

道州制が導入された後の「大阪」はどうなるのか。日本維新の会の大阪都構想には、これを説明できる具体的な計画がありません。橋下市長は、国・道州・大阪都・市町村の4層制の可能性も示唆していますが、道州制で関西州が誕生しても「関西州に大阪都は入らない可能性もある」とまったく反対のことも言っています。こんなわがままが許されるのなら、道州制という統治機構改革の根底が崩されてしまうことになりかねません。現在、首都を除く他の都道府県は同じ立場です。大阪だけが勝手を言っては議論も進みません。それでもなお、その主張を押し通し、大阪都構想なる政策を推し進めようとするのであれば、日本維新の会は道州制に対して「賛成」と言ってはいけないのです。大阪都構想を強硬に進めようとしながら、道州制に対しても賛成の立場をとる。まさに、政策矛盾。行き当たりばったりのパフォーマンスとしか言いようがありません。

(出典: 自民党大阪府支部連合会「道州制の実現には、大阪都構想はまわり道でしかありません。」)

このように、自民党は、道州制を議論の余地なく日本が進むべき規定路線だと断定した上で、「道州制をやるから、都構想はいらない」と言っているだけなのですが、大阪都構想という新自由主義政策を批判しているから、自民党や、藤井聡や、三橋貴明は正しいのだと思ってしまうと、私たちは大きな誤りに陥ります。

この手の騒動が持ち上がった時には、「一方が誤っているから、それと対立するもう片方の立場は正しいのだ」と二項対立的、二元的に考えると、私たちはたいてい誤るのです。

なぜなら、それが、大衆操作の罠を仕掛ける人々が用いる常套手段だからです。

「橋下と藤井はどちらが正しいか」「橋下と三橋はどちらが正しいか」という二項対立な問いの先には、「大阪維新の会と自民党とどちらの主張が正しいか」「大阪都構想と道州制とどちらが正しいか」という問いが待ち受けています。

「大阪都構想と道州制とどちらが正しいか」と問うことは、まるで「スパナで頭を殴られるのと、金槌で頭を殴られるのと、どちらがいいか?」と問うようなナンセンスな問いです。

このような過ちに陥らないために、中国の『列子』という古典に書かれた「朝三暮四」というたとえ話を読み返してみましょう。このたとえ話は「民の目を欺こうとする権力者の策謀に陥り、目の前の相違にとらわれて、結果が同じになることに気づかないこと」を戒めるためのお話です。

宋の国に狙公という人がいた。猿を可愛がって群れをなすほど養っていた。サルの気持ちを理解することができ、猿も同様に主人の心をつかんでいた。自分の家族の食べ物を減らしてまで、猿の食欲を充たしていた。ところが急に貧しくなったので、猿に与える餌の茅(どんぐり)を減らすことにした。猿たちが自分になつかなくなってしまうのではないかと心配したので、まず猿たちを誑かして言った。

「お前たちにどんぐりをやるのに、朝は三つで暮は四つにする。足りるか」

すると猿たちは皆起ち上がって怒りだした。そこで狙公は急に言い変えて、

「それじゃ、朝は四つで暮は三つにしよう。足りるか」

と言うと、猿たちは皆平伏して喜んだ。

(出典: 『列子』)

橋下徹が「誤り」だから、藤井や三橋は「正しい」と単純に思ってしまえば、私たちは上のお話の猿のような過ちを犯すことになります。

藤井聡氏や三橋貴明氏は、確かに表向きは、大阪都構想のみならず、道州制も批判するかもしれません。

しかし、彼らは、あくまで自民党の側につく人々であり、民主党時代に熱心に道州制を批判することがあったとしても、安倍政権が2012年12月の政権発足時より、道州制の実現を公約に掲げていたにもかかわらず、それを批判することなくずっととぼけてきた来歴があります。

現に、藤井氏に対する大阪維新の会の公開討論の呼びかけに応じたのが、自民党の大阪市議団幹事長であったという事実は、自民党と藤井氏が、同じ陣営の側に立つものとして振舞っていることを意味します。

参考記事&動画:
三橋貴明の遅すぎる気づき

下はよしふるさんの作品です。


WJFプロジェクトは、2013年の3月に下のような公開質問状をブログ上に掲げ、読者の方が三橋ブログのコメント欄に投稿してくださったこともありましたが、三橋氏から説明は何もありませんでした。

三橋貴明氏への公開質問状

1. どうしてあなたは、安倍晋三の新自由主義的な本質について決して語らず、いつも隠蔽しようとなさるのですか?

2. どうしてあなたは、安倍政権が「道州制」を導入しようとしている事実を語ろうとしないのですか。

3. どうしてあなたは、グローバリズムを批判する一方で、地域経済のグローバル化に他ならない道州制を推進しようとしていることに関し、安倍政権を批判しないのですか?

4. 時には1日に10万人もの人があなたのブログを訪れると聞きます。そのような世論に対する大きな影響力をもった言論人が、事実を語らず、世論をミスリードすることは許されることですか?

(出典: WJFプロジェクト「三橋貴明氏への公開質問状」2013年3月4日)

藤井氏や三橋氏は、橋下徹の大阪都構想を批判する以上は、その何倍もの苛烈さで、現在政権の座にあり、道州制の実現を画策する自民党を批判しなければ、全くツジツマがあわないのですが、そんなツジツマのあわない態度をのらりくらりと取り続けてきたのが、このお二人です。

「橋下はだめだ、大阪都構想はとんでもない」「藤井さんや三橋さんはさすがだ、正しい」と言って、藤井や三橋の周りに群がっていると、またぞろ自民党への支持に誘導され、大阪都構想よりもっとひどい構造改革である、道州制の実現をまねくという落とし穴が待ち受けています。
*ブログ・ランキングにご協力ください。左のバナーを一日一回クリックお願いします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

同感です

ブログの趣旨に全く同感です。住民投票での共同はすべきだったと思いますが、市長選で協力する必要はありません。

No title

気づいたらWJF信者になってしまいました><
なんとかしてください

大日本帝国の逆襲 2

pdf版(*^ヮ゚)σ(http://www.age2.tv/rd05/src/up8840.zip.html)
大日本帝国の逆襲 2
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
お~い! みんな~♪ 危機感が足らへんのとちゃうか~? (ーー;A)ヾ
これって、れっきとした反乱だぞお~♪ ( ̄▽ ̄)b
みんなそれが分からんかあ~♪ ヽ(´ー`)ノ

>江戸幕府、そこを明治政府に切り替えたのは、一部の維新の志士が、明治政府を作り上げました。
>今回大阪政府を作り上げるのは、211万大阪市民有権者の皆さんです。
>どうか皆さんのお力で、新しい大阪政府、どうかそれを作るというご判断を示してください。
https://www.youtube.com/watch?v=t-d9ZDrSzo4
>▶ 橋下徹代表、松井一郎幹事長【4月27日】大阪都構想「住民投票」についてのタウンミーティング 4ヶ所 生中継 - YouTube
2:55:47~2:56:08

>維新の会
あ~そ~か~♪ ヽ(´ー`)ノ
橋下徹の狙いは大日本帝国の復活だったんかあ~♪ ( ゜-゜)トオイメ
大阪都構想はその第一歩ってわけやね~♪ ( ̄▽ ̄)b
道理でエライ必死なわけやなあ~♪ (*´m`)=3
な~るほ~どなあ~♪ ヽ(´ー`)ノ

そ~いや♪こんな意見があったなあ~♪
ひょっとして、大阪都構想の黒幕って秋篠宮なんか~?
>皇太子秋篠宮論争
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E7%9A%87%E5%A4%AA%E5%AD%90%E7%A7%8B%E7%AF%A0%E5%AE%AE%E8%AB%96%E4%BA%89
>皇太子秋篠宮論争 - アンサイクロペディア

大阪都構想って、浩宮と秋篠宮の馬鹿兄弟のやる兄弟喧嘩の道具かよ!
こりゃ、喧嘩に巻き込まれる方にとってみりゃ堪ったもんぢゃね~な♪ ┐('~`;)┌

オイ! コラ!!
浩宮と秋篠宮の馬鹿兄弟!!!
喧嘩するんやったらテメエら二人だけで勝手にやっとれ!
他人様を巻き込むんじゃねえ!!
巫山戯んな!!! ボケエエエエエ!!!! > 浩宮&秋篠宮フールブラザーズ

大阪都構想をぶっ壊す!

大阪都構想をぶっ壊す必要があるニャ♪ m(ΦωΦ)/
日本国の為ニャ♪
日本国民の為ニャ♪
日本国を天皇家のお家騒動の戦場にさせる訳ニャいかニャイニャン♪ ヽ(´ー`)ノ

ぢゃあ、ど~やって大阪都構想をぶっ壊すニャ?
以下の三通りの方策がい~と思うニャン♪ m(ΦωΦ)/
(1)大阪を分割するニャン♪
(2)各自治体間の対立を煽るニャン♪
(3)各自治体の権限を縮小するニャン♪

m9(゚∀゚)Идиот!> номенклату́ра
נומנקלטורה עמלק
Ceterum autem censeo, Nomenklaturam esse delendam.

大日本帝国の逆襲

pdf版( ̄▽ ̄)σσ(http://www.age2.tv/rd05/src/up8514.zip.html)
大日本帝国の逆襲
^^^^^^^^^^^^^^^^
>江戸幕府、そこを明治政府に切り替えたのは、一部の維新の志士が、明治政府を作り上げました。
>今回大阪政府を作り上げるのは、211万大阪市民有権者の皆さんです。
>どうか皆さんのお力で、新しい大阪政府、どうかそれを作るというご判断を示してください。
https://www.youtube.com/watch?v=t-d9ZDrSzo4
>▶ 橋下徹代表、松井一郎幹事長【4月27日】大阪都構想「住民投票」についてのタウンミーティング 4ヶ所 生中継 - YouTube
2:55:47~2:56:08

>維新の会
あ~そ~か~♪ ヽ(´ー`)ノ
橋下徹の狙いは大日本帝国の復活だったんかあ~♪ ( ゜-゜)トオイメ
大阪都構想はその第一歩ってわけやね~♪ ( ̄▽ ̄)b
道理でエライ必死なわけやなあ~♪ (*´m`)=3
な~るほ~どなあ~♪ ヽ(´ー`)ノ

うん!分かったニャ♪ m(ΦωΦ)/
大阪都構想って大阪の問題じゃないニャ♪ (  ̄Д ̄)y─┛~~
日本の国家安全保障の問題ニャ♪ ヽ(゚◇゚ )ノ

大阪都構想の問題は、大阪市民が決める問題じゃないニャ♪ ヾ(・ω・)ゞクイックイッ
日本政府と衆議院と参議院の国会議員が対処すべき問題ニャ♪ ( ̄▽ ̄)σσ
単なる地方自治の問題と思ってたら日本国の将来に禍根を残すニョ♪ ( ̄w ̄)ノ

>まあほんとうにね、相手方も反対ばっかり言うんですけども。
>反対するんだったらじゃあ案だしてよ。っていうんですよ。
>今の大阪府庁と大阪市役所のまんまでじゃあどうやって解決するのか。
https://www.youtube.com/watch?v=t-d9ZDrSzo4
>▶ 橋下徹代表、松井一郎幹事長【4月27日】大阪都構想「住民投票」についてのタウンミーティング 4ヶ所 生中継 - YouTube
2:56:20~2:56:33

簡単ニャ♪ ( ̄▽ ̄)ノ
分割すりゃいいのニャ♪ ヽ(´ー`)ノ
大阪市一つぢゃ行政が手に余るってーんにゃら、大阪を複数の地方自治体に分割すりゃあいいのニャ♪ ( ̄▽ ̄)b
平成の大合併の逆ニャ♪ (*^ヮ゚)b
平成の大分割 ってとこニャ♪ ヽ(´ー`)ノ

m9(゚∀゚)Идиот!> номенклату́ра
נומנקלטורה עמלק
Ceterum autem censeo, Nomenklaturam esse delendam.

No title

こと大阪都構想に関して自民党大阪府連と政府自民党にねじれがあるのは事実です。
でなければ名ばかりの都構想などとっくに消えていました。
多元的に考えるべきだということに賛同いたしますが、民衆は二元論で考えるというのが現実であれば、大阪自民党がダメだとなれば維新に流れるだけです。
大阪都構想の住民投票は、投票数の過半数で賛否が決まります。
住民が一丸となって住民投票に臨まないと本当に負けます。
数だけで考えれば大阪は47都道府県のうちの一つです。大阪のことはそっとしておいていただけませんか。

その手は食いません

自民党大阪府連と政府自民党が対立関係にあるようなウソをつくのはおやめなさい。

自民党大阪府連も、政府自民党も、共に道州制を推進しています。

自民党大阪府連も、安倍・菅ラインと同じライン上にあります。

大阪都構想に反対しているからといって自民党を支持してしまえば、大阪都構想の代わりに道州制という落とし穴が待ち受けています。

大阪自民を支持しなくても、大阪都構想にNOと言うことは可能です。

選挙が近づくと、毎回、おかしな詭弁を使って、自民党支持へと誘導をする人たちが現れますね。

2012年の衆院選もそうでした。

自民党は、TPPや増税推進ではない。自民党にTPPや増税推進のレッテルを貼るのは反日左翼だ。TPPや増税に反対なら自民党に投票しろなどという、三橋貴明のようなおかしな言論人が現れました。

私たちは、もうその手は食いません。

No title

記事の趣旨は分かりました。
そのうえで

「大阪自民vs大阪維新←協力→安倍・菅官房長官(政府)ライン(もっとろくでもない)
「都構想という名の大阪市廃止分割反対vs大阪市解体+その先にある道州制」
http://osaka.8v8.jp/toru-hashimoto-of-future/
上記ブログは推測も交じっていますが、現在の構図は政府ラインが、大阪を押さえつけている状態です。
もともと地域主権道州制推進でもある維新にとって詐欺都構想は追加点でしかなく、維新安倍菅ラインを見落とすと一番ろくでもない方向に誘導する結果を招くのではないかというのが私の見方です。

omorokuさん

上の記事の趣旨は、大阪都構想を推進する維新の会と、それに反対する自民党勢力、どちらが正しいのかと言う単純な善悪二元論的な見方に立ってしまうと、「民主党(悪) VS 自民党(善)」のような単純な善悪二元論をすり込むことによって、安倍政権への盲信に人々が誘導されたのと同じことがおきかねないということを警告することにあります。

「民主党(ろくでもない)vs自民党(もっとろくでもない)」
「維新の会(ろくでもない)vs自民党(もっとろくでもない)」
「大阪都構想(ろくでもない)vs道州制(もっとろくでもない)」

という図式でとらえるのが正しい見方ではないかと思います。

御ブロクの目指しているところ

道州制を絡めた都構想という名の大阪市廃止分割構想批判は、自民党の批判の一部でしかないことにまず留意いただきたいです。
そして御ブログは大阪市廃止分割構想が実現し、自民党より劣悪な橋下徹氏という人物の政治生命が続くことを望んでおられるのでしょうか?
私は道州制否定派でありますし、安倍政権の政策についても賛同しない部分が多い考えでありますが、今維新の大阪市廃止分割批判でなく、自民党の道州制を批判することでどういう道筋を考えおられるのか分かりません。ご教示いただけましたら幸いです。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。