グローバリズムと神道(15)

「国譲り」神話のもつ二つの意味。
オオクニヌシの「国譲り」神話は、古代におきた無数の「国譲り」の雛形であったことを、以前に述べました。

各地の豪族、「国主」(クニヌシ)は、「国造」(クニノミヤツコ)としてヤマト朝廷に帰順するかわりに、その土地の支配を認められる封建的関係を朝廷と結ぶ段階を経て、律令体制下では、その土地の政治的実権を、朝廷から派遣された官吏「国司」(クニノツカサ)に譲り、自らはその土地の祭祀を司る宗教的な権威職である「社家」とされていきました。「顕世」の政治を皇室にゆだねて、自らは「幽世」の主宰者の地位に退避したオオクニヌシのように。

「国譲り」に「国譲り」を重ねて、各地の政治的実権を一点に吸い集めたヤマト朝廷の頂点に君臨したのが皇室だったわけですが、実は、皇室そのものが宗教的権威として祭り上げられることで、権力の座から疎外されていくカラクリも、「国譲り」神話の中には織り込まれていました。

「国譲り」神話は、このように政治的実権を一身に集めようとする権力者にとってまことに都合のよい非情で理不尽な側面をもつ一方で、「政治」と「非政治」の権威が、並置され、継承されていくという、日本独特の社会構造も生み出しました。

宗教学者、中沢新一氏は、「政治」と「祭祀」が分離され、並置されるのは、アメリカ原住民や、縄文時代など、新石器文明のコミュニティーに見られた特徴であり、「政治」と「祭祀」が一体化するときに「国家」が発生したと述べていますが、日本は、「国譲り」神話のおかげで、国家の誕生以降も、「政治」と「非政治」の権威が常に並置されるという、縄文的な社会構造を、現代に至るまで継承することになったのです。

この「政治」と「非政治」の二重性、もしくは重層性のおかげで、「政治」の権威は、「非政治」の権威によって常に相対化され、政治にほころびが見えた時には、「政治」と「非政治」の役割がゆるやかに入れ替わる「国譲り」も、日本の歴史を通じて幾度か繰り返されてきました。

このように、時代を糺す(ただす)力も、日本の神話の中に胚胎されていたことを思うならば、単に「記紀」や「神話」が、特定の権力者によって政治利用された来歴があるからといって、これらを完全に廃するわけにはいかなくなるのです。

神話を廃するかわりに、神話を利用しようとしてきた権力者の「人為」や「政治」や「野心」や「陰謀」を相対化し覆し糺していく、神話の根底に横たわる「力」に、私たちは目を向けなくてはなりません。

さて、その「力」の一端が、熊野という聖地に現れた。そのことをいよいよ詳しく見ていきましょう。

(つづく)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

情報提供です。
昨日紹介した、神社本庁の編集した『神國の理想』、第一章の末尾の部分を引用させていただきます。
ちなみに、第一章を書いたのは【幡掛正浩】氏。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B9%A1%E6%8E%9B-%E6%AD%A3%E6%B5%A9/e/B00IT30BRC
アマゾンやGoogleの検索結果を見る限り、色々と神道にまつわる本をお書きになり、
戦前には大アジア主義右翼の第一人者、頭山満 翁にもお会いした事が有ったようです。
http://d.hatena.ne.jp/josaiya/touch/20130111/1357931749

昨日引用した、
【天皇陛下はこの地上に高天原を作ろうというお考えで田植えを行われておられるのである】(要約)と書いたのも、この幡掛正浩 氏です。
では引用させていただきます。

【引用開始】
 今は神社が宗教とされる。それも悪くはないであらう。だが神道とは、そもそも宗教とか道徳とか政治とかと、範疇を分けて所属を配当さるべきものではない。”まつり”(傍点付き)が”まつりごと”(傍点付き)であるといふことを、太古ながらに素直に知つてをる者は、かういう議論には当惑するばかりである。
(中略)
 さういふ神社といふものを、今日の全国的規模の生産生活の真唯中に据えてみて、それが二者即一に鼓動してゐるか、どうかといふことを注目して見ることが、今日の神道の根本問題であると私はかねて久しく考へてきた。我が国の固有の本道から言ふならば、国と”くらし”(傍点付き)の仕組が”神道味”(傍点付き)なものであるか、どうかといふことで、それが神国神道であるが、どうかといふことがはつきりすると言つてよい。
【引用終了】

まだ論文そのものは終わっておりませんがここで一旦切ります。
あまり長くなると、読んでて鬱陶しくなると思いますのでw

要するに(ここまで読んできた私の勝手なまとめですが)、
「神道」は超古代からの日本人の風習であって、道徳や政治、経済と切っても切り離せない関係である事を述べた後、
今、現在の国の政治、経済、国民の生活などが【神道的】なものであるかどうかこそが、日本が神国であり、神道が神道としてきちんと機能している証拠と言いたいのでしょう。
もちろん、ここで言う【神道味】(神道的と私は理解しましたが)な生き方とは、昨日紹介した、天皇陛下の大御心、
【この地上を高天原(楽園)にする】(要約)
という意味です。

ここでちょっとだけ補足しておくと、天照大御神が下された、いわゆる【三大神勅】と言うのがあります。
1、宝鏡奉斎の神勅
2、皇孫統治宝祚無窮の神勅(いわゆる『天壌無窮の御神勅』)
3、斎庭の穂の神勅

3番目の御神勅がここでは一番重要なので、ちょっと別の所から内容を引用します。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-shinomiya/ron/2006/ron060215.htm
【引用開始】
「天孫降臨神話」は日本人の「米作りのくらし」の中から生まれてきた
天孫降臨の時に、天照大神は『天壤無窮の神勅』と共に『斎庭(ゆにわ)の穂(いなほ) の神勅』をお下しになった。
『斎庭の穂の神勅』には、「吾が高天原(たかあまはら)の所御(きこしめす)す斎庭 (ゆにわ)の稲穂を以て、亦吾が兒(みこ)に御(まか)せまつる」(わが高天原につくっている神に捧げる稲を育てる田んぼの稲穂をわが子にまかせよう)と示されている。
『斎庭の穂の神勅』は、高天原で神々が行われていた米作りをそのまま地上でも行うべしという御命令である。稲の種子を伝えるということは、米作りの生活を伝えることである。『斎庭穂の神勅』は、「米作り」という「くらし」の伝承なのである。これは、米作りを基盤とする文化が日本文化であることを証ししている。
天照大神から皇孫・邇邇藝命に「斎庭の穂(ゆにわのいなほ)」を授けられたのは、高天原の稲を地上に移し植えて日本國を「豊葦原の瑞穂の國」とするのが、天皇のご使命であり民族の使命であるということを示している。天上から伝えられた斎庭の穂を地上に稔らせることによって、地上と天上とが等しくなると信じた。
これは、神々の米作りの手振り・くらしを、地上に生きる人々が神習うという信仰である。神々の理想を地上において実現することである。その中心者が天照大神の「生みの子」であらせられる天皇なのである。
「高天原を地上に」「今を神代に」というのがわが國の肇國の理念・國家理想である。こんなすばらしい國は世界に日本しかない。これを萬邦無比の國體という。
『斎庭の穂の神勅』は、民族生活の様式が水田耕作の上に立っている史実を物語る。そして、天皇の日本國御統治・國土経営の理想を示している。
【引用終了】

ここでも、【地上を高天原と同様の素晴らしい楽園にすること】が天皇陛下の大使命であると書いてあり、
天照大御神は、わざわざ稲穂を分けて、地上に米作り文化を広めよと仰せになったのです。

「減反政策」とか「TPP」とか暴挙を行っている、自称「保守政党」の自民党は、天照大御神の神勅に逆らう【逆賊】です。

それはともかく、この「斎庭の穂の神勅」を踏まえた上で、神社本庁の本からの引用を終了させていただきます。
TPPだの新自由主義だの、度を越えた経済発展(工業化への傾斜)だのが、いかに日本の国体に反するか、神社本庁も認めるところです。
(「斎庭の穂の神勅」が在る以上当然の事ですが)

【引用開始】
 神道の近代化といふことを、一概にそらぞらしいとは言はぬが、神社が怪しげなインディヴィデュアリズム(個人主義・利己主義)と神主の身すぎ商売に帰依せぬ限り、”生きて”(傍点付き)機械と牧畜の文明の中にカメレオンの如く変質しうるものでは無いとだけは、言つてよいであらう。「まこと」といふ徳目教説が国境を越へるか越へぬかといふことが問題ではなく、「まこと」でなければ、そもそも一茎の稲も育たないといふ生産の状態のままに、神を深々と身に斎く思想が神国神道の人倫といふものであつた。
 繁栄といふことを無上価値と迷信してゐる現代日本人に、私の言ふところは如何にもアナクロニズムに聞こえるであらう。だが、繁栄といふものは、そのまま平和を約束するものかどうか。先進国は必然的に工業国であり、それは後進未開の原料国を支配し搾取し続けてゆくといふ現代史の残虐行為を、人は疑ひを容れぬ普遍的な歴史法則の如く思ひこまされてをるけれど、私には率直に言つて、果してそんなものが二十世紀を超へてなほ生き延び得る思想と文明であるかどうかに疑念なきを得ない。
 カントは「永遠の平和」をとなへたが、永遠といふことの具体は循環であり、循環を生産の場で実にするものは農耕生活を以て至上とする。土を耕すことに人類本然の文明があるといふ思想は、広く言へば古代に汎通する文明観であつたが、これこそ真に「永遠の平和」を約束するものであることを知つてゐたものが東洋であつた。日本はそれを国の体質にまで造り固めんしてきたことに於て、まことに比類を絶する人倫の知慧を蔵したものと言ふべきであつた。
 地に平和を、といふことは理念として如何やうにも言へることでもあり、世界各国の聖者たちもそれを唱へてきたものであつたが、それを可能にする生活を、自らの天職として生きてきたものは、古今東西我が皇室を措いて無い。我が皇室の御精神がつねに世の平安を念とせられたといふことは、確かなる歴史の確証であるが、それはさうとしか在り得ないことよさし(稲穂)の護持者(みこともち)にましましたが故にほかならない。
【引用終了】

長々と引用すいません。
ただ、世界平和を約束するものは農業であり、それを衰退させようとするTPPは、やはり天照大御神や天皇陛下の大御心に背くとんでもない暴挙であるという事を紹介させていただきました。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。