グローバリズムと神道(13)

もう一つの「国譲り」。


一昨年、60年ぶりの遷宮によって、屋根を美しく葺き替えられた出雲大社の本殿。

「子供二人の申しましたとおりに、私も決して背くことではございません。この葦原中国は、仰せのままに悦んでさしあげましょう。ただ私の住むところのために、天神の御子の、代々御世を嗣ぎ給うべき天津日嗣の、その御膳をおつくりする御厨である、煙立ち上る、富足りた、天之御巣の壮大な構えと同じほどに、地の底の岩根までも深く宮柱を埋め、高天原に氷木の届くほどに屋根の高い、立派な宮殿を築いて私を祭ってくださいますならば、私は百に足らぬ八十の、曲がりくねった道また道を訪ねてゆき、遠い黄泉国に身を隠すことにいたしましょう。」

(出典:『古事記』上つ巻 福永武彦訳)

高皇産霊尊は二柱の神を再び遣わして、大己貴神(オオクニヌシの別名)に勅していわれるのに、「(前略)あなたが行われる現世の政治のことは、皇孫が致しましょう。あなたは幽界の神事を受け持ってください。またあなたが住むべき宮居は、今お造りいたしますが、千尋もある栲の縄でゆわえて、しっかりと結びつくりましょう。その宮を造るきまりは、柱は高く太く、板は広く厚くいたしましょう。(中略)またあなたの祭祀を掌るのは、天穂日命がいたします。」と、そこで大己貴神が答えていわれるのに、「天神のおっしゃることは、こんなに行き届いている。どうして仰せに従わないことがありましょうか。私が治めることの世のことは、皇孫がまさに治められるべきです。私は退いて幽界の神事を担当しましょう」と。

(出典:『日本書紀』神代下 第九段 宇治谷孟訳)

1744年に建造された、高さ24mの現在の出雲大社の本殿も、現存する神社建築の中で最大の規模を誇るものですが、過去には、下の図のように、48m、さらに古くには、96mもの高さの社殿が建てられたと伝えられています。



代々「出雲国造」(出雲大社の宮司)を務めてきた千家家に伝わる、平安-鎌倉期の出雲大社の本殿の平面図と言われる「金輪御造営差図」にも、「引橋長一町」(「階の長さは約109m」の意)の文字が読み取れ、



平成12年には、この平面図に描かれた通りの、三本の大木を一組にゆわえた巨大な柱のあとが出雲大社の現在の本殿前の地下から発掘され、巨大神殿の実在を裏付けました。



記紀において、オオクニヌシが「国譲り」の条件としたと伝えられる通り、壮大な社殿に、「幽世の主宰者」としての高い崇敬を受けながら、オオクニヌシが手厚く祀られていたことが改めて明らかになったわけです。

これまで述べてきた通り、この「国譲り」というモデルを歴史の初期段階で手に入れたおかげで、私たちの国は、その後の歴史の中で、「天津神」(中央勢力)と「国津神」(地方や末端勢力)が、互いに他を根絶しあったり、革命によって王朝や政府の転覆を図ったりすることなく、平和的に政治的権力を移譲し合い、共存する関係を維持することが可能になったわけですが、そのようなポジティブな側面があった一方、少し穿った見方をするならば、「国譲り」とは畢竟、

「宗教的権威や非政治的名誉職として高く祭り上げることで、政治的権力を相手から奪う手法」

とみなすこともできます。

通常、祭政一致の古代社会においては、宗教的な権威を付与されることは、政治的権威の裏付けとなったと私たちは考えがちですが、記紀の描くオオクニヌシの姿は、そのような私たちの思い込みとは裏腹に、オオクニヌシが現実世界において政治的権威を手に入れたのは、彼が、兄たちにいじめられたり、父スサノオの迫害を受けたり、人間としての徹底した「弱さ」を露呈することを通してであり、逆にオオクニヌシが、「幽世の主宰者」として、宗教的な権威に祭り上げた段階では、彼は完全に、現実世界から退避させられ、政治的権威を奪われています。

こう考えるならば、実は、アマテラスの子孫として天皇や皇室を高く称揚した『古事記』や『日本書紀』という書物は、天皇の政治的権力の正統性を明確にするための書物であるどころか、実は、宗教的権威として称揚することによって、皇室から政治的権力を奪取し、無力化するための意図が隠されていた可能性すら浮上してきます。

宗教的な崇敬の対象とされることによって、現実世界における政治的な実権を奪われたのは、「国津神」であるオオクニヌシのみならず、「天津神」の子孫とされた天皇自身でもあったかもしれないのです。

実際に、記紀編纂とともに確立された律令制において、政治的な実権は、太政官の最高権力者であった藤原氏が掌握していたのであり、天皇と、藤原氏の間には、律令という法的な枠組みの中で、「政治」と「非政治」の権威を移譲し合う、もう一つの「国譲り」が起きていたとも考えられます。



こう考えると、なぜ記紀の神話の三分の一は、オオクニヌシに関する物語で占められているのか。なぜ、記紀は、オオクニヌシを、皇室が恐れるべき神として描いているのか。その理由も見えてきます。

剣の神「タケミカヅチ」によって刃を突きつけられていたのは、オオクニヌシやその子らだけではなかった。

「タケミカヅチ」が、オオクニヌシとその子らに剣を突きつけて「国譲り」を要求することを通して、「タケミカヅチ」(すなわち藤原氏)は、天皇とその子らに剣を突きつけて「国譲り」を求めていたのかもしれない。

天皇自らが、もう一人の「オオクニヌシ」であったのかもしれないのです。

実際に、729年、記紀や大宝律令の編纂に携わった藤原氏の実質的な祖、藤原不比等の四人の兄弟らによって、藤原氏の意向に従わない皇族の長屋王とその家族が死に追いやられるという凄惨な事件が起きました。

天皇を神の子孫とした『古事記』完成から17年、『日本書紀』完成からはわずか9年目の出来事です。

(つづく)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すみません。
ちょっと舌足らずでした。

さっきの話は、日本書紀の中に、太祖神武天皇が大和平定を終わってから、海内平定の聖業が完成したことを天照大御神や天津神を祭って恩を謝したという逸話を前提とした話です。
日本書紀の中では「四年」と書いてあるので、実際には、大和を平定してから六年目ということになります。
(神武天皇は大和平定後、すぐに即位したわけではないので)

保田は、どうして神様に報告するのに六年もかける必要があるのか疑問に想い、古代政体の祭政一致の本義から考えて、
神武天皇が、神勅事依さしのままに国土を開拓し、稲を普及し、産業を振興し、その結果物産が賑わったのを待って、これを神様に復奏するのに「必要な期間」だったと保田は主張したわけです。

【引用開始】
「さればその祭りには大和平定の後なほ前後六年の期間を要し、開拓一段落し、物産ととのった時に行はせ給ふ。物産の生産は米を主として諸他にわたるのであるが、この新しい物産を以て神を祭ることが、神勅の事依さしに復奏したまふ所以であった。」
【引用終了】

これも「鳥見のひかり」からの引用です。

要するに神武天皇は即位後4年、大和平定後から換算すれば6年もかけて、稲を普及したり、色々な産業を興したりして、ようやく神様を祭ることができたということです。

ヨーロッパ人の如く、奴隷貿易や略奪、虐殺の上に、神様を祭る連中とは、根本的に違うのだと保田は説いたのですね。

No title

興味深い考察ですね。
さて、情報提供です。

http://www.amazon.co.jp/%E9%B3%A5%E8%A6%8B%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8A-%E5%A4%A9%E6%9D%96%E8%A8%98-%E4%BF%9D%E7%94%B0%E4%B8%8E%E9%87%8D%E9%83%8E%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%BF%9D%E7%94%B0-%E4%B8%8E%E9%87%8D%E9%83%8E/dp/478680035X

保田與重郎が戦時中に著した『鳥見のひかり』という論文の中で、次のように指摘しています。

『物産が正しく天つ神の勅命の道によってととのひ、この成就の事実を天照大御神に報告することが、(記紀神話の神武東征以降に頻出する)”かへりごと申す”という単語の意味であり、これこそわが祭政一致の国体の根本義である』


()の中だけは私が補足しました
保田與重郎はこのように説き、西洋諸国のキリスト教やユダヤ教のような、略奪物によって即座に神を祭る思想と、日本が異なる点であると主張しています。
欧米には立派な教会があちこちに建ってますけど、大半は「大航海時代」と呼ばれて美化されている「大侵略時代」以降に、世界中の有色人種を虐殺しまくって、略奪しまくってかき集めた財産で建設された代物です。

つまり日本の神社や神道とは、その根本義が全く異なるというわけです。
非常に面白い考察でした。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。