グローバリズムと神道(10)

四つの「国譲り」。
記紀(『古事記』・『日本書紀』)に描かれた、「国津神」の長ともいうべき、オオクニヌシによる「天津神」への「国譲り」の物語を雛形にしつつ、日本では、「天津神」と「国津神」、またそのいずれかの系統に属する人々との間に、下の四つの「国譲り」が起きたと考えられます。



「天津神」と「国津神」に、「政治」と「非政治」いずれかの権威が委譲されることによって、この二つの権威は、片方が他を廃することなく並置されてきたことに、日本という国の特徴と本質があります。

日本史において、たとえば織田信長のように、どんなに荒ぶる「国津神」が現れようと、天皇という「天津神」の権威を廃することはありませんでしたし、明治維新がどんなにブルジョワ革命的な性質をもっていたとしても、徳川慶喜はルイ16世のように処刑されたりはしなかったのです。

これは、日本以外の国ではなかなか見られない特徴です。たとえば、朝鮮では王朝の交代は、前王家の徹底した処罰と廃絶を意味したし、外国で起きた革命は、国王の処刑を伴いました。

「政治」と「非政治」の二つの権威や役割を互いに移譲し合うことによって、二つの権力が共存するという、オオクニヌシの「国譲り」という雛形(原型・モデル)を日本史の初期段階に得たことで、「天」と「地」の、「上」と「下」の、「中央」と「周辺」の、「外」と「内」の、「支配者」と「被支配者」の力のバランスと並置は、日本の歴史を通じて上手に維持されてきたのです。

また、「政治」と「非政治」の役割は、一定の時を経て、オオクニヌシによる「国譲り」と似たプロセスを経て、「天津神」と「国津神」の間で交代させられるのですが、この四つの「国譲り」を引き起こした、歴史の根底に働いた力を捕捉しようとするとき、熊野と伊勢という二つの土地が、その「力」が顕在化し可視化された場所として、私たちの前に立ち現れます。(つづく)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

非政治の権威=権威
政治の権威=権力
と言いかえた方が分かりやすいんじゃないかと。

小選挙区制も何とかしたい

バラマキさん

なぜ「多元的保守思想」なのか。その理由については、下の記事で比較的わかりやすくまとめています。

「すばらしき世界よ、永遠なれ」
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-390.html

グローバリズムとは世界を「一元化・一様化」しようとする目論見のことですから、これに対抗するためには、世界の「多元性」を保持しなくてはなりません。

また、世界を「一元化」しようとする目論見は、たいていの場合、右か左かといった、立場やイデオロギーの「二元化・二極化」を契機として引き起こされます。

グローバリズムと「二・一」構造
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-393.html

「一」(グローバリズム)の方向に、人々を誘導するためには、人々を対立する「二」つの陣営に囲い込むのが最も有効な扇動のやり方だからです。

この目論見を阻止するうえでも、私たちは「右か左か」「あれかこれか」と問う、二元的な考え方を捨てて、古い日本の源流に根拠を探し求めながら、多元的に物事をみる目をやしなわなくてはなりません。

「多元的保守」とは、イデオロギーではなく、事実に立脚した「保守」思想でもあります。イデオロギーと異なり、事実は多元的なものです。

ものごとは二元性を超えた場所にある
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-387.html

このような意味で「多元的」という言葉を用いているのであり、一国の中に多文化を抱擁しなくてはならないとする「多文化主義」の意味で「多元的」という言葉を用いているのでは、決してありません。

以上は、これまで繰り返し述べてきたことですから、過去の記事をお読みいただければ幸いです。

多元的保守思想なら
安倍OK!
自民支持OK!
三橋支持OK!
倉山支持OK!

要拡散

スレチ失礼しますm(__)m

【要拡散】
外務省を私物化。
安倍政権が海外メディアに言論弾圧を迫るが、あえなく玉砕。
麻生鉱業は、元祖ブラック企業。

麻生鉱業についてニューヨークタイムズに抗議して赤っ恥をかいた外務省
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1330.html
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。