グローバリズムと神道(7)

地祇たちの反逆、日本史の抱える「重層性」(1)
古事記や日本書紀などの日本神話に描かれる「八百万神等」(やおよろずのかみたち)は、アマテラス、ニニギ、イワレヒコ(神武天皇)など、高天原に起源を持ち、日本の統一を成し遂げた皇室の祖である「天津神」(天神)と、オオクニヌシ、ニギハヤヒなどの、土着勢力の神霊、祖霊として祀られる「国津神」(地祇)に分けられます。

(ちなみに日本の国土の創出である「国産み」を行ったイザナギ・イザナミ以前に、世界の創出である「天地開闢」に携わった「造化三神」を含む五柱の神々は「別天津神」(ことあまつかみ)と呼ばれて、「国生み」以降の「天津神」とは若干区別されています。)

スサノオは、死んだイザナミに会いに黄泉国を訪れたイザナギが、腐敗したイザナミの体を見て命からがら逃げてきた後に、「筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原」で禊をした際、アマテラスやツキヨミなどと共に生まれた「三貴子」の一柱であり、本来は「天津神」の一柱に数えられるべき神ですが、下の図表をご覧になればおわかりのとおり、日本神話において、「イザナミ、スサノオ、オオクニヌシ、ニギハヤヒ、オオモノヌシ」などは、「国津神」の系統の神々として描かれています。



注意すべきなのは、日本神話において「根の国」は、単純な「悪」しき忌むべき場所としては扱われているわけではなく、世界の根底として、豊饒さをもたらす根源として、罪過が運び去られて浄化がなされる場所として、大きな使命のために鍛錬を受ける場所として、積極的な意味をも与えられている点です。

実際、イザナギがアマテラスを始めとする「三貴子」を生んだり、オオクニヌシが国づくりを行ったり等の、プロダクティブな行為がなされたのは、これらの神々が「根の国・黄泉国」に下り、帰還したあとの出来事です。

「高天原」と「根の国」、「天津神」と「国津神」は、善悪二元的な対立概念としてではなく、東洋思想における「陰陽」概念に似て、相互補完的な役割を持つものとして描かれています。

つまり、日本神話が「八百万神等」の物語を通して描くのは、「善」と「悪」の二勢力による対立や相克や交渉なのではなく、また、単に「たくさんの神々がいました」ということでもなく、日本の国や歴史の内部に、その始まりの時点から胚胎され、保持され続けている「重層性」です。

この「重層性」は、古代史のみならず、日本の全歴史を通じて、現代に至るまで、この国の中にそのまま息づくものであり、この国が日本という国であらんとする限り抱え続けるものです。

この「重層性」は、それが失われる時、日本は日本ではなくなってしまうといっても過言ではないほど、日本の本質をなしています。

「多元的保守思想」の確立という、本ブログの根幹テーマにとっても、この「重層性」を解き明かすことは極めて重要です。

この「重層性」を理解するとき、現代の私たちが陥りがちな「右翼」や「左翼」、いずれの迷妄からも私たちは容易に脱却できるようになるはずです。(つづく)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こしきさん

日本神話を学ぶことで、「日本の根」とか、「非政治が政治を圧倒する」などと、これまで繰り返し述べてきたことが、より鮮明な形をとりながら、一つにつながってきたように感じられます。

日本神話が全て歴史的事実であると考えられていた時代があり、日本神話が全て歴史的事実ではないと考えられていた時代があり、日本神話は歴史的事実を反映しているかもしれないと考えられるようになった時代がありました。

しかし、日本神話の内容が事実か否かを問うよりも重要なのは、「日本神話が存在するという事実」のもつ意味を解き明かすことではないかと考えています。

実に興味深い解説

WJFさんの日本神話へのアプローチ、大変興味深く拝見しております。

{根}の考察、誠に得心いたしました。

ご存知のように古代の神話の源流が多数残されている根の国でもある山陰地方(島根~鳥取)にはまさに神話の宝庫(黄泉、イザナミの墓、出雲大社、因幡の白兎、国引き神話、国譲り神話、等等多数)が地域に山積しており、また再生神話(母の深い愛により甦った大国主)の起源となっている神社(赤猪岩神社)もあります。

WJFプロジェクトで解き明かされている、日本の「根」というキーワードで論説の展開、これからも楽しみにしております。

そして、後世にあまねく引き継がれることを期待しつつ。

No title

なかなか次回更新が来ないので首を長くしてお待ち申し上げているのですが、
大変面白い御考察ですね。
今日はその感想をお伝えしたくコメントさせていただきました。

以前、管理人様が指摘された通り、私はどうやら三橋貴明の言うような経済学に強く洗脳・騙されていた事が解りましたので、
あれ以来、アベノミクス反対派の本や左翼の本、また、『真の日本』とはどういうものだったのかを知るために武士道の本を多く読んでいます。

私の近況報告なんぞどうでも良い話ですが、安倍晋三が如何に武士道からかけ離れた卑怯未練で嘘つきで恥知らずな男なのかはよく解ります。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。