グローバリズムと神道(1)

神道の抱える二律背反。
「右翼」でもなく、「左翼」でもなく、冷戦構造に由来する二極的な対立構図を超えて、「日本の根っこ」からまっすぐに生え出た政治を再興する。

このような課題を真摯に受け止めるとき、私たち日本人は、どうしても、神道という日本の伝統と向き合わざるをえません。

宗教のみならず、人間の様々な営みは、単に外側から観察するだけでは理解することはできません。その中に入り、共感をもって人々と価値観を共有しつつも、それと同時に、ある距離感をもって客観的にその営みを見つめる眼差しを失わずにいることも、大切なことです。

「共感」(コミットメント)と「客観」(ディタッチメント)という二つの姿勢を保ちながら、宗教や人々の営みを理解しようとする姿勢は、WJFプロジェクトが、日本の「ネット保守」の抱える矛盾を看破する上でも、大いに役だったかもしれません。「ネット保守」は宗教と酷似した特徴を抱えているからです。

今、私の関心は、一人の日本人として、「日本の根っこ」に関わるであろう、日本の古くからの神祇信仰に向けられています。

明確な教義をもたないことに由来するわかりにくさと、あまりに卑近な存在であるために、神社や神道にそれほど熱心に寄りつくことなく暮らしてきた私でしたが、今年は、「日本の根っこ」を探し求めながら、折をみては、さまざまな神社を訪れる機会を得た一年となりました。

日本の津々浦々に現在も無数の神社が存在し、今もたくさんの人々が参拝する姿を目の当たりにし、そのことのありがたさを実感すると同時に、日本人の生活と密接なつながりをもってきた神社や神道も、なかなか一筋縄ではいかないことがわかってきました。

律令制の導入と同時に整備された記紀神話に内包されている問題。本地垂迹説を掲げた両部神道から、反本地垂迹説を唱えた吉田神道の流布、国学の隆盛を経て、明治維新に伴う廃仏毀釈と国家神道の樹立とその蹉跌。そして戦後に再編された神社本庁による様々な逸脱行為、などの問題点も見えてきました。

神道は、律令制という古代北東アジアの「グローバル・スタンダード」を受け入れた時代に、記紀や主要な神社が整備されていることからわかるように、また産業資本主義と帝国主義と近代国民国家という19世紀における「グローバル・スタンダード」を受け入れた明治維新において神道の純化や復興が必要とされたことからもわかるように、日本のグローバル化を促進するのと同時に、日本の伝統を保持するという、二律背反の性質を、当初から抱えています。

神社や神道は日本人にとって何であり、また何であり得るのか。

日本人は、この伝統とどのような姿勢で関わるべきなのか。

この問いに答えることは、今後ますますグローバル化していくであろう、これからの日本を生きて行く上で、そしてグローバル化の潮流に抗いながら日本人らしい生き方を守っていく上で、大切な問いになると思います。

「多元的保守思想」という当プロジェクトが掲げるテーマにとっても、避けることのできない問題であると思います。

ここでも「共感」と「客観」、「信じること」と「疑うこと」という二つの姿勢を保ちながら、神道のもつ意義や可能性と、その問題点を同時に見つめていくことが大切なのだろうと思います。

この問題をしばらく考えていきたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

匿名様

神は机の上にコーヒーカップが存在するように世界内に存在するわけではありません。その意味で神は存在しません。しかし、この世界内の出来事や物事が、人間の恣意や決定だけで成り立っているかといえば決してそうではありません。人間の意思を超えて、人間の意思から離れて、世界内に出来事や物事が生成しているというそのこと自体に対して、人間は感謝や畏怖の心を抱くことがあります。その感謝や畏怖の中に「神様」は立ち現れます。その意味においては神は確かに存在しています。

「なにごとのおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる」

西行の歌と伝えられるこの歌があらわす心情は、どなたも人生の中で一度は抱く心情ではないでしょうか。

「昨年一年ありがとうございました。新しい一年もどうかおまもりください。」

寺であれ神社であれ、初詣に赴いてこのように祈る姿は日本人としても、また人間としても、自然な姿であると思います。

神様はどこにいるんでしょうか?
探してます!
皆さんのおっしゃる神様はどんな方なのでしょうか?本を読んでもそれぞれ違います。
具体的にお願いします。

No title

返信遅れまして申し訳ありません。

>「神道は滅んだ」「神道はもうだめだ」といってゴミ箱に捨てて済む問題ではないから、いろいろ考える必要があるのだと思います。

もちろん、『ゴミ箱に捨てて良い』などと乱暴な事を申し上げるつもりはありません。
http://www.sinseiren.org/
しかし、私は神道家が進んで日本破壊の自民党に手を貸してきた実情を知ってから、どうも神道(特に戦後の神道政治連盟に代表される代物)という物に信用を置けなくなったのです。
この神道政治連盟は、【自民党の票田】であり、【原発賛成】であり、【皇統は男系絶対死守】であるという、およそ【日本を守る】という観念が存在しない組織です。

福島第一原発の悲劇を見る前から、チェルノブイリとかスリーマイルで原発事故は起こっていたのであり、
【国土の狭い日本であのような原発事故が起こったらどうなるか】
は容易に予想できたはずです。

そもそも、この日本列島は『神洲』と呼ばれていたはずです。
日本の神話では、イザナギの命とイザナミの命という神様が産んだ誇り高き邦こそが、日本列島(北海道は除く)だったはずです。
(北海道や樺太が記載されていないのは、単に古事記・日本書紀執筆当時の地理知識として知られていなかっただけだと思いたいのですが……)

その誇り高き神様が産んだ邦を、ひとたび原発が事故を起こすと放射能で汚染する事になります。
物によっては、半減期が【数万年】という物すらあります。
これに憤慨しなかった、もしくは事故の起こる前に危惧しなかった神道家が日本に沢山居たという事実こそ、私が
『神道家はもはや完全に堕落して腐敗していて自民党のイヌでしかなくなっている』
と批判した理由なのです。
そして彼らは今でも、福島県が放射能汚染されたにも関わらず、神様に対してお詫びもしなければ、原発を推進する自民党への支持を取り下げる事もありません。
過去に対する反省も自己批判もありません。

このような神道政治連盟への怒りと不信感を、管理人様に訴えたかった次第です。

もし管理人様が、安倍晋三や自民党から三島由紀夫の言った【真の日本】を取り戻すつもりであるならば、
【神道政治連盟という腐敗・堕落した組織から、真の神道をも奪い返さねばなりません】。

辛い闘いとなるでしょうが、私はそれを断固として応援します。
私の言いたかった事は、「神道はゴミ箱行きだ」という事ではなく、

【真の神道は神道政治連盟という腐敗・堕落した組織から奪い返さなければ復活しないのではないか】

ということです。

コラッジョさん

>本来の在るべき神道は、恐らく遅くとも「神風連の乱」(1876年)で滅んだのではないでしょうか?

「神道は滅んだ」「神道はもうだめだ」といってゴミ箱に捨てて済む問題ではないから、いろいろ考える必要があるのだと思います。

No title

>また産業資本主義と帝国主義と近代国民国家という19世紀における「グローバル・スタンダード」を受け入れた明治維新において神道の純化や復興が必要とされたことからもわかるように、

律令制時代の事は解りませんが、
勉強家の管理人様ならとっくにご存知だと思いますが、明治以降、戦時中まで執り行われた、通称『国家神道』と呼ばれる存在は、

『本来の神道の在るべき姿ではなかった』

と、すでに神道家の葦津珍彦氏が指摘されてますよ?

http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%A5%9E%E9%81%93%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B-%E8%91%A6%E6%B4%A5-%E7%8F%8D%E5%BD%A6/dp/4915265102

本来の在るべき神道は、恐らく遅くとも「神風連の乱」(1876年)で滅んだのではないでしょうか?
『ラスト・サムライ』のモデルとも言われ、三島由紀夫も注目していた、あの「神風連」です。

以降は「国家神道」として本来の真姿から遠ざけられ、
戦後は戦後で「神道指令」などで、神道に無理解なアメリカ人によって勝手に規制されてしまった……
それが今の神道界の現状だと思います。

これまた管理人様はご存知だと思いますが、『神道政治連盟』という組織が有ります。
神主・神道家たちの票田なのですが、ここが【自民党の熱心な応援団】である事は、
今や、神主や神道家たちですら、【グローバル化に無抵抗・無警戒である】事を意味しているのではないでしょうか?
これは神主・神道家としての「堕落」であり「腐敗」です。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。